FC2ブログ



10周年のAnniversary Event


2次も ダメでした・・・


2次で 当たったって人 いるのかな?


聞かないんですけど・・・


2人が見えない席でも 参加したかったな・・・


楽しみにしていた ”日本デビュー10周年!”という


記念すべき日に 


お祝いをすることも できないんだ・・・って


少々やさぐれております ← ウジウジ


2人の姿が 見えなくてもいいから


同じ空間で お祝いしたかった





感動的な 東京ドームのオーラスの後に


苦笑いさえ出てしまったSMTの発表


そして ファンの気持ちを全くわかってない


Anniversary Event の発表・・・


昨日は 落選のショックに 涙も出なかったです


今日になって だんだん じわじわ 悲しくなってきた


いったい いつから決まっていたんでしょうかねぇ~


日産をずっと期待していたファンの落胆を知って


慌てて やっぱり何かしなくちゃ!って


計画したのか?


はたまた デビュー当日のみのイベントって 


最初から 決めていたのか?


全くもって 真相は わかりませんが


東方神起を 一生懸命応援してきて


楽しみにしていた10周年!


残念な気持ちは 拭いきれません・・・


”もっと大きな会場で!” とか


”ライブビューイングを!” とか


様々な声が ありますが


ライブではないし


あまり大きすぎない会場で お祝いっていうのは


趣旨に合っていて いいのではないかと思っています♪


ただ 回数がね・・・


少ないんですよ


ビギの人数わかってんのか?


延べ人数じゃないよ!


日産スタジアムを埋め尽くせる程の人気アーティストですよ?


横アリ たった2回は ないんじゃないかなあ・・・


スタッフさん 頼みますよ・・・


これからの 東方神起の活動において


ファンの声を たくさん 拾ってくださいね


参加できない私たちの声も


ユノとチャンミンに 届くといいな・・・





まあ ファンの気持ちを 逆なですることにかけては天下一品のSMEが


25日と26日に T1STORY in 深川 などを ぶち込んで来た時点で


日本のファンの気持ちなんて 


全く考えてない!って わかったけど


踏みにじられた記憶は 忘れないよ ← 怖っ





今回 ラッキーにも 参加できることになった方々は


その目に しっかりと


ユノとチャンミンを刻んできてくださいね


行けなかった人たちの分も 精いっぱいの愛を


届けて来てくださ~い


お願いしま~す


さてさて グッズ どうしようか?!


コレ↓ チャンミンの視線が びみょ~
アニイベウチワ




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2015_04_24


ゆっくりと 振り向いた


俺の 視界に映ったその人


「ユ・・・ユノさん!」


『俺に 何も言わずに 帰るんだ?』


ドラキュラの格好をした ユノさんは


いつもにも増して


クールに見える


『他の奴らとは 話せても 俺とは 話すのも嫌なわけ?』


「そんなわけじゃ・・・」


『じゃあ どんなわけ?』


怖い・・・


笑わないユノさん


じーっと 見つめられて


何も 応えられなくなった


『何とか言えよ? 
俺に 言うこと あるだろ?』


最後が こんな 終わり方だなんて・・・


結局 気まずいまま・・・


せっかく 仲良くなれたのに


その関係を ぶち壊したのは 俺自身


いっそのこと ”好きだ” って


言ってしまいたい


言えたら どんなに 楽か・・・


頭の中が ぐるぐるガンガン回る





『そんな目で 見るなよ・・・
そんな 怯えたような 悲しそうな目でさ・・・』


そんな風に 見えたのだろうか?


悲しそうな顔 しちゃってるのか 今の俺


何て言っていいか わからない


「ごめんなさい・・・
すみません 俺・・・
あの・・・」


俯いたまま


なかなか 言いたいことが 言えない


ちらっと ユノさんを 見ると


真剣な眼差しで 俺を ガン見している


「怒ってますか?」


『何に?』


「あの・・・この間のこと
怒ってますよね?」


『だから 何に対して?』


「俺が 酷いことしちゃたこと」


『酷いことって何?
お前 俺に何したんだっけ?』 


意地悪だ


わかっているくせに


俺に 言わせようとしている


ならば はっきりと 男らしく言うよ


「キス・・・です
ユノさんに キスしたりして すみませんでした
怒ってますよね・・・?」


『ああ 怒ってるよ!
当たり前だろ!
あんなこと しておいて
なんか 言い訳とか ないわけ?』


「ちょっと 調子に乗ってしまって・・・
酔っていたんだと 思います
もう しませんから
ほんとに すみませんでした」


もう さっさと 帰りたい


『お前 キス魔なの?』


「えっ?」


『酔うと キスしちゃうクセがあるの?
たまにいるんだよ そういう節操ないヤツ
誰かれ構わず チューって しちゃうヤツ』


「違う! そんなこと したことない!」


節操がないなんて 言われて 恥ずかしさの極致だ


『じゃあ なんで 俺にキスしたの?』


それは どうしようもなく


あなたが 好きだから・・・


「わかりません わからない!
なんで あんなこと しちゃったのか・・・
だから 忘れてくださいっ!」


俺は ペコっと 頭を下げた


『簡単だな・・・
お前 初めてだろ・・・?
男とキスするの』


なんてこと 聞くんだ?


「当たり前です!
男となんて したこと あるわけないじゃないですか?
俺は女が好きなんですっ!
美人で スタイルが良くて 胸が大きくて 性格のいい女の人が 大好きです!
男なんて 考えたこともありません!」


俺の悪いクセ


都合が悪くなると


ガンガンまくしたててしまう・・・


『知ってるよ・・・
そこまで 言わなくても
サリちゃん見てれば わかるって
美人で スタイルがよくて 性格も良くてな
胸が大きいかどうかは知らないけど』


なんか 笑われてる・・・


『俺 男とキスしたの 初めてじゃないよ?
何度も 襲われそうになったからな
その度に 唇 奪われた』


慣れてるのか・・・


じゃあ いいじゃないか?!


別に 減るモンじゃなし・・・


そんなに 目くじら立てなくても!





でも


自分以外の男が 


ユノさんの 唇に触れたと知って


言いようのない 嫉妬がこみ上げた







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




2015_04_24


03  « 2015_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top