FC2ブログ



LTD+4_convert_20160403014155.jpg


ユンホさん♡ の部屋を簡単に片づけて


2人でご飯を食べる


たったそれだけのことが 嬉しくて幸せで


憧れの君の弱点もわかったし・・・





「やっぱり僕の家で暮らすのは 正解ですね!」


『ああ 俺もその方が断然いいと思うわ・・・』


僕が作ってきた 野菜たっぷりのスープを


飲みながら ユンホさん♡ が答える





「掃除も 洗濯も 全部してあげますよ・・・
勿論 料理もね!」


『なんか 悪いな・・・
その代わり 他に俺にできることは 何でもする』


バツが悪そうに ちょっと下を向くユンホさん♡


「じゃあ 僕が ユンホさん♡ にできそうなことを 
お願いしたら 手伝ってくださいね!」


『ああ いいよ
野菜を切るとか できるかもしれないし
買い物とか・・・』


「ふふふ これから沢山のことを
一緒にしていきましょう!
ユンホさん♡ と一緒にすることが
これからの 2人の歴史になるのかと思うと
ワクワクするんです♪」


『俺も 全く同じ!
こんなに ワクワクしたことないってくらい!』


これから 新規出店の準備で 益々忙しくなるから


是非 その前に 引っ越してきてもらいたいと思っていたら


『新しいお店が 軌道に乗ったら 引っ越しになるかな?』


はっ?


「そんな悠長なこと 言っていていいんですか?
これから どんどん忙しくなるんですから・・・
僕は う~ん 
あの ユンホさん♡ さえ良ければ なんですけど
少しでも 一緒にいる時間を増やしたいです」


『えっ? それって 
すぐにでも・・・?』


「はい・・・」


わぁっ! 恥ずかしい恥ずかしい!


今すぐにでも 同棲したいって


自分から 誘っっちゃった・・・


あーわーわー どうしよ?


『マジ? ねぇ チャンミン♡ マジ?』


「大マジですよ・・・」


『ひゃっほー! やったね!
マジ?マジ? 俺 スゲー嬉しい!!!』


椅子から立ち上がって喜ぶユンホさん♡ に


見ている僕の方が 恥ずかしくなる


けど


こんなに喜んでくれて


僕も嬉しくて嬉しくて たまらないんだ





「ユンホさん♡ 
喜んでくれて ありがとうございます
急ぎ過ぎだって 言われるかと思ってたんですけど
ユンホさん♡ がいいなら 
いつでも 来てくださいね!」


『おー! 行く行く!
早速 今晩からにするか?』


「今夜はここです!
まずは もっと片付けないと!
運べるものも運べなくなります」


『はい! おっしゃる通り!
じゃあ 今晩は泊まってって?』


「はい そのつもりでした・・・」


『だから リュックサック パンパンなの?』


「いえ 荷物は多い方なんです
いつも・・・」


『用意周到なんだね』


真正面から 僕に向けてにっこりする華のある人


ああ その向日葵のような微笑み


僕は 毎日見られるんですね♪





それから 僕の持ってきたサンドイッチでランチを済ませ


一緒に ベッドを見に行った


同棲するには 今の僕のベッドでは 狭すぎるから・・・





しかし インテリアショップでは 


恐れていたことが起こった


『おー!コレ!いいじゃん!
チャンミン♡ これにしようよ
デザインもいいし 何よりこの大きさでこの値段!
お買い得だと思うんだけどなぁ どう?』


”新生活用のベッドですね?
御兄弟ですか?
優しいお兄様ですね~
ベッド選びにつき合ってくださるなんて”


また 家具屋のねーちゃんの目が♡ になってるし!


「そうなんです!
弟想いで 昔から 僕にだけ
凄く甘いんです!」


超自慢気に言ってやった


”あら~いいですね~
こんな 甘くて優しいお兄様 
私も欲しかったわ~
女姉妹ばかりだったから”


聞いてねぇよ


甘いのも 優しいのも 僕にだけなの!


『いやぁ コイツが可愛くて
ついつい 甘くなっちゃうんだよねね・・・』


デレッと 頭を掻きながら 答えるの止めてもらいたいんですけど!


「ねぇ ヒョン♡
僕はさっきのお店で見た黒いベッドの方がいいなぁ♡
ヒョンが泊まりに来た時に 一緒に寝られるし」


僕の目を見て 一瞬ぎょっとしたユンホさん♡


今頃気づいたんですか?


『そ そうだね チャンミン♡
一緒にね・・・』


心なしか 頬を赤く染めた店員のねーちゃん


”じゃあ こちらなんてどうですか?” とか


”来週新しいタイプが 入荷する予定なので
よろしければ こちらにご連絡先を” とか


ユンホさん♡ を引き留める作戦に出て来たな?


負けてたまるか!


「もう 1件見たいところがあるんです
詳しく丁寧にご説明していただいて
ありがとうございました!」


『えっ? そうなの?
もう1件 行くの?
俺 これでいいんだけど・・・』


鬼の形相で ユンホさん♡ をじーっと見ると


『ああ! そうそう!
そうだったよなー
俺 すっかり忘れてたわ!
じゃあ もう1件行こうな? チャンミン♡ 』


「うん そうしよ? ヒョン♡
パジャマも下着も 新しくしてくれるって言ってたじゃない
早く行こうよ~
下着も 欲しいのがあるんだ 
一緒に見てくれるよね?」


”パ パジャマに下着ですか?
本当に仲がよろしいんですね?”


「はい」


思い切り微笑むと


僕は 戸惑うユンホさん♡ の腕を


無理矢理引いて


そのお店を後にした





はぁ・・・僕も大人げないな・・・


モテすぎるユンホさん♡ がいけないんだ


『チャンミン♡
ちょっと待って?』


僕は 早足で歩きながら


何故か 顔がにやけていた


ユンホさん♡ は僕だけのもの・・・





     

リアルチャンミン 

ユノのこと言えないなあ・・・

ヨジャと2ショット 撮り過ぎ

ヽ(`Д´)ノプンプン ← 心の狭いペンです

リアルと言えば

”愛と戦争 ~ 休暇 ~” に思ったよりも

沢山の拍手をありがとうございます

皆さん リアルな2人に飢えているのか?

寂しいのか? それとも

単にリアル設定の方がお好きなのか?

本当にリアルっぽい!と思っていただけたのか?

Lunch Time Dreamer がイマイチ面白くないからか?

理由は よくわかりませんが

嬉しかったです♪

また 思いついたらリアル設定で書きますね!

コメントにもありましたが

”愛と戦争” は ユノとの関係を聞かれたときの

チャンミンの 答えです

何年か前ですが 正にその通りなんだろうなぁと思いました

今は ”愛と慈愛” かもしれませんが・・・

もう 愛に溢れて苦しいくらいですものね

Lunch Time Dreamerは 

試練なし!トラブルなし!挫折も邪魔もなし!

あるのは愛だけ

あと3話くらいです♪



東方神起完全体まで

あと 449日!



ポチ お願いします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_05_26


04  « 2016_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top