FC2ブログ



チャンミン編


あえて チャンミンを 先に・・・


素敵な写真がいっぱい!!!


アンコンチャンミン④

アンコンチャンミン②_convert_20150718121257

アンコンチャンミン①_convert_20150718121242

アンコンチャンミン③_convert_20150718121311

ankonn+channminn_convert_20150719182727.jpg

an98.jpg

an30.jpg




ルフィーも いっぱい

an48.jpg

an49.jpg

an77.jpg

an54.jpg

an51.jpg

ankon52.jpg

an504.jpg

an83.jpg

an1.jpg

an21.jpg

an35.jpg

an37.jpg

an38.jpg

an82.jpg

an63.jpg

an41.jpg

an40.jpg

an19.jpg

an24.jpg

an27.jpg

an80-.jpg

an79.jpg

シム・ジェウォンさんのインスタに アップされた写真!
an4.jpg


弾けた チャンミンもたくさん!!!
an61.jpg

an56.jpg

お馴染みのダンサーさんたち!
an76.jpg

ん?
an74.jpg

おーーーーー!

あきやま~!

交代してくれーーーーー!


an75.jpg

ハァハァ・・・

すみません

取り乱しました・・・

秋山! 役得だろ? いつもチャンミンに抱きつきやがって


ほかにも いろいろなチャンミン

an69.jpg

an7.jpg

an3.jpg

an85.jpg



ソロ


初めは こうでした
an96.jpg


そして サバに変身しました・・・
an9_convert_20150719224127.jpg

saba+4_convert_20150719224111.jpg

saba+2_convert_20150719224149.jpg

saba+3_convert_20150719224138.jpg

saba+6_convert_20150719224059.jpg

saba+7_convert_20150719224045.jpg


終盤のチャンミン いろいろ

an20.jpg

an32.jpg

an46.jpg

annkonn+120_convert_20150719224901.jpg

annkonn122_convert_20150719224836.jpg

annkonn121_convert_20150719224849.jpg

annkonn+123_convert_20150719224745.jpg


好きな1枚!
an22.jpg



とっても 気に入っている1枚
an6.jpg



6月15日の記事 『チャミペンとして』


6月17日の記事『アンコンもろもろと私の思い』に


コメントをくださった方々 


ありがとうございました


私は ”ユノのことも大好きなチャミペン” を 公言していますが


このブログは チャミペンさんだけではなく


2人を愛するホミンペンさん


ユノペンさんも たくさん 来てくださっているようで


とても 嬉しく思っています♪


チャンミンのソロについては


ユノペンさんも 残念だったと言ってくださり


やっぱり観たかったという思いが ずっと胸の中でくすぶっていました・・・


私もしつこいよね


チャンミン本人が 


”あの身体を維持するのは大変だ” と言っているのだから


少しでも 筋肉の落ちた身体は あのソロでは見せられないと 判断したのでしょう・・・


あの12月に お披露目された 驚きの6パック込みでの ”Heaven's Day” だったんですね


チャンミンのプロ意識の高さは 


今に始まったことでは ありませんが


本当に 驚くべきレベルです!


今でも十分 素敵な身体なのにね・・・


チャンミンの意思を尊重しますわ

ただ 見たかっただけじゃねーか?



今は 落ち着きましたが その時の


どうにかならなかったのかな~?という気持ちは


記事の中で書いたので 


何のこと?と思われる方は こちらを お読みください・・・

6月15日の記事 『チャミペンとして・・・』
チャミペンとして・・・

6月17日の記事 『アンコンもろもろと私の思い』
アンコンもろもろと私の思い


今週末は 京セラSMTですね!


チャンミン! 待ってるよ

annkonn124_convert_20150719225211.jpg





ユノとチャンミン

デートできたみたいですね

どうか 夜も一緒に過ごせますように



にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



2015_07_19


『それから お願いがあるんですが・・・』


「なんでしょう?」


『あなた じゃなくて 僕のことを
名前で呼んでもらえませんか?』


「チョン・・・さん でいいですか?」


『いえ・・・できれば ユノって 呼んでくれませんか?』


「いきなり ですか?
患者と医師ですから・・・呼び捨てはできませんね
そんなに親しい間柄じゃ ないですから」


『せっかく お近づきになれたのに・・・
じゃあ ユノさんでいいです
それなら いいでしょう?』


なんだか 急に慣れ慣れしくなった 金髪を


睨みながら


「私は 天邪鬼ですから
いつ 気が変わるか わかりませんよ」


あくまでも ビジネスライクに 話をする


『先生が 僕の担当医になったことを
後悔しないように してみせますよ!
今度 ライブを観に来てください』


「すごい自信ですね!
その足で いつ ライブをするんですか?」


金髪は キムさんと 顔を見合わせて


『あ まだ できないか?!
アーハーハー』


豪快に 笑った





楽しそうだな・・・





乗りかかった船だ


金髪のユノさんとやらが


どんな人物なのか


見てやろうじゃないか?





連絡先を 交換しあい


簡単な書類を書いた





そのあとは 何故か


金髪ユノさんは  


とっても上機嫌だった





キムさんに 電話が入り


席を立ったから


狭い個室に 楽しそうなユノさんと 2人きり・・・


話すことも ないしと思っていたら


逆に こっちが質問攻めにあった





『チャンミン先生は・・・
あ シム先生じゃなくて いいですよね?
チャンミン先生の方が 親しみが湧くから・・・』


「あなたは・・・
あ ユノさんは 初めから
そう呼んでいたじゃありませんか?」


『そうでしたね あはは
うん やっぱり チャンミン先生にします!
チャンミン先生 見れば見るほど ハンサムですね?』


面と向かって じーっと 見られて・・・


さっき食べた肉の脂だろうか


ユノさんの 赤い唇が


更に 艶が増している


唇の すぐ上に 黒子もあるんだ・・・


豪快に 明るく笑うくせに


少し エッチな感じの 顔のパーツを


じーっと 見返してやった


何が 悲しくて 週初めから 


男同士で ご飯を食べているのか?


空しく感じる気持ちを


仕事だから 仕方ないか・・・と


自分に言い聞かせ 落ち着かせる





目の前にいるのは


人気のあるアーティスト ”チョン・ユンホ” だ!


知っていて損はないだろう


「相手を褒めて じーっと見つめる・・・
あなたの・・・あ ユノさんの
テクニックですか?」


静かに 聞いてみる


『はっ? そんなテクニックみたいに感じましたか?
僕はそんな細かい駆け引きは できるタイプじゃないんですよ?!』


この容姿だ


2人きりで 向かい合って


熱い視線を 送られたら


落ちない女は いないんじゃないだろうか・・・?


やっぱり この男には


どこか 人を惹きつける魅力が あるのかもしれない


女じゃないのに この俺が


担当医を 引き受けてしまったくらいだから・・・





「てっきり そうやって女性を口説くのだと
思いましたよ
教えていただきたいくらいですね」


『チャンミン先生こそ
おモテになるんですから
教えていただきたいですね・・・
明後日あたり 看護師さんたち皆さんと
ご飯は いかがですか?』


「明日 聞いてみましょう」


『チャンミン先生が 同席してくれること!
そうでないなら 会食はなしということでいいですよね?』


「はっ?
女性5人も いればいいじゃないですか?
ハーレムですよ?
なんなら 6人に増やしましょうか?
私は 遠慮しますよ・・・」


『まあ 僕には女性を口説くテクニックはないから・・・
楽しい時間を過ごせればいいんです
チャンミン先生の話の方が 聞きたいです』


行くかよっ! 


懲りないヤツだな・・・


不機嫌な顔をしている俺と


必死なユノさん


微妙な空気を 察したのか


戻ってきた キムさんが 言う


<何か ユノが失礼なことでも言いましたか?>


「いえ 別に・・・
女性を口説くテクニックを知りたいそうです」


『明後日 皆さんで食事でもって 誘ったんだよ
チャンミン先生来ないなんて言うから・・・
キムさんからも 誘ってよ』


<そういうことですか?
あの・・・職業柄 女性との会食は 
後々 騒がれたりして あまりいい噂が立たないんです
是非 同席してください>


「つまり 私は オミソということですね?」


慌てて言い直すキムさん


<いえいえ そういうことじゃ!
もともと ユノ本人が チャンミン先生をご指名だったんです>


『チャンミン先生と もっと話がしたいと思って・・・
それにクリニックで これからお世話になる看護師さんたちにも
一度 ちゃんとお願いをしたいし・・・』


話なら 今 してるじゃないか・・・?


今後の仕事のためにも


看護師たちとは 一度 食事の場を設けた方がいいと


必死に 頼み込んでくる2人に


根負けした感じで


俺は 同席を承諾した
 




少し ひねくれてるチャンミン先生なのです



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



2015_07_19


06  « 2015_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top