FC2ブログ



タイトル画 第三幕_convert_20161122171129


チャンミンside





『チャンミナ・・・顔 見せて?』


「ん・・・?」


『はぁ・・・可愛い』


「ヒョン 僕は男だよ?
見た目が女っぽいのかな?って思うと
あまり嬉しくないんだけど・・・
ヒョンに可愛いって言われるのは 嬉しい・・・」


『当たり前だよ
俺が可愛いなんて思うのは お前だけなんだから』


またまた 大好きな優しい黒い瞳が近づいてくる


「んっ・・・んあ・・・」


『ん・・・』


少しずつ 音が大きくなって その湿ったリップ音に


僕の煩悩が 刺激を受ける





唇を離して おでことおでこをくっつける


そして 僕は ヒョンの唇めがけて舌を出した


いつも 少しだけ 開き気味のヒョンの口 


難なく侵入することができた僕の舌だけど


目を閉じて ぐっと顔を寄せた僕の頬が 


急に大きな手で包まれた状態で 後ろに押された


えっ?


これから というところで


ヒョンが 僕を離したんだ





『チャンミナ ここまで!
今日は ダメだよ・・・』


「ヒョン・・・どうして?」


『お母さん いるだろ?』


「大丈夫だよ 部屋には勝手に入ってこないし
キスくらい いいでしょう? して?」


『ダメだって・・・今日は我慢して?』


「したいのに・・・」


『まずいよ もし バレたりしたら・・・
逢えなくなったりしたら 元も子もない』


ヒョンは 僕を再び抱きしめると


髪を優しく撫でながら 耳元に囁いた


『お願い わかって?
せっかく 堂々と逢えるようになる礎ができたんだから・・・
これからの2人のためにも 我慢するところは我慢しないと』


「わかってるけど・・・
でも もう少しだけ・・・」


僕は どうしても ヒョンの唇が欲しくて


ヒョンの首に腕を回して 一方的に口づけた


舌を入れ込もうとする僕を ヒョンが必死で制する


唇は 頑なに結んだまま


僕の熱い欲望の侵入を拒み続ける


それに ヒョンが本気で グイッと僕の肩を押せば


簡単にはがれる高校生の細い僕


『お前な・・・』


「ヒョン どうして?」


『わかれよ・・・』


目を瞑って フーッと 大きなため息を漏らしたヒョンが


僕の手を ヒョンの股間に持っていった・・・





「あっ・・・」





そこは Gパンのファスナーを破らんばかりに固く張りつめていた


固いデニムの生地の上からでも 手を置いただけで十分にわかるくらいに


形を変えたものが 押さえつけられていたのだ





「ヒョ・・・あっ」


ヒョンのもう片方の手が いきなり僕の股間をぐいっと掴む


横に並んで座り 抱き合っていたから わからなかったけれど


ヒョンのモノは このままコトを致しても大丈夫なくらいだったし


かく言う僕の分身も コットンパンツを押し上げていることが十二分にわかるほど


形を成していたんだ


「ヒョン・・・ダメ・・・手 離して」


だって 僕のコットンパンツは ベージュなんだから・・・


これ以上感じたら 沁みができちゃう


右手を ヒョンに掴まれて ヒョンの股間にくっつけられたまま


僕の股間は ヒョンに触られその手首を離そうと掴んでいても


ヒョンは 僕の股間を ズボンの上から大きく握りこむ・・・





『わかっただろ・・・?』


「・・・」


僕は 今 盛大に赤いはず


『これ以上すると 俺 我慢なんてできなくなっちゃうんだよ
今だって ここで チャンミナを裸にして覆いかぶさりたいんだから・・・』


「ヒョン・・・どうしよ・・・」


そんなことを言われたら 僕だって 今 シタイ


本当は このズボンを脱ぎたい


ヒョンに 直に触ってほしい・・・


その先も 本当に シタくて堪らない


『明日 来るか? うち』


「うん・・・行きたい」


『しょうがないな・・・俺もお前も』


ヒョンは そういうと 苦笑いを浮かべて


僕の耳に唇を寄せた


『じゃあ 明日シような?』


熱い息とともに囁かれた言葉で 僕の股間は更にピクンと反応を示す・・・





泣く泣く 離れ 頭をぶんぶん振って 不埒な考えを払拭しようと試みるも


どうしても目の前に この人がいる限り


僕は そういうことをシタくて堪らなくなる


やっぱり 盛りのついた若者なんだな 僕は・・・





『チャンミナ 少し勉強見ようか?』


急に真面目になったヒョンが可笑しい


「うん お願いします 
少しは勉強してるふり しないとね」


テキストを広げたところで 





コンコン!





えっ?!


”チャンミン! ユンホさん!
おやつはいいのかしら?”


「さっき買ってきたコーラがあるからいいよ」


僕は ドアを開けずに答えた


”美味しいお菓子があるわよ”


「お昼 食べすぎたから 後でもらうよ」


いいよね ヒョン? というように目で合図をすれば


コクンと頷くユノヒョン


はぁ・・・焦った





『ほらな? だから言わんこっちゃない』


ユノヒョンの言う通りだ


突然のノック音に 心臓が一瞬止まったんじゃないかと思うくらい


ドキンとしたのは事実


油汗で べったりした額を手の甲で拭い


下を見れば さっきまで元気に暴れ出しそうになっていた僕のモノは 


大人しく 定位置に収まっていた


ヒョンも そうだよね・・・





やっぱり 2人きりになれるヒョンの部屋がいいな・・・


心の底から そう思った





☆ ☆ ☆ ☆ ☆

空港巻き巻きチャンミンは 今日で終わりにします♪
259日_convert_20161202100053

またまたオーラ全開の格好いいユノ♪
ユノ139日_convert_20161202100025

2人のサジンは ケチミ婚💛のもの

2011年に再始動してから 母国での初めての単独ライヴは 2012年11月でした

それから Catch Me の World Tour で世界を回ったんですよね

この写真は確か L.A だったかなぁ ← あやふや

Humanoids の2人
💛
2人259日_convert_20161202095958





東方神起完全体まで

あと 259日!






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2016_12_02


11  « 2016_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top