FC2ブログ



タイトル画①_convert_20170202165653


”ごめん! チャンミン・・・
なんか つい・・・”


「いいよ キュヒョナ 僕が最初から行けば良かったんだし
ミノ 怖かったろ? ありがと!」


”ヒョン・・・大丈夫?
なんか あの人 凄みがあるっていうか・・・
黙っていると 俺様オーラが凄くて 
萎縮しちゃう感じなんだ”


「きっと 何か 勘違いをしているんだよ
行ってくるよ」





チャンミンは お店の中でも一際目立つ


少し変わったお客様の元に 歩いて行きました


そのとき 他にもお客様が入店してきたせいで


チャンミンという男と ユノ様のやり取りは


その後 誰も見ていなかったのです・・・





「あの・・・僕に何かご用ですか?」


『・・・』


何も言わず じーっと見つめられて


チャンミンは 少し ドキドキしてしまいました


「あの・・・?」


『あ・・・いや 済まない・・・』


転んだ時に 手を差し伸べたスマートな立ち居振る舞いを見せた人と


今 頭を掻いて 照れくさそうな苦笑いをしているこの人が


同一人物?


良く見ると めちゃくちゃカッコいい・・・


でも キュヒョンが言ったように 言葉使いも変だったし


この風貌で いちごシェイクを頼むくらいだから


やっぱり 少しオカシイ人なのかも・・・


気をつけなきゃ・・・


チャンミンは 少し怪訝そうな表情を見せて


ユノ様を 見つめ返しました





僕は よく お店のお客様に手紙を渡されたり


連絡先を聞かれたり 待ち伏せされたりするから


キュヒョンやミノに心配をかけないようにしないと・・・


そんな風に思いました





そうなんです


チャンミンは とても美しく


愛くるしい笑顔と


物静かで出しゃばらないのに とても頭が良く 


誰にでも優しくて モデルみたいなスタイルを鼻にかけないところが


大人気だったのです





ところが


目をハートにして見つめる女のコもたくさんいたにも拘わらず


チャンミンが あまりに素敵すぎて


声をかけることができず みんな 遠くから眺めているのが精一杯!


オーダーをする際に 一言二言話せるだけで


天にも舞い上がるような気持ちになるので


女のコからの告白は 数えるほどしかされたことがなかったのです





では 誰に声をかけられるのか・・・?





実は チャンミンを狙う人間の殆どが


男性だったのです


その事実を除けば


キュヒョンもミノも チャンミンに対して


心配ではなく 羨望の眼差しを向けていたことでしょう





でも チャンミンにとっては それで良かったのかもしれません





男性に告白されたり 突然キスをされたりということに


少々慣れていたためか


ユノ様に対しても 大して臆せずに相対することができたのです


それが 良かったのか悪かったのか?!





結果的には


ユノ様との出会いは チャンミンの運命を大きく変えてしまうことになったのです





「あの・・・あなたですか? 
僕のことをバンビと言ったのは・・・」


なかなか喋ろうとしない人に


チャンミンの方から話しかけました


『俺のバンビ・・・』


「はっ?」


『やっと 見つけた・・・
俺のバンビ・・・』


「どうして 僕がバンビなのですか?」


表情を崩さずに はっきりとした口調で聞きました


『私は ある国の王だ・・・
まず 自己紹介をしよう!
名乗らず悪かった
私の名前は ユンホだ
国民は 皆 ユノ大王様 またはユノ様と呼ぶ
そなたは チャンミンというのか?』


「はい・・・チャンミンと言います」


返事をしたものの


自分が王だとか そなたとか


あまりに 現実離れした話をするユノ様に


チャンミンの警戒警報は MAX に鳴り響きました





この男 正真正銘の危険人物!


カッコいいのにもったいない


チャンミンは 今まで自分に言い寄ってきた


数えきれないほどの男たちの中でも


群を抜いて 危険度 イッちゃってる感の高いユノ様を


真剣に 断らないと大変なことになると確信し


一切の期待を持たせないように


お店の一店員として 対応するようにしようと決めました





「お客様 私はチャンミンで バンビではありません
いちごシェイク 美味しいですからどうぞお召し上がりください」


カッコいいなんて 思ったことを取り消そうと思い


さっさと 立ち去ろうと後ろを向いたチャンミンの手首を


ユノ様は ガシッと掴んだのです


かなり強い力で・・・


そして 驚いて振り向いたチャンミンに


ユノ様は こう言ったのです





『チャンミンは 間違いなく俺のバンビだ!
やっと見つけた 俺の・・・』


「・・・」


『俺のものになってくれ』


瞬時に立ち上がり 掴んだ手首を引くと


固まるチャンミンを ぎゅっと 抱きしめたのでした





     

今日のカウントダウン!

可愛い💛
191日_convert_20170208014441

カッコいい💛
ユノ71日_convert_20170208014509

いい加減 俺に靡けよ・・・💛
2人191日_convert_20170208014421





東方神起 完全体まで 

あと 191日!




これからもお付き合いくださる方!
応援お願いします♪




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2017_02_08


01  « 2017_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top