FC2ブログ



自分でも 不思議だった


男性相手に こんなことするなんて


できるなんて・・・


中学生の時から


女体に興味津々だった


あんなことがなければ


幼いながらに 初恋?みたいなものを経験して


女の子と 付き合ったりしたのかもしれない・・・


ピュアな気持ちで 


初めから付き合う関係っていうものには


縁がなくなって


大人不信になったり 


物事を 少し斜めに見てしまう クセがついた


不本意ながら 女性相手の経験値だけは


かなり多い方だと 思う・・・





多分 ユノさん あなたよりも・・・





ユノさんは モテるくせに


全く女性に 興味がないみたいだ


だから 尚更 スキンシップに抵抗がない


それは 大変危ないことなんだって


俺が 教えてあげる





『チャンミン・・・あ・・・はっ・・・くる・・・し・・・』


ダメ 


止めてあげられない


ごめん


もう少し 我慢して・・・


俺は 夢中になり過ぎて


体重をかけ過ぎていたようだ


膝を起こして


ユノさんの身体が辛くないように


そして 少し唇を 離して


息を させてあげた


そのあと


また 誘う唇を 塞いだ





『ユノさんっ・・・好きなん・・・だ・・・』


「ああっ・・・ふぅん・・・」


唾液の絡む音って


どうしてこんなにイヤラシイんだろう?


この音は この後の情事を連想させるには 


十分過ぎる


ユノさんの目が 段々 トロンとしてきて


欲情していることが わかる


ああ ああ 抱きたい!


今すぐ 俺のモノにしたい!





俺は さっきから とうに戦闘態勢!


ユノさんのソレも 実は戦闘態勢に入っていることが


俺のお尻に当たる感触で 自然にわかってしまった





俺に 熱い視線を送る切れ長の瞳に


唾液で濡れた唇を あてがう・・・


そのまま すっとした鼻筋や頬


顎にもキスを落とす・・・





いつの間にか 


ユノさんの腕が 俺の首に巻き付いて


もっともっとと キスを無言で強請ってくる・・・


俺のキス どう?


気持ちいいでしょう?


これから もっと気持ち良くしてあげるから


俺に 身を委ねて・・・





首筋に 軽く近づき


加減をしつつ チュッと吸った


一瞬にして ユノさんの目が見開いた


言いたいことはわかってる


「大丈夫! 痕は つけてない・・・」


パンパンに張っている下半身を 揺らしながら


ユノさんに 擦りつけて 


Tシャツの上からでもはっきりとわかる


ユノさんの 豊満な胸の 真ん中のしるしを


布越しに 思い切り 吸った・・・









先日の 香港帰りチャンミンの

ブレスレットの もう少し鮮明な画像が

みつかりましたので 拡大


IMG_1273.jpg

少し引いても ワカルね!

IMG_1246.png

IMG_1245.png

IMG_1244.png


こんな男前 世の中に いるんだ・・・
IMG_1243.png





ポチはコチラ



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



2015_10_26


09  « 2015_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top