FC2ブログ



「チャンミン 男もイケるの?」


眉間に皺を寄せて


怪訝な顔をして聞いたユノさんは


本気で そう感じたのかもしれない・・・





男なんて・・・って


思いっきり否定は したけれど


ユノさんも 俺も 男だ・・・





傷つけた・・・?


この現実に きちんと向き合うには


2人で ゆっくり 話す時間が必要だって


わかってる


だからこそ


会いたいんだよ・・・





ユノさんが 


突然 クリニックに顔を出した日から


またも 会えない日が 続いた


撮影が 終わるのは いつも夜中で


会いたい気持ちは あるけれど


寂しさを紛らわすように


毎晩お酒を飲んで寝る俺は


ユノさんの身体が空く時間まで


起きてはいられなかった


一応 医者だし・・・


寝不足で 診察に支障をきたすようなことだけは


してはならないと 肝に銘じていた





それは


お世話になった 日本の父


叔父からも きつく言われていることだった


”男なら 仕事にプライドを持て!” 


”仕事をいい加減にする男は 人間としても魅力は半減する” 


そして


”仕事も 人付き合いも 信用が大事だ” と・・・


待ちがった診察でもして


とんでもないヤブ医者だと


噂でも された日には


この俺の ”若き有能な医師” という


肩書が 一気に消えることになる・・・


それだけは 死んでも避けたかった


仕事もできる一人の男として


生きていきたかった


誰にも 恥じることなく 堂々と


生きていきたかった


それは


ユノさんを好きになった俺の


絶対に 譲れない部分でもある


ユノさんだって きっと 同じはず








数日後


サラが 教えてくれたのは


ユノさんの撮影中のドラマの


放送予定と 視聴方法


なんでも webドラマとかいうらしく


ネット配信だそうだ


毎日15分ずつ 


今日から 始まると聞いて


観てみようと 思った





数日続けて観てみた


シェフの役なんだ・・・


ユノさん 料理は できるのかな?


あまり 得意そうには見えない人の


料理をする姿


ユノさんが エプロンね・・・


どうせ 手元は 本人じゃないだろ?


俺の方が 上手いし・・・


まあまあ 面白くなってきたけれど





ある日 突然飛び込んできたのは


キスシーン


共演女優と 情熱的なキスをしながら


服を 脱がせあって・・・





「・・・」





ふーん・・・


こういうシーン 撮るんだ・・・


ざわざわする胸の内


仕事だよな・・・


でも 相手は 女で


しかも 長いんだよ! このシーン!





俺のこと ほったらかしておいて


毎晩 キスとか ハグとか


ベッドシーンとか・・・


そんなのばかり 撮影してるんじゃないだろうな・・・?





言いようのない複雑な気持ち


持っていき場のない怒り


そして 不安・・・


なんなんだよ・・・


その日から


ユノさんのドラマを 観ることはなくなった


もしかして


これからも?


いや 今までも?


こういうことをするって ことなんだ・・・





仕事とはいえ


好きでもない相手と キスをする


まあ 男なら


色々な女性との あんなことや こんなこと


有り難く頂戴するって ところだろうけど・・・


俺は 気に食わなかった





ポチはコチラ↓


にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



2015_10_18


09  « 2015_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top