FC2ブログ



色あせぬ想い出 ②+使用画像_convert_20160418143420


ユンホside





懐かしいな・・・


素直にそう思う


いつもなら 夏休みでも 


グラウンドには夕方まで部活の生徒の元気な声が 響き渡っているはずだ


でも 何故か 今日は静かだった





”ユノ お前 卒業してから 来た?”


『いや・・・初めてだ 変わってない』


「そう言えば 夏休みは先生方は何かの会議で出張があるって言ってました
だから 部活も少なかったんだと思います」


『ああ そっか・・・毎年そんなことあったっけな・・・
じゃあ 校内も もう静かだな きっと・・・』


”先生いないと 残念だけど
ちょっと 入ってみるか?”


『いいな! 入ろう・・・』


部活もない 夏休みの学校内は 静かだった





入口で 用務員のオジサンに挨拶する


”君たち 確か卒業生? あ チョン君にイ君・・・
覚えてるよ・・・人気者だったからね・・・
今日は生憎先生方は 殆ど不在なんだよ”


用務員さんは 懐かしそうに俺を見た


「ちょっと 先輩たちと一緒に教室とか 見て回ってもいいですか?」


”シムくんじゃないか いいよ
帰りに また 声をかけてくれ”


「はい じゃあ行ってきます」





現役高校生のチャンミンの信用で 俺たちは校舎の中を


ゆっくりと 見て回ることができた


『あー これこれ懐かしい! まだあるぜ』


”何々?”


ここは 3年生の教室


そう・・・今年の春まで 俺がいた教室・・・


チャンミンは 2年だから まだここに入ったことはないはずだ


ウキウキと近寄ってきたドンへの表情が固まる


”えっ・・・こっこれ・・・”


『お前なぁ こういうことしてるから 勉強に身が入らなかったんじゃないの?』


ドンへは 希望の大学には入れず


少し ランクを下げたところで 手を打ったのだ


ドンへが使っていた机


「あっ・・・ドンへさん・・・こんなこと書いていたんですか?」


”わーわーわー! 見るな見るな! チャンミンまで!”


慌てて手で各層としたのは カッターで掘った落書き


俗にいう相合傘ってヤツ・・・


ドンへ & スヨン


ドンへに 卒業時彼女がいなかったことを知っている後輩に


この人にフラれましたって言ってるようなもんじゃないか・・・


ほんとに コイツは・・・





真っ赤になるドンへ


『スヨンちゃんよりも可愛い子 大学にいないか?
焦らずに探せ! お前の良さ きっとわかってくれるコいるからさ』


”ユノはいいよなー
片思いとか したことないんだろ?”


『チャンミナには 片思いになるかと思ったけどな・・・』


俺が座っていたという席に さっきからずっと座りっぱなしのチャンミンが


チラッと 俺と目を合わせる





「ユノヒョンは ここで授業を受けていたんですね・・・」


”チャンミナ・・・机なんて変わってるかもしんないぞ”


「そうですね・・・えへへ でも 嬉しいんです
ヒョンが ここでこんな景色を見ていたんだな・・・って 思って」


隣りに腰を下ろす


『チャンミナも 来年は この教室を使うかもしれないな』


「うん・・・ユノヒョンと同じ席がいいな・・・」


少しだけ開いていた窓から 夏の香りを纏った生暖かい風が


俺たちの身体を掠めていく





『なんか いいな・・・高校生』


少しふんわりとした 髪を撫でれば


「もっと 一緒に通学したかった」


『すぐに追いつくさ』


「大学生は 大人だね・・・
僕は まだ子供だ」


『後1年ちょっとで 大学生だろ?
そうしたら 同じだよ・・・
早く大学生になれ 待ってるから・・・』


「そうだね ユノヒョンに追いつくために 一生懸命勉強しないと!」


俺を見て 微笑むチャンミンの髪から 頬へと 手を移動させた





”はい! そこまでー!”


『・・・!』


「・・・!」


”お前ら また イエローカードだ 
俺がいること 忘れてるだろ?
このまま 放っといたら ブチューッ!って おっぱじめるつもりだったな!”


教壇に立って 黒板に置いてある棒で 俺たちを指して睨むドンへ


『ああ・・・その通り お前 邪魔!』


「ユッ・・・ユノヒョン・・・!
ドンへさん! そんなことないです!」


”チャンミナ~! 気を付けろよ?
美しい小鹿を襲う 獰猛な虎が このあたりにいるらしいから”


「・・・」


またまた 赤くなるチャンミン・・・


このまま 抱きしめてしまいたい





そのとき ドンへのスマホが音を立てた


”あー悪い! ユノ! 母ちゃんに買い物頼まれた
悪いけど 先に帰らせてもらうわ!
また 連絡する じゃあ チャンミナ! 元気でな?
また 冬休みにでも キュヒョンも呼んで4人で会おうな~”


そそくさと 教室を出ていった


『アイツの家は 姉弟が多くて 食料が足りないと 
すぐにドンへが買い物を頼まれるんだ
迫力のあるお母さんには 頭が上がらないらしい・・・』


くすっと笑うチャンミンの笑顔の威力たるや!


何処かへ連れ込みたい





『チャンミナ 他も見て回ろうぜ』


「はい」


ドンへが帰ったのをいいことに 俺はチャンミンの手を取る


一瞬 ビクッと震えたけれど そうっと握り返してきた


繋がれた この手から伝わる温かさ


理科室や家庭科室など 懐かしい教室を 


2人で手を繋いだまま 覗いて回った





殆どの教室には鍵がかけられていて 中には入れず


体育館へ向かった


俺が 初めて チャンミンを見た あの体育館だった・・・





☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

今日はさらっとした巻物で♪
283日_convert_20161108012035

帽子が可愛いユノ♪
ユノ163日_convert_20161108012100

寒~い冬は 2人一緒に巻き巻き💛
2人283日_convert_20161108012136

チャンミン 体調治ったかな・・・?



東方神起完全体まで

あと 283日!






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_11_08


10  « 2016_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top