FC2ブログ



タイトル画 第三幕_convert_20161122171129


ユンホside





俺の腕の中に その華奢な身体を包み入れ


力の限り ギューッと抱きしめた


身動き一つしないチャンミンの手が 俺の背中に回ったのは


何秒だってからだっただろうか・・・?





ああ この感覚


この匂い


この肌の感触・・・


長い首筋に 顔を埋めれば


それだけで もう 離せなくなる・・・


今 どんな表情をしてる?


諦めに似た表情で ぼーっと宙を見つめているか


ぎゅっと瞳を閉じているか・・・





そっと身体を離し


見た顔は 全くの無表情だったのに


じっと見つめると


チャンミンは 少し目を細めた


「ヒョンの目は 黒いね・・・
そして まっすぐ」


お前の優しい囁き 久しぶりに聞いた気がする


見つめあい お互いの頬を包み 


チャンミンが 鼻をすすったのを合図に


俺たちは 同時に 噛みつくような激しいキスを交わした


そのまま ベッドに引きずり 押し倒し


服を脱がせ合い


俺たちは 本能のままに 身体を貪り合った





「ヒョン・・・ああっ・・・」


『チャンミナッ・・・あっ』


チャンミナを咥えるのもそこそこにして


ここぞとばかりに 俺のをチャンミナの口に突っ込んで


どんな顔をして 俺に応えるのか


意地悪なほどに 見つめ続けた





大きな瞳に 涙を溢れさせ


それでも 俺を見つめながら


俺が 動くたびに 顔を歪め


勢いあまって 深く入れると


「うっ・・・ぐっ・・・」


目をぎゅっと閉じて 苦しさに耐える


チャンミナ・・・


俺さ お前のそんな顔さえ 好きで好きで堪らないんだよ


もっともっと 色々なチャンミナを知りたかったよ・・・





何度も チャンミンの口で動かしたモノを スッと引き抜くと


ゴホゴホッと チャンミンがむせる


ごめん・・・


今度はまた 俺がチャンミナを口に咥え


指は 最後の砦に侵入させていった





汗と涙と感じてる証拠で ぐちょぐちょの身体


それでも お互いの身体が欲しくて欲しくて・・・





あっという間に繋がった身体


涙を流しながら 俺に突かれ 


少しかすれた声で 妖艶に啼き


貪欲に 俺に応えるチャンミン


仰け反ったときの喉元


俺だけが 聞くことができた喘ぎ声


熱い息を漏らし 感じる切ない表情


全てが 俺のものだ


いつまでも 俺の


俺だけのものだったはず・・・





お前の身体に 俺を刻み 


忘れることのないよう 痕を残す


これでもか これでもかと


何度も ドライでイったチャンミンを攻め続けた


とんでもなく感じて 


俺のモノは 萎えることなく チャンミンの中で 膨れ続け


形を成していく


瞬間的に意識を失っては 取り戻すチャンミンを


それでも離してやれず


繋がったまま チャンミンのモノを扱き 


最後に白い欲望を吐き出させてやった


ブルッと震えて痙攣したようになるチャンミンが


このまま 意識を失って戻らなければいいのに・・・





こんな SEX 二度とできないのではないかと思うくらい


感じ続けた 激しい交わり・・・


こんなに切ない想いで


身体を重ねることは もうないだろう・・・





途中 何度も


愛してると 叫んだ2人だったが


コトを終えたあと


暫く繋がったまま抱きあっているうちに


言いようのない淋しさと不安が


津波のように押し寄せてきて


俺は 堪らず


跳ね退けるようにして チャンミンから離れた





絡まった視線


このまま口を開いたら


また引き留めたくなってしまう・・・





すぐさま チャンミンに背を向け


毛布にくるまった俺を


チャンミンは どんな想いで見ていたのだろう





ここで 少しでも動いたら


俺は きっと お前をめちゃくちゃにしてしまう・・・


身体の奥深くから チャンミンを求めて止まなかったこの3年は


決して 短くなんかない


初めての本気の恋


自分よりも大切に思う相手に巡り合えた奇跡


愛しさや好きが溢れて


自分でも抱えきれなくなった チャンミンへの想い





チャンミンが服を着る気配を 背中ではっきりと感じながら


早く 出て行ってほしいと願った


今なら


まだ・・・





服を着終えたのか 音がしない


怖いくらいの静寂の中


情事の名残りを残したまま


チャンミンは 部屋を出て行った・・・





最後に 


「ユノヒョン・・・元気で・・・」


そう 一言残して・・・





少しずつ 遠ざかる ゆっくりな足音


心臓を 引きちぎられるような思いで


俺は 寝たふりを続けた





『チャンミナもな・・・』


俺の力ない言葉は お前の背中に 届いただろうか・・・





     

お話の2人にちなんで

今日は 涙にしてみました・・・

200日_convert_20170130083320

ユノ80日_convert_20170130083352

2人200日_convert_20170130083257



明日は 最終回です・・・





東方神起完全体まで

あと 200日!






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2017_01_30


12  « 2017_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top