FC2ブログ


ご挨拶♪

category: ご挨拶  

”東方神起の海”にようこそ
はじめまして①_convert_20160210163006


東方神起について書かれた

星の数ほどもあるブログの中から

この ”東方神起の海” に巡り合ってくださって

ありがとうございます

パソコンでご覧いただくと

プロフィールなどもすぐに見ることができますが

スマホで ご覧になる方が多いかと思い

ご挨拶を兼ねて

この記事をトップに置くことにしました



    



私は 管理人のMinkと申します

2011年 東方神起の再始動後に

チャンミンに一目惚れのチャミペン

東京在住のBigeast

ユノも大好きなトンペンです

2人が好き過ぎて苦しくて

溢れる情報の波や

2人への抱えきれない思いなど

東方神起の海に溺れて

アップアップの毎日です







2010年8月21日に

ユノとチャンミンが

ソウルで 華麗に復活の狼煙を上げました♪

その日を記念して

2014年8月21日にブログを立ち上げました

コメントは 承認制です!



主に 私の頭に浮かんだ架空の妄想話を綴り

たまに 東方神起活動で感じたことを心の声そのままに記事に書いたりしています



ユノとチャンミンのお名前をお借りして

美しい2人の恋物語を書くこと

妄想の世界で萌え萌えすることに 至福の喜びを感じています




かるた ふ VOGUE



2人のお名前をお借りした妄想小説は数多くあります

イメージ的にはホミン!という方が多いと思いますが

私のスタンスは

”二人が二人で幸せならば”

ホミンでもミンホでもホミンホでもOK!

妄想ですから!

”今までホミンだったけど

『背徳の日々』 を読んだら

ミンホも大丈夫だった”

という 嬉しいお言葉もいただきましたので

少しでも興味があれば 読んでみてくださいね

そんなに 悪くないと思いますよ

ミンホのイメージも 皆様の想像とは少し違うかもしれません

参考記事

”私が思うミンホ”考
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-420.html

追記まで かなり真剣に書いた記事です

お読みいただけたら 嬉しいです



今まで書いたお話は

トップから2つめの記事に 目次として一覧を載せています

ご参考になさってくださいませ♪



2人を好きになった頃は 腐っていませんでしたが

今では 二人の関係が

気になって気になって仕方ありません!


”いつから?”


”どっちから?”


”どんな風に?”


などなど じっくり妄想することが

ライフワークのように なっています

絵になる2人の最高の男たちの世界を

妄想するだけで幸せな気持ちになれます



東方神起は 自分にとって最高のアーティスト

東方神起が 私の生きる糧

東方神起を 愛した証を残したい




私と同じように

ユノとチャンミンを愛してやまないトンペンさんと

一緒に萌え萌えできたら嬉しいです

18歳未満は読まないでね!と言っても

誰が読んでいるかなんて わかりませんので

全て自己責任で お読みくださいませ


これからもよろしくお願いいたします

Mink



注) あくまでも妄想でございます

お名前をお借りしていお2人や所属事務所には一切関係ございません






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2020_04_27


お話が増えてきましたので

目次をつくりました❣️  

1 【2人の約束】 (ホミン予定)
(2014年8月~ただいま連載中断中)

最初に書き始めたお話で リアル設定
いずれ完結させる予定
トンの2人がどういう風に結ばれたのかを日々考えている私
いくつかのパターンを妄想しています
このお話は その中の一つ

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-7.html



2 【背徳の日々】 (ホミンホ)
(2014年10月~2015年1月 完結)

リアル設定
2014年夏 ユノがドラマ 【夜警日誌】 の撮影で忙しかった頃
チャンミンはイタリアへ1人旅に出たり 撮影でバリに行ったりしていました
そのイタリア旅行からヒントを得たものです

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-36.html



3 【紫色の誘惑】 (ホミン)
(2015年1月~7月 終了 番外編もあり)

初めて書いたパラレル小説
バーテンダーのユノさんと社会人1年目のチャンミンの恋を綴ったお話
ユノさんが作るカクテル チャンミンのイメージは紫・・・

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-175.html



4 【赤い華】 (ミンホ)
(2015年7月~11月 完結)

辛い過去を乗り越えて開業医としてほどほどに仕事をする
女たらしのチャンミンと
韓国出身アーティストとして日本で活躍するユノ
ヒョンなことからユノがチャンミンのクリニックを訪れて
いつの間にか惹かれあい 恋人になる
実は2人は 若い頃 会ったことがあった

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-383.html



5 【黒い瞳が邪魔をする】 (がっつりホミン)
(2015年12月~第四幕連載休止中)

王道ホミンの恋物語を切なく書く長編に挑戦!
第一幕 偶然の再会
別れた恋人同士が偶然再会し 
一度だけ身体を重ねるものの
ユノの現在の姿を知り 
身を引くことを選びチャンミンが姿を消します
お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-541.html

第二幕 蒼い恋
2人の出会いを書いています
高校1年と3年で出会った初々しい2人が 
ユノの卒業の頃に結ばるまで
お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-591.html

第三幕 色褪せぬ想い出
同じ大学に進み幸せだった2人 
ふとしたことが原因となり
胸を引きちぎられるような思いで 
ユノがチャンミンに別れを告げます
お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-681.html

第四幕 どんなに遠く離れても
傷心のままチャンミンはアメリカへ留学 
ユノは新しい道を模索する
どうしてもお互いを忘れることができず 
苦しむ日々に更に追い打ちが・・・
(長くなりそう)
お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-1228.html

第五幕 未来へ・・・・・・?

現在第四幕で2人が離れ離れのまま連載中断中←鬼



6 【俺はさすらいのカメラマン】 (ホミンホ)
(2016年1月~気まぐれ連載中)

自由気ままな新鋭カメラマンのユノが 世界各地を撮影で回り
訪れた土地土地で 色々なチャンミンに出逢い恋に堕ちる話

アムステルダム編
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-600.html

ロンドン編
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-701.html

ドイツ編
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-764.html

スペイン編
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-1103.html

and more・・・まだまだ続く予定



7 【Lunch Time Dreamer】 (ソフトミンホ)
(2016年4月~5月 終了)

将来飲食店経営を考えながら車でランチの販売をしているチャンミンのところに
有名なIT企業に勤めるユノがランチを買いに来たところからお互いが気になる存在に・・・
やがては結ばれ ユノの仕事のプロジェクトに参加する形でチャンミンはレストラン経営をすることになる

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-717.html



8 【WHITE HEAVEN ☆ 魅惑のマッサージ】 (ホミンホ)
(2016年7月~10月 終了)

アーティストとして大人気のチャンミン
そんなチャンミンを好き過ぎて行き過ぎた愛は気持ち悪いくらいに大きいユノ
ユノが営む ”いちご倶楽部” なる怪しいマッサージ店にチャンミンが訪れたところから
マッサージ師というベールで包み隠した変態が一気に顔を出す
Mink 作品の中では 一番の変態ものです

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-817.html



9 【俺のバンビに手を出すな!】 (ホミン)
(2017年2月~4月 完結)

初めて書くファンタジー
雲の上の国の王様ユノと地球人のチャンミン
王様に見染められたチャンミンが 雲の上の王国に嫁ぎ
バンビに姿を変えられたりしながらも幸せに暮らします

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-1029.html



10 【苺と葡萄のランデブー♪】(プラトニック)
(2016年7月~8月 完結)

いちご農園の跡継ぎユノと ぶどう園の跡継ぎチャンミン
お互いの気持ちを確かめながらも 親や仕事や地域性などしがらみから離れることはできず
このまま仕事を頑張ろうと約束する
一線を越えてしまうことへの不安や恐怖から 2人はプラトニックを選びます

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-1186.html



11 【想定外の香港NIGHT】 (ホミン)
(2017年8月~9月)

リアル設定
兵役を終え 再始動した東方神起
ASIA PRESS TOUR で訪れた香港で 暴漢に絡まれたことがきっかけで
今まで胸の奥に秘めていた気持ちを伝えあうことに・・・
お互いが同じ気持ちでいたことを知り結ばれる

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-1255.html



12 【HOTEL T の秘め事】 (ホミン)
(2017年9月~楽しく連載中)

飛ぶ鳥を落とす勢いで成長を続ける外資系ホテルが舞台
晴れてホテルマンになった若く優秀なチャンミンに
VIPという立場を利用して 我儘を言うユノの魔の手が伸びる
そのVIPの正体は・・・

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-1284.html



13 【初恋はヒョンの味】 (ホミン未満)
(2018年4月~6月)

作者の個人的な気持ちの都合により現実逃避して書き始めた短編
随分昔の2人に想いを馳せて
初めてのキスを妄想~
甘酸っぱい2人に萌え萌えしちゃって~💛

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-1359.html



14 【あなたに出逢うまでは】 (ホミンスタート)
(2018年6月~思いつくまま連載中)

男娼のチャンミンと No.1 ホストのユノが出逢う
作者の頭の中で 猛烈にストーリーが膨れ上がっている状態
一生懸命書いてます

お話はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-date-20180623.html



☆ 2人のShort Story ☆ (気まぐれ連載の短編)

リアル設定で 突然浮かんだ妄想などを短いお話にしているもの
1~2話くらのお話が多いです
カテゴリーから探してくださいね♪



☆ 東方神起かるた ☆
あるある編 と ラブラブ編があります (飛び飛び更新です)

あるある編はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-62.html

ラブラブ編はコチラ↓
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-52.html



その他 ライブや妄想など 思い立ったときにお話し以外の記事も書きます
お話の感想やリクエストなど
遠慮なく お知らせいただけたら嬉しいです♪





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2020_02_18


20181003011627d56.jpeg






すぐに電話をかけたのに


出て来たのは またもや女性だった


しかも 可愛くない!


いや 会ったこともないし 見てもいないけど


チャンミンの方が絶対可愛いんだ!


『さっき シムさんと話していた者ですが
ちょっと 言い忘れたことがあって・・・
シムさんに代わってもらえませんか?』


”申し訳ございません
シムは 本日はもう失礼させていただきましたので
私でよろしければ 代わりにご用件をお伺いいたします”


お前じゃねーんだよ


心の中で 毒づき


チャンミンめ と呪う


『そうですか』


時計を見れば 4時半・・・


いくらなんでも早過ぎないか?


コールセンターの早番と言ったって


そんなに朝早くからやってないだろ?


『では また 明日もかけるとシムさんにお伝えください
よろしくお願いいたします』


”かしこまりました”


アイツ 絶対に居留守だ


あの女もグルだな・・・


どんなに早く終わっても 5時だろう


俺は会社に連絡を入れ 先方の都合で遅くなりそうだから


今日は直帰すると 嘘をついた





今から 行けば 間に合うだろう・・・


絶対にまだ社内にいるはずだ


俺の頭の中は チャンミンでいっぱいだった


今夜こそ お前を恋人にしてみせる





鼻息も荒く 昨日の場所で チャンミンが出てくるのを待つ


案の定 5時半近くに リュックを背負ったチャンミンが現れた


少し警戒するように 辺りをキョロキョロと見回すと


安心したように 歩き出した


昨日とは 違う方向へ・・・


ちっ 俺を警戒してるのかよ?





危ない危ない 遅れてきたら 


見失うところだった


違う方向に歩いてくれたことで


俺の姿は チャンミンの視界には入らなかったとみえ


チャンミンは リュックの肩ひもに手をやり イヤホンを耳に差し


楽しそうに歩き出した


細く長い脚が 規則正しく動く後ろ姿を目がけて


一気に追いかけ


何事もなかったかのように 隣りに並んで歩いてみた


音楽を聴いているからなのか


始めは わからなかったようで


数歩歩いてから 隣りの男が 自分と同じペースで歩くことに気づいたらしい


チラリと 俺を見て また歩き出し


ハッとしたように 止まった





イヤホンを 乱暴に外し 嫌そうに俺を見るチャンミン


めんどくさそうな感じも 何だかそそる・・・


チャンミンの怪訝そうな顔を見て 俺は にっこりと微笑んだ


満面の笑みとは こういうものだと見せた気分だ


その瞬間 チャンミンは 


またもや 大きく目を見開いて 


驚いた顔をした





『お疲れ様 待ってたよ チャンミン』


「なっ・・・なんですか? また 待ち伏せですか?」


『チャンミン つれないからさ 
お客様より先に電話を切っちゃいけないのにさ
ブチっと 切れたもんなぁ・・・』


「あ・・・それは・・・」


『そんなに俺のこと 嫌?』


「そういうわけじゃ・・・
ただ 仕事中にプライベートの電話は困ります
あれじゃあ まるで ストーカーです」


『チャンミンが あまりに冷たいと 
俺 本当にストーカーになっちゃうよ?』


「やめてください」


『ねぇ 考えてくれた?』


「何をです?」


『俺とつきあうってことだよ
俺と恋人になるって話
まさか 忘れたなんて 言わないよな?』


「・・・」


『俺たち 昨日の夜 あんなに盛り上がったじゃないか
産まれたままの姿でさ』


「ここは外です
そういうこと 言わないでください」


怒っているのか 恥ずかしいのか


途端に顔が赤くなる


耳まで赤くなってるし


困ってる





『今日も一緒にいちゃダメかな?』


「今日は・・・僕は 1人で映画を観ようと思ってたんです」


『じゃあ 一緒に観ようよ』


「でも・・・」


『何をそんなに もじもじしてるの?
俺と付き合うかどうかは まだ決めなくていいよ
何度か会ってみてから決めてよ』


「・・・」


『今夜は 暴れなくていいの?』


「なっ・・・」


『つきあうとなると 一夜限りのお相手とは違って
身体の相性ってのも大切になるだろ?
俺 昨日は こんなベストマッチな相手はいないと思ったんだよ』


「・・・」


『だから チャンミンはどうだったのかな?って
知りたかっただけ』


「僕は・・・」


『まあいいよ 今じゃなくて
一緒に映画 観ていい?』


「チケット一枚しかなくて」


『その場で買えるだろ?』


「でもこれ 人気の映画で」


『そんなの行って見なきゃ わからないじゃないか
で どんな映画?』


それは とてもロマンチックな恋愛映画だった


チャンミン こういう映画好きなんだ・・・


男女の切ない恋愛ものだぞ?


「これ どうしても観たいから
もし 映画館で席が空いてなかったら
今日は諦めてくださいね」


『変なところで頑固なんだな
自分の趣味を貫きとおすってか』


「貫き通すも何も 僕はもともと一人で今日
映画を観る予定だったんです」


『そうだったな・・・ごめんよ
でも どうしても 今日は一緒にいたくて』





チャンミンは 少し不本意なのか 


映画館まで あまり口を開かなかった


物静かな青年 そんな風だった





映画はと言うと チャンミンの読み通り


ほぼ満席のようだったけど・・・


”お客様はラッキーですね
たった1席だけ 空いていました”


聞けば チャンミンがネットで予約したときにも 


結構埋まっていたという


”だいたい この映画は前日には完売になるんですが
本当に1席だけ 空いていました”


俺は何てラッキーなんだ?





これで チャンミンと一緒にいられる・・・と思ったのは間違いで


チャンミンは 真ん中の真ん中


俺は だいぶ後ろの右寄りという離れた席


でも 随分斜め前に チャンミンの後頭部が見える席だった


この後のために 我慢するさ


俺は スクリーンを見ずに 


チャンミンの頭にロックオンした





    

2人は 帰国してしまいましたね・・・😢

福岡から広島の流れはテンション上がりっぱなしだったんですけど

何だろう・・・

あれだけ 盛り上がった広島公演と夜のインスタで

充分幸せもらったのに

帰国と聞くと 何故か少し寂しく残念な思いになっちゃう

今までもそうだったんですけど

とても素敵なライブの余韻に浸っている翌日に

サッサと帰国されちゃうと 物凄い温度差を感じると言うか

この高揚感は何処へ持って行ったらいいの?的な

置いてきぼり感に打ちのめされるんですけど😅

そう感じる方 いらっしゃいますよね?

仕事してきました!っていう感じにも思えて

少し興ざめしちゃうというか🤐

そんな感情がムクムクと湧いてきちゃう・・・

あぁぁ~ わがままだわね😣

わかってるの わかってるの

ファンてわがままですよねぇ 私だけ?

ごめんね🙇‍♀️ユノ❤️チャンミン💜

たまには自分の部屋で寝たいよね😅

トンペンさんは皆優しいから

ゆっくり休んでね〜って言ってる方が多いけど

私の心の中は "早く帰って来て〜" ← 鬼💥

広島を出たのは午後だったみたいだから

午前はゆっくりできたのかな?

2人でホテルのお部屋でイチャイチャしていてくれたなら

それで 万事OKなんですけどね ←

遅くとも木曜日には 北海道入りするでしょうから

また 空気が美味しくなりますものね

大人しく待ちますわ♪

空港写真を拡大して 首回りとかに何か印がないか確認してしまうとう

マジで変態な私・・・😳

2人がそんな見えるところにお印をつけるわけないのにねぇ

では また明日~♪

お髭があっても美しいものは美しいの😍

20181016124442928.jpeg


✨✨✨

     

拍手コメント Hさん
コメントありがとう~♪
ソウルに愛の巣😍
私も絶対にあると信じてます(//∇//)
Mink





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_10_16


20181003011627d56.jpeg






チャンミンと出逢って 


恋に堕ちた翌日


俺は 意気揚々と仕事に出かけた





”あら? チョンさん 何かいいことでもあったんですか?”


女子社員は なかなか目ざとい・・・


『そう見える?』


”ええ とても!
もしかして 新しい彼女ができたとか?
また 全女子社員を泣かす気ですね”


『そんなんじゃないってば 
勘弁してよ~ 先輩』


グループのリーダーを務める先輩にひやかされ


俺ってそんなに わかりやすいかな?って


トイレの鏡で見てみたけれど


うーん まぁ 肌の艶がいいことだけは事実だな・・・


昨日の晩の チャンミンとの情事を思い浮かべるだけで


あ・・・


身体が火照る・・・


アイツ あんな綺麗な顔して 


黙っていると 清純そうなのに 


めっちゃ 情熱的だったなぁ・・・


熱い行為に もう昇天しっぱなしだったなぁ・・・


うっ・・・


気づけば イケナイところに熱が・・・


慌てて トイレ内の個室に入り込み ズボンを下ろした


汚さないように 下着も一緒に そうっと脱いでみると


情けないほどに 俺の分身は チャンミンを求めていた


自分で自分が情けない


こんなの チャンミンに知られたら


呆れられそうだ・・・


そして 


ベッドの上なら


「ユンホさん あなたは本当に物凄くエッチですね・・・
そんなに 僕のが欲しかったんですか?」


とか


「こんな姿で 僕にアピール?
ちょっと早過ぎますねぇ~
溜ってるんですね 可愛い」


とか 軽くあしらわれそうだ・・・





俺は 自分の下半身を見下ろして


『おいっ 今はチャンミンいないんだよ
次に逢うときまで おとなしく我慢しとけ』


心で声をかけ 言うことを聞かないナニを叱ってみる


一向に治まる気配のないナニが 訴えている


分かったよ 


そうだよな 


あのチャンミンのエロい姿を思いだしたら


抜かないわけには いかなかった


仕方なく


立ったまま 利き手を下に下ろし


強く握りこみ 擦り始めた


先っぽは どんどん膨れあがり


見るからに テカテカぬるぬるで 


沢山の密を溢れさせていることがわかる


『んっ・・・あっ・・・チャン・・・ミ・・・ン・・・ああっ』


チャンミンを思って 素早く手を動かし


目を閉じると 


あっと言う間に 


ぴゅうっと 俺の白い欲望は 便器の中に吸い込まれて行った


『は・・・はぁ・・・はぁ・・・』


すぐに イケちゃう・・・


チャンミンの破壊力は それほど凄かった





お昼休みも我慢できず 


一度抜いた後


俺は 意を決して またコールセンターに電話をかけた


出たのは


生憎 女性だった・・・


ちぇっ・・・つまんねぇの・・・


『恐れ入りますが シムさんはいらっしゃいますか?
昨日の件で お話がありますので
直接お話したいんですが』


”生憎 シムは席をはずしております
戻りましたら シムよりご連絡をさしあげましょうか?”


『あ・・・いや それは結構です
お昼休みですよね?
また 後ほどお電話します』


午後は 取引先のところへ外出の予定だ


一人だから 電話をする絶好の機会





仕事を済ませ 再度コールセンターに電話をすると


「はい こちら東方エレクトロニクス
お客様サービスセンター シムでございます」


運よく チャンミンが出た


『あの チョン・ユンホです』


「・・・」


『チャンミンだろ?』


「お客様 本日はどうされましたか?」


『何だよ つれないなぁ・・・
チャンミンの声が聞きたくて かけたのに・・・』


「また何か壊れましたでしょうか?」


『客に向かってそれはないだろ』


すっかり仕事モードのチャンミンには


取りつく島もない


「お客様は 女性の声が良かったのではないでしょうか?
今でしたら 1人居りますので代わりましょうか?」


コイツ 性格悪いんじゃ・・・?


『シム・チャンミンさんが いいんだけど?
女性よりも 綺麗だからな・・・
美しくて 可愛くて とんでもなくエロくて』


「お客様 さようでございますか?
その件でしたら 重々承知いたしております
わざわざ お電話をくださり ありがとうございました
それでは シムでございました」


ツー


ツー


ツー


マジか?!


アイツ 


本当に 切りやがった





こんなことで怯んではいられない


今夜も待ち伏せする気満々で


俺は また


コールセンターに 電話をかけた





     

ユノ❤️チャンミン💜参戦の方々

バンドさんもダンサーさんも

SAMさんを始め 見えないところで頑張っているたくさんのスタッフさんも

みんなみんなお疲れ様でした💕

広島3days ❣️

とても盛り上がっていたようで

2人も楽しかったでしょうね😍

チャンミンの足は大丈夫みたいだし

ちょっと機械トラブルもあったみたいですが

ことなきを得たようで安心してしました😌

チャンミン💜が昨夜上げてくれたインスタ

このビール🍺可愛い😍
201810151002401bb.jpeg


3daysをやり遂げた後の充実感が感じられてスッキリしてますね(≧∀≦)
20181015100318df1.jpeg


チャンミン💜の上げた写真は反転されてましたが

元に戻すと こんな感じです

目の前にチャンミンが💕💕💕💕💕

向かい合ってカンパイしたらこんな風なんですね😭

一緒にビール飲みたいよ〜🍻🍻🍻
2018101510035441b.jpeg


チャンミン💜が好きすぎて気が狂いそうになる昨今

チャミぺンさんは息も絶え絶えですよね😂

広島参戦のチングは 昨夜最終便で東京に帰る際

バンドメンバーやダンサーさん達と同じ飛行機だったそうです✈️

ユノとチャンミンは打ち上げしてお泊まりかな?

昨夜は ユノと仲良くできたかなぁ\(//∇//)\

それとも 深夜に移動なのかな〜

はたまた 今朝朝一で東京かな〜

広島や北海道でもプロモがあるといいですね♪

今頃どうしているかしら?

     

拍手コメント Hさん
コメントありがとう〜♪
プロモの予定がなければ
一度東京に戻るかもしれませんね😍
愛の巣へ(//∇//)
Mink





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_10_15


20181003011627d56.jpeg






シムさんに 身体を拭いてもらい


喉を潤してから ここを後にした


コトをいたしてスッキリしたというのに


何故か 2人でいると ぎこちなかった


駅まで歩く道すがら 殆ど話すこともなく


俺たちの間には 微妙な空気が流れていた





つきあっているわけではない 


通りすがりの見知らぬ男とも少し違う


セフレ?というわけでもない


出会ったのは 確かに今日だけど


自分とシムさんの関係を表す上手い言葉が見つからなかった





もうすぐ 駅 というところで 


俺は勇気を出して聞いてみた


『シムさん 名前は? 下の名前』


「・・・」


不思議そうに俺を見た


こうしてみるといたって普通の若いサラリーマンだ


『俺 名乗ったぜ?
チョン・ユンホ 本名だ
年は32
1986年2月6日生まれ
職業は 貿易会社に勤める会社員
そして・・・独身 結婚歴なし 一人暮らし』


「そこまで・・・」


『名前くらい いいだろ?
俺 お前に惚れた
名前と年くらい 教えてくれたってバチは当たらないよ』


「・・・シム・・・シム・チャンミンです」


『チャンミンて言うの? 
わー 名前まで可愛い 顔にピッタリだ!
裸になると全然違うけど 今はピッタリだ!』


シム・チャンミン


俺は 胸の奥で その名前を反芻した


チャンミン・・・


チャンミン・・・


可愛いな・・・


ニヤニヤしていたら


シム・チャンミンが 続きを話し出した


「僕は 1988年2月18日生まれの30歳です
ご存知の通り 東方エレクトロニクスに勤めてます
一人暮らしで独身は あなたと同じです」


よっしゃー!


ここまで聞き出せたら 後は少しずつ攻めて堕とすまでだ


『ありがとう 教えてくれて
俺 お前が好きだ
クラブで 女どもを挑発していた時の腰をガンガンに振るシム・チャンミンも
今 目の前にいる 一見とても大人しそうなシム・チャンミンも
どっちも魅力的だ』


「やめてください そんな大きな声で」


恥ずかしそうに 俯く姿は 儚げにさえ見えるのだから 不思議だ


『それと 俺を抱いてるときの挑発するような態度や
超絶にエロい仕草に表情も・・・
鍛え抜かれた身体も めちゃくちゃカッコいいから 益々好きになった』


「本当にやめてください」


『なんだよ さっきまでと えらい違いじゃないか
なんで そんなに変わっちゃうの?』


「僕は スイッチが入ると 恥ずかしさがなくなるんです
僕 目立つらしくて 一度友達に誘われて行ったクラブで
ステージに上げられて ひゅーひゅー言われながら踊ったんです
そうしたら 気持ち良くて・・・
もてはやされるたびに どんどん慣れていきました」


『確かに 周りが放っておなかいだろうな・・・
お前 可愛いしカッコいいし モテるだろ?
だから 変装したのか?』


シム・チャンミンは コクンと無言で頷いた


『30歳とは思えない若さだな
ダンスは趣味で?』


「はい 東方神起のファンで 彼らのダンスを見ているうちに
自然に覚えました」


『俺も 好きだよ? 東方神起』


「本当ですか? カッコいいですよね」


『ああ お前 負けてないよ?』


「そういうユンホさんも 東方神起と同じくらいカッコいいです」


『わっ マジ?マジ?マジ?』


やはり 俺の思い込みではなかったようで


このエロ男は 俺に興味を持っていることは間違いない


絶対に コイツを俺の恋人にする


強く誓って 告白した





『あのさ 俺のこと 軽い男だと思うかもしれないけど
俺 お前に恋をした
今日出会ったばかりだけど シム・チャンミンに惚れちゃった
スゲー好き
ハッキリ言う 
俺とつきあってほしい』


「・・・」


ああ 遂に言っちゃった


目の前のシムさんは 大きな目を更に見開いて


驚きの表情を隠そうとしない


『あ 別に今 返事をくれなくてもいい
俺 男だし・・・
その そういう関係って 世間的にはまだまだだし
嫌なら そう言ってくれて構わない
たまに会ってくれるだけでもいいから
考えてみてくれないか?』


「僕は ゲイではないですし・・・」


急にもじもじし出すのも 別人みたいだ


『わかってる 
女がいいって言うなら 諦めるけど
さっきは 俺で 満足したろ?』


「・・・はい・・・」


『連絡先教えて?』


「・・・」


『わかったよ 
意外に慎重なんだな・・・
まっ 俺は返事をちゃんともらうまでは諦めないから
よ~く考えておいて
俺 こんな気持ち 本当に久しぶりで
お前といると 胸が高鳴るっていうか
ドキドキする 
抱かれたあとでさえも まだドキドキする』


「ユンホさん・・・」


『今日は帰るよ 明日も仕事だろ?』


「はい ユンホさんもですよね」


『もちろん
じゃ ここでな』


俺は 住んでいる場所はおろか 電車の路線も聞かず


シムさんに別れを告げて 歩き出した





数秒歩いて 振り返り


その名前を 初めて呼んでみた


『チャンミーン またなー』


大きく手を振って 後ろ向きに歩き出した





驚いたようなチャンミンが 2~3秒遅れて 


胸の前で 小さく手を振ったのを


俺は 見逃さなかった





     

広島公演では 2人から出された川柳という宿題が

すっかり定着したようで

ツイで ビギさんたちのたくさんの川柳を見かけます

皆さん 上手! レベルが高いわ~

東方神起とかけて 〇〇と解く

その心は・・・

思わず ”うまい” と唸るレベルのものばかり

トンペンさんて 切り返しも上手だし

ツイなどで 選ぶ言葉も面白いし

画像の加工だけではなく お絵描きも上手!

工作も手芸も上手で アイディアも豊富ですよね

グッズのリメイクとかも 感心することばかりで

素晴らしいな~と思います

ツイやインスタにアップされる情報や写真のクオリティが高くて

改めて 東方神起ファンて楽しいな💛と思っています♪

チケット譲渡や グッズの転売などでのマナー違反や

目に余る行為がなくなると 更に良いですよね♪

広島も限定タオル売り切れなんですってね

公式さん グッズの用意は慎重にね!

この分だと 福井の紫争奪戦が凄そうで 今から心配です!

     

そして 昨日のMUSIC FAIRはご覧になりましたか?

放映されない地域もあるみたいで残念ですが

SNSに大量に上がっている動画や写真で観てみてくださいね♪

サイコーでしたー!

フジテレビさんありがとう~

明日は来るからのビジュアルなんて 2人とも

若いし 麗しいし 引き込まれるくらいの美しさで💛

テレビ初披露のJungle はカッコよくワイルドでエロく歌い踊ってくれて

もう 何も言うことはありませんでした

何度もリピして 感動してましたー

また ファンが増えるといいな~

あんなに素敵な2人組 どこを探しても

東方神起以外見当たりません!

大好きです💛

チャンミン 美しかった💛

MF1



拍手コメント Hさん
初ジャンゴーはいかがでしたか?
Mink

いつも応援ありがとうございます!
早く続きが読みたいわと言う方
ポチっとお願いします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_10_14


09  « 2018_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top