FC2ブログ



~ 虎視眈々 by Yunho ~


それからというもの


仕事が終わると


長いシャワータイムに


チャンミン先生の攻略法を


考えることが 日課になった


俺は ゲイではない・・・


ノーマルだと ずっと思っていた


だけど・・・


よくよく考えたけど


今は やっぱり チャンミン先生にしか


目に入らない


どんなに 美人でも 優しくても


女性に全く興味が 湧かないのだ!





頑なな態度を 崩さない


チャンミン先生みたいな人の


心の扉を開くには・・・?





小細工は 俺の性に合わない





かといって


いきなり ”当たって砕けろ!” が


通用する相手ではないことくらい


実は大して 恋愛経験のない自分にも


よくわかった





長期戦 覚悟だな・・・





自分を 信用してもらうこと


話す機会を 多く持つこと


チャンミン先生を もっと知るためには


相当の覚悟で 臨まないと!





性別は 男だというのに


チャンミン先生が 男だとか女だとか


全く関係なかった・・・


なんとなく ”特別” な気がしたんだ








いよいよ 準備してきたアリーナツアーが 


あと1週間後に迫ってきた


ギプスが取れて


随分自由が利くようになった足を


嬉しく思いながら


”良くなる” ということは


クリニックに通う頻度が減ることを


意味しているのだという事実に 


胸を痛めながら


シム・チャンミンという人間に


完全に 惹かれている自分を 


はっきりと 自覚した





ツアー準備で 夜遅くまで歌い踊ったり 


打ち合わせが続いたり


クリニックにも 思うように顔を出せない上


看護士一人ずつを 順番に誘うという


食事会も できないでいた


何とかして チャンミン先生に 会いたい





考えた末の 苦肉の策は・・・


ツアーに同行してもらうこと!


うん それがいい!


一度は 生で 自分のステージを


観てもらいたいと 思っていたのだから


いいチャンスでは ないか?!





我ながら 名案だと 


ほくそえみながら


明日 キムさんに 話してみよう! 





思わず 顔が ニヤケるのを自覚した


断られることも 承知の上


玉砕覚悟で 頼みこむ予定





何度頼んでも ダメなら


サラさんに 聞いた秘策を 告げる・・・


つもり・・・





”ああ見えて チャンミン先生は 
ユノさんのライブDVDを 真剣に見てたんですよ・・・?”


サラさんとの食事会だけは 


先に済ませておいて 良かったと


これほど 思ったことはない




カッコいいと 思ってもらえるように


親近感が 芽生えるように


”アーティスト チョン・ユンホ” の


全てを 出しきろう!


そして 虎視眈々と


チャンミン先生の 心の扉の鍵を


開ける機会を 狙うつもりになった





チャンミン先生が 俺に向かって


笑いかけてくれる日が


きっと来る!


そう 考えると


とても嬉しいことのような


気がしてきた・・・





『夜を歩く士』

いよいよ佳境に入りますね・・・

チャンミンが 王様になっただなんて

あの赤い服を 着るチャンミンを

以前思い描いたことがあります

撮影大変みたいだけど

チャンミン頑張って






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2015_08_26


07  « 2015_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top