FC2ブログ



タイトル画 第三幕_convert_20161122171129


チャンミンside





3年生になると 授業もぐんと難しくなり 


学校でも 大学受験に向けての体制が取られるようになった


早朝補習や放課後講習など


塾に通い出す者に 家庭教師をつける者


夏の引退までの部活に精を出す者


今までとは 少し違う高校生活のサイクルが出来上がっていった





僕はと言えば・・・


塾には行かず 学校の講習を最大限活用し


部活のない日は 最終下校時刻まで 図書館で勉強した


わからないところは 先生に聞く


更にはネットで授業を受けられるサイトに登録したりして


僕は僕なりの勉強の仕方を模索していった





部活は週2日に抑え 


夏の市大会を引退試合に見据え


ゲーム形式の実践練習を主に 練習時間を費やした





文系を目指す親友のキュヒョンとは


クラスも違う上 選択科目がまったく重ならないばかりか


部活や塾の曜日もズレて


今までの半分も話せなくなった


そしてそれは ユノヒョン相手にもおなじことが言えた





大学2年になったユノヒョンは 相変らず授業が忙しいのと


サークルの集いに 夜は 飲み会に誘われて


帰りが遅くなる日もあり 


直接 その声が聞ける日が どんどん減っていった





寂しかった・・・


でも 僕は 我慢した


周りの環境が少し変わったせいで


同級生の話題も 少し変わったからだ


ゲームの話題に加え 受験の話題が多くなった


少なくなったのは 男女の話・・・


あんなに興味津々だった つき合うつき合わないの話題が


急激に減ったのは 


希望進路別に文系理系にクラスが分かれ


初めて同じクラスになった同級生も多く 


まだそこまで打ち解けてないということが 一番の大きな理由だと思う


そして もう既にカップルになっている連中も結構いたのだ


そんなこんなで そういう浮足立った話題が減り


色恋の話は 少しだけ秘密めいたものとなっていた


目の前で 彼女がどうとかいう話をされると


ユノヒョンに逢いたくてたまらなくなるし


チャンミンはどうなの? なんてそれこそ興味津々に聞かれるのも


正直 鬱陶しかったから


僕にとっては 好都合と言えたのだ





キュヒョンは 彼女を作ることを諦めたのか


結構真面目に塾に通い


部活も減らして 真剣に将来を見据え出した


2年生の時の 国語の先生に赤ちゃんができて


来月から育児休業に入ることを 知らなかったくらいだから・・・


噂好きのキュヒョンが知らないことを 僕が先に知ってるという


摩訶不思議な逆転現象まで起きていた


別に 僕は他人の話題を好んで聞き出しているわけではなく


お昼のお弁当の時間などに 自然に聞こえてくる程度


だから 余計にキュヒョンの変身ぶりに 驚いた


それは 僕にとって とてもいいことだった





親友が 志望校のレベルを引き上げてスパートをかけている


それだけで 受験へのモチベーションもあがるというものだ


恋人に逢えなくてもなんのその!


勉強に集中している間に限っては


大好きなユノヒョンの存在を忘れていられる・・・


キュヒョンのおかげで だいぶ気持ちが助けられているということに


キュヒョンは おそらく気づいていないんだろうな


そんな親友の存在を有り難く思い


僕は ユノヒョンの大学に合格できるよう


自分なりに 頑張った





妹のハナも 親に言われたのか


受験モードの僕に気を遣っているのか わからないが


ウルサイくらいに聞いてきたユノヒョンのことも


めっきり 口に出さなくなった・・・





気づけば 3年生になってから 1度しか ユノヒョンに逢えていない・・・





毎日 簡単なメッセージのやり取りくらいはしているけれど


次に逢うのは 一体いつになるんだろうかと


毎晩 湯船に浸かって ふと考えたりするようになった





いくら 勉強が嫌いではないと言っても


やはり 青春真っ盛りの僕は


寝る前に ユノヒョンを想うと


その優しい眼差しや 低くセクシーな声


僕を撫でる温かい手や


情熱的なキスを 思い出して


1人 悶々としてしまう・・・


愛しているんだから 愛しい人に触れたくなって当然


目を閉じて ユノヒョンのことを夜な夜な想う・・・





集中して勉強を終えた日は


日付が変わるころ ベッドへ潜り込むと


僕の手は 自然とパジャマの中へと滑り込み


その先の下着のゴムの中へと入っていく・・・





既に形を成して 固く勃ちあがったソコを一人で慰める


「あっ・・・ユノヒョン・・・んっ」


真っ暗な自室に 聞こえるのは 僕の掠れた小さな声


ユノヒョンを想えば あっという間に昇天し


手を汚すのだった・・・





☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今日も寒いですね!

今日は 空港チャンミンの秋冬 ver. で大好きな写真を♪

265日_convert_20161126095116

このときのユノのニットは 遠目に見ると 

赤ちゃんのスタイをつけているみたいに見えましたよね!

ユノ145日_convert_20161126095135

2014年のファンクラブイベントは11月でしたよね♪

このジャージを着て ステージで大縄跳びしてた!

2人265日_convert_20161126095150



東方神起完全体まで

あと 265日!






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_11_26


10  « 2016_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top