FC2ブログ









結局 俺たちは 


気が済むまで 抱き合った


チャンミンは 意識を取り戻しては


俺にすがりつき


離れなかった


汗と2人から出たもので ベタベタの身体を気にもせず


触ったり キスをしたりした





皺だらけのシーツの上で


チャンミンは 何度もおかわりを強請った


これ以上 こんなことをしたら 


チャンミンは 歩けなくなる


いくら 初めてではないとしても


止めておいた方がいいと 何度も言ったのに


チャンミンは 聞かなかったのだ





その日は あまり天気が良くなかったこともあり


撮影には影響がないことも 俺をその気にさせた


部屋には 誰も入って来ないようにして


一日中 裸で過ごす愛の時間・・・





抱いて まどろんで 少し話をして 


また 抱いた


チャンミンは 裸でいる間も


ずっと 俺から 離れなかった





午後になって


流石に お腹が空いたと言ったチャンミンが


電話で ルームサービスを頼む


スペイン風オムレツ・・・


そんなにオムレツが食べたかったのかと思うと


何だか おかしかったけれど


特に身体が動かない様子はなくて 一安心といったところだった





全裸で立ち 電話をしているチャンミンを


後ろから 眺める


何て 均整の取れた綺麗な身体のライン・・・


小さいお尻は きゅっと上がり


長い脚は 真っ直ぐだった


そして 俺が付けたしるしが 全身にちりばめられて


今朝からの情事の激しさを 物語っていた


俺の身体にも 


チャンミンがつけたしるしが 随分あるけれど


これも そのうち消えてしまうのかと思うと


少し 寂しかった・・・





食いしん坊のチャンミンは


ルームサービスが届いたときに 


裸のまま 出て行こうとしたから 焦った


『チャンミン・・・俺が出るよ』


さっと バスローブを羽織って


受け取ろうとすると


不思議そうな顔で 突っ立っているチャンミンが


「別にいいのに・・・」


『そんな身体を人に晒すんじゃない
おかしいだろ』


「そうかな・・・」


『バスルームに入ってろ
俺が言うまで 出てくるなよ?』


「はーい」





頼んだオムレツなどを テラス席に運んでセットしてもらい


従業員が 部屋を出て行ってから


チャンミンを呼んだ


まだ 素っ裸のままで 


身体中から 情事の名残をプンプンさせているくせに


「わぁっ! 美味しそう!」


いきなり 子供のように破顔した


そんな 無邪気なチャンミンを見ていると


服を着ろなどと たしなめる気にもならなかった





曇り空の下 テラスで向かい合い 


今日 初めての食事をとる


俺は 白いシャツを羽織り


一応下着とルームウェアの短パン


チャンミンは 裸のまま


美味しそうに オムレツを頬張り 


コーヒーをすすった





食べるたびに動く 喉もとや


首から 胸にかけては


誰が見ても 驚くほどの数のキスマーク


思わず フォークを持った手が止まり


凝視してしまう・・・





「ん? ユノさん どうしたの?」


『あ・・・いや・・・
お前 ヤラシイな・・・
そんな身体を晒してさ・・・』


「ユノさん また 抱きたくなる?
僕は いつでもOKだよ
ユノさんなら・・・」


『これ以上は無理だ
チャンミンが 立てなくなる』





持っていたフォークとナイフを置いて


チャンミンは 俺をマジマジと見た


「いいんだよ・・・
僕は ユノさんが好きだって言ったでしょう?
ユノさんに壊されるなら本望・・・
忘れることのないよう 
僕を 抱き壊してほしいと思ってる」


『チャンミン・・・』


「ずっと ユノさんを覚えていられるように
僕に ユノさんを沢山 欲しいんだ」


思わず 絶句した





チャンミンは 表情を変えずに


ただ 淡々と


俺との想い出が欲しいと言った


身体で俺を覚えていたい とも・・・





勤めて明るく言うことで


この旅を湿っぽくしないようにという


チャンミンなりの気遣いだと


すぐにわかった





でもな・・・


そんなこと 許さない


俺が 許さない





『チャンミン!
俺と一緒にいろ
マドリードになんて 帰らなくていい』


「え・・・?」


きょとんとしたチャンミン


「僕 そばにいていいの?
ユノさんが 撮影旅行の間
一緒にいてもいいの?」


『ああ 是非 一緒にいてくれ』


しばらく 驚いたように俺を見つめた後


一言


「ありがとう・・・」


目を閉じて 囁いた





俺の言葉が意外だったのか?


言葉発したあと 下を向いて


静かに 微笑んだ





     

今日のカウントダウン!

チャンミン どんなポーズもOK(≧∇≦)
104日_convert_20170506013049

あら 幸せそう\(//∇//)\
2人104日_convert_20170506013012





東方神起完全体まで

あと 104日!






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2017_05_06


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top