FC2ブログ



LTD+4_convert_20160403014155.jpg


さあ 今日からまた新しい1週間の始まり!


週末のデートを 思い出して


自然とほころぶ僕の表情


この週末が 暖かかったせいか


都内の公園も桜が 一気に開花し始めた





移動ランチ”BANBI” の 定位置から見上げる


ユンホさん♡ の働くオフィスビルも


視界には 薄いピンク色の桜の花が 必ず入る


今日からは 春らしく


メニューも 一新!


温泉の影響もあり


和のテイストを入れて 作ったのは桜おこわ


Yランチの チーズハンバーグは そのままだけど


ユンホさん♡ には色々なものも食べてほしい


僕は あなたのために料理をしているようなものなのだから・・・





浮かれて鼻歌交じりに ランチタイムの準備をしていると


ミノが ニヤニヤしながら


僕を 観察している


「何だよ? ミノ
ニヤニヤして 気持ち悪いな」


”店長 週末は かなり 進展があったんでしょう?
チョンさんと!”


「何だよ 進展って・・・」


”隠しても 無駄ですって!”


ミノが 僕の近くに来て 耳元で


こっそりと 話す


”ヤったでしょ?”


ドストレートに言われて 一気に赤面する


「ミノ!」


”いいじゃない? 僕には 教えてくれたって
心だけじゃない 身体も完全な恋人同士になったってことでしょ?
うん! 間違いないよね?
ヤラなきゃ そんな 満たされた顔できないモン”


「お前ね・・・バイト代 減らすぞ!」


”もう 真っ赤になっちゃって・・・
可愛いんだよな 昔から・・・
僕が抜けたら 店長困るでしょ?”


うっ・・・


痛いところをついてくる


その通りだし・・・


ミノはある意味 恋愛マスターだし


ミノの好きな子が 僕を好きって言うのは可哀相なところなんだけど


報告義務もアリ・・・か?!


開き直って 言ってやった


「ミノのおかげだよ
晴れて 本当の恋人同士になりました♡」


”わぁーっ!!!
そんな 照れながら 認められちゃうと
こっちが 照れるゥ~
どうしよ・・・チョンさんの顔 見れないじゃん”


「いいよ 見なくても♪
僕が 相手するからね」


”わっ どうぞどうぞ
これから毎日あてられるのか・・・?”


自分から 聞いておきながら


ブツブツと ひとりごとを言いながら


テーブルをセットしているミノ


ミノにも 早く彼女ができるといいな・・・





さて 準備完了!


もうすぐ オープンの11:30 


早くユンホさん♡ の顔が見たいな なんて


思っていたら 噂の君から LINEが・・・


今日は 会社の人たち 数人が一緒に行く予定
メニュー教えて?



また ユンホさん♡ に群がる女どもを引き連れて


現れるのかと思うと 気持ちが落ち込む


ユンホさん♡ の恋人は 僕なのに・・・


誰も ユンホさん♡ に触れてほしくないし


あの微笑みを 女性なんかに向けてほしくない!


あ 他の男に向けられるのも 嫌だけど・・・


どんよりとした気分で


ABCランチのメニューを返信した





ランチタイムになると 広場全体に活気が出て


あちこちの移動販売車の前に 行列ができる


”BANBI” も忙しく


今日も売れ行き好調だ





12時を回ったころ 待ち焦がれた


ユンホさん♡ の凛々しいスーツ姿が 目に入った


隣りは・・・


ん?


僕の予想を完全に裏切って


女のコは 1人もいず


上司と思われる オジサンばかりが3人も一緒だった





『チャンミン♡ 会社の上司たちなんだ
”BANBI” が部内で評判になっているから
是非 食べたいって』


「そうなんですね?
ありがとうございます!
今日は 新しいメニューなので
是非 食べてほしかったんです」


『じゃあ 全部ひとつずつ頂戴!』


パラソルの下の白いテーブルセットに


オジサンが3人と 見目麗しきユンホさん♡


僕は ABCランチと 定番のYランチを持って行った


たくさん連れてきてくれたお礼に


お茶もサービスして


「ごゆっくりどうぞ
感想も聞かせてください」


黒スーツ族のランチ風景を見守った





ユンホさん♡ が 楽しそうに頬張る桜おこわ


あ・・・


お茶を飲んで少し濡れた唇


瞬間的に ユンホさん♡ に触れたくなって


頭ごと ブルブル振って 欲望を抑えた





パラソルには不似合いな オジサンたちだったけど


帰り際には


口々に 美味しかったよと


お褒めの言葉もくれて


何料理が 一番得意なのか 聞かれたりした


また 明日も来てくれるというので


全く違うメニューを用意しますと話して


お礼を言った





僕の最愛のユンホさん♡ は


歩きかけたかと思ったら 


サッと振り向いて


僕のところに駆けてきて


『チャンミン♡ みんな喜んでた
ありがとう!
今晩は遅くなるけど 電話するよ』


そう言って 僕の耳にチュッ♡ とキスをして


「あっ・・・」


赤くなって肩を捩った僕に 


バチンと大きくウインクを投げて ビルの中へ入って行った





ユンホさん♡


耳が 疼きます


ユンホさん♡ の息がかけられた耳をそっと触ると


身体中が じんわりと 愛で満たされる


昨日より もっと


今日 あなたが好きです・・・


呆れた顔で ミノが見ていたことに


気づいてハッと 手を離した





     

FEEL で CDガチャをムキになって何度もしてしまい 

その場で交換しあったり

チングの協力もあったりして

17種類!コンプリート致しました

しかし なんですな・・・

いい歳した オ○○ン達が

夢中になって ガチャを回している図

みんな同じだから その場ではわからないものですが

知らない人が見たら ドン引きだろうなあ

トン関係のことなら 平気なの

気持ちは 乙女ですからね



 

東方神起完全体まで

あと 461日!



ポチ お願いします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_05_14


04  « 2016_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top