FC2ブログ



あまりに気持ちよくて


ユノさんの身体の あちこちに


手を這わせ


目を閉じて


その弾力とカタチを 手に覚えこませた


肩・・・


俺みたいな なで肩ではないし


厚みがある


二の腕・・・


太くて しっかりとしている





すーっと 手を胸に 下ろし


Tシャツの上から 胸に手を当てる


おおっ!


想像以上の ふくらみと 弾力


ゆっくりと なでまわす


『ちょっ・・・やめろよ!』


やめてなんかやらない


俺は 今までも こうして女を抱いてきた


『おいっ! チャンミン
まずいってば・・・あっ』


「なぜ? 嫌ですか?」


『嫌じゃ・・・ないけど
今はだめだって!』





抜けて来たって 言ってたし


きっと 他のスタッフたちと


まだ 部屋に集まっているんだろう・・・





ちょっと 意地悪したくなるのは


S な性格の 俺の特徴・・・





「仕事仲間が 待っているんでしょう?」


『そうだよっ!
だから ダメ!
こんなこと しに来たんじゃないから…』


「そうですか・・・
てっきり こんなこと しに来たのかと
勘違いしましたよ?」


暗い部屋の中


何とでも 言える


俺は 容赦なく


ユノさんの胸に 置いた手を 


動かしづつける


『だからっ・・・おい
やめろっ・・・って』


言いながら 少し反応してきている


ユノさんを 見逃さない


壁際であることを いいことに


ぐいぐいと身体を 押し付けて


うるさい口を 塞いだ


『ん・・・』


「・・・っん・・・」





少しずつ 身体の力が抜けていくユノさんを


どんどん追い詰める


俺を 男に溺れさせた張本人


責任取ってもらいますよ・・・





口を離して


すぐに 耳に舌を這わすと


『ああっ!』


おおきな喘ぎ声


立ってキスしてるだけなのに・・・





「ユノさん 感じやすいんだ・・・」


『お前は どうなんだよ?』


「あまり されたことないから どうだか・・・?」


息の上がったユノさんが


愛おしい・・・





『今度は 俺がしてやる』


その時


ユノさんの スマホが鳴った


案の定 キムさんから・・・


『ああ 今戻るから・・・』


「探されてるんでしょう?
帰らないと」


『ああ ったく!
チャンミン 覚えてろよ?』


「はい 忘れませんよ
いいところだったのに 邪魔されたってこと!」


『はっ? そっちかよ?
俺は 話をしに来たの!
邪魔したのは チャンミンだから!』


ちょっと やりすぎたかな?


『また 連絡する
多分 明日か明後日に 会えると思うから
飯 食おう!』


「はい 楽しみにしてますよ・・・
忘れないでくださいね」


『忘れるわけない』


Tシャツを 整え スマホをしまう仕草も


サマになるこの人が 


ますます 憎らしい・・・


でも この人が 自分の恋人だと思うと


ちょっと 自慢したくなる!





「それ どうするんですか?」


『・・・』


ユノさんの ユノさんが


ズボンを大きく押しあげて


窮屈そうに している


さっきから 気づいていたから


指を指して 聞いてみた


『お前のせいだろ?』


「すみません・・・
抜きますか?」


『そんな 面と向かって言うな!』


ふーっと 息を吐いて


「お前だって・・・」


ああ 俺も 反応しちゃってる


『水をくれ!
少ししたら 収まるから…』


ちょっと 可哀相だったかな? と思いつつ


少しの時間でも 


会いにきてくれた 気持ちが 嬉しくて


「ごめんなさい」


素直に謝った


『ったく チャンミン やっぱお前
魔性の男!』


そう言って


ユノさんは 部屋に帰って行った





はぁ・・・


また ベッドで一人


ユノさんを 思って抜くハメになるとは・・・





ユノさんのは きっと


すごく 大きい・・・


考えただけで


緊張が 走った





夜イベ

チングの好意で 行けそうです

昨日は 落選のショックで 泣き腫らし

夜になって チングの好意に 

また 泣き腫らし 今日は人に会えません

どうか 行きたい人が 全員行けますように・・・




にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



2015_10_08


09  « 2015_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top