FC2ブログ


紫色の誘惑 140


大阪行き 最終の新幹線に


間に合う ぎりぎりの時間まで


ユノさんの部屋で 一緒に過ごした


抱き合って シャワーを浴びて


お腹が 空いたら 何かを少し食べる





時間が 妙に早く過ぎるような気がして


時計を 見ないようにしていた


裸のまま


買ってきた おにぎりを食べ


水を飲む・・・


何かを 用意する時間も 惜しい


これっきり 会えないわけでもないのに


ほんの少しの時間さえも


惜しいなんて・・・





今日は


どうしても 


素面で 向き合いたかったから


お酒は 飲まなかった


俺のために ユノさんが 


ビールを 用意してくれていたけれど


飲まなかった・・・


ユノさん家の冷蔵庫は 水の他は


甘い飲物ばかりだったから 


お水が 物凄く貴重に感じたりもした





ソファーで くっつきながら 


お喋りをして


飲むときに少しこぼれて 身体にかかった水を


キスで 吸いとったりしながら


手の大きさを 比べたり


足の 毛の濃さを 比べたり


余裕がなくて あまり マジマジとは 


見たことがなかった 背中とか 


明るい部屋で 触ってみたりした





ユノさんの 広い背中に 頬を寄せて


これからは


この背中も 俺のもの・・・


そう思うと 更に愛しく感じたりして・・・





「ユノさん・・・あっ・・・ユノ?」


『ん? なに?』


そんな やり取りにさえ


自然に 笑みがこぼれる


「ユノは・・・俺の 何処が好き?」


『ん? そんなこと・・・
全部に 決まってるだろ?』


「全部?」


『顔も 性格も 身体も!
何もかも 全部!』


「俺も ユノさんの全部が好き!」


後ろから 抱きついて


首筋に 唇を 当てながら


そんな会話をする・・・


『どんな風に好き?』


「・・・離れたくないくらいだけど
どんな風に?って 言われると・・・」


『あ 言わなくていい!
俺が言うから』


「あ ユノも 言わないでいいです・・・」


『何で?』


「なんか・・・もったいない・・・から」


『じゃあ 小出しにする?
毎日 少しずつ 伝える』


「じゃあ 俺も そうします」





寒い季節なのに


2人で くっついていると


裸でも 温かくて


素肌に感じる


息遣いも 心地よくて 


心が 満たされるのは


お互いが 思い合っている証拠





いつまでも こんな風に


まどろんでいられたら いいのに・・・





『チャンミン 顔 見せて・・・
よ~く 見ておく』


向き合って ユノさんを 見る


目が合うと やっぱり 恥ずかしい・・・


『下を向かないで?
ちゃんと 俺を 見て』


「・・・」


切れ長の瞳が 俺をまっすぐに見つめる


乱れた長い前髪が 


ユノさんの 色気を 助長しているようで


直視は キツイ・・・





『チャンミン 睫毛 本当に長いんだな・・・
綺麗な顔 してる』


「ユノ・・・
ユノも とても綺麗な顔 してます」


『サンキュ!』





だんだんと 日が暮れて


窓の外が 薄暗くなってきたころ


ユノさんが 立ち上がった


『あ そうそう 
1杯だけ 飲んでくれる?』


「・・・?」


『俺が 作るカクテル』


「あ・・・はい」


ユノさんが お酒を作ることを


仕事にしていることを 


改めて 思い出した


ユノさんは キッチンの隅から


材料と道具を 取り出し


あっと言う間に


カクテルを 2杯 用意した


裸で 氷やマドラーを 操る姿に


ちょっと 戸惑ったけど


肉つきのいい 後ろ姿を


目に 焼きつけておこうと 思った


『お待たせ』


差し出された それは・・・


初めて ”Paper Moon” に行った日に


ユノさんが プレゼントしてくれた


紫色のカクテルだった


『乾杯!』


「乾杯!」


久しぶりに 飲む


ユノさんの オリジナルカクテルは


あの時よりも   


美味しく 感じた・・・





読み返してみたら 

最終回が あまりに長かったので

2話に 分けちゃいました!

ごめんなさい

2人の優しい時間が 

ずっと 続きますように
 







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト




2015_06_30

Comments

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2015-07-01 07:41  

Re: タイトルなし 

鍵コメ cさん
コメントありがとう~♪

アダムとイブv-347
うまいこと 言いますね~v-354

本当に 奇蹟の天然造形美v-344

2人には 毎日イチャイチャして欲しいですよねv-360

mink
mink  URL   2015-07-01 08:32  

 

mink 様

こんにちは。
二人とも、お互いが愛おしくてたまらない。
どうしたって離れられない。
一生一緒に、そばにって…
そうゆうところ、リアルのユノとチャミに重なるんです。
みんなの前では、普通のヒョンと弟分を装っているけど、たまに漏れるし。
チーズのあれ、何なんですか?ねぇ。
長崎まで行ってもいちゃいちゃしているの?
はい、お好きにどうぞ。
あと一話で終わりなんですよね。
このお話のコメントするまでは、読まないようにしていたので、これから読ませて
頂きます。
きっと、ハッピーエンドですよね。
cherry b  URL   2015-07-02 12:54  

Re: タイトルなし 

cherry_bさん
コメントありがとう~♪

ほんと あのチーズね・・・
何なんでしょうね~v-408
まわりは全く見えてないというか・・・
2人の世界v-346

あれはどう見ても
兄弟でも 友達でも 先輩後輩でもないですよねv-12

お互いのこと 大好きなんですね~v-347
ああ 幸せv-308

Mink
mink  URL   2015-07-02 22:31  

 管理者にだけ表示を許可する

10  « 2020_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top