FC2ブログ



「あれ? チャンミンさんは?
さっきから お姿が 見当たりませんが」


俺が 帰ったあと


オーナーのヒチョルさんが


俺たちの テーブルに来て


ミノに 尋ねたと 聞いたのは


その夜 日付が 変わる頃のこと


サリーが 俺のことを 気遣い


連絡をくれたんだ








「チャンミン 大丈夫?
急に具合が 悪くなったみたいだったから・・・」


「ごめんな・・・
サリーには 関係ないのに
バーまで 付き合わせて」


「関係・・・ないんだ・・・?
そうね もう 関係 ないのよね・・・」


少し 寂しそうな声に 胸が痛む


「俺は 大丈夫だから!
ミノには 自分で 連絡入れるよ」


「うん そうしてくれる?
心配していたから・・・」


「サリー?」


なにか 言いたげなサリーの様子に


問いかけた


「あ・・・ あのね
やっぱり 言えなかった
あの場では なかなか 難しいね・・・」


俺たちが 別れたってこと 


まだ 誰にも言えてない・・・


「いいよ そんなこと 気にしないでも・・・
今度俺から ミノに言うから
メグちゃんにも ミノから 言ってもらおうか?」


「ありがと!
うーん でもそのうち 頑張って言ってみるわ!

そうそう あのね 今度の日曜日ね
皆で ボウリングしませんか?って

チャンミンが 帰ったあと
オーナーのヒチョルさんが来たの

お店の5周年企画とかで
ボウリング大会があるから
是非 来てくださいって
みんな 誘われたの」


「サリーたちも?」


「うん 4人でいらしてください!って・・・」


「・・・」


「私はいいんだけど・・・
楽しそうだしね
でも チャンミンが嫌なら
私は 行かないから 行ってくれる?」


おれは つくづく サリーに


迷惑を かけるようにできている


「サリー ほんと ごめんな
色々 気を遣わせて・・・
俺は 行かないよ 
だから キュヒョンでも誘って
4人で 行ってこいよ!
その方が 気が楽だろ?」


キュヒョンも ジョンヒョンも


サリーやメグと


何度も 一緒に出かけているから


勝手知ったる中だ


ジョンヒョンは 仕事で 遠方にいるから


誘うことは今は無理だけど


キュヒョンなら・・・


「それがね チャンミンには
絶対に来てもらいたいんですって
お店の方や 常連さん
参加者全員の 希望だからって・・・」


「はっ? 何だよ?それ
俺は いいよ 別に
もともと ミノに”どうしても”って
頼まれて 付き合いで 行った店なんだし」


「でも・・・」


「チャンミンが 行かないなら 
私も 遠慮するわ
行く意味ないし・・・
でも そうすると メグが嫌がるかな?」


「めんどくせ~な
いっそのこと 全員で やめればいいんじゃないの?」


「ねぇ・・・チャンミンは どうして
そんなに 嫌がるの?
あのお店 行きたがってたし
絶対 好きなタイプのお店でしょう?
何か・・・あったの?」


「別に 何もないよ」


「あの・・・男の人に誘われたから
警戒してるの?
シウォンとかいう人を」


「違うよ シウォンさんは
もう 大丈夫だよ
悪い人では なさそうだからね
ただ そっちってだけ」


自分も そっちに行こうとしているくせに


ちゃんちゃら おかしい・・・


「じゃあ 行ってもいいんじゃない?
ミノくんもメグも 一緒なら
別に 嫌じゃないでしょ?

何なら 私の代わりに
誰か 別な女の人を誘って?」


ああ そんなつもりじゃないのに・・・


サリーを 傷つけたくはないのに・・・


「サリー 違うんだよ
最近 忙しかったからさ
少し 家でゆっくりしたいと
思っただけだよ」


「なら いいんだけど
私のことが 気になるなら
遠慮は無しよ!
代わりの 美人なら 
いくらでも 調達しますから!」


サリーは 本当に いい娘だ


俺には 勿体ないくらいだ・・・


そのサリーを 傷付けておいて


俺は ユノさんを・・・


一体 どうしたらいいんだ?








ユノさんへの 気持ちは 


もう 確かめるまでもなく


はっきりとしている


相手を 知りもしないのに


好きだなんて


一目ぼれっていう 厄介なヤツに


ひっかかった


まさか サリーに 言えないしな・・・


健気なサリーのことを 考えて


仕方なく 参加の返事をした


ミノは 能天気に喜んで


「そうでなくっちゃ! シム・チャンミン!」


やけに


ハイテンション!


ユノさん 来るのだろうか?


来る・・・よな?





なかなか 煮えきらないですねぇ

葛藤の中にいるチャンミン

誰か 背中を押してあげて!








にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



2015_03_03


02  « 2015_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top