FC2ブログ



ロンドン ⑭_convert_20160317120450


* このお話は ホミンホです!

初めてお読みなる方は トップ固定の記事をお読みくださいね♪

私の書くお話には ホミン ミンホ ホミンホ があります!





結局 MAX は 俺の部屋に泊まった


狭いベッドでは 寝苦しかったけれど


嫌じゃなかった





「ユノ ごめん!
ロンドン最後の夜なのに
ゆっくり できなかったね」


『お前が 誘ってきたからな・・・』


「違うだろ?
こういうの 合意の上って 言うんじゃないの?」


『そういうことにしとくか?』


「そういうこと!だろ!
何言ってんだよ」





MAX は チャンミンではないし


俺も MAX の愛するユノではない


そんなこと 百も承知の上での会話


似ているというだけで 


覚えた親近感と


ただの行きずりと言うには 


心が咎められるくらいには 気になる相手


きっと お互い 忘れられないんだろうな・・・





ホテルの中で 簡単なモーニングを取りながら話す


『今日から 撮影で地方を回るから
もう ロンドンには来ないと思うよ
数日で 韓国に帰るし・・・
お前は? ずっとこっちなの?』


「うん 生まれてすぐに こっちに来たみたい
僕 韓国人なのに その後一度も
韓国行ったことないんだよ?
おかしいだろ?
母さん 帰りたがらなくて・・・
だから これからも ずっとこっちかな?」


家族のこととか 


これ以上は聞かない方が 良さそうだと判断し


深入りせずに 話題を変えた


『お前は英語もできるんだからさ
何か海外と関わる仕事でも 
目指したらいいんじゃないの?』


「そだね・・・
いつまでも 身体を見せるアルバイト
してるわけにも いかなしね」


ペロッと舌をだして笑う顔は


少し あどけない


MAX と出会ったことで


ますます チャンミンに逢いたくなった


仕事が一区切りしたら アムステルダムに行こう


そんなことを考えて


もう 会うことはないであろうMAX と


握手をして 別れた


『ユノ 戻ってくるといいな?』


「余計なお世話!
そっちこそ チャンミンを
ちゃんと 捕まえておけよ?」


『それも余計なお世話だよ!
心配すんな!』


長い睫毛まで チャンミンと一緒だ


お互い いい人生が 待ってるといいんだけど・・・


歩いて離れて行く MAX の細い後ろ姿は 


どことなく 寂しそうで 


誰かがそばにいてやらないと


ダメになりそうな気さえした





でも ここはイギリス


アイツはきっと 強く生きていくだろう


今 少しの迷いを抱えているとしても


自分に与えられた人生を きちんと受け止めて


母親を幸せにするだろう


あのテの顔は


ともすると 儚げな印象を与えるから


どうしても 気にしないではいられない・・・


去って行く小さいお尻が


ますます小さくなって行く


そんなMAXへの思いを 振り切るように


空を見上げる


ロンドンにしては珍しい青空だった





アレックスとの待ち合わせは ホテルとなりの本屋の前


さっき 別れたばかりの MAX が 


まるで 俺が手に取ることをわかっていたように


雑誌の表紙になって 俺の前に現れた


ロンドン ⑫_convert_20160317120536


思わず ポケットからコインを取り出すと


俺は 迷わず買った


いつか チャンミンに見せようと思ったからだ


すると 俺の様子を見ていたのか 


後ろから アレックスが声をかける


”ユンホ ソイツのこと 気に入ったの?
実は その世界じゃかなりの売れっ子有名人なんだ
誰にも靡かないけどな・・・
美人だろ?
抱いてみたいよな・・・”


誰にも靡かないはずの MAX


昨日一昨日と


2日も続けて 身体を確かめ合ったのは


夢ではない


そこには 確かな温もりがあった・・・


心の中で


叫び出したいほどの優越感を覚え


アレックスに 答えた


『誰か コイツを堕とした奴がいたら
教えてくれよな?』


ロンドン ⑲_convert_20160330092224





俺はさすらいのカメラマン
~ ロンドン編 ~


Fin



     

俺はさすらいのカメラマン ~ ロンドン編 ~

終わりましたー!

最後まで 読んでくださりありがとうございました♪

拍手! コメント! ポチ! くださった皆さまに

心よりお礼を申し上げます

ホミンだけ じゃないから

途中で読むのをあきらめた方もいらしたのかな と推測しますが

このシリーズは これからも続けていく予定です

アムステルダムのチャンミンとユノは 必ずハピエンにしますので

それまでは ユノさんの旅先でのアバンチュールを お許しください・・・

または 全く新しいチャンミンと恋に堕ちる短編ばかりになる可能性も♪

今のところ はっきり決めていません

書きながら できていくストーリーが半分以上なので・・・

いつ 何処で 出逢っても

ユノとチャンミンは 惹かれあってしまう

そんなことが書きたいのです

2人の間には 誰も入れない

それほど強く

見えない赤い糸で 繋がった2人なのだと・・・

私が書く 2人の恋愛話は 全て

リアルの2人がそうであると 真じて疑わない私の

ある意味 完全なる理想形妄想にほかなりません!

この世の終わりが来ても

その真実を知ることは叶わないのですから

明日は かるたか記事か?!

その後 軽い短編を挟んで

黒い瞳が邪魔をする ~ 第三幕 ~

始めたいと思っています



東方神起完全体まで

あと504日!



ポチお願いします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_04_01


03  « 2016_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top