FC2ブログ



第二幕 蒼い恋 ①_convert_20160113002416


Yunho


これでもかと言うほど


チャンミンと 舌を絡め合い


そのまま いつものように 顔中にキスを雨を降らせる


それから 耳へ・・・


やっぱり 耳 弱いね


「あああっ・・・ユノッ・・・ヒョ・・・ン
いや・・・ダッダメ・・・ああ」


ぶるぶるキてる・・・


面白いように感じるチャンミン


この悶え方を見て 俺もまた 余計に感じる始末


既に 破裂しそうだよ


チャンミンの昂ぶりも 最高潮にきていて


先からは 感じてる印が 溢れ出ている


片手で いつものように チャンミンを握りこみ


小さくて 固い乳首に キスを落とす


小さすぎて 唇でなんか 摘まめない


舌先で ちょっと突いてから 舐め上げる


「うっ・・・あ・・・んん」


身体を 逸らしながら


恥ずかしいのか 顔を背ける


臍から ソコにむかって 毛深いところをキスでなぞって行くと


チャンミンの身体が 固くなっていることに気づいた


『チャンミナ・・・大丈夫だから 緊張しないで・・・』


そして 素早く手で握っているところに 辿り着く唇


「やっ・・・」


目をギューっと 瞑ったまま


固まったチャンミン・・・


溢れ出る蜜を 舌先で ペロっと掬い取ると


「ひゃあっ! あっ・・・えっ・・・やめ・・・て」


さっきまで エビみたいに のけぞっていた細い身体は


急に起き上がり 


手を使って 俺の頭を離そうとする





まさか 俺が 口でするとは 思っていなかったのか


「や・・・やめて」


「いや・・・」


「お願いっ・・・ユノヒョン・・・あっダメ・・・」


どんなに 抵抗されても 止める気など


サラサラなかった


少しずつ 進んでいかなければって


毎日 考えているんだ


今日は チャンミンが どんなに嫌がっても


口でする! って 決めてた


「ユノッヒョン・・・ダメだって 汚いよ・・・
恥ずかし・・・お願いだってば!」


必死に 俺の髪を引っ張って 離しにかかるチャンミン


髪が抜けても 止めないよ


俺は 絶対に止めない


無言で チャンミンをしゃぶり続けた


イヤイヤと言う割には こんなに大きくなってるんだから・・・


チャンミンの顔も見ずに


ずっと 口で動き続ける俺に 


遂に 諦めてベッドに背中を落とすチャンミン・・・


気持ちいいだろ?


驚いたよな?


ごめんな でも 慣れて?


俺だって 初めてだ


愛しのチャンミンを 口でもイカセたくて


ネットで 勉強したんだ・・・


だからさぁ お願い!


このまま イッてくれ・・・





”嫌い” が ”好き” の裏返しであるように


”いや” は ”いい”


”ダメ” は ”して”


”やめて” は ”続けて”


”お願い” は ”もっと”


俺の 数少ない女性との経験や アダルト動画を見る限り


そう解釈して 問題ないよな?


ちょっと 無理矢理される方が 


実は感じるって 雑誌にも書いてあったし・・・


まぁ チャンミンの場合は 


初めてだから 恥ずかしいって気持ちが


最優先されてるのもわかるんだけど・・・





チャンミンを無視し続けて 口を懸命に動かしたら


「あっ・・・」


と短く声をあげて つぎの瞬間


俺の口の中で イッた・・・


何度か 痙攣したように 身体を震わせた





イッた後も 声は出さずに ずっと腕を顔に当てている


恥ずかしさのあまり 顔もあげられないんだと わかったのは


チャンミンの頬に 一筋の涙が 伝っていたから・・・





ゴクっと 飲み干し 話しかける


『チャンミナ・・・顔 見せて』


「やです・・・」


『どうして? 気持ち良かっただろ?』


涙を指で スーッとなぞる


「こんなこと・・・ダメです
僕 汚いのに・・・」


『そんなことないって 言ったじゃないか?
どこが汚いの?
チャンミナは 綺麗だよ・・・』


「だって シャワーも浴びてないのに・・・」


『だから そんなのいいんだって!
俺は そのままのチャンミナに触りたかったんだから・・・』


「でも こんなの 嫌です・・・
僕 ユノヒョンに 嫌われたくない」


『ごめん・・・わかったから・・・
次からは シャワー浴びてからにしような』


「絶対ですよ?」


『ああ 絶対な!
だから 顔 見せて』


涙で ぐしゃぐしゃになった 半ば怒っているようにも見える顔を


やっと 見せてくれた


ああ 裸で泣いている 


頼りないくらいに 儚げなチャンミン・・・


そんな 姿にも そそられるなんて


口が裂けても言えないな・・・


『チャンミナ・・・ありがと』


チュッと 瞬間的なキス


『でも 口でしてもらうの 気持ち良かっただろ?
結構出たし・・・』


「ユノヒョン!」


言った瞬間 怒ったチャンミンに 足で蹴られて


言うまでもなく さっきまで戦闘態勢だった俺のモノは


あっと言う間に 萎えて・・・


はぁ・・・


チャンミナに なんて 


当分 してもらえそうもないな・・・


でも 俺は諦めない!


これでも 今日も 1歩前進したんだ!


心の中で 秘かに ガッツポーズをした





    

ユノヒョン やめて・・・
wakai.jpg

16歳のチャンミンのカラダは こんなイメージかな?
若いチャンミン②



東方神起完全体まで

あと 527日!


ポチお願いします



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_03_09


02  « 2016_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top