FC2ブログ



ロンドン ⑭_convert_20160317120450


* このお話は ホミンホです!

初めてお読みなる方は トップ固定の記事をお読みくださいね♪

私の書くお話には ホミン ミンホ ホミンホ があります!





アレックスの計らいで


明日から ロンドンを離れての撮影旅行用に


バンを貸してもらえることになった


運転も アレックスがしてくれる


コッツウォルズののどかな風景を撮影した後は


リバプールやマンチェスターのある少し北へ異動して


撮影を することになった


今日は打ち合わせだけだったので


夕方前には 終わり 


明日の撮影旅行への待ち合わせ場所の確認をして


アレックスとは 別れた





MAX の誘いを 断り切れなかった俺は


結局 今夜2人きりで イングランドのプレミアリーグの試合を


観戦することになった


サッカーなどのスポーツ観戦が大好きな MAX は


それはそれは 大変な盛り上がりようで・・・


俺は そんな MAX を見ているのも また


嬉しかった


立ち上がって喜ぶ MAX の


ぴったりとしたTシャツの下に隠れた 身体


昨日の夜の情事を 嫌でも思い出させる美しい身体のライン


大声で ヤジを飛ばす姿は 無邪気にさえ見えるのに


どちらも 俺にとっては 魅力的な MAX であり 


”チャンミン” だった・・・

 
今日は 休みだと言っていたが


明日になれば


また あのステージをこなすのだろうか・・・?


ロンドン ⑰_convert_20160330092251


サッカー観戦中だというのに


俺の頭の中は 隣りの魅力的な男で いっぱいだった


でも


MAX は チャンミンではないのだ・・・


わかっている


チャンミンに 逢いたい・・・


今 ここにチャンミンがいたら


自分とそっくりな男を目の前にして


どんな顔をして 驚くだろうか?





サッカーは MAX の贔屓のチームの勝利で幕を閉じた


俺たちは ゴキゲンなまま


自然に腰に手を回しあって 歩き出した


「ユノのホテル・・・行きたい」


『お前の家は?』


「今日は 母さんがいるから・・・」


『・・・』


返事をする代わりに


腰に回した手に力を入れて


ぎゅっと 引き寄せた





その晩 


俺は ”チャンミン” を 抱いた・・・


チャンミンの身体は 固くて


到底 女のそれとは比べられないものだったけれど


表情や声 


俺を全身で求める仕草


全てが 俺を夢の中へ 誘った


”チャンミン” の中は きつくて


なかなか 入れなかったけれど


時間をかけて ゆっくりと一つになった


自分で言うのも何だけど


俺のかなり大きいモノを 我慢して


受け入れてくれた 細い身体


苦しそうに 眉間に皺を寄せて 息を吐き


それでも 俺に出て行くなと言う


「足して・・・ローション ソコにあるから・・・」


少し多めに手に取り すぐさま MAX の中に戻る


さっきよりも大きな水温が響く部屋


「んんっ・・・はぁ・・・あ・・・ん」


『ああ・・・大丈夫・・・か・・・?』


「ん・・・平気 段々馴染んできた・・・
いいよ もっと動いて・・・あんっ・・・」


『ああっ・・・気持ちいい』


「あっ・・・あっ・・・んん・・・ユノ・・・ユノ・・・」


『チャンミンッ・・・あっあっ・・・ん・・・」


”チャンミン” になった MAX は 俺の名前を呼びながら


腰を動かした


自分の経験から 一番感じると思われる場所を


重点的に 突き続けた


ソコに 擦れると


何とも言えない痺れるような快感に 貫かれる・・・


天を突き抜けるような感覚は 


女相手には 得られないものだ





俺とMAX は その晩 何度か身体を合わせ


しなやかに 身体を快感に震わせ続けた ”チャンミン” は


ぐったりと ベッドに横たわったまま 目を閉じた





『お前 本当は 寂しいんだろ・・・?』


眠っていると思っていたのに


MAX は 俺の言葉に 無意識に答えた


「ユノは 今 イギリスにいないから・・・」


『今も 好きなんだろ? その ユノのことを・・・』


「仕事で 遠くにいるから 
多分 もう逢えない・・・
でも 好き・・・」


寝言なのか 正気なのか よくわからない状態で


それだけ呟くと


安心したように スーっと寝息を立てた





寝顔まで チャンミンに似ている


シャワーを浴びて 戻ると


暑いのか ブランケットをはいで


裸のまま寝ている ”チャンミン”


一糸まとわぬ妖艶な肢体は 


あれだけ 身体を繋げ合った後だというのに


俺の身体に 熱を持たせた


身体のラインまで 全く同じだ・・・





チャンミン 俺 お前に逢いに行きたい


裸の ”チャンミン” を じっくりと眺め


あちこちに キスを落とす


かなり エロい下腹部を強く吸って


キスマークをつける


このくらいなら バイトで脱いでも


あのライトの下では わからないだろう・・・


寝ている ”チャンミン” を 見ながら 


収まらない自分の中心を強く握りこむと


寝ている男の 最中の声と表情を思い出して


自慰行為に耽った


『あっ・・・んん・・・あっ』


性懲りもなく 俺から出た白い欲が


”チャンミン” のお腹のキスマークを 隠した・・・





     

ユノとチャンミンは 身体の相性もいいんでしょうね~

明日が最終話です!

4月1日から ビギのサイトがリニューアルですって?

ユノとチャンミンが お誕生日に名前を呼んでくれるの~???

今から ドキドキですぅ

どんだけ沢山のお仕事を していってくれたんだろ・・・



東方神起完全体まで

あと505日!



ポチお願いします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_03_31


ロンドン ⑭_convert_20160317120450


* このお話は ホミンホです!

初めてお読みなる方は トップ固定の記事をお読みくださいね♪

私の書くお話には ホミン ミンホ ホミンホ があります!





男同士なんて


終わったあとは そっけないもんだ


少し 違和感の残る身体を シャワーで綺麗にし


MAX が差し出したギネスを 飲む


ボトルのまま 飲むビールは 少し苦目





一晩限りの関係


少なくとも 俺はそう割り切っている


多分 MAX も・・・


あまりにチャンミンに似ているこの男は


知り過ぎない方が いい気がした


お互い すっきりしたところで 


少しだけ 聞いてみる


『なぁ MAX・・・お前 慣れてるだろ?
もともと ゲイなわけ?』


俺がどっちだろうが 棚に上げて


この男と身体を合わせた後では


ズバリ聞いても 大丈夫だと思った


頭を掻きながら 渋々答える MAX


ロンドン ⑯_convert_20160330092304


「僕は ゲイじゃないよ・・・
しいて言えば バイ・・・になるのかな?
学生時代は 女のコとつき合ってたし
普通に SEX もしてた
その後 たまたま好きになった人が
男だっただけ・・・」


『そうなんだ・・・
で? 今は?』


「ん・・・先月 別れたばかり
だから 今は完全なるフリー
ユノ・・・は?」


俺の名前を口にするとき


少し 躊躇うような仕草をみせる


『俺も もともとゲイではない
たまたま 好きになった奴が 
男だったってだけ・・・
一緒だな?』


「そう・・・」


ふっと笑う


『たばこ 吸ってもいいか?』


「ごめん 母さんが 嫌がるから・・・」


『了解!』


「チャンミン・・・て 言うんだろ?
ユノの恋人」


『ああ 恋人なのかどうか わからないけどな・・・』


「なんで?」


『逢えないんだ アイツはオランダにいるから・・・』


「遠距離恋愛か・・・辛いね」


『ああ・・・』


「僕とチャンミンて そんなに似てるの?」


『うり二つだよ・・・
正直 驚いたし 今もまだ 
信じられないくらいだ』


MAX は 2本目の瓶ビールを開けた


ごくごくと 早いペースで 飲んでいく


口についた泡を 手の甲で拭うところも セクシーだな・・・





「僕の別れた恋人・・・
ユノって 言うんだ・・・」


『マジか・・・?』


「うん ユノ 顔も似てる・・・
そっくりというわけじゃないけどね
色白で 小顔 すーっとした鼻筋に
アーモンドアイは 同じだよ」


『ほとんど 俺じゃないか?』


「ふふふ ユノ・・・面白いね
声が違うんだ あと 体型も」


『どう違うの?』


「ユノ あ 今ここにいるユノね
ユノの方が スタイルいいよ?」


『じゃあ お互い 驚いたってわけだ・・・』


そうだったんだ・・・


だから?


俺が ユンホじゃなくて ユノって言ったときに


少し様子が変だったんだ・・・


ベッドの上での MAX の様子に 納得がいく





『思い出させちゃったな・・・』


「まぁ お互いさまでしょ」


『あのさ
MAX は その・・・
どっちだったの?』


「どっちって?」


『恋人と その・・・するときだよ・・・』


俺 何てことを 聞いてるんだ?


「知りたい?」


その上目遣いは 計算か・・・?


心臓が ドキリと 音を立てる


ここは 俺らしく ストレートに・・・


『ああ すげー知りたい! 
教えて? どっち?』


「両方だよ・・・
男は 基本決まってる人が多いみたいだけど
僕たちは その時の気分で してたから・・・」


『じゃあ 俺が お前を抱くのもアリってことだよな?』


「初めはそのつもりだったくせに・・・」


『まあな・・・』


「チャンミンのこと 抱いてたんだろ?
だから いつものように僕を抱こうとしたんだろ?
でも 途中で ユノが止まっちゃうから」


『ごめん・・・』


少しバツが悪い・・・


そんな雰囲気を一蹴するように


MAX からの突然の誘い


「明日さ サッカー観に行かない?
チケット あるんだけど」


明日は 昼間はアレックスと


撮影の打ち合わせがあるな・・・


時間を聞くと 夜だという


夜なら 行けそうだけど・・・


再び MAX と会うことに


少しの躊躇いがあった


そんな俺の様子を 感じ取ったのか


MAX が 言葉をかけてくる


「バイトも休みなんだ
しつこいお客さんが 置いて行ったチケット
貴重らしいよ?
ユノとなら・・・行きたい」


『俺とで  いいの?』


「ありがとう 嬉しいよ」


俺に向ける静かな微笑みには


包み込むような 優しさがあった





     

みなさんは 花粉症は大丈夫ですか?

私は 全く問題ないんです

職場の人もチング達も 結構辛そうです

早く季節が過ぎるといいですよね

今日は 目黒川の桜を見てきました

まだ 満開手前 週末が見頃でしょうか




東方神起完全体まで

あと506日!



ポチはコチラ



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_03_30


ロンドン ⑭_convert_20160317120450


* このお話は ホミンホです!

初めてお読みなる方は トップ固定の記事をお読みくださいね♪

私の書くお話には ホミン ミンホ ホミンホ があります!





「僕に させて・・・
ユノが 無理なら 
僕が ユノを 
気持ち良くしてあげるから・・・」


『チャンミン・・・』


「いいでしょう? 
一度だけ 抱かせて・・・」


ゆっくりと 起き上がった ”チャンミン” が


俺をベッドに横たえる


「ユノの身体 綺麗だね・・・」


何故か 悲しそうに笑って


男にしては 比較的ボリュームのある俺の胸の膨らみを


手で 優しく 揉み始めた


『うっ・・・』


何かに 憑りつかれたように


俺の身体のあちこちに触れる


”チャンミン” の手は 魔法のように気持ち良かった


夜の部屋


狭いシングルベッド


薄茶色のルームランプ


そして 俺に触れる 怪しい指先


ここは何処なのか?


今 誰と何をしているのか?


わからなくなってしまうくらい


その指の動きは 官能的で


ついさっき感じた ”チャンミン” が チャンミンでないこと・・・など


どうでもいいような気にさせた





俺は 動けなかった・・・


エッチだと 思って見ていた ”チャンミン” の唇が


俺の赤い乳首に 触れる


『あっ・・・』


「ユノ 可愛いね・・・
僕が もっと良くしてあげるからね
ユノのココ とても魅力的・・・」


瞬時に 固く勃った俺の赤い乳首を


器用な舌が 強く吸い上げる


『ああっ・・・あっ・・・』


つつかれて 


舐められて


弾かれて 


摘ままれて


また 吸われる


『ああっ・・・やめてくれ・・・チャンミン! ああっ』


俺の声は 全く聞こえていないとでも言うかのように


無視され続け


執拗に その突起を いたぶられた


胸を 大きく揉まれ


両の乳首を 弄ばれ


不覚にも 俺は どうしようもないほどの快感を覚えてしまう・・・





「ユノ・・・もっと感じて・・・
我慢しないで いいから・・・」


時折 チュッと 俺の唇に軽いキスを落としては


静かに微笑む ”チャンミン” ・・・


なぁ お前は 誰なんだ・・・?


「お腹 柔らかいね・・・
気持ちいい・・・
こうしていると 安心する」


俺のお腹に 頬を寄せて


俺を 見つめる潤んだ瞳


俺 このまま ”チャンミン” に 抱かれるんだ


こんなに 気持ちがいいなら 


早く抱かれたいとすら 思う・・・


旅先のアバンチュール・・・だ


ロンドン ②


鍛え上げられた美しい肉体が


汗ばんで 光る


『チャンミン・・・ああ たまんない・・・』


「凄いね こんなに大きくなってる・・・
もう びしょびしょだし・・・」


怪しい指先が 俺のモノに触れる


萎えて小さくなっていたはずのモノが


今は痛いくらいに 張りつめているんだ


「こんなに 濡れていたら これだけで大丈夫そう・・・」


俺から出たと思われるモノで 擦る度に鳴る卑猥な音


『あっ・・・』


俺としたことが ”チャンミン” に されるがまま


もう どうにでもしてくれ





「こんなになって 苦しいよね・・・
もう少し待ってて」


次の瞬間 じゅるっと 大きな音を立てて


”チャンミン” が 俺の先に唇をつけて 吸い上げた


『あああっ! うっ・・・あっ』


「凄いよ ユノ・・・
まだまだ 出てくる」


何度か 吸われたかと思うと


次には 咥えられて


新しい刺激を 与えられた


あの口が 俺のモノを 咥えているのかと思うと


それだけで ゾクゾクと 震え


全身の身の毛がよだつほどの悦びが 俺を襲う


チュッパチュッパと 音を響かせ


”チャンミン” が 俺を感じさせる


何なんだ?


俺は どうなる?


お前は 一体・・・?


早く 早く してくれ・・・


もう俺は 我慢できそうにない


『チャンミン もうっ・・・あっ・・・早く・・・』


「ユノ・・・わかった
ユノの頼みなら・・・そろそろ 挿れるね・・・」


ぬるぬるの手を 俺の後ろに回し


ゆっくりと押しながら あの怪しい指が 侵入してきた


俺は 確実に ”チャンミン” を 欲していた


簡単に咥えこんだ俺の秘孔の中で


長い指が 動く


かなり大きくくちゃくちゃに動かされ


「ユノ・・・僕ももう 我慢の限界・・・」


”チャンミン” が 俺に入ってくる


一度しか 経験がないというのに


痛みを伴いながらも 受け入れてしまった


「はっ・・・んん・・・あっん」


『はぁん・・・ああ チャンミン・・・』


”チャンミン” が 体勢を整えて


俺の腰を掴む


腰を 動かし始めた ”チャンミン” に


答えるように 俺も腰を振る


イキたくて イッテほしくて


夢中で 動かし合う


一緒に・・・


しばらくの動きの後


何かが 弾けたように


俺たちは 一緒に 欲望を吐き出した・・・





     

いつも拍手やポチをありがとうございます♪

とても励みに なっています

今日は チャンミンの姿が 見られました

元気で 頑張っている姿を 見られるだけで もう・・・

涙腺が緩みます

コチラは ポスター!
一人カッコイイ シウォンも凛々しいけど ドンへ目立たない
160328 2

相変らず 美しいです  
160328 1

逢いたくなっちゃいますね・・・


あああああ~!!!
160329 8

160329 6

160329 4

警察病院の慰問ですか? ハハハソング歌ってました♪


160329 7

チャンミン!!!
どうしてくれよう?!



東方神起完全体まで

あと507日!



ポチお願いします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_03_29


ロンドン ⑭_convert_20160317120450


「ユノ! ユノ!」


何度も おれの 名前を呼ぶ ”チャンミン” が可愛くて


さっきまでの 少し斜に構えた MAX とは


別人のように 思えた





俺の名前を 言ってからというもの


何故か チャンミンが とても素直になったような気がした


アムステルダムで チャンミンを抱いて以来


誰とも SEX なんて していない・・・


久しぶりだし 上手く行くかどうかなんて


わからなかったけれど


俺は 無我夢中で 目の前の ”チャンミン” を可愛がった


覆い被さった状態で 髪をかきわけてやる


うっとりとした大きな瞳


「ユノ・・・唇に・・・黒子あるんだね・・・」


指で スーッと なぞられただけで


ゾクリとする


無言で 微笑んでみせる


「凄く セクシー・・・」


そう言って 大きな瞳を閉じた


どんな表情も 言葉も 


今の俺には 毒


瞼に キスを落とし


唇を 耳へ移動させた


耳の中をいきなり ペロリと舐めると


「ああん・・・」


高い声を上げ 身体を捩る


耳が弱いところまで チャンミンと同じ・・・


”チャンミン” が 出す声が 俺の全てを刺激する


たくさん声を上げさせたくて


両耳を 攻め続けた


少しエッチな感じの漂う唇が 開いたり閉じたり・・・


「はぁっ・・・ん・・・あん・・・ユノ・・・」


どこまで 俺を夢中にさせる?


そのイヤラシイ口の中に


人差し指を 突っ込むと ”チャンミン” は 


両手で 俺の手を持ち


身体を捩りながらも 夢中で 
 

俺の指を しゃぶり続けた


指の間 付け根をなめられると


『うっ・・・ん』


俺の方が 声が出てしまう


肩肘をついたまま


そんな ”チャンミン” を見ながら


耳や首筋にキスをした





でも・・・


長い首は チャンミンと同じなのに


”チャンミン” には 黒子が なかったんだ・・・


『あっ・・・』


首筋の一点を見つめたまま 動かない俺に


トロンとした目を向ける ”チャンミン”


半開きの口から 少し光る唾液が 何とも言えず


俺の煩悩に 訴えかける


「どうした・・・の?」


『いや なんでもない』


黒子がない・・・


チャンミンではなかった・・・


”チャンミン” は やはり チャンミンではなく


MAX だったんだ・・・


こんなことって あるのだろうか?


ここまで 酷似した人物が 世の中にいるのだろうか・・・?





欲情しているはずなのに


途中で 止まってしまった俺の 


ほんの少しの変化も 


初めて身体を重ねようとしている2人には


大きな不安を 呼ぶ


繊細な ”チャンミン” が それに気づかないはずはない・・・


「ユノ・・・やっぱり 僕じゃ チャンミンの代わりには なれない?」


『・・・』


「ダメ かな? こんな僕じゃ 抱けない?」


『お前 彼女 いるんだろ?
いいの? 俺とこんなこと してて・・・』


「ごめん 気にしてくれたんだ・・・」


身体を売るようなことはしていないとか


やましいことも一切していないとか


彼女がいるとか


MAX が 俺に言ったことと


今 全裸で 抱き合いながら していた行為とは


完全に矛盾する


さっきの話が 本当なら


出会ったばかりの見ず知らずの男と


身体を合わせたり しないはずじゃないか・・・?


ましてや ここは 誰の家だと?





不思議そうに見つめる俺を じっと見返す


悲しそうな瞳


「ウソだよ・・・
彼女なんていない」


『・・・』


「彼女がいると言えば 必要以上に絡まれなくて済むから・・・」


『お前 何言ってんの?
絡んできたのは そっちだろ?』


「ごめん・・・ユノ・・・」


まあ 誘うように夜の街に現れたお前に 


手を出さずにいられなかったのは 俺だけど・・・ 


ロンドン ⑦_convert_20160317120731


だって 


お前 色っぽ過ぎる・・・


あんなステージ見せられて


今の今まで 俺の下で 感じていた ”チャンミン” を


抱きたくて 堪らないのに


俺は どうしたんだ?


「ユノ・・・」


その時


萎えてしまった身体の中心に 


”チャンミン” の手が 触れた





東方神起完全体まで

あと508日!



ポチはコチラ



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_03_28


ロンドン ⑭_convert_20160317120450


目を閉じていると


まるで チャンミンとキスしているような錯覚を起こす


アムステルダムでの逢瀬が蘇り


無性に チャンミンが恋しくなる


お前は今 何処で何をしてる?


唇の感触まで似ている・・・


もう少し このままでいたい


「んあっ・・・」


漏れ聞こえる声までもが


チャンミンと似ている


いや 似ているのではない


全く 同じなのだ


俺の愛撫に


壮絶に色っぽい声で喘ぐチャンミンの


微かに動く喉仏を思い出す


頬に触れた時の感触も


俺の首に回った腕から感じる体温も


身体の細さも 背の高さも・・・


本当にチャンミンじゃないのか?





激しいキスをつづけるうちに


苦しくなってくる


荒くなる息遣い


そっと唇を離す


ハァ・・・ハァ・・・


壁にオトコを貼り付けたまま


おでこをつけて 目を合わせる


怯むことなく 俺を見据えるその大きな瞳には


明らかに 情欲の色が宿り


続きをうながすような意思を


向けられているような気になった


なんて目をして 俺を見る・・・?


漏れる暖かい吐息が


お互いの顔を撫でるようにかかる





『チャンミン・・・』


思わず呟いた俺の耳元に唇を寄せ


「チャンミンて誰・・・?」


『なぁ・・・チャンミンだろ?』


「僕はMAXだよ・・・」


『MAX?』


「そう 韓国系イギリス人のMAXだよ」


『嘘だ・・・チャンミンだ』


「お兄さん 名前は?」


『ユンホだよ・・・知ってるだろ?』


「僕は さっきのお店で働いてるんだよ?
ユンホさんにも 今日 初めて会ったんだから」


俺の脳裏に焼きついて離れない


ステージ上の誘うようなダンス・・・





俺の胸の内を 見透かすように


MAXは言った





「代わりになってあげる・・・」





その目は真剣で


俺と同様に MAXもまた


俺に 叶わぬ誰かの面影を


重ねているような気がした


「チャンミンになるよ・・・
大切な人なんでしょ?ユンホの」


そう言われた時


俺には ”このまま帰る” などという選択肢は


これっぽっちも なかった


「チャンミン・・・」


『ユンホ・・・』


本当にチャンミンがいるみたいだった


目の前の”チャンミン”を



力一杯 ぎゅうっと抱きしめた


チャンミン 許してくれ・・・





5分くらいで着いたMAXのアパートは


狭いが 綺麗に片付けられていた


イギリスらしく 固く暗い感じの建物


ナースだという母親と 2人暮らしだという家には


高価に見えるようなものは何もなく


壁際にあるサイドボードの上に置いてある


家族と思しき写真が入った写真立てだけが


ほんの少しだけ 温かさを漂わせていた





俺もチャンミンも 写真のことには一切触れず


母親は夜勤で 今夜は帰らないとだけ言った


促されるままにシャワーを浴び


どちらからともなく


抱き寄せあい


MAXのベッドに もつれ込んだ


がっつくように


2人とも 我先にとばかり


キスを仕掛ける


形のいい顎に 大きくキスをすると


少し上を向いたMAXが


「チャンミン・・・て 呼んでいいから・・・」


同じ顔 同じ声 同じ体型の男


もう チャンミンにしか 見えない


『チャンミン・・・ユノだよ』


優しく 耳元に囁くと


驚いた顔をした”チャンミン”が


「ユノ!」


勢い良く 抱きついてきた


潤んだ瞳を 俺に向け


キスをしてきた






東方神起完全体まで

あと509日!



ポチはコチラ



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_03_27


ロンドン ⑭_convert_20160317120450


”なんだ?連れか?
お兄ちゃんも また可愛い顔してるね~
一緒にどう?”


客引きの大きな男が 


チャンミンに瓜二つの男の顎を 指で捕まえて


上を向かせる


チャンミンそっくりのストリッパーは 動じることなく


大男の指を そっと外して言った


「いらないよ 悪いね
俺たち2人で楽しむからさ!」


大男は 何も言わずに


呆れたように 両手を上げる仕草をしながら


すごすごと後ずさり 背中を向けて退散していった


楽しむ・・・?





残された俺たちは 顔を見合わせた


こういう時は お礼を言うものなんだろうが


上手く言葉が出なかった


『お前 慣れてるんだな・・・』


「1人で ウロウロするなんて
危なっかしくて 見てられないよ・・・
観光客は 絶対に 声かけられるのに」


『助かったよ・・・
で? なんで ここに?』


チャンミンそっくりな男は


少し笑みを浮かべながら


「お兄さんが あまりに綺麗で
思わず 後を追っちゃった!」


と言った


『はっ?どういうこと?
仕事中じゃないの?』


「もう上がり!
僕は売れっ子ストリッパーなんだよ?
初めてだから 知らないだろうけど
ステージは 1回でいいんだ」


『客の誘いが あんだろ?』


「僕は 誰とも アフターはしないの」


アレックスの言葉を 思い出した


『仕事と割り切ってやってるクチか・・・』


ひとりごとのつもりが


相手に聞こえていたようで


「身体を売る仕事なんかしてないよ?
だって 病気とか もらいたくないもん
誰とでも なんて 僕の性に合わない」


やはりそうか・・・


きっと ノンケなんだろうな


大方 家庭の事情とかで働いてるんだろ? 


ルックスの良さを活かして 割のいいアルバイトをしてるってとこか・・・


「お兄さん 韓国の人でしょ?
変な仕事をしてる怪しい奴だって 思ってるでしょう
言っとくけど 僕はそういうこと 一切してないよ」


『へー』


「それに 彼女いるしね」


そう・・・


なんでだろう?


コイツの口から ”彼女がいる” と聞かされただけで


胸の奥が チクリと痛むのは・・・


『そっか・・・助けてくれてありがとな じゃ!』


さっさと彼女のとこにでも 行けよ


何故か面白くない俺は


すぐにその場を離れた


別に 助けてくれなくても良かったのに とさえ思い始めて


イライラする・・・


今度こそ 金髪のグラマ∸な女でも 


抱いてみれば良かった


1回ポッキリの旅先の性処理だ


大きな胸に 顔を埋めて 窒息しそうになるのも悪くないじゃないか


なのに・・・





「見たでしょ? 僕のステージ」


着いてきた男


『ああ 見たよ』


ロンドン ③


官能的な 誘うような ステージをな!


「1杯 飲まない?」


『彼女 待ってるんだろ?行けよ
もう お礼は言ったろ?』


「あんな僕は 嫌?」


黙って 俺をじーっと見つめる男


むしゃくしゃする・・・


俺は ソイツの手首を掴み 引っ張るように歩き出した


「ちょっ!」


急に引っ張られて 何か言いたそうに着いてくる男


通りを抜けて 人が少なったところで


ビルの脇に その男を引きずり込んだ


真剣な顔で引きずられる 細い男を 


歴史ある古い建物の石塀に 押し付けて


俺は ソイツの唇を奪った


「んん・・・!」


抵抗して 俺を押し返そうとしてくる


絶対に 逃がさないぞという気合で 


男の手首をぐっと掴みながら 壁に押し付け


噛みつくようなキスを浴びせ続けた


少し驚いたような目をしていたソイツも


そのうち 深いキスに目を閉じ


抵抗を止めた


時折 苦し紛れの吐息が漏れる


どうしてなのか わからない


無性にこの男を 欲しくなっただけだ


怪しい微笑みを 俺に向けたコイツがいけない


抵抗を止めた男の唇が 息をしようと少し開いた瞬間に


舌を滑り込ませ


湿った舌を 捕まえた


逃がすものか!と執拗に舌を吸い


口内を 貪り続けた


『んっ・・・』


「んあ・・っ」


じゅるっと 唾液の絡む音がする


そのうち 諦めたのか


男も 積極的に舌を絡めてくるようになった


俺は 手首を抑えていた手を離し


チャンミンに似た男の頬を優しく包んだ


角度をつけて 更に 強く深いキスを続けると


男は 腕を俺の首に 巻き付けてくる


引き寄せる仕草は 


もっともっとと 強請っているようにしか思えない


身体をぴったりと密着させ


永遠に続きそうなキスを 止めるタイミングを探していた


チャンミン・・・


チャンミン・・・


欲しいよ・・・





     

また 10日が経ちました

去年は センイルも日本でしたね


510日_convert_20160326012644

チャンミン





東方神起完全体まで

あと510日!



ポチはコチラ



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_03_26


ロンドン ⑭_convert_20160317120450


踊り終わった その男は


首を傾げながら


座っている俺を 上から覗き込むように見る


目の前には 細い身体に鍛え上げられた 6パックの逞しい胸板


「アジアの人は 珍しいから 嬉しいな」


固まっている俺に チップを要求する


”おいっ! ユンホ 一番安い札でいいから 挟んでやれよ”


俺は 慌てて 今日両替したんばかりの札を


その男の下着のゴムに挟み込む


汗で 光る腰回りが 何ともイヤラシく


ゴムに手をかけたときに 一瞬触れた濡れた肌に


ゾクっとしてしまった


なんとか 5ポンド札を半分に折り 差し込むと


「Thank you!」


俺のおでこに チュッとキスをして ニヤっと笑った


全身が燃えてしまいそうなくらい一気に熱くなった俺は


その男が 他の客席を 回りながら


チップを挟んでもらっている姿を 目で追っていた





”ユンホだけだって! 
アイツがキスなんてするの・・・
回り 驚いてるぜ!”


『えっ?』


振り向くと 後ろのイギリス人と思われる2~3人が


あり得ない と言った表情で 俺を凝視していた


スゲー 居心地悪いんだけど?


確かに 誰にもしていない・・・


何で 俺だけ・・・?


『アジア人が 珍しかったんだろ?
自分と同じ人種が来てくれて 
きっと目についたんだよ』


”ま そんなとこだろうな”


アレックスは ここで ゲイの知り合いに会い


別な店に飲みに行くと言うので


俺は断り 帰ることにした


一緒に店から出ると


アレックスとは 明日また連絡を取り合うことにして


俺は 夜の歓楽街を 一人歩いた





観光名所が密集するこじんまりとしたロンドンのこと


宿泊場所までは 歩いて帰れるくらいの距離だ


俺は ピカデリーサーカスに向かって歩き出した


昼間も 人でごった返していたが


夜も 思ったよりも人通りが多い


治安は さほど悪くはないようだけど


用心するに越したことはない


財布が ジャケットの内ポケットにあることを手で確認しながら


ネオンが揺らめく 繁華街を通り抜けて 


ホテルに帰るつもりだった 


ガイドブックでみた エロスの像を見上げたとき


さっきの店の男の


俺に向かって怪しく微笑む顔が 思い出され


そんなわけ ないよな・・・


1人 苦笑いの顔を 誤魔化すように 噴水を見た


ロンドン ④_convert_20160317120640


あまりに 似ていたんだ・・・


チャンミン 今 どうしてる?


逢いたい 


無性に逢いたいよ


異国の地で 寂しくて 


身体を慰めてもらおうとしていたチャンミンの


揺れる眼差しを 思い出した


抱きしめたときの感触に 胸が痛くなる・・・





ちゃんと 学校に通っているだろうか


友達は できただろうか


俺以外の誰かと つき合ったりしているのだろうか


許されるのなら 


今すぐに 抱きしめたい!


肌に触れたい


唇も 重ねたい


そして 


抱きたい・・・


今夜も眠れそうにないな・・・





愛しい男を 思い出していたその時


”時間ある? いい娘 紹介するよ?”


ガタイのいい白人に 話しかけられて


感傷に浸っていた俺は


一気に 現実に引き戻された


もう 帰るから・・・と歩き出した俺に


”安くしとくよ? 痩せてるのとふくよかなのと どっちが好み?”


”ロングヘアとショートヘアなら どっち?”


だから 俺はいらねぇんだって!


拙い英語で 断りながら


足早に歩き出す


やっぱり 夜の街は 男1人には誘惑が多過ぎるな・・・


なかなか離れていかない男は


”ああそうか 男の方がいいの?”


何とかして 俺を客にしたいらしい


言い値で金を払う日本人と間違えられてる?


そんな ぼったくり お断りだっての!


しつこく付きまとう大きな男を 振り切ることだけ考えて


ソイツを無視して すたすた歩いた





人混みを 抜けかけたとき


「お待たせ! ここにいたの?探したよ」


近くに聞こえる韓国語


振り返ると


俺と背丈の変わらない 細身の美しい男が立っていた


それが さっきの店のストリッパーだと気づくのに


時間はかからなかった





     

チャンミンに助けられるユノさんです♪

昨日一昨日と 更新が遅れてすみませんでした

今日は大丈夫!




東方神起完全体まで

あと511日!



ポチはコチラ



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_03_25


ロンドン ⑭_convert_20160317120450


アレックスが連れて行ってくれた店は


料理がまずいと言われているイギリスにあって


確かに まあまあ 美味しかった


高級な店に入れば それなりに上手いモンが食えるのかもしれないが


滞在費は できるだけ安くするにこしたことはない


でもポイントは外さずに 有意義に過ごしたい


アレックスは 見た目は 普通の男


いわゆる格好いい 白人だ


それでも そういう類の人間には 自然とわかるものらしく


パブでは 数人の男が話しかけてきたりした


俺にも・・・


アジア人は 珍しいのか?


少し好奇な視線を感じつつ その店を後にした





パブで ローストビーフを食べた後


アレックスが連れて行ってくれた地区は


一見普通の人が歩いている 他の繁華街と


そんなに変わりはなかったけれど


ふと 見上げたビルの看板は


男同士が 裸でキスをしている写真という


ソウルでは 考えられない衝撃的なものだった


ちょっと待てよ・・・


まさか 逃げられないなんてことは ないよな・・・


俺は 物見雄山の一観光客で


アレックスが 楽しむなら


店内を 見物したところで お先に失礼するつもりだった





”ユンホ 初めてだと 驚くかもしれないから
見てるだけで楽しめる そんなに危険じゃないとこにしたよ!
まあ 楽しんで”


その店は なんと 


男性ストリッパーが その肉体美を


惜しげもなくさらして 踊る店だった


”ここはね 可愛い子が 多くいることで有名なんだよ?
さっきは ムキムキだったけど 
だんだん 可愛い子にシフトしていくんだ・・・”


『ちょっと 引くな・・・
俺 そういう趣味はないんだけど』


そう言いながら


さっき 街中で見た 


チャンミンそっくりな男の写真が 頭から離れず


気持ちとは 裏腹に 胸は高鳴っていた


確かに 今 ステージにいるコは可愛い


ずいぶん若そうだけど


こういう店で働くには 何か事情があるのだろう


アムステルダムで逢った チャンミンみたいに・・・


”このコは テミンていうんだ・・・
僕の知り合いが ご執心でね
アフターにつきあってくれたときは
メチャクチャ喜んでたよ”


『へー
こんな可愛いコがね・・・』


テミンというコが 踊り終えて客席を回る


気に入れば チップをあげる仕組みだ


際どい奴は テミンの下着に挟み込む


テミンも客も それが当然という感じだった


こういう世界は いつの世も なくならないんだろうな・・・


ぼんやりと 客席をまわるテミンの華奢な後姿を見ていた


次のステージの始まりを告げる音楽が鳴り響き


俺は ステージに目を向ける


と・・・


ロンドン ①


『・・・!!!』


思わずアレックスの腕を掴む


”ユンホ もしかして 好み?”


チャンミンと 瓜二つのストリッパーは


ダブルデッカーの広告の人物か?!


黒いシースルーのブラウスを脱ぎながら


男らしい 鍛え抜かれた胸筋を


惜しげも無く 晒して


妖艶なダンスを披露する 細身の男


俺は その様子に釘付けになった


チャンミンか・・・?


思わず声をかけそうになる


その男を凝視せたまま動かない俺を


不思議に思ったのか


アレックスが話しかけてくる


”あの男は やめておいたほうがいい”


『えっ?』

”誰にも なびかないって噂だ
ああ見えて 実はノンケだったりしてな・・・
いるんだよ 仕事と割り切って
この仕事してる奴もね”


あまりに似ている・・・


もう アレックスの言葉など 耳に入らなかった


ひたすら チャンミンに似た 妖艶な男を


見つめ続けた数分





ステージが終わったというのに


拍手すらできずに


その男を 目で追う





客席を回り始めた男が すぐそばまで来た


下着にたくさんの札を挟んだその男が


何故か 俺の目の前で 止まった


「いらっしゃい! 初めて?
お兄さん 綺麗だね・・・
チップ くれないの?」


そう行って 札がたくさん挟まれた下着ごと


おれのすぐ前に立った


細いのに 均整のとれた身体が


目の前で 汗を光らせて


俺を 誘っていた





     

どうしよう?!

叱られちゃうかな・・・

またチャンミンをこんな役にしちゃって・・・

でも 写真からひらめいた妄想なので

許して~






東方神起完全体まで

あと512日!



ポチはコチラ



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_03_24


ロンドン ⑭_convert_20160317120450


新進気鋭のカメラマン ユノが 

撮影で 世界中を旅しながら


訪れる各地で 

チャンミンと出会うお話の第二弾です


第一弾のアムステルダム編では

思いがけない出会いで お互い惹かれあい 

気持ちを確かめたにもかかわらず

想いだけを残して 自分の生活に戻るという

ホミン小説にあるまじき終わり方をしています

いただいたコメントでは 

”アムステルダムのユノとチャンミンを くっつけてほしい”

という方が 殆どでしたので

いつか アムスの2人が 

くっつくように仕向けたいと思っていますが

ロンドン編では 違うチャンミンと出会います

連続ストーリーのような 

そうでないような・・・

思い浮かぶまま 書かせていただきます



初めから 読んでくださる方は コチラ

俺はさすらいのカメラマン ~ アムステルダム編 ~
http://minminchangmintvxq10.blog.fc2.com/blog-entry-600.html





それでは 新連載です!
お楽しみいただけたら 嬉しいです♪






~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~


写真集の撮影で オランダへ行ったとき


アムステルダムで 思いがけず美しい人に出会った


名前は チャンミン・・・


旅先で 出会ったその人を 俺は愛してしまった


何故か 俺を惹きつけてやまないチャンミンは


俺と同じ ”男” だった





あれから数か月・・・


俺は チャンミンには 未だ逢えないでいた


カメラマンとして 仕事が軌道に乗り始め


休みなどないくらいに 忙しい毎日を送っている俺を


好きだと言った・・・


チャンミンは 


今も変わらぬ気持ちで いてくれているだろうか・・・?





滅多に連絡も取り合わない俺たちは 


誰にも言えない 不安定な関係だ


確かな 繋がりもなく


俺たちを 結ぶものがあるとすれば


それは 心の奥底に潜む 相手への想いだけ・・・








次の仕事は イギリスの首都 ロンドン


この街も 地味なようでいて 実は


意外とファンキーな街だって


たった今 知ったばかり・・・





ロンドンに滞在しながら


その後のスケジュールを決めるつもりでいた


現地コーディネーターのアレックスに


市内の観光名所を 少し案内してもらう


バッキンガム宮殿や 有名なビッグベンを見て


ロンドンに来たことを実感する





”ユンホ!夜はどうするの?”


『特に決めてないけど なんか美味いもの食いたいな』


最近 忙しくて 一日3食なんて 食べた試しがなかった


”知ってるとは思うけど あんまり美味いもんないんだ”


そう言えば そんな話 よく聞くよな・・・


『アレックスのお薦めのもの 食べさせてよ
何でもいいよ』


”OK! パブでも行って 飲みながら ローストビーフでも摘まむ?
安くてまあまあな店なら 知ってる”


『じゃあ そこに連れていって』


そんな話をしながら


市内を走る名物のダブルデッカーと呼ばれる


2階建ての赤いバスを 眺めた


テレビで見るのと一緒だ!なんて 思ったのも束の間


通り過ぎていく バスには・・・


ラボ③_convert_20160317120604


えっ?チャンミナ・・・?


まさか・・・な・・・?


”ユンホ? もしかして 興味あるの? 男・・・”


『いや・・・』


”いいよ 隠さなくても・・・
実は俺もそうだし 回りには多いんだ ゲイの友達
ユンホは ゲイにモテそうだね”


『そんなんじゃないから・・・』


必死に取り繕うも


今見たバスの広告に出ている男が


チャンミンに見えて仕方なかった





”もし 良ければさ パブで飲んだ後
SOHO でも行く?
そういう地区だよ?”


『ロンドンにも あるんだ? そういうとこ』


”そりゃあ あるよ
結構多いからね!
多分 アジアよりも ヨーロッパの方が
そういうとこも ゲイの人口も 断然多いと思うよ”


『そうなのか・・・』


”じゃ 決まりだね!
俺も久しぶりだし 少し覗きに行ってみようか?”


いきなり そういう地区に 遊びに行くことになってしまった


さして興味もないのに


断らなかったのは チャンミンとそっくりな


あのバスの広告写真のせいだ


俺の胸は ドキドキしていた





     

さて こんな感じで始まりました

どうなることやら

更新が遅れたこと お詫びいたします






東方神起完全体まで

あと 513日!



ポチはコチラ



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_03_23

お知らせ

category: お知らせ  

本日の更新は午後10時になります♪

新しい連載

【俺はさすらいのカメラマン】第ニ弾を

始める予定でしたが

手直ししたいところがあり

更新が送れます

楽しみにしてくださっていた方々には

申し訳ありません(^_^;)

では 夜に…



東方神起完全体まで

あと 513日!






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_03_23


02  « 2016_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top