FC2ブログ



ラボ69_convert_20160104133401


Changmin


そんなに 酔ってなどいなかった


ヒョンの家に着いてからは・・・


どんどん酔いが覚めて


ヒョンとの過去を きちんと清算するために


最後に抱いてほしかった・・・





ヒョンの前で 素直でいるには


酔ってる・・・って


自分に暗示をかけた方が 都合が良かったんだ


面白いように 本能のままに甘えられる


だから平気でキスだって できちゃうし


ヒョンの首や耳に積極的に愛撫もできた


ヒョンありがとう!


ちゃんと応えてくれて・・・





『いいのか?』


ヒョンも戸惑っていたこと わかってる


だから 


「大丈夫」 って言ったんだ


ヒョンに迷惑なんかかけないよ


大好きなヒョンが 困るようなことは


僕はしないから・・・





ユノヒョンのキスは 


僕が知っていたものと全く同じ


変わっていない・・・


耳から下の方まで 優しい愛撫は


僕を とんでもなく感じさせるのには十分だった


あっと言う間に 身体が波打ち


口から 声が漏れる


今日は 我慢しない





厚い胸と 力強い腕に 抱きしめられたとき


ユノヒョンという人の ぬくもりと熱さ


匂い 手触り 眼差し


表に出さない感情までも


僕にくれる全てを 覚えておこうと決めた


ヒョンとするSEX


多分 これ以上の感動は もう


味わうことはできないと思うから・・・





僕を先にイカせてくれるのも 以前と同じ


少し長い黒髪の隙間から除く


欲情した漆黒の瞳


そのまま 進んでいいから・・・





僕が 吐き出したものと ユノヒョンから出る欲望で


後ろに回った指が 少しずつ動き出した


早く してほしかった


ユノヒョンの気が変わらないうちに


ユノヒョンの全てが 欲しかった


今は 違う誰かのものだとわかっていても


肌が密着しているこの瞬間だけは 僕のもの


僕だけのヒョンでいて・・・





『痛いか・・・?』


「ん・・・すぐに慣れるよ・・・」


『バカ・・・こんなんじゃ 奥まで入らない』


「久しぶりだから・・・
それに 男とは してないし・・・」


一瞬ユノヒョンの顔に浮かんだ安堵の表情を


僕は 見逃さなかった


そうだよ?


ヒョンだけ・・・


僕を抱けるのは ヒョンだけ・・・





丁寧に 傷つかないようにしてくれた


相変らず 優しいんだね・・・


リズミカルに 腰を打ち付けるヒョンの


色っぽい姿を 勇気を出して


見つめながら


快感に 身を委ねた・・・


こんな行為さえも 尊いと思えるなんて


僕は 重病にかかったままだ


何もかも 忘れてしまうくらい


激しく 強く 僕を抱いて・・・






東方神起完全体まで

あと 589日!


ポチしていただけたら嬉しいです



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



2016_01_07


12  « 2016_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top