FC2ブログ



ラボ㊱





Yunho 



チャンミナが 目を開けた


ぼんやりと


うっすらと


目を開けた・・・


状況が まだ飲み込めていないのだろう


目が合うも 微動だにしない


声をかけようかとしたとき


いきなり 大きな目が


バチッと開いた!


音がするんじゃないかと思うくらい


それは 鮮やかな開き方


なのに


次の瞬間


その濁りのない綺麗な目に


驚きと怯えの色が 浮かんだ


そして あっと言う間に飛び起きた!


布団を右手に持ち


胸の前で抑え


ベッドの上で 後ずさった





”元気か?”と聞いた


俺の問いかけには 答えもせず


布団に潜り込んでしまったのは


BoA先生が 戻ってきたから・・・?





”ユノ君 どうしたの? 何かあった?”


もう少しで チャンミナに


触れることが できそうだったのに・・・


”触るな”ということか・・・


『あ・・・いえ
ちょっと苦しそうな声が 聞こえてきたので
大丈夫かな?と思って・・・』


”そう? じゃあちょっと見てみましょうか”


『もう大丈夫みたいです!
また寝ちゃったみたいで・・・』


BoA先生が


チャンミナに触れるのも 嫌だと思った


明らかな嫉妬


布団の下のチャンミナの様子が 気になって


今すぐ布団を 剥がして


その顔を 見たい!





BoA先生もいるし


何より 仕事中の身では


そんな我が儘は 叶うはずもなかった


仕方なく


ベッド脇から 離れた・・・





”ユノ君 ありがとう!
もういいわよ 仕事中でしょ?
後は私が見るから・・・
新しい食堂のバイト君みたいなんだけど
きっと慣れなくて緊張しちゃったのね・・・
可哀想にね”


いやいや 緊張じゃなくて


具合が悪くなったのは


俺が驚かせたからなんだけど・・・と


心で呟きながら


『そうですね』と答えた


BoA先生は


俺に近づくと 小声で言った


”バイト君ね
ユノ君に負けないくらいの超イケメンなのよ?
そのうち 目ざとい女子社員の目に止まって
社内で話題になるわね!”


女子社員の話題に?


冗談じゃない!


誰の目にも 晒したくない


渡したくない


関わらせたくない


ましてや 女なんて論外だ


究極の自分勝手は 百も承知


いざ チャンミナに再会してしまうと


このままでは いられない・・・





もうすぐユンアと結婚するのに?


チャンミナにも


誰か新しい人がいるかもしれないのに?


自分の身勝手さに呆れて


これ以上 近づいてはいけないのに


俺とは 関わりのないところで


お前には 幸せになって欲しかったのに・・・





持ってきた荷物を片付けている


BoA先生の目を盗んで


布団の隙間に


小さな声で囁いた


”チャンミナ・・・
一度 話がしたい
来週の水曜日 Bar DUETで 待ってる
8時には行くから 来て”


何も答えないチャンミナの頭を


布団の上から軽く抑えて


俺は 医務室を後にした







東方神起完全体まで

あと 605日!



ポチはコチラ ↓


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2015_12_22


11  « 2015_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top