FC2ブログ



ラボ㊳_convert_20151207125117





Changmin


誰かが いる


僕のそばに いる


優しく手を握ってくれているのは 誰?


そうか・・・


僕は 夢を見ているんだった


凄く懐かしい


安心する感覚


以前にも 体験したことがある安心感・・・


僕は この感触を 知っている


とてもよく 知っている・・・





何て気持ちがいいのだろう


心が安らぐ


そのまま また眠りに落ちたような気がする


きっと 僕の大好きなものなんだね・・・





「ん?」


唇に 違和感を感じて 目を開けた


誰?


誰かがいる?


確か ミノ君に案内された


ここは 医務室 だったような


お医者さん?


ぼんやりと映る人影


男の人・・・?


ヒョン・・・?


ヒョンみたい・・・


前にも こんなことがあったみたい


ヒョンのそばで眠ると なぜか安心するんだ


少し ヒョンのそばで寝かせて・・・


夢の中だから いいよね?






少し眠っちゃったみたい


段々と覚めていく意識


そろそろ帰らなきゃ・・・


ぼんやりと目を開ける


だんだん覚めていく意識


そして


意識の戻った僕の目に


信じられない光景が 映る


「・・・!!!」


咄嗟に 飛び起きた


声も出なかった





「ヒョッ・・・? な・・・?」


『・・・』


何も 言わない


「ヒョン・・・だよね?」


『チャンミナ・・・』


僅かに震える小さな声で


僕の名前を呼ぶのは


ユノヒョンだよね・・・





まだ 心の準備ができてなかったのに・・・


どうして?


心臓は 跳ね上がりっぱなしで


気持ちが 着いていかない・・・


逢いたかったのに


大好きな人が目の前にいるのに


お願い!


ヒョンから 何か言って!


そんな 悲しい顔して


僕のことを 見ないでよ!





動けないでいた


何か言わなきゃ・・・





『チャンミナ・・・元気・・・だったか・・・?』


「ヒョン・・・」


ヒョンの右手が 僕に向かって


ゆっくりと 伸びてきたとき


医務室の扉が開いて


誰かが入ってきた気配がした


ハッと 我に帰る僕たち


さっきのお医者さんが 戻ってきたんだ


僕は 慌てて 布団を被って


潜り込んでしまった


”あら?ユノ君 まだいたの?”


女性の声が 聞こえた






東方神起完全体まで

あと 606日!



ポチはコチラ ↓


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村








スポンサーサイト



2015_12_21


11  « 2015_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top