FC2ブログ



LTD+4_convert_20160403014155.jpg


露天風呂の淵の段差に腰かけて


舌を絡め合う 長い長い時間


温泉の熱で 身体が温まり


顔や髪 肌が じっとりと湿ってくる


僕たちの吐息も 湿って


「んふっ・・・あっ」


『んん・・・あんっ・・・」


白い湯気と一緒に立ち上る 気持ちの昂ぶり


唇を離しては 見つめ合い


また 口づける・・・


お互いの熱に犯された瞳に 


欲情のスピードが止まらない





『チャン・・・ミ・・・ン♡ 好きだ・・・』


ぴちゃ 


ちゅっ


「んんん・・・ユンホさん♡
僕も 好き・・・大好き・・・」


湿気の中に こだまする 愛の音


顔中にキスを落とし


腕を 相手の首に絡め


がむしゃらに 濡れた髪を掻き回す


「はぁ・・・あっん・・・んっ」


『んんー・・・はぁっ・・・』


息が苦しい


はぁ・・・はぁ・・・


果てしないキスから 解放されたとき


改めて見る 愛しい人の顔


熱に侵されて 僕を欲する切れ長の瞳に


僕も 精一杯の情欲で答える





人差し指で 濡れた唇をなぞり


その指を顎から首 そして胸へと滑らせる





湯舟から半分のぞく上半身


初めて見るユンホさん♡ の胸


そのたわわな膨らみは 僕のもの


思わず手を伸ばしてしまう


ぐっと抱き寄せ 胸を弄る


『ああっ・・・チャンミン・・・』


ユンホさん♡ の胸を揉みながら


首に唇を這わすと


『はぁ・・・ん』


そんな声 出さないでよ


「あっ!」


油断していると


ユンホさん♡ の唇も 僕の首筋を行ったり来たり


『チャンミン・・・跡 つけていい?』


今 つけちゃったクセに


しれっと そんなことを・・・





部屋で 2人きりになった時から


痛いくらいに張り詰める下半身の存在を


もう無視することなんて 到底できない


ガチガチに固くなったソコに


手を伸ばしたのは 殆ど同時・・・


『ああっ・・・あん・・・はぁ・・・』


「気持ち・・・い・・・ああん・・・」


『俺もっ・・・気持ち・・・いい』


「ユンホッさ・・・ん・・・もっと・・・」


自然に揺れる腰


扱き合う手の動きで お湯がバシャバシャと音を立てる


ほわっと 開いた口から


素直な喘ぎ声を 漏らし


「あっん・・・んふ・・・」


鼻に抜ける自分の声を 不思議な思いで聞く


『チャンミン・・・エロすぎ』


仰け反る僕に あなたが興奮しているのがわかる


だってね


僕は今 こんなにも嬉しいんだ





「ユンホさんっ・・・そろそろ」


『一緒に イケそう? はっ・・・』


僕たちは お湯の中のベンチから立ち上がり


湯舟の淵に 腰掛ける


生で見るユンホさんの大きさに 思わず息を飲む


咥えたい・・・


口で イカせてあげたい


でも 僕ももう イキたくて


『出すよ・・・イキそっ!』


「あっ・・僕もっ・・あっ・・あっあっあっ・・・んんーっ・・ん」


『はっ・・ああっ・・んんっ』


ぶるっと 震えて


僕たちは ほぼ同時にイッた


お互いのお腹に 描かれた白い地図





暑さと熱さ 興奮で


上下に激しく動く肩


「ユンホさん♡・・・」


厚い胸に 顔を寄せて目を閉じた


ユンホさん♡ が優しく


僕の頭を撫でる


『チャンミン♡・・・
後で 続きしよう』


「はい・・・」


本当は 今すぐしたいけど


残念ながら


もうすぐ 食事が運ばれてくる





「とりあえず 浴衣に着替えましょうか」


『流してやるよ』


「チャンミン♡ いい身体してる
贅肉が全くない』


しげしげと眺めながら


僕の身体をシャワーで流していくユンホさん♡


『6パックの下にコレ・・・
すげーヤラシイな』


僕の下腹部に生えてる毛


自分でも エロいと思う


でも この身体で ユンホさん♡ が興奮してくれるなら


持ってて 良かった


『細いな・・・』


僕の腰やお尻を さわさわと撫でる


あなたの手も 目つきも


相当 エロいです・・・


『また後でな』


元に戻った僕の息子を 指でツンと押す


「ひゃっ! もうびっくりさせないでくださいよ〜
こちらこそ また後でね」


大きな胸の真ん中で 存在を主張している


ユンホさん♡ の赤いサクランボに


僕は 仕返しとばかりに


口をつけて チュッと吸った


『あんっ』


お願いだから!


その声 抑えてください!





     

本当は デートの帰りに

ラブホテルに連れ込もうかと考えていたユンホさん♡

でもね

都合よく 高級温泉旅館が 空いていたんです♪

いきなり和風で 露天風呂とか・・・

かなり 卑猥な感じに 私もドキドキしてます

何日か こんなエロエロ状態が続いてもいいですか?




東方神起完全体まで

あと 472日!



ポチ お願いします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_05_03


04  « 2016_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top