FC2ブログ









身体を離すタイミングが わからなかった


今 チャンミンを離したら


もう二度と 逢えなくなるような気がして・・・





「ユノさん・・・さっきはごめんね
辛く当たって・・・」


『いいさ・・・別に・・・』


俺に抱きしめられたまま


チャンミンが 話し出した





「家を 処分したりしてね・・・
随分 楽になったんだよ 借金・・・
だから 今は母と狭いアパート暮らしだけど
返済の終わりが見えてきたから
贅沢はできない生活でも 気持ちが晴れやかなんだ」


『お母さんは 大丈夫なのか?』


「うん・・・
返済が全て終わったら この先どうするかを決めたいって言ってる」


『そうか・・・』


「僕は 母に任せようと思ってるんだ
父との想い出が沢山つまったマドリードにも
愛着があるし お墓もあるしね・・・」


『そうか・・・』


「韓国に帰るということも 考えたよ
でも 僕が決めちゃいけない気がして・・・
母の終の棲家は 母が決める
その場所が 僕のふるさとになるってこと」


『お母さんは チャンミンを縛り付けたくないと思ってるんじゃないのか?』


「うん・・・でもね 
僕は 別に縛られてるわけではないんだ・・・
まだまだ 母が心配だし・・・
今はまだ 1人にしちゃ可哀相だ」


『そうだな・・・
お前だけが頼りだもんな
傍にいてあげた方がいい』





背中をポンポンと優しく叩くと


チャンミンの方から 身体を離した


至近距離で 見つめてくる大きな瞳が とても綺麗だ


「僕ね・・・本当はね ユノさんのこと 大好きだよ」


それは さっき ミノと帰って行ったときの無表情で冷たい感じとは


打って変わって 別人のよう・・・


『よ~く知ってるよ
何だよ 今更・・・
そんなの当たり前じゃないか!』


「でも ユノさんは 僕に呆れたでしょ?
で 軽蔑したでしょ?」


『ああ スゲー軽蔑した』


「そっ・・・そうだよね・・・
僕は 恨まれても仕方のないことを ユノさんにしたんだから・・・」


『正直 なんて奴だと思ったよ・・・
俺は こんな尻軽男に遊ばれたのか・・・ってな』


「ユノさん! 尻軽・・・って」


『でもな 一緒に旅行したときのチャンミンを知ってるから・・・
そんなはずはないって思いが 消えなかったよ』


「・・・」


『シウォンにも叱られたし』


「えっ?」


『結構飲んだからね
もう 見てらんねぇって・・・
お前は チャンミンの何処を見てたんだー!ってさ』


苦笑いで話す俺に チャンミンが眉を下げて


申し訳なさそうにした





『その一言で わかったよ』


「チャンミンの態度は 本心じゃない!って
お前が遊び人には どうしたって思えなかった」


『シウォンさんに言われるまで わからなかったの?』


「あー 何だよ その言い方
俺を散々見捨てといて」


『ごめん・・・ごめんなさい』


本当に 申し訳なさそうに シュンと肩を落とすチャンミンが


いじらしくて 可愛くて・・・





『バカだな 気にするな
俺は お前が来てくれただけで 嬉しいよ』


「・・・ミノから シウォンさんの伝言聞いて
やっぱり最後に ユノさんに逢いたいな・・・って」


上目遣いで 見つめてくるチャンミンの頬に手を当てて


チュッと口づけた





『俺は 最後になんかする気はないよ!
そんな気 さらさらないから!』


「でも・・・僕は・・・」


困った顔をして なで肩を更に下がらせたチャンミンが


もごもご言っている


『一緒に考えよう?』


驚いたようで 


チャンミンは 大きな目を更に大きく見開いて


目に 涙を溜めた





「ユノさん! とりあえず今 ユノさんが好き!」


『なんだそりゃ?』


急に俺の首に腕を回して 抱き着いてきたチャンミン


「僕のこと もう一度 好きって言って?」


『絶対に言ってやらない』


「言って・・・」


『やだね! 俺をフッた罰』


「そんな・・・フッただなんて・・・」





チャンミンをはがして


肩に手を置き おでこをくっつける


『言えないね・・・』


「お願い 言ってよ・・・
僕 こんなに ユノさんのこと 好きなのに・・・」


『チャンミン・・・
そんなに 俺のこと 好きか?』


「う・・・うん 好きだよっ!」


少し赤くなった顔を見て フッと笑いが出てしまう・・・





『チャンミン・・・愛してる』


「え・・・」


固まった愛しい人


チャンミンの頬を 両手で包み


そっと 口づけた





ゆっくりと 応えてくれるチャンミン


今夜の口づけは 甘くて 優しくて


あんなに身体を合わせた相手とは思えないほど


初々しくて 神聖な感じがした





     

今日のカウントダウン!

少し 日に焼けた感じがいいですね~♪

膝頭が好きです💛
72日_convert_20170607001856

2人72日_convert_20170607001805





東方神起完全体まで

あと 72日!








にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2017_06_07


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top