FC2ブログ



ロンドン ⑭_convert_20160317120450


* このお話は ホミンホです!

初めてお読みなる方は トップ固定の記事をお読みくださいね♪

私の書くお話には ホミン ミンホ ホミンホ があります!





男同士なんて


終わったあとは そっけないもんだ


少し 違和感の残る身体を シャワーで綺麗にし


MAX が差し出したギネスを 飲む


ボトルのまま 飲むビールは 少し苦目





一晩限りの関係


少なくとも 俺はそう割り切っている


多分 MAX も・・・


あまりにチャンミンに似ているこの男は


知り過ぎない方が いい気がした


お互い すっきりしたところで 


少しだけ 聞いてみる


『なぁ MAX・・・お前 慣れてるだろ?
もともと ゲイなわけ?』


俺がどっちだろうが 棚に上げて


この男と身体を合わせた後では


ズバリ聞いても 大丈夫だと思った


頭を掻きながら 渋々答える MAX


ロンドン ⑯_convert_20160330092304


「僕は ゲイじゃないよ・・・
しいて言えば バイ・・・になるのかな?
学生時代は 女のコとつき合ってたし
普通に SEX もしてた
その後 たまたま好きになった人が
男だっただけ・・・」


『そうなんだ・・・
で? 今は?』


「ん・・・先月 別れたばかり
だから 今は完全なるフリー
ユノ・・・は?」


俺の名前を口にするとき


少し 躊躇うような仕草をみせる


『俺も もともとゲイではない
たまたま 好きになった奴が 
男だったってだけ・・・
一緒だな?』


「そう・・・」


ふっと笑う


『たばこ 吸ってもいいか?』


「ごめん 母さんが 嫌がるから・・・」


『了解!』


「チャンミン・・・て 言うんだろ?
ユノの恋人」


『ああ 恋人なのかどうか わからないけどな・・・』


「なんで?」


『逢えないんだ アイツはオランダにいるから・・・』


「遠距離恋愛か・・・辛いね」


『ああ・・・』


「僕とチャンミンて そんなに似てるの?」


『うり二つだよ・・・
正直 驚いたし 今もまだ 
信じられないくらいだ』


MAX は 2本目の瓶ビールを開けた


ごくごくと 早いペースで 飲んでいく


口についた泡を 手の甲で拭うところも セクシーだな・・・





「僕の別れた恋人・・・
ユノって 言うんだ・・・」


『マジか・・・?』


「うん ユノ 顔も似てる・・・
そっくりというわけじゃないけどね
色白で 小顔 すーっとした鼻筋に
アーモンドアイは 同じだよ」


『ほとんど 俺じゃないか?』


「ふふふ ユノ・・・面白いね
声が違うんだ あと 体型も」


『どう違うの?』


「ユノ あ 今ここにいるユノね
ユノの方が スタイルいいよ?」


『じゃあ お互い 驚いたってわけだ・・・』


そうだったんだ・・・


だから?


俺が ユンホじゃなくて ユノって言ったときに


少し様子が変だったんだ・・・


ベッドの上での MAX の様子に 納得がいく





『思い出させちゃったな・・・』


「まぁ お互いさまでしょ」


『あのさ
MAX は その・・・
どっちだったの?』


「どっちって?」


『恋人と その・・・するときだよ・・・』


俺 何てことを 聞いてるんだ?


「知りたい?」


その上目遣いは 計算か・・・?


心臓が ドキリと 音を立てる


ここは 俺らしく ストレートに・・・


『ああ すげー知りたい! 
教えて? どっち?』


「両方だよ・・・
男は 基本決まってる人が多いみたいだけど
僕たちは その時の気分で してたから・・・」


『じゃあ 俺が お前を抱くのもアリってことだよな?』


「初めはそのつもりだったくせに・・・」


『まあな・・・』


「チャンミンのこと 抱いてたんだろ?
だから いつものように僕を抱こうとしたんだろ?
でも 途中で ユノが止まっちゃうから」


『ごめん・・・』


少しバツが悪い・・・


そんな雰囲気を一蹴するように


MAX からの突然の誘い


「明日さ サッカー観に行かない?
チケット あるんだけど」


明日は 昼間はアレックスと


撮影の打ち合わせがあるな・・・


時間を聞くと 夜だという


夜なら 行けそうだけど・・・


再び MAX と会うことに


少しの躊躇いがあった


そんな俺の様子を 感じ取ったのか


MAX が 言葉をかけてくる


「バイトも休みなんだ
しつこいお客さんが 置いて行ったチケット
貴重らしいよ?
ユノとなら・・・行きたい」


『俺とで  いいの?』


「ありがとう 嬉しいよ」


俺に向ける静かな微笑みには


包み込むような 優しさがあった





     

みなさんは 花粉症は大丈夫ですか?

私は 全く問題ないんです

職場の人もチング達も 結構辛そうです

早く季節が過ぎるといいですよね

今日は 目黒川の桜を見てきました

まだ 満開手前 週末が見頃でしょうか




東方神起完全体まで

あと506日!



ポチはコチラ



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_03_30


02  « 2016_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top