FC2ブログ






【参戦も
気合いが入るの P席は!
目が合うつもりで
行くヘアサロン】




”P席” いい響きですねぇ~

いわゆる 『プレミアムシート』っていうヤツです

東方神起以外のアーティストにも あるのでしょうか?

ポール・マッカートニーには これに似たような

とんでもなくお高い席が ありましたが・・・

ジャニーズは なさそう?

ライブを より2人に近い席で 観たい聴きたいと思ったら

オススメです! ← かなり 高いけど

P席参戦の経験がある方なら おわかりでしょうが 多少は当たり外れが あります!

私は 本当にラッキーなことに TONE ~ TIME ~ TREE と 毎回 1度ずつ P席に参戦できて

大好きな チャンミンが 目の前という サブステ最前列!という

足が震え 心臓が止まりそうになる 神席も ありました

ユノと 目が合ったときは 異様に硬直しましたです

盛大なる勘違いでもいいんです

嬉しいんですよ~


*イメージ ① TREE婚の プレミアムシート専用入り口は こんな風でしたね♪
さー④_convert_20141125223006

TIME婚は こんな風♪
さー⑪_convert_20141125231954

TONEは こんな感じでした♪
DSC02644_convert_20141125231041.jpg


*イメージ ② こちらは TREE婚の P席の人へのお土産達
さー⑦_convert_20141125223101

こちらは TIME婚の P席土産
さー⑧_convert_20141125223122

TONEのときは コレ! 必死で掴んだ 銀テが写ってる~
DSC02645_convert_20141125231016.jpg


*イメージ ③ そして 何と言っても P席が当たると ライブ当日に向けて
専用アプリが 楽しめる
当日までに4~5回にわたって ユノとチャンミンから メッセージが届くのです

TREE婚の メッセージは コチラ
ちなみに最初の2,3回は 活字で来ますが 
ラスト2回は 直筆でメッセージが来ます

しかも 自分の名前入り

これは 嫌がおうにも テンション上がる!
さー⑨
さー⑩


P席は どんなもんじゃい?と 半信半疑で初参戦したTONE ライブ

いやいや 捨てたもんではなかったです

もし まだ未経験の方が いらしたら 一度はオススメします

節約に励んでも 行く甲斐があると思いますよ!

ユノとチャンミンに 会うために 美容院行って白髪染めて綺麗にして

下着まで 新調して (マジか?!)

当日は 念入りに お絵描きお化粧して

たとえ 見てもらえなくても 目立つウチワを 作り

少しでも 背を高くしようと 高い厚底サンダルを用意したり

いくつになっても 頑張るビギたちは 健気だなあと しみじみ思います





ポチしてくれたら嬉しいです



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



2014_11_25


~ Y ~


慌てて 振り向くと


Tシャツに着替えて


タオルで 濡れた頭を拭いているチャンミンが


こっちを見て 立っていた


色っぽい・・・


まずいまずい


「シャワー 借りるよ
着替え 出しといて」


チャンミンの家にも 俺の服と 下着は 何着も置いてある


服は 殆ど 2人で共有しているみたいなもんだし


洗濯は チャンミンが しておいてくれる


洗ったTシャツと短パン そして 下着も


チャンミンが 脱衣所に おいてくれるはずだ


まるで 奥さんみたいだな・・・


でも チャンミンが 


実は 凄く男っぽい 骨太な人間であることを


充分承知している


それでも


文句も言わず


大人しく 俺の着替えを


持ってきてくれる チャンミンが愛おしい


今日は 静かだ


機嫌の悪い時は 大変だからな・・・


『何で 僕が 着替えまで 用意しないといけないんですか?』


とか何とか言って 


つっかかってくるときも あるから・・・


今日の事は チャンミンの勘違いだったから


そろそろ 気分も治って


お腹が 空きだす頃だろう


そんなことを 考えながら


シャワーを 浴びた


リビングに 戻ると


チャンミンは 案の定 


何かを レンジで 温めながら


缶ビールを 飲んでいた


「ユノ 一緒に飲みましょう」


そう言って 缶ビールを 持ってきた


少し アルコールの力も 借りたくなっていたから


これ幸い!とばかり 缶ビールで 乾杯をした







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



2014_11_25





【喧嘩して 
怒って許して 見つめ愛
2人の日常
愛と戦争】






*イメージ ① はい!喧嘩! んん? どちらかと言うと 襲ってる?
(注 これは MVです)
ラブラブーけ①

あら? やっぱり・・・
ラブラブーけ②

喧嘩!みたい
ラブラブーけ③


*イメージ ② チャミ 怒ります! ヒョン!ちゃんと片付けて!って言ったじゃないか
2人での生活も 最初は大変だったようです 性格が違い過ぎますからね・・・
ラブラブーけ④


*イメージ ③ ユノにお小言ばかり言っていたチャンミンが 2013年の「キャサリンⅢ世」では 何と
「綺麗過ぎる部屋は苦手です!」って 慣れって怖いですね~
けー②

まあ ユノの全てを受け入れた瞬間! ってことでしょうか?

別な言い方をすれば 情が 愛情に変わったとき

とでも言いましょうか・・・

TVで この発言を聞いた時は 世界中のトンペン界の腐女子が 耳を疑って

のけぞりましたよね・・・

ああ 遂に ここまでの境地に達したか・・・←妄想が 現実として 突き付けられた瞬間です!

この上ない喜び

そして 

2人の間は 安定した愛情へと 変わって行ったのです

どうぞ お幸せに





ポチお願いします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



2014_11_24


~ Y ~


「チャンミン シャワーでも 浴びてきたら?
少し すっきりするよ」


「うん・・・」


ゆっくりと 立ちあがらせる


「あっ・・・」


まだ 少し ふらついてる


バスルームまで 肩を抱いて


連れていく


「1人で 大丈夫か?」


「うん・・・」


「 脱がせてやろうか?」


「大丈夫 1人で 脱げる」


「そうか じゃあ チャンミンが 終わったら
俺が シャワー使うよ」





リビングに 戻って ソファーに腰を下ろす


さっきまで チャンミンが いた場所が 温かい


こんなときに


チャンミンが 弱っている こんなときにさえ


欲望が 押さえきれないなんて


俺も ただの男だな・・・?


脱衣所で フラフラと立つチャンミンの


服を 無理矢理脱がせてみたいという


変な 欲求が湧いてきて・・・


ブルブルと 頭を振る


弱ったチャンミンの 破壊力たるや 


相当なもので


正直 こんな気持ちになるなんて


思いもしなかった


弱弱しく フラフラするチャンミンを


組みしだいて


犯してみたいという 欲求・・・


俺 変態か・・・?


チャンミンが 好き過ぎて


ついに おかしくなったのか?


チャンミンの 喘ぐ姿を 暫く見ていない・・・


久しぶりに


あの 色っぽい声を 上げさせてみたい


顔をゆがめて 懇願する姿を 見たい


チャンミンを 味わいたい・・・


気づけば 胸が熱くなり


俺のモノが 反応し始めていた


やべっ!


チャンミンが 上がって来る前に 鎮めなければ・・・


冷蔵庫から 水を取り出して


一気に飲み干した


「ふーっ」


ため息を つくと


後ろから


「ユノ お先でした どうぞ」


チャンミンの声がした







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



2014_11_24





【空港の 
表情管理で わかっちゃう
2人の関係
ラブラブ度まで】






空港での2人って 何かと妄想をかき立ててくれますよね~?


*イメージ ① これとか チャンミンが少しエロく見えてしまうのは 私だけ? 
少し前の写真だけど ”2人の関係どうなの?”って 疑問が湧く1ショット!
ラブラブーく①

多くの腐女子が 喜ぶ前後の安定感は ”前がユノ 後ろがミン” 私はどちらでも♪
ラブラブーく②

チャミ! こらっ! 漏らすな!
ラブラブーく③

ああ スターオーラ! バリバリです
ラブラブーく④

反対だと こんな風
ラブラブーく⑤

2人のこんな なごやかな雰囲気も 会話を連想させるから 好き
ラブラブーく⑥


*イメージ ② 去年 チャンミンが ドラマ『Mimi』の撮影で 釜山に滞在していたとき
ユノが ある日突然 釜山に行きましたよね。 
こんなに 嬉しそうに
ラブラブーく⑦

釜山では ユノは何の仕事だったのか? 結局わからずじまいだったし
チャンミンが 撮影が終わった途端 光のごとく消えていなくなったとか 言われてたし
ま 結局のところ 密会だった という結論にしました

だって ユノは基本 空港では 怖いのよ! それが あの表情だったもんね~
普段は サングラス外しても コレですから・・・怖っ
ラブラブーく⑧


*イメージ ③ しかーし
何と言っても 最近のNo.1は これでしょう!
ファンミが終わって 日本から帰国した時の チャンミンの 漏れ加減が尋常ではなかった件

間違いなく 日本では 2人の時間が持てた!ということで 間違いはありませんね
夜の営みが うまく 行ったのね
ラブラブーく⑨

おまけ
金甫空港で よく見かけられる ”チャンミンがユノを 扉の影で待つシーン” これ 好きです
ラブラブーく10


おまけ
珍しく チャンミンが 口を押さえっぱなしの時があって・・・ 
激しいキスで 唇が腫れたんじゃないかと 言われていました
ラブラブーく11


おまけ
でも やっぱり チャンミンの笑顔 これが 一番見たいんです
ラブラブーく12





ポチお願いします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



2014_11_23


~ Y ~


俺は チャンミンが


どうしたって 可愛くて


特別で・・・


仕事の時や 普段の生活面では


俺よりも しっかりしていて


とても頼りになるのに


突然 垣間見せることがある 弱い部分が


あまりに 衝撃的で


その度に 俺を 虜にする


”俺が いなくちゃ!”と 思わせる


その行動は


俺に 言いようのない優越感と


使命感を 与え


いくら 叫んでも 叫び足りないくらい


チャンミンへの 想いを


益々 強くさせるものだった





想いが 溢れ過ぎて


言葉では 言い表せなくて


抱えきれなくて


がむしゃらに


腕の中の チャンミンを


撫で回した


頭を くしゃくしゃと かき回し


肩から背中にかけて


何度も 何度も 撫でた


チャンミンは 無言のまま


俺に しがみつきっぱなしで


自分を 落ち着けているようだった





”撮影が 終わるまでは 会わない”


自分で そう言ったのに


今夜は チャンミンと


離れられそうにないな・・・


すぐにでも 抱きたい衝動にかられた


チャンミナ・・・


いいかな?


今夜は 抱いても・・・







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2014_11_23


この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2014_11_22


~ Y ~


チャンミンが 早とちりをして


でたらめの 俺のスキャンダルを


自分たちの スキャンダルだと 思いこんでた・・・


”熱愛”という 文字だけを見て


記事の内容も 確認せずに


泣いて 泣いて 泣きはらして


気を失うまで 震えていたなんて・・・


”バカだな” って 言ったけど


そんなふうに なってしまう程


あのことは まだ トラウマになっているのだろう・・・


いつも 冷静で 思慮深い 頭のいいチャンミンが


咄嗟に 辛いことを 思い出して


1人 苦しんでいたんだ


ほんの 数時間だったとしても


どれだけ 怖い思いをしたのだろうかと


想像するだけで 胸が痛んだ


そして そんな チャンミンが


心から 愛しくて 可愛くて


大切に 感じた





誤解が解けて


俺に しがみついてきた チャンミンは


もう 震えては いなかったけど


小声で 呟いた言葉に


俺は 胸が締め付けられる思いがした


『ユノ 僕を 捨てないで・・・』


「何 言ってるんだよ!
俺が お前を 離すわけないだろ?
お前が 嫌だと言わない限り
俺は お前と 離れるつもりは 毛頭ない!」


全く 何を言うんだ?


どれだけ 抱き締めたら


どれだけ 愛を 囁いたら


どれだけ 強く 抱いたら


俺の 気持ちが 伝わるんだろう・・・?


こんなに 俺の心を 捕えて離さない 恋人が


もう どうしようもないほど


可愛くて 愛しくて・・・


しがみついている その身体を


これでもか!というくらい 強く 抱き返した


首筋から チャンミンの 匂いがした







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



2014_11_22





【ねぇ チャンミン
そんなに隠れて 
何処に行く?】






チャンミン 今年の夏は お仕事がなくて かなりゆったりしたスケジュールでしたよね~

”週3で ユノのマンションに通ってる” なんてツイートした人がいたらしくて

そうしたら カシちゃんに 叱られたって

”週3じゃないよ! 週5だよ” ってね

チャンミンは きっと そんなファンのやり取りをも 

楽しんでいるような気がします!

「勝手に 言ってろ」 ってね

「フフ また 言ってる」 とか

面白がってるような 気がしてなりません

ちょっとしたことで ファンが盛り上がったり盛り下がったり

ファンは 忙しいんですけどね・・・

多くの乙女の 心をかき乱す 罪な男たちですよね

彼らは

どんな格好でも どこにいても ばれちゃいそうだから 変装とかは

敢えてしないんでしょうね~

せいぜいサングラス?

BALIで 発見されたときは びっくりしたけど!

きっと してやったり って ニマニマしてそう!


*イメージ ① 1人で こっそりユノ宅へ こんな感じ?
ラブラブーね①

はたまた これか? いや これでも目立つな・・・
ラブラブーね②


*イメージ ② でね ユノが帰ってくるのを 心待ちにしてるの
早く帰って来ないかな~?
ラブラブーね③_convert_20150513154940

帰ってきたら 一緒にご飯を食べて~ 一緒にDVDでも見て~ 一緒にお風呂に入って~
って 想像すると こんな顔になっちゃうの!
ラブラブーね④


*イメージ ③ 一緒に食事!の図
ラブラブーね⑥


美味しいね
ラブラブーね⑤

その後は・・・「シャワー浴びよう」
ラブラブーね⑦

ラブラブーね⑧

綺麗になって・・・
ラブラブーね⑨

俺も 浴びるよ~
ラブラブーね⑪

ラブラブーね1②

ラブラブーね10


そして~ 2人で イチャイチャ してください
ラブラブーね⑬

ラブラブーね⑭

ラブラブーね⑮


「内緒だよ
ラブラブーね⑯





ポチお願いします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



2014_11_21


記事を 読み終わって


僕は うなだれた


恥ずかしいとか 情けないとかいう以前の問題で


もう 勢大な ため息しか 出なかった


無言で 俯く僕に ユノが言う


「何か 勘違いしてた?」


「うん・・・」


「何だと 思ったの?」


「熱愛って 書いてあるから・・・
僕たちのことが バレたんだと ばかり」


「えーっ?」


「だから このままじゃ まずいって・・・」


「はぁ?」


「また あのときみたいに バッシングとかされて
活動できなくなるんじゃないかって・・・」


「お前なー」


きっと ユノも呆れている


「ああ!もう! 心配して 損した」


「ごめん 早とちりだね」


「早とちりも いいとこだよ?
だいたい チャンミンらしくない・・・
何も 真相を 確認しないで 落ち込むなんて・・・」


「・・・」


自分でも嫌になる


きっと ユノもびっくりしたよね


「それだけ あのときの事が
辛かったんだよな・・・
わかるよ
俺も できることなら 考えたくないし・・・」


「ユノ・・・
この記事なら 僕は全く気にもしなかったよ」


「当たり前だ」


そう言って ユノは 僕の頭をくしゃくしゃとなでて


ギュッと 抱きしめてくれた


「バカだな・・・
チャンミナ・・・
ほんと バカ」


僕に何かあったのかもしれないと


心配して 帰ってきてくれた ユノが


愛おしい・・・


「チャンミナ・・・
おれたちのことは 大丈夫だよ
たとえ 何を言われても・・・
真相なんて わからないんだから・・・」


「うん・・・」


「俺たちさえ しっかりと
自分を持っていれば 大丈夫だから!」


「そうだよね ユノ」


なんだか 気がぬけて


凄く 嬉しくなって


僕は ユノに 思い切り しがみついた


~ C ~

誤解って こわいですね・・・

お互い ホッとしたでしょう






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




2014_11_21


10  « 2014_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top