FC2ブログ



繝峨う繝・€€繧ソ繧、繝医Ν逕サ縲€竭。_convert_20160609140144





チャンミンは わかりやすい


ヨハンさんが 入ってくるなり かなり挙動不審で・・・


一瞬立ち止まったヨハンさんの視線は俺とチャンミンを交互


誰がどう見たって 少しぎこちないチャンミンの態度は


何かあったのか?と 予想するには十分過ぎた


そんな純粋なチャンミンが 可愛くて


ヨハンさんには バレてもいいや!なんて 気も大きくなった





当のチャンミンはと言うと


聞かれてもいないのに


ヨハンさんに向かって 手話を始めた


その様子が必死過ぎて・・・


ごめん! 笑える!


思わず下を向いて 笑いを堪える俺を


ヨハンさんは どう見たのだろう・・・?





穏やかな陽射しが差し込む午後のひととき


カーテンの隙間から漏れる


細い光に目を細めて 俺を睨むチャンミンが


やはり 絵画のように美しくて


またしても 抱きしめたくなる





”たくさん  お話できたそうですね
お茶の用意ができましたので
食堂へどうぞ”


『ありがとうございます』


”あ チャンミンお坊ちゃま
新しいノートを用意しましょうか?
たくさんお話したら
チョンさんのノートも一杯でしょう?”


「・・・!」


ぷっ・・・


ヨハンさんは意地悪だ!


どうしても 笑いをこらえきれない俺は


さっきよりも 顔がにやけていたに違いない


”チョンさん! あまり笑うと
チャンミンお坊ちゃまが 怒りますよ・・・
普段は冷静で穏やかな性格ですが”


そこまで言うと 俺の近くに寄ってきて 耳元で囁いた 


”意志が 大変お強くて
一度怒ると 口をきいてもらえないんですよ?”


『それは 困りものですね・・・
怒らせないように 気を付けます』


そのやり取りを見ていたチャンミンは


あからさまに怒ったような素振りで ヨハンさんに必死に手話で訴える





ヨハンさんは どこ吹く風と言った風情で


”はいはい 大丈夫ですよ
さぁ お茶が冷めてしまいます
どうぞ こちらへ”


余裕の態度は まるで 


学校の先生が生徒を宥めるようだった





ヨハンさんが 部屋を出た後


ご機嫌ナナメのチャンミンのそばに行って


頬っぺたをつねった


「・・・!!!」


『機嫌直せよ?』


「・・・」


口を結んで 上目遣いで俺を睨むチャンミンは


ダメだ・・・可愛すぎる!





ただ美しい男だと思っていたのに・・・


触れてはいけないような 脆い人だと思っていたのに・・・


ガラスのように 儚くて 繊細な人だと思っていたのに・・・


いや 全てその通りなんだ


けど 生身の人間だということが 俺を喜ばせたのだ


チャンミンという天使を見つけてから 3度目か・・・?


そんな人間らしい一面を発見するたびに


愛しさが増して行く・・・





『チャンミン
笑って悪かった・・・
明日も 会える?』


返事を聞く前に 肩を引き寄せ 


チュッと 軽く唇にキスをした


驚いて 俺を見る目は またウルウルして・・・


『会いたい・・・』


「・・・」


俺を見つめ はにかんで また頬を染める


頼む!


勘弁してくれ!


ザワザワとうるさくなった胸の鼓動


返事は勿論 OKってことだよな?


『行こう・・・』


部屋を出ようとすると


ん?


チャンミンが 俺の長袖のシャツの袖を引っ張った


振り向いた瞬間


チャンミンが ふわりと抱きついてきた


俺の首に 両腕を回して


頬をつけてくる・・・


そのあと 


俺の耳に 生暖かいものが触れた


紛れもなく それは チャンミンの唇


耳の中にかかる息が 俺をゾクリとさせた


繝峨う繝・メ繝」繝ウ繝溘Φ竭「_convert_20160609180443


堪らずに 


チャンミンの唇を奪う


このまま 離れたくない・・・


10秒ほどの濃いキスを 名残惜しく終え


ちゅっちゅっと 啄むような軽いキスで締める





『お茶 飲みに行こう』


「・・・」


声を持たないチャンミンの今の気持ちを 知りたい


おそらく 俺と同じ思いだとしても


その口から


「好き」 だと


「抱いて」 と言われてみたい





”これは チャンミンお坊ちゃまが育てている
薔薇の花びらを使って作ったジャムです”


薔薇を育てるチャンミンが あまりに容易に想像できて


ああ やっぱりこの男は 


俺を惑わせるために 現れたのかもしれないと思った


天使というよりは 悪魔だな・・・なんて


苦笑いをしながら


薔薇の香りを楽しんだ





目の前のチャンミンは


満足そうに 俺を見ていた





     

あら 進まなかったわ・・・

ミアネ






東方神起完全体まで

あと 428日!






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_06_16


05  « 2016_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top