FC2ブログ



なかなか 素直にはなれない俺は


ユノさんへの気持ちに 気づいても


一時の 気の迷いかもしれないと


自分からは 踏み出せずに


慎重を喫した





今までの恋愛のように


自由が 効かないのは


対象が 生物学上の男であること


有名人 チョン・ユンホさんであること


そして 過去の男性に対する自分の抱える闇


それらが 俺の気持ちを 邪魔していたから・・・





男と 恋愛沙汰になるには


それなりの 勇気と覚悟がいる


それが はっきりと自覚できるまでは


不用意な行動は 慎まなくてはいけない


一緒にいるだけで


気を使わなければならないことも


多いだろう・・・





幸い ユノさんは 


返事を 急かさないでいてくれる・・・


そのことが


かえって ユノさんの本気を 示されているようで


否が応でも 毎晩 考えざるを得なかった





2人だけで 食事をするなんて


どうしたものかと 思っていたけれど


不思議と 心地よい緊張で


この場を 去りたいなどとは 


全く思わなかったなんて・・・








「ユノさんは 事務所を移ったんですね」


『ああ まあな・・・
デビューが決まると 色々あってな』


「実は 俺が 練習生だったとき
ドンへさんやヒチョルさんに
毎週会って 色々と話したりしてて・・・」


『そうだってな・・・
ヒチョルもドンへも自慢してたし』


「自慢・・・?ですか」


『新しく練習生になったチャンミンてのが めちゃくちゃ可愛くて
事務所の中で 話題だったからな』


「そんな・・・でも ユノさんは 俺とは 一度も言葉を交わしていないですよね?」


『ああ でも 知ってたよ チャンミンの存在はね
アイツら 超が付くくらいしつこくて
チャンミンと話してくる!って 休憩時間になると
すぐにいなくなったから・・・』


「確かに 毎週来てました・・・」


『チャンミンは 俺のこと 知ってた?
ヒチョルヒョンたちから 何か聞いてた?』


「え・・・あ・・・はい 名前は知らなかったんですけど
存在は 知ってました」


『アイツら 俺のこと 何て言ってた?』


「真面目だって・・・
みんなから 一目置かれる存在で
ダンスは 神がかっているとか」


『あいつら サボってばっかなんだよ?
よくデビューできたよな あははは』


ユノさん特有の 笑い声が お店に響く





「俺 実は ユノさんのこと 見てました」


『えっ?』


「ダンスのレッスンを 初めに見学した時に
ひとりだけ 他の人たちとは全く違うオーラを発している人がいて
凄く 動作が綺麗っていうか・・・
あ ダンスのできない素人が言うのも変なんですけど
”この人は ダンスをするために生まれて来たんじゃないだろうか?!” って
思ったことを よく覚えています」


『それが・・・俺・・・なの?』


「はい・・・」


『いつ気づいた?』


「サラに ユノさんのDVDを見せられた後に
”もしかしたら あの時の?” って思って・・・
でも この間 ヒチョルさんとドンへさんと会ったときに
間違いない!って・・・
あのときの ダンスの神みたいな人が ユノさんだったんだと
確信しました・・・」


『そうだったんだ・・・
奇遇だな?
お互いが あのときの自分を知ってたなんてな…』


「そうですね」


『俺さ 実は ヒチョルヒョンたちが チャンミンのことを
”可愛い可愛い”って言う度に 気になって仕方なくてさ・・・
チラ見したら 本当に可愛くて
こんな可愛い男子見たことないのに・・・って
気になってた』


「そ そうだったんだ・・・」


予想外の展開に 俺の胸が ウザいくらいに跳ね始める





14歳だった俺を ユノさんが 見ていた?


あの 世間知らずで ウブな俺を知っていた・・・





『でも あの時の可愛いチャンミンが 今 目の前にいるこの人だとは
初めてクリニックに来た時には わからなかったんだよ?
あまりに 変わり過ぎていてね』


「でしょうねぇ・・・どういう意味がわかりませんが」





フッと 下を向いたユノさんが お財布を取り出す


ああ まだ 一緒にいたいのに・・・


せっかく 慣れて来たのにな・・・


でも ユノさんは帰ろうとしているわけでは なかった





『これ見て! あのときのチャンミン!
可愛いだろ?』


赤い華51話で使用


「こっ これは・・・」


『へへへ 
練習のある日に 隠し撮りしたの
ビックリした?』


赤い華51話で使用のチャンミン_convert_20150911162300


ユノさんが 取り出したもの


それは・・・


そこに映っているのは


まだ あどけなさの残る


純粋で 汚れていない


紛れもなく 中学生の自分だった 





驚いた


こんな写真を ユノさんが 持っていたなんて・・・





『驚いたろ?
良く考えれば クリニックで初対面のとき
わかっても良さそうなものだったけどな』


「・・・」


ビックリして 声が出ない・・・


『今だから言うな?
ヒチョルヒョンから スゲー可愛いやつが入って来たって聞いて
ちらっと 見たら 本当に可愛くて 
どうしようもなく可愛くて』


何を言い出すのか・・・


『俺 その時 付き合ってる彼女いたんだけど
同じ練習生でさ
でも チャンミン見たら
女子なんて ちっとも 興味が湧かなくなっちゃって
俺おかしいのかな?って
だから 必要以上に関わらないようにしていたんだ』


「・・・」


『でも 気づいたらいなくなってて・・・
誰に聞いても わからなくて・・・
もう 会うことも叶わないんだろうなって
思ってたんだ
こんなことなら あの時 ヒチョルヒョンやドンへと
一緒にチャンミンと話をしてればよかったって
どれだけ 後悔したと思う?』


ユノさんと自分が 思った以上に


過去に繋がっていたという 事実


これが 震えずに いられようか・・・





ふふふ

チャンミンさんも 大人になっちゃいましたからね~

ユノさんも わからなかったんですね・・・

美しさは 今も昔も ピカ一です




にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



2015_09_13


08  « 2015_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top