FC2ブログ


ご挨拶♪

category: ご挨拶  

”東方神起の海”にようこそ
はじめまして①_convert_20160210163006


東方神起について書かれた

星の数ほどもあるブログの中から

この ”東方神起の海” に巡り合ってくださって

ありがとうございます

パソコンでご覧いただくと

プロフィールなどもすぐに見ることができますが

スマホで ご覧になる方が多いかと思い

ご挨拶を兼ねて

この記事をトップに置くことにしました



    



私は 管理人のMinkと申します

2011年 東方神起の再始動後に

チャンミンに一目惚れのチャミペン

東京在住のBigeast

ユノも大好きなトンペンです

2人が好き過ぎて苦しくて

溢れる情報の波や

2人への抱えきれない思いなど

東方神起の海に溺れて

アップアップの毎日です







2010年8月21日に

ユノとチャンミンが

ソウルで 華麗に復活の狼煙を上げました♪

その日を記念して

2014年8月21日にブログを立ち上げました

コメントは 承認制です!



主に 私の頭に浮かんだ架空の妄想話を綴り

たまに 東方神起活動で感じたことを心の声そのままに記事に書いたりしています



ユノとチャンミンのお名前をお借りして

美しい2人の恋物語を書くこと

妄想の世界で萌え萌えすることに 至福の喜びを感じています




かるた ふ VOGUE



2人のお名前をお借りした妄想小説は数多くあります

イメージ的にはホミン!という方が多いと思いますが

私のスタンスは

”二人が二人で幸せならば”

ホミンでもミンホでもホミンホでもOK!

妄想ですから!

”今までホミンだったけど

『背徳の日々』 を読んだら

ミンホも大丈夫だった”

という 嬉しいお言葉もいただきましたので

少しでも興味があれば 読んでみてくださいね

そんなに 悪くないと思いますよ

ミンホのイメージも 皆様の想像とは少し違うかもしれません

参考記事

”私が思うミンホ”考
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-420.html

追記まで かなり真剣に書いた記事です

お読みいただけたら 嬉しいです



今まで書いたお話は

トップから2つめの記事に 目次として一覧を載せています

ご参考になさってくださいませ♪



2人を好きになった頃は 腐っていませんでしたが

今では 二人の関係が

気になって気になって仕方ありません!


”いつから?”


”どっちから?”


”どんな風に?”


などなど じっくり妄想することが

ライフワークのように なっています

絵になる2人の最高の男たちの世界を

妄想するだけで幸せな気持ちになれます



東方神起は 自分にとって最高のアーティスト

東方神起が 私の生きる糧

東方神起を 愛した証を残したい




私と同じように

ユノとチャンミンを愛してやまないトンペンさんと

一緒に萌え萌えできたら嬉しいです

18歳未満は読まないでね!と言っても

誰が読んでいるかなんて わかりませんので

全て自己責任で お読みくださいませ


これからもよろしくお願いいたします

Mink



注) あくまでも妄想でございます

お名前をお借りしていお2人や所属事務所には一切関係ございません






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2030_04_27


お話が増えてきましたので

目次をつくりました❣️  

1 【2人の約束】 (ホミン予定)
(2014年8月~長いこと連載中断中)

最初に書き始めたお話で リアル設定
いずれ完結させる予定
トンの2人がどういう風に結ばれたのかを日々考えている私
いくつかのパターンを妄想しています
このお話は その中の一つ

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-7.html



2 【背徳の日々】 (ホミンホ)
(2014年10月~2015年1月 完結 全87話)

リアル設定
2014年夏 ユノがドラマ 【夜警日誌】 の撮影で忙しかった頃
チャンミンはイタリアへ1人旅に出たり 撮影でバリに行ったりしていました
そのイタリア旅行からヒントを得たものです

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-36.html



3 【紫色の誘惑】 (ホミン)
(2015年1月~7月 めでたく終了 全141話 番外編6話もあり)

初めて書いたパラレル小説
バーテンダーのユノさんと社会人1年目のチャンミンの恋を綴ったお話
ユノさんが作るカクテル チャンミンのイメージは紫・・・

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-175.html



4 【赤い華】 (ミンホ)
(2015年7月~11月 完結 全100話)

辛い過去を乗り越えて開業医としてほどほどに仕事をする
女たらしのチャンミンと
韓国出身アーティストとして日本で活躍するユノ
ヒョンなことからユノがチャンミンのクリニックを訪れて
いつの間にか惹かれあい 恋人になる
実は2人は 若い頃 会ったことがあった

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-383.html



5 【黒い瞳が邪魔をする】 (がっつりホミン)
(2015年12月~第四幕連載中)

王道ホミンの恋物語を切なく書く長編に挑戦!
第一幕 偶然の再会 全30話
別れた恋人同士が偶然再会し 
一度だけ身体を重ねるものの
ユノの現在の姿を知り 
身を引くことを選びチャンミンが姿を消します
お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-541.html

第二幕 蒼い恋 全52話
2人の出会いを書いています
高校1年と3年で出会った初々しい2人が 
ユノの卒業の頃に結ばるまで
お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-591.html

第三幕 色褪せぬ想い出 全69話
同じ大学に進み幸せだった2人 
ふとしたことが原因となり
胸を引きちぎられるような思いで 
ユノがチャンミンに別れを告げます
お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-681.html

第四幕 どんなに遠く離れても
傷心のままチャンミンはアメリカへ留学 
ユノは新しい道を模索する
どうしてもお互いを忘れることができず 
苦しむ日々に更に追い打ちが・・・
(長くなりそう)
お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-1228.html

第五幕 未来へ・・・・・・?

現在第四幕で2人が離れ離れのまま連載中断中←鬼



6 【俺はさすらいのカメラマン】 (ホミンホ)
(2016年1月~気まぐれ連載中)

自由気ままな新鋭カメラマンのユノが 世界各地を撮影で回り
訪れた土地土地で 色々なチャンミンに出逢い恋に堕ちる話

アムステルダム(オランダ)編
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-600.html

ロンドン(イギリス)編
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-701.html

ドイツ編
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-764.html

スペイン編
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-1103.html

イタリア編
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-1722.html

韓国編
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-1759.html

and more・・・まだまだ続く予定



7 【Lunch Time Dreamer】 (ソフトミンホ)
(2016年4月~5月 美味しそうな香りの中で終了 全50話)

将来飲食店経営を考えながら車でランチの販売をしているチャンミンのところに
有名なIT企業に勤めるユノがランチを買いに来たところからお互いが気になる存在に・・・
やがては結ばれ ユノの仕事のプロジェクトに参加する形でチャンミンはレストラン経営をすることになる

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-717.html



8 【WHITE HEAVEN ☆ 魅惑のマッサージ】 (ホミンホ)
(2016年7月~10月 変態プレイのまま終了 全82話)

アーティストとして大人気のチャンミン
そんなチャンミンを好き過ぎて行き過ぎた愛は気持ち悪いくらいに大きいユノ
ユノが営む ”いちご倶楽部” なる怪しいマッサージ店にチャンミンが訪れたところから
マッサージ師というベールで包み隠した変態が一気に顔を出す
Mink 作品の中では 一番の変態ものです

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-817.html



9 【俺のバンビに手を出すな!】 (ホミン)
(2017年2月~4月 雲の上でめでたく完結 全70話)

初めて書くファンタジー
雲の上の国の王様ユノと地球人のチャンミン
王様に見染められたチャンミンが 雲の上の王国に嫁ぎ
バンビに姿を変えられたりしながらも幸せに暮らします

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-1029.html



10 【苺と葡萄のランデブー♪】(プラトニック)
(2016年7月~8月 甘い香りに包まれて完結 全20話)

いちご農園の跡継ぎユノと ぶどう園の跡継ぎチャンミン
お互いの気持ちを確かめながらも 親や仕事や地域性などしがらみから離れることはできず
このまま仕事を頑張ろうと約束する
一線を越えてしまうことへの不安や恐怖から 2人はプラトニックを選びます

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-1186.html



11 【想定外の香港NIGHT】 (ホミン)
(2017年8月~9月 やっと結ばれて幸せに完結 全15話)

リアル設定
兵役を終え 再始動した東方神起
ASIA PRESS TOUR で訪れた香港で 暴漢に絡まれたことがきっかけで
今まで胸の奥に秘めていた気持ちを伝えあうことに・・・
お互いが同じ気持ちでいたことを知り結ばれる

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-1255.html



12 【HOTEL T の秘め事】 (ホミン)
(2017年9月~2018年9月 雪をも溶かす濃厚な愛に包まれて完結 全117話)

飛ぶ鳥を落とす勢いで成長を続ける外資系ホテルが舞台
晴れてホテルマンになった若く優秀なチャンミンに
VIPという立場を利用して 我儘を言うユノの魔の手が伸びる
そのVIPの正体は・・・

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-1284.html



13 【初恋はヒョンの味】 (ホミン未満)
(2018年4月~6月 恥ずかしいくらいに初々しく終了 全42話)

作者の個人的な気持ちの都合により現実逃避して書き始めた短編
随分昔の2人に想いを馳せて
初めてのキスを妄想~
甘酸っぱい2人に萌え萌えしちゃって~💛

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-1359.html



14 【あなたに出逢うまでは】 (ホミンスタート)
(2018年6月~連載中断中)

男娼のチャンミンと No.1 ホストのユノが出逢う
作者の頭の中で 猛烈にストーリーが膨れ上がっている状態
一生懸命書いてますが 今は中断中

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-date-20180623.html



15 【コールセンターの君】 (エロエロミンホ)
(2018年9月~11月 激しくエロく結ばれて完結 全30話)

オーディオメーカーのコールセンターに勤めるチャンミンと
電話をかけてきた変なお客さんユンホさんが出逢い恋に堕ちる
スイッチが入るとエロく豹変するチャンミンがユンホさんを骨抜きにする
久々のミンホ💛

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-date-20180930.html



16 【桃色レッスン♪】 (ミンホ)
(2019年1月~3月 チャンミン先生 天使の笑顔でユンホくんを楽しみながら完結)

チャンミンがユノより年上という初めての設定に挑戦!
美しく優しいチャンミン先生の天使か悪魔かわからない誘惑に
年の割に純粋なユンホくんがまんまと罠にはまる
計算して遊んでいるようで 実は本気の大人と
遊ばれているようで とても大切にされる真面目でカッコいい大学生のお話♪

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-1675.html



17 【くせ】 (成長過程につきホミン・ミンホは不明)
(2019年8月~チャンミン 天使のようなユノを引き取り必死に子育て中)

自身がゲイであるがために家族と縁を切って一人で暮らすチャンミンが
ピアノを教えるために訪れた孤児院で ユノと出逢う
何故か初対面から懐かれたチャンミンはユノを引き取ることになり2人は戸籍上の親子となった
両親を事故で無くしたユノは 寂しさからチャンミンの股間を握って眠るようになる
ユノの子育てに奮闘し 良き父親を目指すチャンミンの物語♪が ユノが成長し・・・

お話はコチラ

http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-date-20190824.html



☆ 2人のShort Story ☆ (気まぐれ連載の短編)

リアル設定で 突然浮かんだ妄想などを短いお話にしているもの
1~2話くらのお話が多いです
結構たくさんありますが 短いから読みやすいと思いますよ
カテゴリーから探してくださいね♪



☆ 東方神起かるた ☆
あるある編 と ラブラブ編があります (一通り終了)

あるある編はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-62.html

ラブラブ編はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-52.html



その他 ライブや妄想など 思い立ったときにお話し以外の記事も書きます
お話の感想やリクエストなど
遠慮なく お知らせいただけたら嬉しいです♪





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2030_02_18

くせ 23

category: くせ  

ユノは 血の繋がりのない僕に育てられたけれど


小学校でも中学校でも いじめられたことはなかった


それは ひとえにユノの明るい性格によるものだと思う


小学生の頃は 心配で仕方なかったけれど 


今ではもう いじめの心配はしていない


ユノには そんな卑怯な行動には決して屈しない強さがあった


そして 何があっても この子は大丈夫という確信が 僕にはあった





この先 ユノはどんな男に成長していくのだろう


がっしりと 僕に抱きついて眠っているユノの頭を撫で


閉じたままの瞳に被さる長い睫毛を眺めた


そろそろ 起きなくちゃ


朝ごはんの準備をしないと ユノが学校に遅刻してしまう


瞼にチュッとキスをして 起き上がろうとしたその時


ユノが バチっと目を開けた


「わっ・・・」


『チャンミン』


何故かしら 僕は 凄く驚いて ドキドキしてしまった


黒く 円らな瞳が すぐ近くで僕を見つめたことに加え


ユノが 急にむぎゅうっと抱きついてきたから・・・





「ユノッ」


『チャンミン まだ 起きないで』


「起きてたの?」


『せっかくチャンミンの匂いを嗅いでたのに チャンミンが起き上がろうとするから』


「だって 朝ごはん」


『僕にチュッってしてくれたでしょ ありがとう』


「ひどいな 知ってたの?」


『前にもあった? それとも僕が寝ているときは いつもしてくれてるの?』


「してないよっ」


『嘘だ 知ってるよ 俺』


「・・・」


『チャンミンに愛されてるって思えて 凄く嬉しかった』


「ユノ・・・」


『僕のたった一人のチャンミンだからさ 嬉しくて』


「僕にとっても 大切なたった一人の息子だからね」


『チャンミン もう一回して?』


「えっ?」


抱きつきながら 僕の顔の目の前で 鼻を擦り合わせながらそんなことを言うなんて


いったいユノはどういうつもりなんだ?





妙に ドキドキしてしまう僕も 少しおかしい


どうしたんだろうか・・・?


ユノとは今でも毎晩のように一緒に寝ているし


相変らず スキンシップも多いし


一緒にお風呂にも入る


なのに なんで 今 こんなに緊張するのだろう・・・


相手は まだ子供なのに・・・





『チャンミン 早くぅ~』


僕に 無邪気に抱きつき 笑って目を閉じたユノ


はぁ 僕はいったい 何を考えているんだ?


ユノは 単純に 父親代わりの僕の愛情を求めているだけなのに


変に意識してしまった自分が恥ずかしくなり


「何 言ってるの もう起きるよ」


ユノを剥がして 起き上がろうとした


でも


「あっ・・・」


『チャンミン お願い もう一度だけ ちゅってして?』


ユノの力の前に 僕は 起き上がれなかったのだ


僕の上に 乗っかるように 抱きついてきたユノは 


『お願い そうしたらさ 俺 勉強も凄く頑張れると思う』


「ユノ・・・」


『はい』


また 目を瞑って 僕の唇の前に 顔を突き出した


「仕方ないな・・・これも絶対に人に言ったりしてはダメだよ?」


『言わないよ チャンミンと俺だけの秘密だもん』


「・・・」


このままでは 一生起き上がれそうにない


チュッ・・・


仕方なく ユノの瞼にキスをした


「ユノ いい子だ そろそろ起きよう」


『ありがと チャンミン 大好きだよ うん 本当に大好き』


「はいはい ほらっ 朝ごはん無くなっちゃうよ」


上機嫌のユノを見ながらベッドから這い出した





『あ・・・』


「ん?」


『ううん 何でもない・・・』


「じゃ 先に起きてるよ ユノも着替えてね」





気づいてた


自分の真ん中が 固く勃ち上がっているのを・・・


そして ユノも 固くなっていたし


起き上がる時 一瞬だけど 僕の股間にユノの視線が注がれたことも・・・


「朝だからだよな」


一人ごちて トイレを済ませ 簡単に顔を洗う


今朝は時間が押している


着替えもせずに


僕は 簡単な朝食の準備に入った





寒い朝は 温かいスープに限る


ユノは 僕の作った野菜スープを 美味しい美味しいと言いながら 全部飲み干し


慌てて出て行った





「ふぅーっ」


ユノが学校へ行き


僕は 着替えをしようと パジャマ替わりの長袖のTシャツを脱いだ


さっきバタバタと出て行ったユノが蹴とばした 僕の靴が玄関で引くりかえっている


それを直そうと 玄関に向かうと 


ドンドンと ドアを叩く音


そして インターフォン 


『チャンミン開けてー忘れ物』


玄関にいる僕にはユノの声がはっきりと聞こえた


「どうした?」


開けると 息を切らしたユノが 


『サッカー 練習あるから』


リビングのソファーを指差した


練習着を忘れていたようだ


「大切なユニフォームだろ はい」


ユノに渡すと 玄関の中に入って来たユノがドアを閉めた


『チャンミン 裸で 外に出ちゃダメだからね』


いきなり 上半身裸の僕に抱きついて 僕の乳首にキスをした


『じゃ 行って来まーす』


満面の笑みを浮かべて


ユノは 慌ただしく出て行った





僕は 一瞬なにが起こったのか わからなかった





㊗️ ㊗️ ㊗️ ㊗️ ㊗️

アルバム【XV】 

オリコンもビルボードも1位獲得です❗️

16万枚超えたのは久しぶりですよね

あちこちのCD SHOPで売り切れが相次いでいるそうです

皆さん 追いXV をしているのでしょう

ハイタッチ会への一次申し込みの期間が延長されたことで

更に買おうとした人も増えてるような気がします

やはり 一次で当てたいですものね♪

チングが 新大久保の有名な神社で仲間の名前を書いて

ハイタッチ会当選祈願の絵馬を奉納してきてくれました(涙)

申し込んだビギさんが全員1回ずつ行けることを願ってやみません

当たれー🎉🎉🎉

今日は 即位礼正殿の儀 

仕事はお休みです

今日お仕事の方もそうでない方も ファイティン!

期間限定公式Twitterがやっと呟いた😂





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_10_22

くせ 22

category: くせ  

「温かくなった?」


『うん 気持ちよかった』


「いくら試合があるとはいえ 寒いのにこんなに遅くまで大変だよな」


『うん でもしょうがないよ』


「お腹 空いただろ? 早く食べよ」


『うん』


ジャージの上下に着替えた お風呂上りのほかほかしたユノが 目の前に座る


『うわぁ 美味そう!』


特製のキムチチゲは 僕の自信作だ


実家にいた頃 冬になると母がよく作ってくれたものだ


丁度 僕が今のユノと同じくらいの年頃に 料理に興味を持って


母に強請って 作り方を教えてもらった


でも 母手作りの味噌が隠し味に入っていたせいか


あの味と 全く同じというわけにはいかなかった





『チャンミンの料理は 本当に世界一美味い!』


「ユノは 今でも 世界一が口癖だね」


微笑ましく思いながらそう言うと


『なんだよ 子ども扱いして・・・』


「だって本当のことなんだから 仕方ないだろ?」


『ほんとのことを言っただけだよ』


「ありがと 本当に子どもの頃から そう言ってご飯を食べてくれるから
僕も作り甲斐があるよ」


『・・・』


スプーンを口に入れたまま 僕をじっと見る


やっぱり 少し いつものユノと違う


背が伸びたせいか 顔が少しほっそりとした


おしゃれには 全く興味がないようだけれど


髪には 気を遣うようになった


この間も 床屋でカットしてもらった後に 短く切り過ぎたって ずっとぼやいていたし・・・





「もうすぐ 3年だね
部活はいつまであるの?」


『ん? 夏休みまではあるよ
夏の地区大会が3年生の引退試合なんだって』


「そうなんだ」


『秋季大会は出ないみたい 
受験勉強しないといけないもんね』


「そうだね」


『俺さ・・・あまり成績良くないけど 
高校は 東方高校にしようと思ってる』


驚いた


そんなことを考えているなんて・・・


ユノが口にしたのは 僕の母校だ


そして 公立の高校では このあたりではトップ校なのだ





確かに 何処の私立でもどうぞというわけにはいかないけれど


何も無理に東方高校じゃなくてもいいのに・・・





『俺さ チャンミンの出た高校行きたいんだ
チャンミンに恩返しをして 大人になったら俺がチャンミンを守る番だからさ
部活が終わったら 東方高校に入れるように がむしゃらに頑張るよ』


ユノが言うと 何でもできそうな気がしてくるから不思議だ


「わかった その調子だね 応援するよ
でも 正直 今のままでは厳しいぞ?」


『わかってるよ だから これから頑張るんだろ』


少しむくれたユノが可愛い


ご飯のお代わりを渡すと 左手に持ったスプーンで 大きく頬張った





「ユノは 将来の夢とか あるの?
サッカー選手とか?」


『無理だよ そんなの
今のところは別にないよ』


「3年になったら 個人面談とかあるよね
進路についても ユノとちゃんと相談しておかないとと思って」


『嫌だなあ 面談とかさ』


「全員するんだよ」


『そうだけどさ~』


「ユノはさ 自分のしたいことをすればいいと思うよ
何か 進みたい方面があるなら そういう学校に行ってもいいし
お金のことは あまり気にしなくていいんだよ」


『そういうわけじゃないけどさ
俺は チャンミンの高校に行きたいだけ』


そう言うと 目の前のチゲを美味しそうに食べ続けた





僕は ユノの将来のために少しずつ貯金をしてきた


あまり贅沢もせずに 貯金をしたおかげで 


ユノが 私立を選んでも 3年間通わせられるだけの蓄えはできていた


これからも 貯金に励み 大学にも行かせたい


そして 両親を亡くしたという境遇をものともせずに 堂々とした社会人になってもらいたいのだ





その晩は やはり一緒に眠った


最近は ユノの身体も大きくなったから


正直 ベッドがとても狭い


そろそろ 部屋を分けないといけないかな・・・


でも引っ越すとなると大変だし


かと言って 部屋が2つあるわけでもない


でも これからは ユノの部屋も必要だろう


僕は 引っ越しを視野に入れて この先の事を考えた





『チャンミン・・・』


ユノはよく寝言を言う


無意識に 僕に抱きついて 名前を呼ぶ


瞳は閉じているのに その顔を見ていると


無性に 抱きしめたくなる


綺麗な顔をしている


思春期でも ニキビは殆どないし


サラリとした髪は とても艶があって綺麗だ





今日 帰りが遅かったのも もしかしたら 


あの女の子と付き合っていて 家まで送って行ったのではないか?


だとしたら 早々に ユノとは部屋を分けなければいけないだろう


もうすぐ15歳になろうかというのに


父親と一緒に寝てるなんて 彼女にばれたら絶対に嫌われる


最近 自分のことを "俺"と言うようになったユノが


一つ 青年への階段を上ったのではないかと思うようになった


その成長を邪魔しないように 春休みに引っ越しも視野に入れて部屋を探そう





心の中で 僕なりに結論を出して眠りについた


朝 目が覚めたら ユノががっつり僕に抱きついていた





💖 💖 💖 💖 💖

アルバム 絶好調ですね💖

この調子ならオリコンウィークリーチャート1位もかたいでしょう❣️

皆さまはハイタッチ会への申し込みは済ませましたか?

私もようやく😌

ドキドキします💓

できれば申し込んだビギが全員1回ずつ当たるようにしてほしいと思います

重複当選はなしにして

そして やっぱりね

一般の方々よりもビギを優先してほしいと思っちゃうんですよ💦

ポイントもね ビギは5じゃなくて10ポイントで一度応募できるようにしてもいいんじゃないかしら?

なんたって天下の東方神起のハイタッチですからね🤚

マイページ のマイルなんてややこしいことをせずに

アルバムについているシリアルだけで一度申し込みができるというようにした方が不公平はなかったかもしれませんね(シリアルをメルカリで売る輩も減ったかも)

きっとスタッフが一生懸命考えてくれたアイディアなんでしょうけれど残念ですね

私たちはワチャワチャ楽しめましたけれど

確かにSHOPが近くにない方もいらっしゃいますものね😔

行きたい人が行ける企画であるといいなあ🥰

コメントや拍手をありがとうこございます😊

Hさん は○○○さん

お話 少しずつですが楽しんでくださいね♪





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村





テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_10_21

くせ 21

category: くせ  

疲れた


久しぶりに走った


全力疾走なんて 殆どしないし


いくら自宅で筋トレをしているとは言っても


走ることにには慣れていない


息切れが暫く収まらなかった


ユノが帰って来てしまったらどうしよう・・・


ユノよりも先には帰れたけれど


額に噴きだす玉のような汗


真冬だと言うのに どう見てもおかしい





僕は ユノに気づかれないようにと 


サッと顔を洗い 服を着替えた


まだ 赤い頬に お湯で絞ったタオルをあてて


なんとか 普段通りに戻す





水を飲み ようやく 胸の動悸が収まったころ 


ソファーに置きっぱなしのユノのマフラーに気づいた


外に出たことがわからないように こっそりと でも慌ててしまい


外出前と全く変わらない状態に 家の中を戻した





変わらない 見た目は・・・


でも 僕の頭には ユノと恐らく同級生だろうと思われる女の子が並んで歩く様子が


チラチラと浮かんでは消え なかなか消し去ることができなかった


この 言いようのない寂しさは 何なんだろう


世の中のお父さんやお母さん 娘が嫁ぐ日とか こんな感じなのかな?


今まで手塩にかけて育ててきた子供が 自分から離れていく


僕もまだ8年とは言え ユノを育ててきた


別に 決まったわけでもないのに ユノが 僕の手から飛び出そうとしているように見えて


わけもなく 寂しくなってしまう・・・





きっと 寒い中 顔を真っ赤にして帰って来るだろう


暖かい料理で 身体を温めてあげよう


ユノは 本当にいい少年に育った


そして 今は少年と青年の中間のあやふやな時期


人生において とても大切な多感な時期だ


思春期と言ってもいいだろうし 異性にも興味が出てくる頃だろう





彼女のことを相談されたりしても 僕には 女の子と付き合った経験がない


そのうち ユノから 何か話をされるだろうと思うと 憂鬱になった


僕が 男しか愛せない人間だと知ったら ユノは 僕を軽蔑するかな・・・


買ったばかりのお玉で鍋の中をかき混ぜながら 苦笑いをした


気持ち悪がって 距離をおくようになるかな・・・


ユノに拒絶されたら 僕は・・・


自然に 溢れる涙に 


自分が 如何にユノに依存して生きているのかを悟った


決して ユノに悟られてはいけない


それらしきものは 全て処分したし ユノが大人になって 


下宿か就職か はたまた結婚かで この家を出て行く その時まではせめて


僕は 自分の性癖を隠さなければならないのだ


いや できるならば 一生 


そんなことはわからないほうがいい


その方が いいのだ





幸い ユノとの生活が本当に幸せで この8年間 特別な相手もいなかった


そういう類の店に顔を出すこともなかったし


もっぱら ユノが不在の時間帯に 一人で吐き出すくらいだった


これからも それは守り続けていかなければならない





大切なユノのため 


たった一人の心を許せる 家族のため


僕は 君を守り続けるためなら なんだってする


もう ユノなしの生活なんて 本当に考えられなくなっている自分


全ては ユノが幸せな人生を送れるように


僕の生きる張り合いは はっきりと そこにあった


だからまだ この時の僕は


この気持ちが 純粋に父親としての子供にたいする愛しさだと


信じて疑わなかった





食事の支度も終え すっかり冷えも収まり


もう いつユノが帰宅しても大丈夫になったというのに


ユノは なかなか帰って来なかった


僕が帰宅してから 1時間ほど経った頃


ユノが 寒そうに帰宅した





『ただいま』


「おかえり」


思わず遅かったねと言いそうになったが


迎えに行ったことは 内緒にするつもりだったから


「今日は練習が 長引いたの?
寒いのに大変だね」


と言ってみた


『うん』


なんだか少し煮え切らないユノ


きっと 親には言いにくいこともあるんだろう


「顔 真っ赤だよ
寒そうだから 先にお風呂に入って温まってきたら?」


『そうだね そうしようかな
じゃあ ご飯 少し待っててね』


そう言うと 一人荷物を置いて 風呂場に入っていった


いつもなら ご飯は何か?って しつこいくらいに聞いてくるのに


今日のユノは 静かだった





きっと 何かあったんだな・・・


とりあえず ユノがお風呂からあがるのを待って


一緒に食事をしよう


僕は 別に見るつもりもないテレビのスイッチを入れた





💛 💛 💛 💛 💛

やっと アルバム聴きました♪

凄く大人っぽいアルバムという印象です

本来の東方神起の持ち味を生かしたまま

少し大人っぽく仕上げたと感じました

相変らず 一般ピーポーには 歌うの難しそうだな・・・

まだ 一度しか聴けてないですが 耳に残る歌詞やメロディー

凄くいいです!

一度曲を聴いた感じでは 今回はヨジャダンサーいないのかな?

なんて思いました←願望か?!

ライブの中で 流れるVCRにヨジャが絡んでくるのかしら?

色々と妄想が膨らみますね

また じっくり聞きたいと思います

昨日 1つ追いXV をしたのですが 某店舗ではもう特典がなかったです

凄く売れてるって!

嬉しいですね~♪

ウイークリー1位 是非取りたいですね

ではまた~







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2019_10_19


09  « 2019_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top