FC2ブログ



~ 直感 by Yunho ~


「あ 失礼しました!
素敵なお店ですね インテリアのセンスがいい・・・」


チャンミン先生が 戻ってきた


見目麗しい容姿


品のある姿に 立ち居振る舞い


一目で 忘れられなくなる瞳





やっぱり どこかで 見たことがある!


これは 直感としか言いようがなくて・・・


『チャンミン先生 ご出身は どちらですか?』


自然に 質問していた


「えっ? ソウルですが・・・」


『やっぱり!』


「・・・?」


『あの・・・何処かで
会ったことが あるような気がしていて・・・』


「ユノさんと・・・ですか?」


『ええ・・・
僕に 見覚えは ありませんか?
随分前のような感じもするし
もしかしたら 単なる錯覚かも しれないですが・・・』


「さあ・・・私は 覚えてないですね
初めてお会いしたつもりで いますが・・・」


『ああ そうですか
僕の思い違いなのかなあ・・・?
うまく 思い出せないんです
やっぱり 違うのかなあ?
何歳まで ソウルですか?』


「中学を 卒業するまで です・・・」


『そうですか・・・?
じゃあ 人違いかな
気にしないでください!
その後は 今日まで ずっと日本ですか?』


「高校は日本です
その後 アメリカに留学しました
医学も アメリカで学んでますし
日本で クリニックを開業する前まで 
アメリカに いましたので・・・
ユノさんとは・・・」


俺の前では 


全くと言っていいほど 笑わない


でも 少しだけ・・・


怪訝な顔をして


俺の言葉を かみしめるように


返事をする・・・


『音楽には 興味はありませんか?』


そう聞いたとき


チャンミン先生の 


バンビみたいに大きくて 綺麗な瞳が 揺れた


そして 瞳孔が 開いたように感じたのは


間違いではないと思う





チャンミン先生の 経歴を


もっと 知りたいと 思った





これって・・・


完全に 惚れちゃってるのかなあ?


まずいよなあ・・・


チャンミン先生は 男なんて 全く興味なさそうだし


俺だってそうだけどさ・・・


明後日の 看護師も交えての食事会


絶対に もっと色々なことを 聞いてやる!


どうやって 責めていこうか・・・?


その晩


やはり どこか懐かしさを感じる チャンミン先生の


淡々とした 表情を思い受かべては


会ったことがあるとすれば


どこだろう?と


頼りない記憶を 呼び出して


自分の人生を 反芻していた・・・


いつもにも増して


半身浴の時間が 長くなった・・・




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



2015_07_25


06  « 2015_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top