FC2ブログ



WHITE HEAVEN


もう 我慢できなくて


早く早くと チャンミンがせがみ


こんなチャンミン見せられたら もう堪らなくて


指と舌を最大限に使って 早急にほぐしにかかり・・・


たっぷりと ローションを塗り混み


ひくひくと 俺を求めるソコに 


チャンミンを求めて止まない自分の昂ぶりを 押し込んだ


ぎちぎちのその場所に 小さく でも早くピストンを繰り返し


段々と 奥へ・・・


半分くらい入ったところで 一気に最奥へ突き進んだ





『はっ!』


「あああーーーっ!」


チャンミンは 物凄い嬌声を上げ 目をぎゅーっと瞑った


指の色が変わるくらいに ベッドの端を掴み


身体を仰け反らせ 硬直させた


一気に侵入された痛みなのか 


衝撃なのか 


はたまた 快感なのかは わからなかったけれど


切れてしまったんじゃないかと思うくらい


その声は 大きかった・・・





『チャンミン! 大丈夫か・・・?』


心配して 抜こうとすると


「もっと! このまま 抜かないでっ・・・続けてよ・・・」


『痛くないか?』


「痛みなんてない・・・ユンホさん・・・動いてっ」


そうは言われても 心配になり 繋がったところを確認する


確かに そこは いつも通り繋がり 切れてはいない・・・


チャンミンの秘孔は 俺のモノを 根元までしっかりと飲み込み


入口の回りは 溢れた白いローションがまとわりつき


卑猥でいやらしいことこの上ない・・・





天使のような 可愛くて綺麗で美しいチャンミンの風貌からは 


およそ想像もできない光景・・・


チャンミンも 人間で 男なんだ・・・


性的な欲求は 決して抑えられるものではない


独り身で そういう相手のいない男は


自分で何とか処理するか 欲求を晴らす場所へ行くかのどちらかだが


チャンミンの場合は そういうことは許されない立場


俺と付き合う前のことを思うと 気の毒になるが


一人で処理するのと 恋人相手にするのとでは


やはり 感じ方が全く違うのだろう・・・





女性と付き合っていたいたときは どういう風に抱いたんだろうか・・・


いや 今は考えるのはよそう


こうして 素直に欲求を口にしあってこそ 更に気持ち良くできるのだ


2人で 2人のSEX が いいものになるようにできたら最高だ


少しでも 相手の・・・チャンミンの望む通りに してやりたい


少し動くと ぐちゅぐちゅという音が かなり滑りを良くしていることを教えてくれる


大丈夫そうだ・・・





少しずつ動きを大きくしていく


「はっ・・・はっ・・・いい・・・気持ちいい・・・
もっと もっと 来てっ・・・」


『あっ・・・んん・・・あっ・・・
もっと動くよ・・・はっ・・・』


うっすらと 目を開けて 俺を見る目には涙が滲み


開いた口から 赤い舌が 見え隠れする


想像以上のエロさ・・・


俺の妄想の中で 乱れ狂うチャンミンよりも 


実物は 遥かに妖艶・・・


突き上げる度に 喉を天井へ向け


綺麗なフェイスラインを薄明りに晒す・・・


鍛えられた胸を 弓なりに逸らし上げ


その中は 熱くねっとりと俺のモノに張り付いている


隙間もないのに これでもかこれでもかと締め付けて


俺を 何処か遠くへ誘う・・・


意識が飛びそうだ





『チャンミン・・・凄く 動いてる
チャンミンの中が 俺をぐるぐる巻きにしてるみたい・・・』


「ユンホ・・・さんっ
僕の中・・・いい?」


『ああ 凄くいいっ・・・サイコー!
こんな SEX 初めてだよっ・・・』


「僕も・・・なんでだろ・・・
ユンホさんとは・・・何か 違う・・・」


『俺もっ・・・チャンミンは 違う・・・
もう 止められない・・・』


「あっ・・・そこ・・・あっ」


目を見開いて 俺を見る


「キスして・・・」





チャンミンに 重なるようにして その口を荒く塞ぎ


肘をついて 両肩を下から抱え込み 一気に突き上げを開始する


チャンミンの細く長い綺麗な足は


俺の肩の上で 身体とともに 揺れている


後ろだけで 相当な快感を得るみたいで 


チャンミンの前は 俺との身体に挟まったままで


触っていないのに・・・


「イキそうっ・・・」


『ん・・・俺も』


一緒がいい


2人 同じ想いを共有したい


一気にスピードを上げ 止まることなく頂上へ駆け上がる


そこは 未だかつて見たことのない景色で・・・


チャンミンが 俺に見せてくれた景色


こんなの初めてだ・・・


あまりの気持ち良さに 脱力感がハンパなくて


次のマッサージなんて


何処かへ飛んで行ってしまった・・・


俺たちは どこまで行けるんだろう・・・





☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今日も 2人で快楽に溺れて終わりました\(//∇//)\

唯一無二の相手に 出会ってしまったのです

。・゜・(ノД`)・゜・。

本気のマッサージという名の・・・\(//∇//)\

あと数話〜10話以内で

終わりにしたいと思います

季節も変わりつつありますしね♪



東方神起完全体まで

あと 339日!






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_09_13


08  « 2016_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top