FC2ブログ



カメラマン①_convert_20160111004702


本当なら 今日からは


片田舎を 自転車で回りながら


喉かな田園風景でも カメラに収めようと思っていた


でも 何故か アムステルダムを離れる気にはなれず


市内でまだ 廻っていないところを 


撮ろうと言う 気持ちになった





友人のジャスティンには 地方に行くと連絡をして


また会うときまでの簡単な挨拶をして 別れ


夜までを 一人で過ごした





今朝の俺は 少しボーっとしていた


思い出すのは 昨夜の体験・・・


あれは 現実だったのか?


俺の邪な気持ちを 弄ぶように


強烈な印象を残した出来事


女装をした男娼に


抱いてほしいなどと 懇願されて


その気になった俺・・・


すね毛の生えてる いかつい男が女装して迫って来ていたなら


間違いなく 俺は 殴ってでも引き剥がしただろう


そんなの ただ気持ち悪いだけだからだ


でも どうしてか俺は 


アイツを 拒めなかった・・・


女性と見まごうばかりの美貌


細い身体


大人しく でも強い意志で


お願いする 綺麗な顔


そして 俺を捉えた魅惑的な大きな瞳・・・





気づけば 


俺は 昨夜から


アイツのことばかり 考えていた・・・


俺に 男のモノを口に咥えさせるという


初めての屈辱を


いとも簡単に 味わわせた男・・・





ああ!もう 頼む!


頭の中から出て行ってくれー!


”お兄さんが好み” だとか


”お金は要らない” とか


”元気でね” とか


別れ際に見せた 寂しそうな表情が 


浮かんでは消え・・・


また 浮かんでは消えた・・・


俺は 一体どうしたというんだ?


頭から離れない 男のこと・・・





客として 女を抱くつもりで行った ”飾り窓”


まさかまさかの想定外の展開に


きっと 俺自身の頭がついて行っていないのだろう・・・





”チャンミン・・・” と 言ったか・・・


背が高く 鍛え上げられた肉体を持ちながら


あんな 女みたいな顔をして


あんな・・・あんな声を出して・・・


払拭しようとすればするほど


チャンミンの声や 表情が 


頭から 離れない・・・


客だったのに


何か とんでもなく悪いことをしてしまったような


見当違いの罪悪感に 苛まれて


それら全てを 消し去りたくて


俺は リベンジを決めた!





ベッドの上のことは ベッドの上で解決すればいい!


その夜 また ”飾り窓” がある地区に 足を踏み入れていた


まるで ここに来ることが必然だとでも言うように・・・


今日こそは 金髪グラマーの絵にかいたような女を


思い通りに 激しく抱きたい


そして さっぱりしたい





そう思っていたのに・・・


気づけば


俺は チャンミンの姿を探していた





昨日の部屋には 違う女が立っていて


にっこりと 手招きする・・・


そのまま 入ってしまいそうになったけれど


グっとこらえて 


好みの女性を 探した


やっぱり いないか・・・





カーテンの引かれている部屋を 見つけると


もしかしたら あの布切れ1枚で隔てられた場所に


”チャンミン” が いるのかもしれない・・などと考えた


ラボ㊴_convert_20160108192525


営業用のスマイルで 男を誘惑し


他の男に 身体を差し出し


喘いでいる様子が 脳裏をよぎった


俺以外の男にも 


平気で 腕を絡めて


キスしたり するんだろう?


簡単に 身体を開くんだろう?


そして 金をもらって


客のモノを咥えるんだろう?


考えたくないのに


俺の頭は チャンミンでいっぱいになる





見知らぬ男に 足を開かされ


貫かれて


快感を得ているチャンミンの姿が


どうしてこんなにも 簡単に想像できるのか?


無になりたい!


もう 忘れてしまいたい!


もう一回りして 


その中で 一番グラマーでエキゾチックな女を抱く


えり好みなんてしている場合ではない


誰でもいいんだ


女なら・・・





そう心に決めて


くるっと 振り返ったとき 


すぐ近くに


買い物袋を下げた 若い男が立っているのが 目に入った


こんな若い男でも 女を買いに来るの?かと思いながら


すぐ横を 通り過ぎた


ん?


まさか・・・な・・・?


強い視線を感じた


何か見覚えのあるような・・・


恐る恐る 振り返ると





「お兄さん・・・」


目の前の男が 俺に声をかけた


『チャンミン・・・か?』


「はい・・・」


そこに 居たのは


昨夜とは まるで別人のスタイルの


だけど


紛れもなく ”チャンミン” だった・・・





    

だいたい 10話くらいで 終わりにする予定です

パスもかけず 何の断りも入れず

普通に更新していますが 皆さま 大丈夫ですか?

”こんな2人見たくないわ” という方には 不評かな・・・?

短いですけど 小さなストーリー性を持たせていますので

最後まで 読んでくださると嬉しいんだけどなあ

チャンミンは ただのスキモノでは ないですからね

そして~ Vyrl ! iPhone版! やっときた!けど 難しいよ

24hコスメも 予約したじぇ~!



東方神起完全体まで

あと 581日!



ポチいただけたら嬉しいです



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_01_15


12  « 2016_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top