FC2ブログ



愛と戦争 タイトル画 完成版_convert_20160611165207





『ちぇっ・・・
全く いつまで拗ねてるんだよ?
3回も かけ直してるんだぞ?
もう 風呂でも入るか・・・』


ん?


チャンミンからの着信を知らせる明かり・・・


自然に笑みのこぼれるユンホ


『もしもし!
特級戦士でございます』


「あ 間違えました!」


『おいっ! 切るなよ!
全く いつまで拗ねてるつもりなんだよ』


「別に拗ねてなんか・・・
呆れてるだけですよ」


『ご機嫌は直りましたか? 姫』


「また 切るぞ?
僕は姫じゃない!」


『まぁまぁ・・・ごめんって・・・
電話 サンキュ!』


「こっちからかけないと 
一晩中 呼び出し音が鳴り続けそうな勢いだったからですよ
仕方な~く かけなおしたんです」


『うん そうしてたかも!』


「ユノヒョンの考えそうなことですね!
で?
あの写真は何なんですか?」


『どれ? 何の写真のこと?』


「アレですよ アレ!」


『アレって何だよ?
俺は勘違いしないぞ!』


「ふふ・・・
勘違いするまでもなく アレしかないでしょ?
あの 大勢での記念写真ですよ
摩訶不思議なね!
他の人は ちゃ~んと真っ直ぐ前を向いてるのに
ユノヒョンの回りだけ オカシくないですか?
コメディか 何かのパロディですか?」


『あーはーはー あれね? 
俺も ビックリだったんだよ
突然 腕組んだりしてきてさ
でも ”やめてください!” とか言えないんだよ・・・』


「まぁ そうでしょうね・・・」


『何か嬉しそうに喜んでるから
まぁいいかなって思ったら ああなった』


「触らせ過ぎじゃないですか?
あのパロディは ○○サンばかりだったから
所詮 僕のライバルにはなれない人たちで 
安心したけど・・・」


『えっ? チャンミナ
あんな写真でも
妬いてくれてるんだ?』


「入隊直後からそうでしたよ?
誰かれ構わず 触らせて写真撮るんだから・・・
密着度合いが ハンパないです!
僕が どれほど ヤキモキしたか?!」


『嬉しいなぁ・・・
あのチェガン・チャンミンが ヤキモチ?
俺 やっぱ 特級だわ!
アーハーハ-』


「くだらないこと言ってないで!
いいですか?
男でも女でも
もう あまり気安く触らせるんじゃねーですよ!」


『ハイハイ! 
承知いたしました 姫!
敬礼!』


「殺されたいか?!」


『何だよ! 物騒なこと言うなよ!
今度 逢ったら た~くさん触ればいいだろ?
もう少し我慢しろ な?』


「そういう問題じゃないです」


『大丈夫!
俺は チャンミナだけだよ!
チャンミナこそ 気をつけろよ?
何のために シウォンとドンへと
一緒にしたんだか・・・』


「話が逸れてます・・・
いいですか?
あまり ヤキモキさせないでください」


『わかったわかった!
チャンミナもな?
特にシャワータイム!
前に お前のことを ”身体のラインがヤバい” とか
呟いた奴がいたらしいじゃないか?!
お前は気にしてなくても
回りが見てるんだ!って・・・
あまり他の奴にじろじろ見られないようにしろよな
男同士だから 返ってあぶないんだからね』


「はいはい わかりました・・・」








『ねぇ チャンミナ・・・
今 一人?』


「一人ですよ?
一人じゃなきゃこんな電話できないです」


『俺も 今 一人!
ならさ
電話で してみる?』


「何をですか?
あ アレとか言わないでくださいよ?」


『言わねーよ! いや 言うな・・・
ほらっ! よくあるじゃん
テレフォン何とか・・・ってアレ』


「はっ? 知るか?!」


『声だけも イケるのかな・・・?
試してみない?
今なら大丈夫だろ?』


「正気ですか?」


『うん 正気!
俺 チャンミナの声 聞きたくなってきた』


「今 聞いてるじゃないですか」


『ん・・・もっとさ
色っぽい声・・・』


「いい加減 切りますよ!」


『ちょっ 待てって!』


「隣の部屋にも同僚がいるんです
勘弁してください」


『ん そっか・・・
チャンミナ・・・
元気そうで良かった』


「ユノヒョン・・・」


『シウォンやドンへたちと
いつも 楽しそうにしててさ・・・
いつも一緒で 

少し 妬けた・・・』


「えっ・・・」


『チャンミナ・・・
努力してるの わかるから・・・』


「・・・」


『あんまり頑張り過ぎないで・・・』


「ユノ・・・ヒョン・・・」


『じゃあ またな』


「・・・はい
ユノヒョンこそ 無理しないで・・・
って言っても無理ですね
僕も 見てますからね」


『声 聞けて安心したわ
お休み!
またな』


「うん・・・
お休みなさい・・・」





fin





     

きっと いつもお互いを気にかけてる

そんなことを思って書いてみました

それにしても

2人とも

それはそれは 色々な方々との写真が

た~くさん 上がりますね♪

姿が見れて嬉しいような・・・

東方神起じゃないところにいることを実感させられて

少し寂しいような・・・

ヨジャとの2ショは 羨まし過ぎるから
アップしないでほしいのが本音だけど
心の中で 自分に変換して楽しむことにする


入隊前は こんなに姿が見れたり

情報が 上がって来たりするなんて

全く思わなかったですよね・・・

私のTwitterのタイムラインは

いつも 2人への愛が溢れてる

オツトメ中だなんて思えないくらい・・・

遠く日本から 

いつもいつでも


2人を思っているよ





東方神起完全体まで 

あと 432日!





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_06_12


05  « 2016_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top