FC2ブログ



タイトル画①_convert_20170202165653





”ようこそ 東方王国へいらっしゃいました
あなたが チャンミンさんね
あら やだ 可愛い!
お肌つやつや 噂通りのお美しい方ね
私はユノ大王の母です”


「シム・チャンミンです はじめまして
この度 結婚させていただくことになりました
よろしくお願いいたします」


少し 固いと思われる感じの当たり障りのない


無難な挨拶・・・


チャンミンは かなり緊張していました


”わぁっ! お兄様! デカシタわね~!
こんな美人がお兄様のご結婚のお相手だなんて!
私も 負けないようにますます美容に手をかけなければいけませんわね
うふふ・・・
チャンミン様
妹のジへでございます
これから末永く どうぞよろしくお願いいたします”


「シム・チャンミンです
どうぞよろしくお願いいたします」


”これから わからないことは遠慮せず
何なりと聞いてくださいませね?
一緒にエステをしたり
美容のお話のお相手をしてくださいね!
楽しみだわ~”


浮かれている妹のジへさんが


チャンミンの前に来て


すべすべのお肌をナデナデしました


チャンミンは 面食らって動けませんでしたが


『ジへ! チャンミンに気安く触るな!
チャンミンの肌に触れていいのは この私だけだ』


ユンホ様の言葉で救われました


さっと 腰を引き寄せ


ユンホ様に抱えられる形になり


チャンミンは 安心したのです


”は~い! わかりました~
お兄様ったら ケチ!
そうとう夢中なのね・・・
王国でも見たことないほどの美人ですもの
私 仲良くしたいわ!”


『お前は結婚したばかりだろう?』


”それとこれとは別よ
お兄さまの奥様・・・じゃないわね
旦那様・・・でもないわ
う~ん パートナー?
あまりに素敵で♪”


『だろう?』


途端に ニヤニヤし出したユンホ様が


得意げに言いました


”それにしても チャンミンさん
地球は雨続きで大変ではなくて?”


言われてみれば ここ一週間はずっと雨だったなあと思い出し


「大変でした」


”お兄さまがね チャンミンさんに嫌われたかもしれないって
1週間ほど 泣き続けていらしたの
それはそれは 落ち込んで・・・”


「え・・・?
それと雨と関係あるんですか?」


”あら お兄さま チャンミンさんにはまだお話していないのね
この東方王国はね お天気をつかさどる役目があるの・・・
お兄さまが泣けば 地球には雨が降るし
悩んでいることがあれば 曇ってしまうの・・・
嬉しいことがあれば 晴れるのよ”


そうだったんだ・・・


じゃあ あの大雨は 全部 ユンホ様の涙だと?


そう言えば あの夜から ずっと雨だった・・・


ユンホ様を見ると 照れくさそうに頭を掻いていました


『恥ずかしいではないか・・・』


”嫌われるくらいなら
抱かなければよかったって 後悔していらしたのよ?
上手く行ってよかったわ・・・”


ん?


抱くとか抱かないとか・・・


そんなことまで オープンなのか?


『ジへ! 余計なことを申すでない!
チャンミンの耳が真っ赤になってしまっているではないか?!』


ユンホ様が あからさまなことを言うからだ!


お喋りなジへさんの言葉に


この国には プライバシーはないのかもしれないと


チャンミンは いささか不安になりました


”チャンミンさん ビックリなさって?
お兄様はね
亡くなった先代の王様とのお約束で
人生の目標を達成したときまで泣かない!って
決めていらしたの・・・
きっと チャンミンさんとの結婚が
人生で一番の喜びなのね♪”


じ〜ん・・・


チャンミンは そんなユンホ様が 


とても可愛らしく見えました





「ジへさん 色々教えてくれてありがとうございました
他にもたくさんのことを教えてくださいね」


首を傾げて にこっと笑うチャンミンに 


ジへさんは 大喜び!


ユンホ様はというと


『さあ チャンミン いくぞ!
ジへのそばには うかつに置いておけないな・・・
何を言われるかわかったもんじゃない・・・』


「あ・・・ユンホ様 まだ話の途中・・・」


『もうよい! 夜の準備だ』


”お兄様!”


「ジへさん また後で・・・」


”チャンミンさん 後でね~
これからも たくさんお話しましょうね~”





引きずられるように 連れていかれたチャンミンでしたが


ジへさんとは とても良いお友達になれるような気がしました


「ユンホ様・・・」


『全く アイツはお喋りだ
女は これだから嫌になる』


怒るユンホ様でしたが


チャンミンの心は 晴れ晴れとしていました


「ユンホ様 ありがとう!
僕 嬉しかった・・・
僕のために 涙を流してくれたなんて・・・」


『そ・・・そういうわけでは・・・』


「ふふふ ユンホ様 ありがとう!」


ふわりと抱きつくと


『チャッ・・・チャンミン・・・
寄せ! まだ ダメだっ!』


無理矢理 引き剥がされ


『そなたに触れたら 今ここでもう離せなくなってしまうではないか・・・』


「僕は いいのに・・・」


『あああー! そんなことを申すな!
反応してしまうではないか?』


少し赤くなる ユンホ様


『早く母上に チャンミンを紹介したくて
我慢できなかったのだ
でも これで安心した
今晩 結婚の儀を済ませれば
それからは ずっと一緒だ』


あ・・・


ユンホ様の言う我慢って そっちだったのかと


違う我慢を想像していたチャンミンは 1人苦笑いをして


「じゃあ 今夜が初夜?」


勇気を振り絞って聞いてみました


思い切り 目を丸くして


驚いたユンホ様でしたが


『そうだ 今夜が初夜だ
私とチャンミンの初夜だ
今から 楽しみでしかたない
そなたも 嬉しいだろう?』


「・・・はい 嬉しいです」


小さくガッツポーズをしたユンホ様


『ああ もう 結婚の儀もスッ飛ばしたいくらいだ』


敢えて チャンミンには触れずに 嬉しさを表現するユンホ様


チャンミンは ドキドキが止まりませんでした


『さあ 支度をして 国民にお披露目だ
きっと チャンミンを見たら 皆驚くであろうな』


「僕 少し怖いけど・・・」


『大丈夫だ 
そなたの可愛さや 美しさ そして色っぽさを
見せびらかしたいのだ』





ユンホ様が 大丈夫と言ってくれた


だから 僕は大丈夫!





「ユンホ様
地球は 今夜は良く晴れて
綺麗な星空が見えますね」


キュヒョンたちは 今頃どうしているだろうかと


少し センチな気分になりました


『ああ 綺麗な星空で 地球は美しく見えるだろう
今夜は キラキラの夜空が 
私たちの初夜を祝福してくれるな』


2人は しばらく見つめあっていました





     

ふと思ったんですけどね

チャンミンが結婚してくれるとわかった時のユノの表情は

こんなだったのではないかと・・・?!

チャンミナ~ 結婚してくれるのぉ~?

野王①


今日のカウントダウン!

162日_convert_20170309003957

ユノ42日_convert_20170309004040

昨日の TIME 繋がりで♪

これはツアーパンフレット!
2人162日_convert_20170309003916






東方神起 完全体まで 

あと 162日!




これからもお付き合いくださる方!
応援お願いします♪




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2017_03_09


02  « 2017_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top