FC2ブログ



White heaven 2


ユンホさんサイドよりお届けします





身体に力の入らないチャンミンを


そっと抱えて バスルームへ・・・


バスタブの淵に腰かけさせ シャワーの温度を調節する


お気に入りのボディソープは チャンミンも好きだと言った香り


座らせたまま さっと流して・・・


まだ ボケーッとしているチャンミンは 大人しい


叱られた子供みたいだ・・・


手で身体をなでると さっきまでの妖艶な姿が蘇り


身体の中心に力が入る・・・


チャンミンは 明日も午後から仕事だ


ここで 無茶はシャレにならない・・・


最後までしなくても あちこち触っていたいけど


チャンミンの仕事や立場を考えたら ここで理性をなくすわけにはいかなかった


こんなところで 持ち前の我慢強さが発揮されるとは 皮肉なもの・・・





俺が チャンミンを洗っている間も


自分の身体を流す間も


無言のまま じーっと見つめてくるチャンミン・・・


『チャンミン・・・恥ずかしいから そんな凝視しないで・・・』


「ユンホさん・・・カッコ良くて・・・」


『えっ?』


「今日 凄く・・・凄く感じちゃって・・・」


今 このタイミングで言うか?!


『わかってる・・・いつもと ちょっと違ったよ
チャンミン・・・』


「何でかな・・・後ろからだったからかな?
それとも・・・」


『・・・?』


一瞬下を向いた顔を上げて まだ潤んだ瞳のまま・・・


シャワーの音が 妙に大きく響く


「独占欲・・・かな・・・?
ユンホさんは 僕だけのもの・・・って」


『何言ってんだよ・・・とにかく良かったってことだろ?』


「・・・ん」


『俺も・・・抱くたびに思う・・・
チャンミンは 俺だけのものだよな・・・って』


ああ なんて嬉しそうな表情をするんだ・・・


うっとり見つめられて・・・思わず抱きしめた





生まれたままの姿で 普段隠しているところまで全部見せあって


身体だけじゃなくて 心も見せあって


俺たちは 繋がっていると 確認し合った時間





2人でするSEX は いつも最高だ


身体で 愛を確かめられる時間が 少しでも増えればいいのに・・・





『疲れたんだろ・・・? ぐったりしてる』


「ん 今日はぐっすり眠れそう・・・」


『じゃあ ベッド行くか?』


「帰らなきゃ・・・」


『無理だよ・・・』


「でも 明日 マネージャーが迎えに来るから・・・」


『午後だろ? 送ってくよ
そんなふらふらな身体で 帰れるわけない』


「そ・・・だね じゃあ もう寝る」


『あ・・・肝心なところ 洗ってない』


かなりダルそうなチャンミンを


ずっとバスタブの淵に座らせたままだった


チャンミンを 俺に抱きつかせるようにして 抱え


そっと バスルームの床に手を着かせた


「ゴム してたでしょ? 大丈夫だよ・・・」


『だーめ! ちゃんと綺麗にしないと・・・』


「えっ? ヤダよ こんな格好!」


膝もついているから 自然に四つん這いだ


『ちょっと我慢して』


シャワーを チャンミンの後ろに当てて 有無を言わさず指を入れた


「あっ・・・えっ? あ・・・ダメだってばぁ・・・んっ」


ダメと言う割には


さっきまで 感じに感じていた後ろのこと


するつもりもないのに 妙に色っぽい声を出されて固まる・・・


言うことを聞かない俺の指が悪いんだ


洗っているのか おふざけなのか わからないけど


指を動かして チャンミンの中を綺麗にする


シャワーで 軽く流し 


見れば チャンミンの前は ぐんと勃ちあがり


目を閉じ 気持ち良さそうだった


良し! ついでだ・・・


指の腹で 一番感じるスポットを


擦り続ける


「ああっん ユンホさん・・・
ダメ・・・ですっ・・・あっ」


チャンミンは イッたようで


床に白くて 濃いものが 飛んでいた





『ちょっと待ってて』


ガクガク震えてるチャンミンをそのままに


俺は一度 部屋に戻る


汚れたままのシーツを 取り換えるため・・・


愛しあった名残りを 色濃く残したシーツを


大慌てで洗濯機に放り込み 新しいシーツをセッティング


マットレスに乗っかってりゃいい・・・


チャンミンを大雑把に拭いて


腰を支えながら歩く


半濡れのままのチャンミンをベッドへ移し


俺もまた 隣に・・・


喉が渇いたというチャンミンには 口移しで水を飲ませ


飽きたらず 身体中を触り   


後ろから 抱きしめて 目を閉じた





こんな時間を


幸せと言わずして 何を幸せと言うのだろう・・・





☆ ☆ ☆ ☆ ☆

皆さまは 落ち着かれましたでしょうか?

いやぁ・・・凄かったですね! 昨日のネタバレは・・・

夜になっても止まらない親切なネタバレ・・・

勿論もう発売されているのですから

喜んで拝見させていただきましたよ~


チャンミンは 43Pも 裸だとか・・・

DVDやら 二人のお手紙の和訳まであげてくれて

息苦しかった・・・


もうコレ アカンやろ・・・的なレベルのもののオンパレードで

僕たち愛し合ってるんだもん いいでしょ?

もうすぐ 離れ離れなんだから 大目に見てよ・・・


とでも言いたげな・・・

随所に漏れてて・・・ね・・・♡

隠すつもり 全くないでしょ?

撮影用の表情だからとか 何とでも誤魔化せるし言い訳もできるからねー

でもね・・・

どうして あんな優しい顔で お互いを見るんだろう・・・?


泣けてきたし・・・

ムエタイ(タイ式ボクシング)のリングの上で 

グローブをしつこく ねっとりゴッツンコさせてる動画に 胸の鼓動が早くなったし


やっぱりこの2人には 2人だけの世界があるって確信しました!

それでもって 意地でも上半身を出さないユノのおっぱいは 

ぷよぷよしていて 出せないからじゃなくて

チャンミンが 意図的に 隠してるような気がして仕方ない・・・


俺だけのものだから・・・♡ って・・・

撮影したお部屋は プール付きのスィートルームで

ベッドは キングサイズが一つだけのお部屋なんですって!

きっと その部屋に2人で泊まったのよね ← 強い願望


早く見たいよ~写真集♡





東方神起完全体まで

あと 322日!






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_09_30


08  « 2016_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top