FC2ブログ



繝峨う繝・€€繧ソ繧、繝医Ν逕サ縲€竭。_convert_20160609140144





☆ ☆ ☆ 最終話 ☆ ☆ ☆





『チャンミンは ずっと ここにいるつもりなのか?』


「ウ・ン」


『生まれたところに帰るつもりはないのか?』


「ボ・ク・ハ・コ・コ・ガ・ス・キ」





俺には全く理解できないことだった





韓国に帰っても 家がない・・・


チャンミンのお父さんは芸術家で


美術館関係の仕事は


かなり長期に渡るものだったそうで


ドイツに来るときに 家は処分したそうだ


親戚の家にいる妹たちも


就職して 家を出るらしく


そのうち結婚したりもするだろうから


チャンミンは 妹たちのことは心配はしていないらしい・・・


カカオもあるし


たまに 電話で話したり 


休暇で妹たちが ドイツに来てくれれば それでいいと・・・


そんなものかな・・・?





それに・・・


チャンミンは 出会ってからの10日あまりの中で


一番ではないかというくらい


ノートに たくさんペンを走らせた





「喋れないから 韓国で一人で仕事を見つけて
生きていくことは難しいと思う」


「親戚や妹たちに きっと
少なからずお世話をかけてしまうだろうから
ドイツにいる方が お互い気が楽なのではないか」


「父さんと母さんは 火葬してもらったけど
実は 遺骨はまだドイツにある
父さんと母さんの愛したこの屋敷を守って
ヨハンさんと暮らすことが 
自分にとって 最善の道だと思う」





そんなようなことを 延々と書き連ねた


面倒くせぇよ


何だよ それ?!


俺は わかったようなわからないような


チャンミンの考えを 尊重するべきなのか


違う方向へ導くべきなのか


頭の中で何本もの糸が 絡まっていた








帰国の日の午前中は


いつもと変わらず 美味しい朝食をご馳走になり


同じように庭に出た





最後に チャンミンの気持ちを聞こう・・・





『俺 チャンミンを愛してる・・・』


「ボ・ク・モ・ユ・ノ・ヲ・ア・イ・シ・テ・ル・・・」


『なぁ チャンミン・・・』


ブランコに腰かけ 


大好きな澄んだ瞳を見つめた


『愛し合っている者同士 
一緒にいたいと思うのは 間違ってるか?』


こんな真面目な質問を


生まれて初めてしたような気がする


俺の素直な チャンミンへの想いだった


たったの10日間足らずとは 思えないほど


もう 出会ってからの君が


俺の身体の隅々にまで 沁みわたっているんだ


髪の一本から 足の爪の先


そして 心臓の奥深くまで・・・


このまま 離れてしまっても 


君は 本当に大丈夫なの?


最終話 ②_convert_20160706161536


『俺は 耐えられそうにないよ・・・
チャンミンを こんなに好きになるなんて
自分でも 怖いくらいで
正直 どうしていいかわからない・・・』


「・・・」


チャンミンは 俯いてしまった


『チャンミンが 俺を同じように愛してくれたって
そう 思ってたのは
勘違いだったのか?』


「・・・」


俯いたまま 


首を左右に激しく振る


『俺は チャンミンには いらない存在?』


「・・・」


また 激しく左右に振る


『愛してるって 嘘?』


「・・・」


何度も何度も首を横に振るチャンミン・・・


『身体だけ満足できれば 良かったの?』


「・・・」


まだ 首を振り続けるチャンミンの


真意を確かめたくて


俯いたままの顔の両脇をしっかりとホールドし


上を向かせた・・・





『あっ・・・』





チャンミンは 泣いていた・・・


最終話 ①_convert_20160706161426


深い湖のような 静かな綺麗な瞳から


ポロポロと・・・


またポロポロと・・・


大粒の涙が こぼれては 頬を濡らし


白くて 目立たなかったシャツの胸元が 


びっしょりと濡れていた・・・





『チャンミン・・・』


「うっ・・・うっ・・・」


どうして 泣く?


泣くくらいなら 


俺といることを 選んでくれよ・・・





俺を見つめる 大きく美しい瞳からは


とめどなく大粒の真珠が 流れて


止まる気配は 一向になかった





堪らず しょっぱい唇を吸った・・・


「っ・・・」


『俺に抱かれて あんなに感じてたくせに・・・』


途端に チャンミンの腕が 俺の首に巻き付いた


涙で濡れた頬を 俺の首にこすりつけ


「うっ・・・うっ・・・」


声にならない声で 泣いた





それが 君の気持ち・・・





柔らかい薔薇の香りが 鼻先をくすぐる


目を閉じて


身体いっぱいに 深呼吸をすると


チャンミンの香り・・・





チャンミンが大切に育てた薔薇の香りも


興奮して 欲情しているチャンミンの身体の匂いも


全部 胸いっぱいに吸い込んで


忘れないようにしておくよ・・・





君が ここを離れるつもりがないのなら





俺が ここに来ればいいだけのこと





『俺 また ここに来るよ
チャンミンを求めて 来るから・・・』


「ユ・ノ・・・」


『それなら いいだろ?』


「・・・」


コクンと頷いて 上目遣いで俺を見たチャンミン


今日 初めて笑ったな・・・





俺は ある決意を固め


その日 チャンミンを置いて


ソウルに向かう 機上の人となった





必ず 来るから・・・


最終話 ④_convert_20160706164256


ユ・ノ・・・ア・イ・シ・テ・ル・・・


チャンミンの決意1_convert_20160706161554





『少し 眠るか・・・』


目を閉じた俺の瞼には


薔薇の花に囲まれて


嬉しそうに微笑む チャンミンがいた・・・





俺はさすらいのカメラマン ~ ドイツ編 ~


~ fin ~





     

俺はさすらいのカメラマン ~ Germany ~

終了です

ごめなさい ← 先に謝っておく

またしても 別れてしまってごめんなさい


何で別れちゃうのよ!って

叱られちゃいそうだから 言い訳しておきます!

この カメラマンシリーズは

まだ続くのです


必ず 次はハピエンにしますからね

少しのお別れを お話に必要な要素だと思って

待っていてくださいね


逢えない時間が 愛育てるのさ~🎵

明日は お詫びにイチャイチャをお届けします



東方神起完全体まで

あと 408日!






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_07_06


繝峨う繝・€€繧ソ繧、繝医Ν逕サ縲€竭。_convert_20160609140144





あっと言う間に10日が経ち


俺は いよいよ


明日には 帰国の途に着かなければならないという


望まない日を迎えていた





タイムリミットだった・・・





年末の個展や来年早々発売の写真集などの


打ちあわせや準備で スケジュールがびっしりだったからだ


案の定


ここ数日は 


アシスタントから 毎日連絡がある有様で 


チャンミンとの愛に満ちた幸せな時間を


邪魔されることもしばしば・・・


勘弁してくれよ・・・





「ユノ 忙しいんだね・・・
売れっ子カメラマンて 
本当だったんだね!」


何だって?


『チャンミン 俺をバカにしてたんだな?
このっ!』


笑いながら 髪をくしゃくしゃにしてやる


止めてよーって感じで 逃げようとするチャンミンを


後ろから 羽交い絞めにして 


無理矢理 首に強く吸い付いて


印を 焼き付けておく


「んっ・・・」


顔を赤くしたチャンミンが 諦めたように


俺に 向き直り


抱き着いてくる・・・


チュッ! チュッ! と


啄むようなキスを数回繰り返しては 離れる


そんなことが 数えきれないほど・・・





ノートとペンを持ってきたチャンミンは


素早く文字を書き


「ユノの仕事仲間に ちょっと妬けただけ・・・」


『何で?』


「いつも一緒なんでしょ?
それに そのカメラで 僕じゃない人もたくさん撮るんでしょ?」


『まあ・・・な 
でも風景が 専門なんだ
チャンミンは 特別!』


この10日で こんなにチャンミンを収めたんだ


ウエーブのかかった髪ごと引き寄せて


また チュッ!と 唇を吸えば


うっとりと 俺を見つめる眼差し・・・








毎晩 抱き合って寝た





どちらかが 眠りに落ちるまで


ずっと お互いの身体を撫で続けた





見つめあいながら 


俺が沢山のおしゃべりをした





チャンミンの身体の奥深くまで


目いっぱい身体の一部をねじ込んで


これでもかと 君を抱いた・・・





掠れた声で 苦しそうに仰け反り


それでもまだ 俺を貪欲に欲したチャンミンの身体は


俺じゃないと 感じないと


ユノだけが 自分を感じさせるのだと


恥ずかしそうに 打ち明けてくれた





夜ごと 訪れる甘美な交わりに


朝なんて やって来なければいいのにと


毎晩 繋がったまま 


永遠に このままで居られたらいいのにと


そんな空しい願いが 


俺たちの行為を更に熱く導いた





俺の頭の中は 混乱した


願ってっも願っても 叶わない想いを


忘れられでもしたら 楽になるのに・・・と


気持ちのありったけを チャンミンの最奥まで


君が 感じて狂うところへ


力の限り ぶつけ 吐き出した夜





君が 俺を口にして 上目遣いで見上げて来るとき


一気に芯が熱を持ち 


どうしようもない快感が 俺を突き動かした





チャンミンの秘部に 口に


何度も吐き出し 飲み込ませ


俺もまた チャンミンを何度もイかせ


口で 手のひらで それを受け止めた





このまま 韓国へ 連れて帰りたい衝動に駆られる


チャンミンは 俺と同じ韓国人だろ?





何故 ここにいる?


何故 帰ろうとしない?





毎晩体力の限界まで 絡み合って


余すところなく 君の身体を確かめ


俺の身体も差し出して


君の口づけで 夢の中へ・・・





この温もりがない夜を 俺はどう過ごしていくのか?


そして チャンミン・・・


君は 俺がいなくても 平気なの?








最後の夜 裸のまま 


俺たちは窓辺に立った


夜風が運ぶ薔薇の香りを 鼻に感じ


一緒にソウルに帰らないか?と


聞こうとしたとき


チャンミンの口が 俺に向かって動いた








「イ・マ・マ・デ・ア・リ・ガ・ト・ウ」


『・・・』


「ゲ・ン・キ・デ」


『・・・』








君は ここで 一人で生きていくと言うのか?!


『チャンミン ヤだよ・・・
俺 チャンミンがいない毎日なんて ヤだよ!』


君は そんな俺の頬をそっと包み


優しく口づけたね・・・





「シ・ゴ・ト・ガ・ン・バッ・テ」





そんな愛おしそうな目で 見つめられたら


それ以上 


何も 言えないじゃないか・・・


最後の夜の口づけは 涙で しょっぱかった 





     

あと1話で ドイツ編は終わり

このまま 駆け落ちとか できないんです・・・

別れは 相手を想うあまりの

真面目な2人の取る行動なんです

でも 安心してくださいね🎵

別れたままでは 完結しませんから!

このカメラマンシリーズは まだまだ続くのです

アムステルダムのチャンミン同様 

ドイツはフュッセンのチャンミンも

いつか 必ずユノと再会し 結ばれることを約束します



森の中の2人
TREE 2



東方神起完全体まで

あと 409日!






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_07_05


繝峨う繝・€€繧ソ繧、繝医Ν逕サ縲€竭。_convert_20160609140144





それからというもの


ソウルに帰らなければならないギリのギリ


本当にギリギリまで 


湖畔のシム家の屋敷で チャンミンと過ごした





ヨハンさんもアドルフさんも ゲオルクさんも


チャンミンの境遇を慮ってか


俺たちに とても好意的だった


チャンミンのご両親は 余程仁徳のある方たちだったんだろう


ヨハンさんは チャンミンがドイツにいる限り


ずっと お世話を続けるつもりだと言っていた


まるで 本当の親子みたいだな・・・





チャンミンは 俺と過ごした10日余りの間


発作も起こさずに


その類まれな美しさを 存分に俺に見せつけ


俺を喜ばせてくれたのだ





昼間は 部屋でお茶を飲みながら沢山話をしたり


一日3回ほど 自慢のイングリッシュガーデンに出て


あのリスと戯れたり


水やりをしたり・・・


ブランコで 俺にもたれ掛かって


静かに目を閉じたチャンミンは


森の精みたいだった


たまに ヨハンさんが 車でドライブに連れて行ってくれたりして


シュタインベルグ湖畔で お弁当を広げ


寝そべって 過ごす時間も 


貴重で かけがえのないものとなった





チャンミンは 


部屋で話をしている時は


ノートに


”ユノは美しい”


”それに 優しいしカッコイイ” って


随分俺を褒めるようなことを書いてくれたけれど


俺 そんな褒められるような人間じゃないんだけどな・・・


ま 仕事は真面目にやってるけど!





一緒に過ごしていると


チャンミンが病気だって 忘れてしまうくらい


幸せで 


これからも ずっと一緒にいられるような錯覚に陥った


そう・・・


俺がソウルに帰ったあと


チャンミンは どうするのだろう・・・


目の前のチャンミンが 


あまりに無邪気に笑うから


今後のことを 何一つ 聞けずに


あっと言う間に 10日が経ってしまったんだ





     

今日は短くてごめんなさい

着々と 月日は流れて行っていますね♪

ユノの200日台は 凄く減ったように感じます!

去年の7月5日と6日は SMT in 東京ドームでした・・・

チャンミンが 東方神起として一人で来日し

ソロやSMの仲間たちとのコラボを精一杯 

本当に精一杯頑張ってくれたのが もう1年前なんですね
410日_convert_20160704160812

指輪・・・ロザリオ・・・シャツ・・・

全てにおいて ユノを感じさせたコーディネートや

来日時の空港写真の胸を締め付けられるような表情・・・

今思い出しても ウルウル来ちゃいますね・・・

去年のSMT の時の記事は

Changmin's Heart 🎵

これはその更に1年前 2014年のSMT in SEOUL ですね~

2人一緒で楽しそうだった
ユノ290日_convert_20160704160840

早く一緒の姿を見せてね♪
2人410日_convert_20160704160904



東方神起完全体まで

あと 410日!






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村





テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_07_04


繝峨う繝・€€繧ソ繧、繝医Ν逕サ縲€竭。_convert_20160609140144





チャンミンと食べる朝ごはんの美味しいことと言ったら・・・


目の前で 静かに食べるチャンミン


目が合うたびに 目を伏せてはにかんだりして


その度に 俺の下半身が ムズムズ動く・・・





”コホン! パンのお代わり お持ちしましょうか?”


『あー すみません いただきます』


”ただいま お持ちしますね 
随分 お腹が空いていらっしゃるようですからね”


ゲホッ! 


ニヤリと笑って 食堂を後にするヨハンさん・・・


チャンミンは と言えば


ずっと 下を向いたまま 赤くなってる





『チャンミン 顔 見せてよ・・・』


足で チョンチョンと突くと


更に赤くなる耳


『もうさ ヨハンさんには バレてるんだし
諦めようよ!』





そう 


今朝


ガビガビのシーツに 青ざめた俺たち・・・


これってさ 今日 通いのアドルフさんにもバレるってことだよな・・・


諦めようぜ


だって 俺のために用意してくれたベッド


1ミリも シーツが乱れてないんだ


わざと しわくちゃにしたところで


チャンミンのシーツを見たら 隠せないってわかりきってるし・・・





相変らず 恥ずかしそうにスープを口に運ぶチャンミン


その口が動くだけで 俺 また 欲しくなる


『なぁ チャンミン 身体 痛くない?』


誰も周りにいないところを見計らって聞いてみる


怒るかと思いきや


スプーンを口に咥えたまま


上目遣いで 俺を見て


ニコーっと笑う・・・


うっ!


笑顔の破壊力に 


ズキューンと 心臓を撃ち抜かれた感じ!


その後 右手で作ったOKのマーク!


可愛すぎて スープと一緒に食べちゃいたい・・・





『ホントはさ 身体っていうよりも
心臓の方が 心配で・・・
大丈夫だったかなって』


言いながらこっちが照れる


激しく身体を 揺さぶって


息も絶え絶えにしてしまった犯人は 


間違いなく 俺だから・・・


どうやら 大丈夫らしいことに 


心の底から安堵した





お代わりのパンを運んできたヨハンさんとチャンミンが


何やら手話で会話をし・・・


”チョンさん あの 良ければ というか是非
ドイツ滞在中は ここにお泊りください”


『えっ? いいんですか?』


「・・・」


”チャンミンお坊ちゃまが 是非にと・・・”


チャンミンを見ると また下を向いて 


新しいパンを頬張っている


驚いた


一日だけかと思っていたから





”ドイツには あと何日 滞在予定でいらっしゃいますか?”





あと何日・・・?





そうだった


俺 帰らなくちゃいけないんだ


チャンミンと結ばれて


夢のような一夜を過ごした今


帰ることを忘れていた・・・





『あ・・・そうですね・・・
一応 2週間くらいの予定で 来たんです』


”そうですか・・・
他にドイツでご予定は?”


『いえ 何も決めてなくて・・・
ノイシュバンシュタイン城を見たくて来たんです

ここ1~2年は 仕事が忙しくて
殆ど休みがなかったので
お城を見たついでに 
レンタカーでも借りて
のんびりと ドイツの田舎を廻ろうかな?って
漠然としたことしか考えてなかったんですよ』


チャンミンは と言えば


もぐもぐと口を動かしながら


俺の話を 無表情で聞いている





しかし 良く食べるな・・・





”チャンミンお坊ちゃまは 本来大食漢なんですよ
ここ1年くらいは食欲がなくて随分痩せてしまいましたけど・・・
でも チョンさんと会ってからのお坊ちゃまは
以前のお坊ちゃまに戻ったようです
ご家族が 元気でいた頃の・・・
そんな姿が 嬉しくて・・・”


そこまで 話して


ヨハンさんが 目頭を押さえた


『そうだったんですか・・・
チャンミン 俺と一緒にいて
楽しいか?』


まん丸なお目目を大きく開けて


またまた満面の笑み


「タ・ノ・シ・イ」


『飯・・・美味く感じる?』


「オ・シ・シ・イ」


『俺 ここに いてもいいの?』


「・・・」


口を動かす代わりに コクンと頷いた





『ヨハンさん 
ご迷惑でないのなら 是非ここにいさせてください
宿泊費は お支払いします!
ホテル代として 受け取ってください』


”いいんですよ
こちらのお願いですし・・・”


そうは言われても こちらの気が済まない


どうしてもと言って 受け取ってもらうことにした代わりに


チャンミンの住む 


シム家の館に居候させてもらうことになった





チャンミン 毎晩一緒に寝てもいいかな・・・?





”お坊ちゃま
良かったですね!
お部屋は チャンミンお坊ちゃまと一緒ということで
よろしいですね”


ん?! そういう前提?


客間とか じゃなくて


最初から そのつもりだった? チャンミン?


それは 受け入れないわけがない


『ありがとうございます!
では 遠慮なく チャンミンの部屋に
寝泊りさせていただきます!
チャンミン よろしくな?』


「ヨ・ロ・シ・ク」


”お坊ちゃま 良かったですね!
丁度2週間くらいなら
定期健診での通院の予定もないですから
チョンさん ご滞在中は 少し出かけたりできますね”


パァーっと 花が咲いたように綻ぶ君の顔


頬に また 赤みが差したのは


恥ずかしいからではなくて 嬉しいからだよな?





その日から 俺は 


チャンミンと 


愛を確かめる日々を送ることになった





     

暑いですねぇ~

梅雨 明けてるみたいだわ

ちょっと掃除機をかけただけで汗がドバーッ!

ドイツのお2人さんも 

お熱い夜をお過ごしのようで

チャンミンとの夢の時間が 終わると

魔法も 切れちゃうかな・・・

あと 数話です



2人の世界を邪魔しないで・・・
doitsu_convert_20160703154116.jpg



東方神起完全体まで

あと 411日!






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村





テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_07_03


繝峨う繝・€€繧ソ繧、繝医Ν逕サ縲€竭。_convert_20160609140144





再び 身体を重ねた後


ぐったりとして そのまま眠りについてしまった


開けっ放しの窓から チュンチュンと


可愛らしい鳥のさえずりが聞こえてきて


朝が訪れたことを 知る





『んんっ・・・』


眠い目擦りながら 目を開け


思い切り 両腕と両足を伸ばした


首を左右にカキカキと振り


横を見れば・・・





チャンミン・・・疲れたよな・・・


スヤスヤと 小さな寝息を立てて


幸せそうに眠る愛する人の姿


22話_convert_20160702155257


こうしてみると


結構 幼い顔してるんだな・・・


男だというのに 艶とハリのある肌は


成人男性のそれとは だいぶ違うように思えた





『チャンミン・・・』





思わず笑顔になり 小さく名前を呼びながら


頬を撫で 


長すぎる睫毛をじっくりと観察する・・・


こんな時間も 心が穏やかになるから好きだ








「・・・!!!」


パチンと 音がするんじゃないかと思うくらい


はっきりと 突然目を開けたチャンミンが


俺と目が合った途端に キョロキョロしだした


腰から下だけを覆うブランケットを上まで手繰り寄せ


明るい朝には隠しようがないほど 赤く頬を染めて・・・


チラッと 俺の様子を窺ったかと思うと


ブランケットを顔に当て


下を向き 顔ごと シーツに押し付けた





「・・・」


どうしたの?


恥ずかしいのか・・・?


下を向いたチャンミンの丸い後頭部に手を当てて


寝癖のついた髪を梳きながら


質問をしてみた





少し 意地悪かと思ったけれど


チャンミンが どんな反応をするのか見てみたかったのだ


このまま 問いかけても


声は 聞けないのだから・・・





真横にぴったりとくっついて 


顔を近づけ しばらく何も言わずに


じーっと チャンミンを見ていた





耳 めちゃくちゃ赤いんだけど・・・?


チャンミンと同じように 俺も声を発さずに


仕草と表情で チャンミンを振り向かせよう!


ふふふ 


いつまで 下を向いていられるか 見ものだな・・・





耳をさわさわと触り


息で 『オ・ハ・ヨ・ウ』 と挨拶する


「んっ・・・」


首から上を 擽ったそうに捩り


それでもなお 顔を上げないでいる





後頭部を撫でていた手は 首に下り


誘いぼくろに 唇を当てた


「はっん・・・」


ますます 擽ったそうに身体を捩りだす





ブランケットを必死で顔に当てているから


背中 出ちゃってるんだよな・・・


人差し指で 背骨に沿ってツーッと背中をなぞり


小さいお尻の上まで・・・


俺の手を 振り払おうと必死で 身体を動かすチャンミンが


まるで 子供のようで 可愛くて仕方なくなった


この体勢 絶対的に俺が有利だって 気付いてるだろ?





上半身を起こし


チャンミンの綺麗な背中にキスを落としながら


右足で チャンミンの身体を覆っているブランケットと


乱れたままのシーツをどんどん剥がしていく


丸見えになった 伸びやかな肢体・・・





チャンミンは 心も身体も 穢れていない


本当に 美しいとは こういうことをいうんだと


しばし 見惚れてしまう・・・





手繰り寄せたブランケットをそっと下ろし


片目で 俺をチラ見するチャンミンと 目が合ったのは


そのすぐあと・・・


ああ もうっ!


黙ってなんていられない!


『チャンミン! おはよう!』


大きな声で 笑いかけると


俺の天使が 目を開けた





もう 我慢できなくて


仰向けにさせて ブチュブチュキスをし続ける


初めのうちこそ 嫌がっていたチャンミンだったけれど


そのうち 笑いも漏れ


追いかけっこをするように


唇を 探し合った


抱きしめて


チャンミンの身体に触れ


チャンミンの手もまた 俺の身体のあちこちを確かめた


腕 胸 首・・・


朝の生理現象には 見て見ぬふりをして・・・





俺は さっき見た小さいお尻が 忘れられず


戯れに紛れて 右手の中指をすかさず 真ん中に滑らせ


ツプっと差し込みかけたけれど


途端に暴れ出したチャンミンに阻まれ


朝の一戦は お預けとなった





『ごめんごめん 朝から 盛ったりしないよ・・・
ホントはしたいけど♡』


口を真一文字に きっと結び


俺を睨みつけてくるチャンミンに 


謝りながら 思い切り抱きついた


どんなチャンミンも 魅力的


ベッドの上で じゃれ合っているこの時間も


かけがえのないもののように感じて


キスが 止められなくなった





ドン!!!





『痛っ!』


「・・・」


いくら大きなベッドでも


転げまわって遊んでたら


そりゃあ 落ちるよな・・・


俺たちは 顔を見あわせて


大笑いした


『アーハーハー』


俺の声だけが 部屋の中に 響いた





     

朝から ただただ 2人の世界

何の進展もない朝でした!





東方神起完全体まで

あと 412日!






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村





テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_07_02


09  « 2019_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top