FC2ブログ



LTD+4_convert_20160403014155.jpg


「いってらっしゃい」


『行ってくる』


チュッ!


「ん・・・」


『あっ・・・離れるなよ もっと・・・』


「あん・・・」


もう! ユンホさん♡ てば!


毎朝 玄関で繰り広げられる光景に


いつまで経っても 慣れることはなく


その度に ドキドキしっぱなしで


すぐに 起き上がってきてしまう分身を


うらめしく思ってしまう・・・





夜 愛し合っても


朝 ベッドで戯れても


向かい合って取る朝食の時間に


じっと 見つめあってしまう僕たちは


オカシイのだろうか?





「あ・・・ユンホさん♡ ドレッシングついてますよ?」


『どこ?』


「唇の左側 少し上のところです」


『ん? どこ?』


そう言って 顔を斜めに突きすユンホさん♡


「ここですよ!」


仕方なく 指で掬うと


『ちゃんと取って?
俺 見えないから 綺麗にして』


もっともっと身体を乗り出して


僕の顔の真ん前に・・・


わーあーあー


わかってるけど 照れるじゃないですか?!


口をとんがらせて 軽く睨むと


『チャンミン♡ 早くぅ~』


ユンホさん♡ までとんがり口


「もう・・・仕方ないですね」


赤い唇にちゅっとキスをして


舌で ペロンと舐めとる


満足そうに うっとりと目を閉じるから


ええいっ!


もっとしちゃえ!って


唇全体を ぺろぺろ舐めた


『んっ・・・』


目を開けるユンホさん♡ とバッチリ目を合わせて


にっこりと微笑む僕


そのまま ドレッシング味の舌を差し込んで


テーブルの上でのモーニングキスは


ドレッシングの味が消えるまで♪


明日はケチャップ味だったりして・・・


そんなこんなで 僕たちは 毎日


満たされていた








新規出店のプロジェクトも


スイスイ進み


ちょっとしたトラブルも何のその!


全てが いい方向に向かい


ブライダルシーズンを迎える秋口に


新しいお店は いよいよオープンの運びと相成った


ユンホさん♡ 率いるチームの渾身のプロジェクトは


今日 新たなスタートを切ることとなり


オープン前のスタッフの顔合わせに最終打ち合わせ


オープンセレモニーまであって


分刻みのスケジュール!





シウォンさんも僕も 新調した真っ白のウェアに身を包み


鏡の前で 身だしなみを確認する


胸元には 店名の ”T1STORY”


自分の名前 シム・チャンミン が赤い糸で刺繍されている


僕は ぐっと 気持ちを引きしめ


今日からスタートする 夢への第1歩を


希望に満ちた面持ちで 胸に焼き付けた





”T1STORY” という店名は


東方プレミアムコーポレーションが手掛ける


ウエディングプロジェクトの総称で


2人の STORY を 1から 始めようという意味が込められている


ここでのランチ営業は 平日のみ


週末は ウエディングパーティーの貸し切り営業が多くなる見込みだ


朝10時 会社の関係者や取材陣が集まると


まず お店の入り口で 関係者とスタッフの記念撮影があった


勿論ユンホさん♡ も一緒・・・


『チャンミン♡ とシウォンは ここね』


社長や役員 部長さんといった偉い人たちが最前列に座り


その後ろにユンホさん♡ や僕たちシェフ


ユンホさん♡ の右側にシウォンさん


左側には 僕


仕事の顔になっているユンホさん♡ は今日も見惚れてしまうほど


めちゃくちゃカッコイイ♡


濃紺のスーツに爽やかなブルー系のネクタイ


僕が プロジェクトの成功をお祝して プレゼントしたものだ


シャッターが切れる瞬間 


誰にもわからないように ユンホさん♡ の手が


僕の手をぎゅっと握った


それだけで 僕は この仕事を頑張ろうと思える


ユンホさん♡ に負けないように


僕も お店を持てるように 前を見ようと決めた





今日は 初日とあって 営業時間も短い


それでも 事前の案内などで


楽しみにしてくれていた常連客や


シウォンさんの知り合いなどで


たいそうな賑わいを見せた ”T1STORY”





”おめでとうございます”


”また 通っていいですか?”


見慣れた顔ぶれの常連の女性客たち


今日は 心底ありがたいと 思った


ミノも もう少し手伝ってくれることになり


アルバイトのまとめ役をかって出てくれたので


僕は 安心して任せられる





”美味しかったです”


”また来ますね”


そんな声を聞くたびに


もっともっと 美味しいランチを作ろうと思う


だって ユンホさん♡ も食べに来てくれるから・・・


オープンメニューの一つには 勿論チーズハンバーグ


僕の一番の得意メニューを 美味しいと言ってくれる人のために


僕は 作り続ける





僕が ランチタイムに夢を見たように


たくさんの人に 僕のランチで夢を見てほしい


そのために 


”食べた人が笑顔になるランチ” を作り続けたい


口から広がる幸せを 沢山の人に届けられるように・・・





部長さんたちと一緒にランチをしたユンホさん♡ と目が合うと


オープンキッチンの中にいる僕に向かって 親指を立てた


僕も 同じように ユンホさん♡ に向けて親指を立てる


そして 心の中で ”ありがとう” と


お礼を言った


今夜  目を見て言おう


ユンホさん♡ ありがとう


そして


愛してる・・・





     

Lunch Time Dreamer 終わりです♪

最後まで 読んでくださって ありがとうございました


明日は あとがきと今後の予定をアップする予定です



東方神起完全体まで

あと 446日!



ポチ お願いします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_05_29


04  « 2016_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top