FC2ブログ



「あの 違うんです・・・」


「ん?」


「好きな人って・・・
気持ちを伝えられないっていうのは・・・」


「ああ いいよいいよ もう!
言わなくてもさ
誰にでも 言いたくないこと あるもんな
ごめん! いいから 言わなくて」


勝手な人だな・・・


あれだけ 聞いて


勘違いまでしておいて


もういい?


そんなわけには いかない


あなただからこそ


誤解されたままでは ダメなんですよ・・・





「いえ あの そうじゃなくて
不倫とか じゃないですから!
好きになった人が 人妻とか・・・
じゃ ないですから」


「えっ? 違うの?
なんだ てっきりそうなんだとばかり思って
そりゃあ 告白できないよな?って 思ったよ」


「想像力逞しいですね・・・
でも 残念ながら ハズレです」


「じゃあ? どんな わけありなんだ?
気になる」


「それは・・・言えません
それだけは勘弁してください!」


「可愛い俺のチャンミンを こんなに 
悩ませて 悪いヤツだ!」


「可愛いって・・・」


しかも ”俺のチャンミン”とか 頼みますよ


ユノさん・・・あんまり


言わないで


期待しちゃう・・・


「とにかく!
言えませんから!」


なんか 口を とんがらせて


少し不満そうな顔をされたけど


言えないものは 言えない・・・





しばらく 話をしながら


湯船に出たり入ったりを くりかえしていたら


少し熱くなった


「そろそろ 出ませんか?
なんか 熱くなってきて・・・」


のぼせてるのか 


恥ずかしくて 火照っているのか


自分でも わからないけど


汗をかいて 熱いことは 確かだ


「ほんとだ チャンミン 顔にすげー汗かいてる!
サウナみたい!
顔も 耳も真っ赤だよ!」


また 俺の耳を触ろうとしたユノさんが


耳の近くまで 伸ばした手を 


急に引っ込めた


???


「ごめん 触らない・・・
チャンミン 嫌だもんな スキンシップ!
嫌われたくないから 触らないよ」


ユノさんが なんか シュンとしたように見えて


急に 可哀相に感じた


「べっ 別に いいですよ・・・」


「えっ? 何が?」


「いいですよ 触っても・・・
ユノさんなら 嫌じゃないですから
どうぞ ご自由に」


慣れなくちゃ!とは思ったけど


俺は 何てことを 口走ったんだ?!


自分の言葉に 驚く間もなく


目の前には 


満面の笑みをたたえた ユノさんの顔


「ほんと? チャンミン ありがとうー!」


そう 言い終わらないうちに


俺は 抱きつかれていた


「うっ・・・」


そこまでしていいとは


言ってないんですけど・・・


裸で 男が男に抱きつくとか


勘弁してくれ! 


こんな 人前で・・・


「ユノさん!」


「わぁっ! ごめんごめん 
つい嬉しくてさ! 悪い」


また 照れたように 頭に手をやる


この人の このギャップが 


どれだけ 俺を惑わせるのか?


”天然”って こういうことを 言うんだろうな・・・


「チャンミンを あまり困らせないように 触るよ」


「そうしてください・・・」


すると ユノさんは


静かに微笑んで


そーっと


俺の耳を 触った





もっともっと イチャイチャさせたい・・・







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



2015_03_28





【めっちゃ怖い!
何でもアリの海外婚
アクシデントに 
ツイ嵐(荒らし)】



日本以外の国の方が 


このブログを読んでくださっていたら


ごめんなさい (いないよね?)


気を悪くされたら 申し訳ないけど


決して 嫌いという意味ではないです!


色々聞くにつけ ビックリする事が多いなあ・・・と


コンサートのスタイルが


日本と海外では随分異なると言うことを


言ったまでです! (誤解のないよう)


日本の感覚では 考えられないことがあると


聞いたものですから・・・


私は 海外婚には残念ながら


参戦したことがないので


聞いたり 読んだ話ですが


日本のコンサートでは 


スタンディングエリアとかも無いですしね~


ソウル婚に参戦したチングの話によれば


スタンディングエリアは 


大変過酷だと


ユノチャミを 少しでも近くで見ようと


ステージ前に ドドーッと押し寄せるから


遠慮していたら 見えないとか・・・


カシちゃんは 大抵の人が 背が高くて


背の低い日本人は 高い靴を履かないと見えないらしい


渡韓前には 靴や服装で大騒ぎしてたっけ


好きなメンバーが 移動すると 


観客も 一緒に移動する!


特に韓国では ユノペンさんが多いせいか


ユノが 動くと ドーっと動くようですね・・・


”チャンミンは 見やすいよ”という人もいました


5人時代は特に 激しかったようで・・・


ペンも 若かったしね・・・


*イメージ ①
人を押しのけて 動く動く!

日本人ではないのに ビギタオル羽織ってるとか・・・

2009年のミロコンのときの ライブ後の

会場の様子にビックリしました・・・

椅子とか めちゃくちゃに倒れてた


*イメージ ②
リアルタイムで 実況中継!

そして 動画も 写真も どんどん上がる

有り難く 見てしまうんですけどね・・・

日本でも 海外のファンサイトさんの写真が 

上がりますからね・・・ 


*イメージ ③
何と言っても 驚くのは

リハーサル風景や 楽屋(?)の

隠し撮り写真が 上がったり

公演前に セットリストが 

流出したりすることです・・・恐ろしや~

ありえないでしょ? 日本では!

SMTのときは トンペンじゃない方も 

沢山いるからかもしれませんが

記憶に新しい2014年のSMTでは

チャンミンが女装する事 事前にバレてましたもんね・・・

ダメでしょ! これは!

チャンミンも リョウクも これには苦言を呈していましたよね

実は2013年の 東京でのSMTも 

チャンミンが イチゴを歌うこと(初めて歌うときですよ)

バレてました


*イメージ ④
あとね 2013年にあった 東方使神起のL・A婚と CHILE婚

コレも 怖かった~

少しでもファンの近くに! という2人の気持ちも

少しでも2人の近くに行きたい!というファンの気持ちも

どちらも痛いほどわかるから 余計に辛い!

2人が 客席を歩いたとき

ファンが こぞって 

2人にタッチタッチタッチ

肩 背中 胸 腕 お尻 などなど

随分 乱暴にタッチしていて ビックリしました

中には 身体の大切なところを 触った方もいたみたいで・・・

現地で アルバイトだかボランティアだかで

スタッフとして参加した方の ツイートに

ライブ後の様子が 詳しく書かれていたことを

思い出しました

タッチされたときだったか

サマドリのバック転で失敗した時だったか

覚えていませんが

楽屋での2人には 

引っかき傷などが 沢山あって

特にユノは ひどかったみたいで

チャンミンが 背中をさすって

”医者に行った方がいい”と 勧めていたと・・・

結局どうしたのか わかりませんが

楽しいはずのライブが 終わった後の現実を

知ってほしいというような内容のツイートだったと

記憶しています

間違っていたらごめんなさい


*イメージ ⑤
海外婚は 安全面で心配が絶えないです・・・

これは 2013年3月の上海ですね・・・

原因は わかりませんが

転びそうになったユノを チャンミンが気遣ってた

ワイヤーが切れたとか 色々言われていましたが

実際に見てはいないので 何とも言えませんが

この写真を見ているだけで ヒヤヒヤします
101.jpg
88.jpg
shanghai.jpg

舞台装置が 動かなかったり

先日の SMT台湾(3.21)みたいに

装置が 予定外のところで 下がってきたり・・・ね ← 正しい?

我らがチャンミンが SHINeeのテミンを助けたのは

記憶に新しいところです





2人の安全を 願わずにはいられません・・・





ポチしてくれたら嬉しいです



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



2015_03_28


02  « 2015_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top