FC2ブログ



ドームレポも Mステ感想も まだ書けない


4日ぶりのお話です♪





息苦しい 


少し 外の空気に触れたくて


窓を 開けた


陽が落ちたからか


入り込む風は 少し冷たくて


ぶるっと 身震いしてしまった





「次の サービスエリアで 停まろうか?
温かいものでも 飲んで行こう」


「はい すみません」


「何で 謝るの?
俺も トイレ行きたいし
確か あそこには 大きな売店もあったから」


きっと 今までも 


デートで 何度も来ているのだろう


慣れた感じが 


少し 憎らしかった





多くの車で 混雑している大きなS・A


用を足し


売店で ホッットコーヒーを 買う


ユノさんは ココアだ


ほんとに 甘いのが好きなんだな・・・


「俺 タバコ吸ってくるから
売店で 待ってて」


お土産ものや ジャンクフードを売る店が


いくつも入る おおきな売店で 


俺は ユノさんを待った


遠くの 喫煙所で 煙をくゆらすユノさんが


カッコ良くて


どんな姿もを見ても


もう 嫌いになんてなれない


そう 思った





「お待たせ」


手には まだ ココアを持っている


「あ コレ いいね」


目の前にあるのは 小さなキーホルダー


平たい 貝が付いている


「綺麗ですね 色も」


それは やはり 薄い紫色


ユノさんは それを 2つ


手に取ると


さっさと レジに向かって


買ってしまった


決断が 早いな・・・


「チャンミン コレ 持ってて
俺も 車のキーに つけておくから!」


「えっ? 俺に?」


「そう お揃いね!」


「・・・ありがとうございます」


またまた


ユノさんの 行動の意図がわからなくて


キョトンとしていると


「そんな 驚くなよ~
友達のしるし!
これからも たまに 遊んでくれる?」


「嫌じゃないんですか?
色々と 変な目で 見られたりもするかもしれないし・・・」


「何で? 全然嫌じゃないよ?
チャンミンのこと 好きだって 言っただろ?
あっ でも チャンミンが 嫌なら・・・
それは 家に隠しといていいから!
使わなくても」


「嫌なんて 一言も言ってませんよ?
ありがとうございます!
嬉しいです・・・」


「ヤッホー! やったね!
サンキュ! チャンミン!」


ポンと 軽く肩を叩かれた


必要以上のスキンシップは 控えるように


気にしてくれているのが わかる


「ユノさんこそ 嫌じゃないのなら
俺は ありがたく使わせていただきます」


そんな 俺を 


酷く優しい笑顔で 包む


それだけで 十分だと 思った


友達でも 弟でも


ユノさんの愛が 


少しでも そこに あるのなら・・・





優しく 微笑まれてみたいものです







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



2015_04_04


03  « 2015_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top