FC2ブログ



タイトル画①_convert_20170202165653


”ユノ様 気持ち悪いです”


『うるさい!』


”慣れないことは なさらない方が・・・”


『だから こうして練習しているのだろう?』


ホテルの部屋で ユノ様は 


シウォンとかいう男がしていた投げキッスとやらを


練習していました





『地球の男たちは 好きな相手にこういう仕草をするのだな』


いつも 雲の上から 地球の暮らしを観察していたとはいえ


投げキッスまでは 知らなかったのです


シウォンのそれは かなり手慣れた感じで


いとも簡単に 投げキッスをするシウォンが


少しだけ 羨ましく感じたのです


チャンミンに向けて 同じことをしたら


どんな反応を示すか・・・


どうしても試してみたくなり


夜 鏡の前で 投げキッスの練習をしていたのでした


『もう少し練習する
お前たちは もう休め』


”そうはいきません”


”私たちは ユノ様のお世話係や護衛でもありますが
監視係も役目もあるのです”


『だったら 黙ってろ!』


ひたすら練習するユノ様


始めのうちこそ 不慣れでぎこちなかった動作も


そこは モテモテ自信家のユノ様のこと


暫くすると かなりサマになってきました


”ああ 今の! いい感じです!”


『そうか?』


”そうそう! そんな角度がいいです!”


『だろ?
よし! これで行くぞ!』


早く寝たいドンへ公とイェソン伯は ユノ様を褒めちぎって


さっさと寝る作戦に出たので


ユノ様は 上機嫌で 無事にベッドに入ることができました


『さて 明日は実践に移すのみ!』


ユノ様は 今度こそ チャンミンを堕として見せるぞ!と


たいそう気分よく眠りについたのでした





さて 狙った獲物は逃がさない 自信家で嫉妬深いユノ様でしたが


チャンミンに対しては かなり手こずっている様子


実は そんな息子の姿を


雲の上から 母上様は全部見ていたのです・・・


頑張りなさい!と離れたところからエールを送り続けました


狙った人を 堕とすことができたなら


チャンミンを 王国に迎え入れようと


ユノ様との結婚に賛成しようと 心を決めて・・・





「いらっしゃいませ」


ああ 1日ぶりに聞く愛しいバンビちゃんの声・・・


しかし くるりと 振り向いたバンビちゃんは 


明らかに 落胆とも取れる表情を浮かべ


真顔になってしまいました


「こちらのお席へどうぞ」


笑いもせず ユノ様を空いていた真ん中の席へ案内しました


ユノ様は 今日は投げキッスを決めるぞ!と 


少しばかり緊張の面持ちで 腰を下ろしました


「いちごシェイクでよろしいですか?」


オーダーまで 覚えられていることに


内心 ほくそ笑んで 立ったまま


『今日は チョコレートドリンクにしよう』


と言ったのです


チャンミンは 少し驚いて 


キョトンとした顔で ユノ様と目を合わせました


「かしこまりました
チョコレートドリンクですね」


少し 微笑んで オーダーを繰り返したチャンミンを見て


『今日も可愛い そして相変らずバンビだ』


「どうぞ おかけください」


少しおかしい人だと 思い込んでいるせいか


ユノ様の言葉は 完全に無視したチャンミンに


ユノ様は 


『YES!チョコレートドリンク!』


大きな声で オーダーを口にし


昨夜練習を重ねた 必殺投げキッスを


すぐ目の前のチャンミンバンビに してみせたのです! 





”きゃあ!”


”見た?今の カッコいい~”


”どっちにする?”


もともとが 端正な細い顔


切れ長の目元が涼しげで


品のある ユノ様ですから


このお店の常連の女性たちの間でも


いつしか注目の的になり


チャンミンとのやり取りを たくさんの女性が眺めていたことは 


本人たちはつゆ知らず・・・


チャンミンもユノ様も 注目の的!





元々素質があったのでしょうか


ユノ様が チャンミンに見せた投げキッスは


人指し指と 中指を巧みに使い


それはそれは カッコ良く スマートに決まったのです


ドンへ公たちも 驚くほどカッコ良く


思わず 耳元で 


”バッチリです!” そう言っていました





当のチャンミンはというと・・・


ユノ様を見たまま 固まっていました


数秒の沈黙のあと ハッと我に返ったように


何も言わず 背中を向けたのです


でも その耳が赤くなっていることに 


キュヒョンだけが 気づいていたのです





ユノ様は たいそう満足で


今日こそは もう一度ちゃんと口説こう


そして プロポーズしよう


強く決めたのでした





チョコレートドリンクを運んできたチャンミンに


『今日は何時に仕事が終わる?』


「・・・」


『待ってるから 私と話す時間を持ってくれ
大切なことなんだ』


「・・・」


『頼む!』


ユノ様の真剣な眼差しに


「では 一度だけ お店の前で
立ち話でいいですか」


『逃げるなよ』


「男です 約束は守ります
手短にお願いします」


相変らず笑いもせずに答えたチャンミンでしたが


ユノ様は 胸の奥で ガッツポーズをして喜んだのでした





     

今日のカウントダウン!

187日_convert_20170212012451

ユノ67日_convert_20170212012516

今日はホミン❤️真ん中バースデー♪
2人187日_convert_20170212082157





東方神起 完全体まで 

あと 187日!




これからもお付き合いくださる方!
応援お願いします♪




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村





スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2017_02_12


01  « 2017_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top