FC2ブログ



HOTEL_T_タイトル画_convert_20170924232949





チョン様を意識してしまってからは


極力 仕事に集中できるように


努めて 他のお客様に親切に接するよう心がけた





チョン様は 一週間滞在すると言われたけれど


急用ができたとかで パーティーのあった翌日 


僕の出勤前には既に チェックアウトしていたから


その後 会ってはいない





あれから 一週間


元の何てことない日々が帰ってきたようで 落ち着いて仕事ができていた





しかし 


本来 静かな時間を好む僕に


また 心の奥がザワザワと落ち着かない瞬間は 


容赦なく やって来た





いつも通りに仕事をしていたある日 


その日の宿泊予定者リストに チョン様の名前を見つけてしまったのだ


名前を見ただけで 胸が躍るなんて


一体 僕は どうしてしまったんだろう・・・?


恋する乙女みたいじゃないか!


相手は 男


オカシイだろ


別に 変な目で見ているわけではない


あまりに チョン様が素敵だから


ちょっと 気になるだけだ


若くして 仕事で成功したセレブに 興味があるだけだ


そうだそうだ


いわゆる ファン・・・的な?


今日も にっこりと笑って普段通りに接すると 決めた





少し遅めのランチタイムも 胸がいっぱいで


大食漢の僕が あまり食欲がないとか


少し 変なことだけは 自覚していた


今日は シウォン先輩もキュヒョンも休みだ


緊張をからかわれずに済むと思うと 気は楽だった





昼休憩から戻ると


チョン様は 特別待遇のアーリーチェックインを済ませていた


この間と同じ部屋


応対した 先輩女子社員によると


1人で 来たそうだ


何故か それだけで安心する やっかいな感情を


何とかして 打ち消そうと 深呼吸を繰り返す





”あっ そう言えば チャンミン君
チョン様が 後で部屋にいつものランチを運んで欲しいって!
知ってる? チョン様のランチメニュー”


「いえ 知りません」


”ジャージャー麺よ
もう ランチって時間でもないけど・・・
今日は忙しくてまだお昼取ってないんですって!
もう 頼んであるから 厨房に寄っていってくれる?”


「はい わかりました」


”チョン様はね 私たち女性には決して頼まないのよ
不公平になるからなんですって!
モテること 自覚しているのね・・・
癪だけど チョン様なら 嫌味にならないから不思議ね・・・
というわけで わがままなVIP 
チョン・ユンホ様はチャンミンにお任せするわ!”


「は はいっ!」


”ほらっ 早く行って!
ここは気にしないでいいから チョン様に粗相のないようにね”


「じゃあ ここはお願いします
行ってきます!」








ドアの前で 僕は 大きく深呼吸をした


「御昼食を お持ち致しました」


ガチャンと 音がして 開いたドア


あ・・・


今日も素敵だ・・・


『やぁ チャンミン・・・
待っていたよ』


「失礼いたします」


僕の心臓よ 静かになれ!


動悸を悟られないように


ジャージャー麺の乗った ワゴンを押した


「こちらでよろしいですか?」


『いいよ そこに置いて』


「かしこまりました
お食事がお済みになりましたら
あ・・・ご存知かと思いますが ワゴンごとドアの外にお出しくださいませ
後ほど片付けに参ります」


白いシャツの第二ボタンまで 外したラフな格好が


男らしい 均整の取れた身体つきを余計に 恰好良く見せている


『チャンミン・・・
随分 かしこまってるね』


「あ はい チョン様は大切なお客様ですから」


『つれないなぁ・・・
ほら こっちに来て
今ね とってもキレイなひこうき雲を見つけたんだよ』


「・・・」


キョトンとした僕の肩に置かれた手


制服の上からでも 電流が走ったみたいに痺れる


チョン様は 僕の肩を抱くようにして 


大きな窓際へと 誘導した





     

いよいよ今日は ソウルでのファンミですね♪

渡韓されている方もたくさんいらっしゃるようで 

ユノやチャンミンが行ったお店はきっと今日も明日も大混雑ですね!

チャンミンお気に入りの ONION のパンが食べてみたい Mink です♪

2人の情報が 想像を超えるスピードと量で流れてくるので

この洪水状態に 全くついていけてません・・・

何やら怪しげなムードのお写真が使われているポストカードとか

SUM のグッズだか ビギツアーのグッズだか グローバル?だかなんだか

何が何処ので 一体どうやったら買えるのか?とか

全くわかりません・・・

これからもこのペースで活動されたら 私は間違いなく

東方神起の海に 沈みます ← ある意味 もう沈んでいる

お腹いっぱいですよ 毎日!

💛 💛 💛 💛 💛

昨日で 【Timeless】 が終了したので 

毎日の日課にしていた私としては かなり寂しいのですが

ゲームの中で GETした写真とかは大切にしたいと思っています

本当に随分と 時間とお金を取られていたので

正直 やっと楽になったという気持ちもあります

最近は スタポも全く触ってもいないので

これから長く続くであろうトン活を どういう風にしたら自分に合うのか

考えるきっかけにもなったゲームでした!

💛 💛 💛 💛 💛

さてさて 毎日たくさんの拍手やランキングボタンのポチ!を

本当にありがとうございます

コメ返も できたりできなかったりでごめんなさい・・・

【HOTEL T の秘め事】 は 書くのがとても楽しく楽なので

今のところ 毎日更新ができそうです♪

私のオタク活動の中心は 間違いなくこのブログです!

ユノとチャンミンの愛が 私に生きる喜びをくれている状況ですので

好き勝手に書かせていただきますよ~♪






拍手コメント Hさん
フォトアルバム予約したんですねー
素敵そうですね💛
ほんとラブラブ写真集を出して欲しいですよね
今の状況で撮影したら凄いことになるんじゃ・・・?

拍手コメント Yさん
ブロマンスのケミも
多少のサービス精神過剰な感じは否めないものの
vlive のあ~んは萌えましたよね💛
以前のチャンミンなら拒絶してたでしょうし!
愛って素晴らしいわ~





応援してくださる方
ポチお願いします!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2017_09_30


HOTEL_T_タイトル画_convert_20170924232949





キュヒョンの 思いがけない言葉に 


動揺を隠せなかった





”チャンミン 何ドギマギしてるの?
なんか 可愛いね
こんなに背が高くてハンサムなのに
お目目くりくりで 赤くなるとちょっと初々しいっていうか・・・”


「キュヒョン・・・からかわないでよ」


”ごめんごめん!他意はないから 気にしないで
これでも俺 チャンミンとは親友のつもり
就職してからの付き合いだから まだ短いけどさ
俺たち 合うと思わない?”


「うん 僕もそう思うよ」


”だから 気にしないで”


「大丈夫だよ そんなことくらいで・・・」


僕が喋っている最中に キュヒョンが興奮気味に声を出した


”あっ! ほらっ!チョン様だよ!”


「えっ?」





見れば 


颯爽とロビーに現れたカッコいいスーツ姿のチョン様


顔・・・小さいんだ・・・


なんてバランス!


僕は しばし見とれてしまった





”ははぁ~ん・・・なるほどね・・・
やっぱり そういうことか”


腕を胸の前で交差させ


親指と人差し指で顎を抑えて 唸るキュヒョンが 1人納得している


何? 


キュヒョンの視線の先を目で追うと・・・





歩くチョン様から 数メートル離れて


チョン様の後を追うように


いかにも デキる秘書風のタイトスカートのスーツを着こなし


スラーっとした長い脚によく手入れされたヒールを履いた


はっきりとした顔立ちの美人が ブリーフケースを持って歩いていたのだ





”そういうことか・・・”


また同じことをつぶやくキュヒョン


すると 突然立ち止まったチョン様が その人に何か話している


そして すぐにまた 歩き出したかと思ったら


チョン様が フロントデスクのほうを見て 


にこっと笑って 軽く手を挙げた


その手の挙げ方もまたサマになっていて・・・


今 確実に


僕らを 認識したよね


こっちを見たよね・・・


僕は 心の中でキュヒョンに話しかけた





”ヒューッ! 珍しいこともあるもんだな・・・”


いつの間にか 後ろに立っていたシウォン先輩が 


信じられないというように 首を竦めた


”あんなに 爽やかに機嫌のいいチョン様 初めて見たよ”


「そう・・・なんですか?」


”チャンミン! チョン様はさぁ きっと俺たち新人の事を
気に入ってくれたんじゃない?
少なくとも 嫌われてはいないだろ?”


「そうだね・・・だといいけど」





迎えと思われる車に あっという間に乗りこんで行ってしまったけれど


僕は 胸の奥が 少しだけ 温かい気持になっていた


初対面で 嫌われたと持っていたお客様が 実は


そうではなかったとわかった上に


名前を憶えてくれて 呼んでくれた


そして僕らに 手を挙げて挨拶をしてくれたんだ


現金なもので 


たたそれだけのことでも 僕は じわりと胸の奥が熱くなった





この時 既に 僕は チョン様に対して


お客様というだけではない 別な感情も抱いていたのかもしれない・・・





”あの秘書と絶対にデキテルよな?”


何食わぬ顔で 仕事をしながら 呟くキュヒョンの言葉が


ことのほか 僕にショックをもたらしたのだから・・・





「そ・・・そうかな?
秘書だからって 全てそういうわけじゃ・・・」


”チャンミンは甘いな~
チャンミンには 優しい女のコの方が似合うと思うけど
あのチョン様だぜ?
あの秘書は 絶対にチョン様のモノだよ!
気の強そうな感じ 見たか?
自慢気に ”この人は私の男よ”的なオーラをぶんぶん振りまいてさ
きっと 仕事もできるんだろうけどさ
夜のお相手も 積極的にするんだろうな・・・
あのチョン様に 女がいないわけないもんな
指輪もしてなかったし 独身だよな?”


勝手に ストーリーを組み立ててるキュヒョンに 


驚きと感心を抱いた僕


答えに困って黙っていたら


シウォン先輩が 呆れたようにつぶやいた


”キュヒョンは お喋りだな?
女みてーだな・・・
詮索好きか?”


”いえいえ 噂好きです!”


”同じだろ!フロントではそういうことはダメだって 
昼間教えなかったか?”


”はい ちゃんとお客様のいらっしゃらないことを確認して 喋ってます
それに 手も動かしてマス!”


”口の減らないヤツだな・・・
気をつけろよ?”


”はい 俺は噂を聞きつけるのは早いんですが
口は堅いんです 安心してください”


「どうだか・・・」


思わず 口をついて出た僕の一言に


シウォン先輩が大きく頷いた


”チャンミン 気をつけような? 俺たちも!
コイツに何を言われるかわかったもんじゃないぞ?”


「ふふふ そうですね」


明るいキュヒョンのおかげで 僕の気持ちはまた少し浮上した





そろそろ上がりの時間だ・・・





チョン様は 今夜は帰っていらっしゃるのだろうか?


そして あの秘書さんは 一緒?


まさか あの部屋に2人で?





一度騒ぎ出した血は なかなか収まらなかった


明日もまた チョン様に 会えるだろうか・・・?





その晩 僕は チョン様の手が 


自分の頭や背中を撫でたときの感触が忘れられず


身体を熱くしていた





     

予約投稿したつもりが 下書きのままでした💦

遅くなってしまいましたが公開しますね^_−☆

昨日の vlive 可愛かったですね♪

2人で勝手にやってろ❗️って感じで(^_^;)

楽しそうでした〜*\(^o^)/*

あのブレスレットは衣装と思うので

特に何とも思いませんでした

チャンミンがお世話してるのは相変わらずだし

ユノに食べさせてもらう時に

指をクイクイ!って ツボでした(≧∇≦)

コメントや拍手!たくさんありがとうございます❗️

良い週末を♪





応援してくださる方
ポチお願いします!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2017_09_29


HOTEL_T_タイトル画_convert_20170924232949





「あ・・・」


僕が感じていたチョン様のイメージと


今 目の前で僕の手を握るチョン様が あまりにも違って・・・


この方は こんな風に笑うんだ・・・って


正直 驚きで まともに返事もできなかった





『そんなに緊張しないで?』


「こ・・・こちらこそ よろしくお願いいたします
快適にお過ごしいただけるようにお手伝いいたします」


そんなことを あわあわと口にする僕の目を


チョン様は ずーっと見ていた





なんだろう・・・?


この目には 何か特別な力があるのだろうか?


じっと見つめられると 動けなくなるような


何かを見透かされているような


不思議な目だった


そして 綺麗な目・・・


僕は よほど緊張していたのか


チョン様は 


『そんなに驚かれると 悪いことをしている気分になる』


そう言って


僕の手を 引っ張った





「あっ・・・」


次の瞬間 僕の顔は チョン様の首に衝突し


チョン様の手に 後頭部を撫でられていた


その手は あっという間に 背中に下りてきて


僕の 緊張でガチガチになった背中をポンポンと叩いた


片方の手は 握られたまま・・・





『チャンミン・・・』


耳をくすぐる甘い声が聞こえたような気がした


僕は どうしていいかわからず


黙っていた


チョン様は お客様 しかも VIP


もう戻らなきゃ・・・と 心では わかっているのに


お客様に失礼なこともできない


動きたいのに動けない


時間にしたら 10秒もないくらいだったはず


でも 僕には 10分くらいに感じられ


そっと離れたチョン様の顔を見たら


一気に油汗が吹き出すほどに 身体中が熱くなっていた


「手に汗をかいてしまって すみません」


ポケットからハンカチを出して チョン様の手を拭こうとすると


『せっかくの挨拶の握手をしたのに すぐに洗えと言うの?』


「いえ あ・・・あの これから サンドイッチが待っていますから
やはり 洗っていただいた方がよろしいかと」


『アーハーハ-ハー 面白いことを言うね チャンミンは!
また 呼んだら相手してよ
じゃ 今日は時間がないから残念だけど
また 頼むよ』


「あ ありがとうございます」


何が何だかわからないうちに


僕は チョン様の部屋を出ていた





誰もいない 従業員用通路の片隅で


汗が引くのを待った


早く戻らないと シウォン先輩が心配する


僕は 歩き出したけれど


膝が ガクガクして


手はまだ 汗ばみ


胸は バクバクと音を立てていた


食堂で水をコップで一気飲みし


フロントへ戻ると


シウォン先輩と 休憩から戻ったキュヒョンが


心配そうに 話しかけて来た


”大丈夫か?”


「え? あ はい・・・」


”ちょっと遅いなと思ってさ 何かあったかと心配したんだ”


”チャンミン ごめんな 俺が休憩だったがために
チョン様の部屋に行くことになって”


「大丈夫だったよ
あ シウォンさん 
チョン様は サンドイッチのセット 
喜んでくださいました」


”そうか・・・ならいいけど
何か言われたりしたら すぐに俺に報告してくれよ?”


「はい 遅くなってすみませんでした
トイレに寄ったりしていたもので」


”なぁ~んだ そうか
ならいいんだけど”


キュヒョンにも笑顔が戻った


シウォン先輩が 奥に引っ込むと


キュヒョンが言う


”あれっ? チャンミン 耳が真っ赤だよ?
熱でもあるんじゃない?”


「えっ? 耳?」


咄嗟に両耳を触ってみるけれど


触っただけでは 赤いかどうかなんて全くわからない





でも





やけに 熱かった・・・





     

昨日は チャンミンの優しい歌声に癒されて

早くフルが見たくなりました~♪

今日の6時ですね(≧∇≦)

そして またまたvlive の日ですね〜

私のスマホは ios をアップデートしないと vlive のアプリが入らないんです~

買って2年半も経つと 動きが遅くて😂

もうすぐ 買い換えたいから 今のまま我慢!

今までの経験上アップデートはろくなことがないんですよ(^_^;)

新型が出たときにやはり新しくしておいたほうが

途中で しつこいアップデートのお知らせ攻撃も

減るのではないか?と勝手に思っております😅

だからね vlive 親切に上げてくださる方を頼りに 夜ツイを漁ります!

トンペンさんは優しくて仕事が早いので

いつも助かっています*\(^o^)/*

代わりに 私のエロ小説をプレゼント!

えっ⁈ いらない⁉︎

まぁ そう仰らずに〜😘

拍手やコメントありがとうございます🎉🎉🎉





応援してくださる方
ポチお願いします!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2017_09_28


HOTEL_T_タイトル画_convert_20170924232949





VIPのチョン様は 前回宿泊したときに預けておいた


クリーニング上りのシャツを持ってきて欲しいと


フロントに電話をしてきた





新しい人とも話したいしと キュヒョンをご指名だった





何故 キュヒョンを指名してきたのかはわからないけれど


さっきの 自分を見る冷たい視線を思い出し


僕は きっと 気に入らないタイプなんだろうな・・・と思った


チョン様も 人間


誰にでも 相性や好き嫌いはある


ましてや 顧客ともなれば


自分の居心地はいい方がいいに決まってる


お気に入りを呼ぶのは当然のことだ





僕は 特に話もしなければ 応対をしたわけでもない


何もしていない・・・


ただ シウォン先輩に紹介されて 挨拶をしただけ・・・


きっと 直感て言うヤツだ


この仕事がとても好きで これから頑張ろうって


とても明るい気持ちでいた自分の心が


サラサラと砂時計の砂のように 崩れていくのを感じていた





顔に出ていたのだろうか・・・


”チャンミン・・・とりあえず 行ってくるよ”


僕に気を遣ってか すまなさそうに その場を離れたキュヒョン


「うん」


”チャンミン! 何を気にしている
たった一人の我儘にそんなに意気消沈していたら
他のお客様の応対なんてできないぞ?
顔には決して出さないこと!”


わかってるんだけど・・・


「はい すみませんでした
チョン様は・・・
僕の態度が 何かお気に召さなかったのでしょうか?」


”そんなことはない・・・
少し気まぐれだから こんなこともある
気にするな”


シウォン先輩の心強い一言で 僕は少し元気を取り戻した


毎日 何十人ものお客様をご案内するのに


たった一人のVIPだか何だか知らないけれど


我儘なセレブに振り回されてたまるもんか!


そう思ったら チョン様のことなんて


全く気にならなくなった


ただ 話す前から嫌われるっていうのは少し傷ついたけど・・・


僕が こんな態度を取ったら きっとキュヒョンも気にする


僕は僕で 違うVIPに気に入られればいいじゃないか!


お気に入りのホテルマンともなると こっそりチップなどもいただけるらしい・・・





ああ 僕って単純だな


チョン様には 精一杯営業スマイルで 当たり障りなく粗相のないように


これからも接していけばいい


きっと 僕以外の人に話しかけるだろうから・・・





帰って来たキュヒョンは 興奮気味だった


”どうして クリーニング上りのシャツをわざわざフロントデスクの人間に頼むのか?
よくわからないけど
すげー高級ブランドのドレスシャツにワイシャツもいかにもオーダーって感じのだった”


「へぇー」


”ごめんな チャンミン・・・”


「いいって! キュヒョンは気に入られたんだ
この仕事には つきものなんじゃないかな?って
そう思うよ?
僕も早く気に入ってくれるVIPがみつかるといいなあ」


そんな僕の言葉に キュヒョンは 安心したようだった


”ありがとうって 手を出されて握手したんだけど・・・
手が あ 指もなんだけどスゲー綺麗なの!
手もお手入れとかしてもらってるのかもな~
とにかく全てがセレブ!
はぁ・・・羨ましいよ”


「そうなんだ・・・
部屋も広そうだな?
ああ プレミアムフロアのスーペリアコーナーツインだろ?
研修の時 見たよな
若いのに そんな人もいるんだな」


”俺 やっぱり知りたいよ
何をしているのか?
これから 仲良くなったら教えてもらえるのかな?”


「だといいね
あ お客様だ」


そんな会話をしているうちに


交代で 休憩の時間になった





その日の夕方 キュヒョンが休憩に出た瞬間に


かかってきた電話は チョン様で


至急 軽い食事を持ってきて欲しい というものだった


シウォン先輩によると


チョン様は 以前ルームサービス係の粗相があって


それ以来 どんな些細な用でも フロントに頼むようになったそうだ


キュヒョンがいないことを告げると


仕方なさそうに


”じゃあ チャンミン 頼むよ” と言った


初めてのことに ちょっとドキドキしていたら


シウォン先輩が 厨房まで一緒に来てくれると


他のスタッフにフロントを預け


僕に チョン様仕様のノウハウを教えてくれた





部屋のドアが開いた途端 現れたのは 


さっきとは違う光沢と張りのある生地でできた濃紺のスーツを


ビシっと着こなすチョン様だった


なんて カッコいい・・・


しばし 目を見開くほどに見とれてしまった


ルームサービスを届けに来たのに


見惚れている場合ではない


僕は 早速 頭を営業モードに変換して


シウォン先輩の言ったことを守るべく 


粗相のないように


チョン様専用の


ひと口サイズのフルーツサンドイッチと苺ジュースを 部屋に運び入れた





「どうぞ ごゆっくりお召し上がりください」


『これがゆっくりできるように見えるか?』


チョン様が 少し怒った口調で 僕に言い放った


「すみません!これからお出掛けなんですね
当ホテル自慢のフルーツサンドを味わっていただきたくて
遂 チョン様のご予定も考えず ありきたりなことを言ってしまいました」


『わかれば いいんだ・・・
これから 急なパーティーが入ったもんでね
どうせ食べる暇もないから 先に小腹を満たしておこうと思っただけだ』


「ご指名のキュヒョンも席をはずしておりまして
私ですみません」


少し卑屈な言葉を口にしてしまった


すると 


ジロッと 僕を睨み


『そんなことを言うもんじゃない』


「・・・」


『新しいスタッフに順番に用を頼もうと思っていただけだ
私のことも覚えてほしいしな
次回は チャンミンにお願いするつもりだった
別にキュヒョンだけに頼もうと思ったわけではない』


じゃあ何で あんなに冷たい視線を・・・


「そうですか・・・」


『よろしくな』





キュヒョンもしたという 握手・・・


さっきまでの冷たい物腰は一瞬にして消え


僕の前に差し出された綺麗な手の持ち主が


にっこりと笑った





     

拍手!拍手コメント!コメント!ポチ!

いつもありがとうございます

お返事できないときもありますが許してね😘



応援してくださる方
ポチお願いします!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2017_09_27


HOTEL_T_タイトル画_convert_20170924232949





緊張の解けないまだまだ新人の僕たち2人


チョン・ユンホと名乗ったVIPは


穏やかな笑顔でキュヒョンと一言二言言葉を交わしていた





”チョン様 いらっしゃいませ
お待ちいたしておりました
いつものお部屋をご用意しております”


スルリと後ろから現れたシウォン先輩


『そうか いつも悪いな
我儘言って・・・
あの部屋が気に入っているからこれからもよろしく頼むよ』


”お任せください
あ この2人を紹介させてください
新入社員の中でも優秀な2人です
キュヒョンとチャンミンです”


「はじめまして シム・チャンミンです」


”チョ・ギュヒョンです”


僕たちは 2人揃って頭を下げた


「”よろしくお願いいたします”」


”フロント業務はまだ 日が浅く不慣れな点も多々あるかと思いますが
どうぞ お見知りおきを・・・”


『そうか・・・よろしく』


キュヒョンににっこりと笑って挨拶をした後


チョン様は 僕を見た


笑ってくれるのかと思いきや


チョン様は真顔になって 数秒 僕を凝視した


そして ふっと下を向いて口元だけで笑い 


『よろしくな』 と言って その場を離れた





僕は 何か お気に召さない態度でも取っただろうか・・・?


僕の不安げな顔を見て


シウォン先輩が声をかけてくれた


”チャンミン 気にするな
チョン様は 気分屋なところもあるから・・・”


「はい・・・」


初対面だというのに バッチリと目が合った瞬間に


刺されるような視線を投げかけてくるVIP


顧客ともなると かなり我儘な人種なのだろうか・・・


少し 怖くなり 


荷物を持ったベルボーイと一緒に歩いて行くチョン様の背中を見つめた





”カッコいい方ですねー
何をなさっているんでしょう?”


キュヒョンは ほれぼれとした表情で シウォン先輩に聞いている


”いいか キュヒョン! チャンミンも聞け
お客様のプライバシーに関することは 一切他言は無しだというのは研修でも教わったよな?”


「”はい”」


”ましてや ここは ON の場所だ
決して ここで お客様のことを口に出して詮索してはいけないぞ
いつ 誰が聞いているかわからないからな?
ちょっとした気の緩みで うっかりと顔や口に出てしまうこともある
フロントデスクでは 笑顔を忘れずに
私情は挟むな いいな?”


「”はい わかりました
すみませんでした”」


きっと チョン様なんて まだいい方なのだろう


中には もっともっと我が儘で理不尽な要求をするお客様もいるに違いない


大丈夫 大丈夫 


僕は 自分に言い聞かせて


人見知りを克服するためでもある接客業に


やっと慣れた自分を心の中で 激励した





”今 他に誰もいないから 教えてやる
先ほどのチョン様は 若くして事業に成功した超セレブという噂だが
何の仕事をしているのかは 誰も知らないんだよ
このホテルには オープン直後から泊まりに来てるから
かなりの常連なんだけど このホテルの現場の人間は誰も
彼の本業を知らない
一部では 海外でしか仕事をしていないとか
某有名商社の会長の息子とか
芸名で本を書いているんだとか 色々言われているけれど
本当のことを誰も知らないんだ・・・
だから 詮索するな”


シウォン先輩の話は


チョン様のミステリアスな部分の謎を解き明かしてくれた


誰にも言わないのか・・・


だから 少し謎めいて見えたんだ・・・





さっきの チョン様の冷たそうな眼差し・・・


初対面の しかも新人の僕を あんな風に凝視して・・・


切れ長の綺麗な目


僕は あのアーモンドのような形のスッとした目を思い出した


まだ若くして こんな高級ホテルを常宿にするなんて


普通のサラリーマンでないことだけは確かだ


そんなこと 誰でもわかるよな・・・


僕は一人苦笑いをした





チョン様から フロントに電話が入ったのは


それから 5分も経たないときだった





     

昨日はユノの DROP が解禁になりましたー♪

カッコ良かった😍

あの撮影を

チャンミンは近くで見ていたんですね\(//∇//)\

そして 何と何と‼️

東方神起 公式Twitter に

公式Instagram

公式FACEBOOK !!!

一気に開設ですよ~🎉🎉🎉

東方神起初めてのSNSです

公式❗️ってところがまた東方神起らしいですよね😘

Inst1_convert_20170926083329.jpg

こんな嬉しい写真を投げてきてもうっ!

こんな2ショットがこれから沢山投下されるのかしら?

もう身が持たないわ…と言いつつ

早速に Twitter Instaglam はフォローしました*\(^o^)/*

実は私 思うところあって FACEBOOK はしていなかったんです

これを機に始めようかな・・・

でも 東方神起の情報を共有するだけのためにね!

Twitterのフォロワーが みるみるうちに増えていくリアル現場を目の当たりにして

ファンは喜んでいるんだなって しみじみ思いました

果たしてどのくらいまで数字が伸びるのかしら・・・?

SJのリーダーイトゥクさんで インスタのフォロワー252万人!

イエソン321万人!

怒涛の更新を繰り返すSHINeeのKEYくんで437万人!

EXOのベッキョンが何と1071万人!

少女時代の歌姫テヨンは1040万人!

この2人がつき合ってたんだから 今思うと 

SMって 事務所は寛大なのか?賢いのか?緩いのか?わかりませんね


東方神起のフォロワーは そんなにいかないような気がしています

SJ は世界中を回っていたから あらゆる国にファンがいるんですよね

東方神起はどうなのかな?

毎日毎日東方神起の海に溺れてなかなか息継ぎもままなりませんが

ブロマンスのケミが充実し過ぎているから

お話は ちょっと 違う感じにしたくなる天邪鬼なMinkです❤️

もう お腹いっぱいなんですよ

頼むから このまま vlive で公開チューしてください💋💋💋





拍手コメント Hさん
パソコン大丈夫ですか〜?
TILL2のシリアルは全滅でしたが
あれの使い道って他になかったのかしら?
ねぇ?



応援してくださる方
ポチお願いします!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2017_09_26


HOTEL_T_タイトル画_convert_20170924232949





”Thank you!”


「Have a nice day!」


得意の語学を活かしたフロント業務


僕は やりがいを感じていた


以前から 興味のあったホテルでの仕事は


僕にとっては 願ったり叶ったりの理想の職場だった





HOTEL T


おしゃれで 人気のあるシティホテルは


都心に位置する 外資系の高級ホテルだ


数年前 丁度 僕が大学を卒業する前の年に


日本に進出してきた 


ビジネスで かなり成功した人や海外セレブと言われる人達も


多く宿泊するホテルは


団体観光客がいないのが 自慢だった





僕は 人見知りだ


一人の時間を好み


あまり ウルサイ場所や人が得意ではない


ホテルとは言え


ここは フロントも比較的静かで


横暴な要求をしてくる宿泊客もいない


そして ありがたいことに


稼働率も80%を超え


正に 順風満帆と言ったところだった





”チャンミン 制服姿 カッコいいなぁ
やっぱり足が長いし 背も高いから似合うよな・・・
イケメンだし”


「えー 何言ってるの?
キュヒョンだって 似合ってるよ?」


同僚のキュヒョンは とても気が会う優しい友達だ


一緒に入社し


フロントに抜擢されたのは


僕とキュヒョンの2人だけだった


いきなりのフロント業務は 異例だそうで


社内でも そのことを知らない人はいないと上司に言われた





僕は両親の母国である韓国語に加え


留学経験から 英語が得意だ


キュヒョンは 韓国語の他に中国語が得意だった


”今日は VIPも多いから よく注意して!
朝のミーティングで話したこと 忘れないで!”


「はい!」


僕たちに そう言ってきたのは


フロント業務の責任者 シウォン先輩


一つ年上だけど


精悍な見た目に加え テキパキとした仕事ぶりに


ホテルの上層部も 一目置いているようだった


たった一つしか違わないとは思えないほど


大人びたシウォン先輩に憧れる女子社員も多いとか・・・





”ウワサをすればほらっ!
本日最初のVIPがいらっしゃったぞ!
粗相のないようにしっかりな!
名前を知らないと怒り出す顧客もいるが
あの方は初めてなら大丈夫だ
敢えて名前は言わないから
初めからやってみろ”


キュヒョンと顔を見合わせて


無言の緊張感を感じ取る


さて!どちらが対応する?


僕たちが 決めるまでもなく


その顧客はチェックインカウンターに到着していた





キュヒョンの前に立ったその人は


『チェックイン いいかな?
今日から一週間 お世話になるよ
チョン・ユンホだ
いつもの部屋でよろしく頼む』


穏やかに そう言った





💕 💕 💕 💕 💕

またまた思いつきで 新しいお話に突入しました!

【黒い瞳・・・】が中途半端で申しわけないですが

書けそうなお話から更新しちゃいますね😘

今回のお話は ”ホミン❤️” です♪

途中 何度か鍵がかかると思います

勿論 ← 何話か未定!結末も未定!

お付き合いいただけましたら嬉しいです😍

いつもコメントや拍手にポチを

ありがとうございます\(^o^)/







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2017_09_25


腐界の住人の皆さま

おはようございます Mink です♪



昨日は 5時の更新はできなくてごめんなさいです



午後6時に チャンミンのティーザーが公開されましたね

solo_3_convert_20170923234940.jpg

”そう来たか?!” って

驚いた方も多かったのではないかと思います

私も そのクチでした



まさに 予想外の新曲で

また 新境地を開いたチャンミンに脱帽です



30秒間の 優しい世界は

間違いなく 

チャンミンの愛しい指が奏でる 

ギターの音色♪




何度も何度も聴いて

その度に

じわりじわりと 目頭が熱くなった Mink です



solo_1_convert_20170923235010.jpg

solo 5



私 やっぱり チャンミンが大好きです

一番好き 。・゜・(ノД`)・゜・。

1年9か月ものオツトメ中にも

ギターを持って事務所に出入りする姿や

外でギターを持ち歩く姿が 目撃されていましたから

ああ 練習しているんだな・・・って 思ってはいました

日本のファンクラブイベントとかで 披露してくれるのかしら?

なんて思っていたら

ドンでもない‼️



ソロのギターで カムバックとは‼️

チャンミンの努力にあっぱれ!です‼️

チャンミン💜

あなたって人は

一体どこまで好きにさせるの?



17091844.jpg

チャンミンソロ?

solo 4



T1STORY のステージで 

2か月間も血の滲むような思いをして手に入れた身体を

見せてくれた時もそうだったし

あなたは 無言実行の人

いつだって ファンにサプライズ!

自分で決めた目標に向かって 影で努力を続ける

必ずやり遂げるけれど 決してひけらかさない・・・

それどころか 少しばかりの揶揄で その場を笑いに変えてみたり

私利私欲・・・とかね

”もっと努力するチャンミンになります”

これははっきりと言ったから 大枠は ”有言実行”

でもその具体的な内容は言わないの・・・ 

だけどね きっとやり遂げたときの達成感はとても大きくて

物凄くチャンミンの自信になってると思います!



何事にも手を抜かない真摯に努力する姿勢

東方神起を心から大切に思う気持ち

大人気アーティストである東方神起のチャンミンはどうあるべきか?が

ちゃんとわかっている頭の良い人だからこそ

ファンに対しても 喜んでもらえるにはどうしたら良いか?を

常に 念頭に置いて行動していることがわかる

余計 好きになっちゃうじゃない・・・

それは ユノも一緒!

2人とも 

”東方神起を生きる”上で

何が大切か どうあるべきか の基本や信念が

全くぶれないのでしょうね

そして そういったところは 同じ考え方なのだと思います

2人が 同じ方向を向いているからこそ 東方神起のステージは熱くて

感動を呼ぶんですよね💖



ユノも 以前言ってましたよね

2人でいると 悲しみは半減するし喜びは何倍にもなる というようなことを・・・

苦しみや痛みは きっと2人一緒だから乗り越えられるんですよね

1人だと不安になるくらい お互いの存在が大きい

まさに 一心同体!



深い深い精神の部分で 繋がっている2人だから

一緒にいると 何よりも誰よりも心強くなれて

いい顔になるんだと 思っています



お互いのドラマやMV撮影に行き合うって

相手を想う大きな愛を感じるので←色々な愛ですよ

胸アツ。・゜・(ノД`)・゜・。

ブロマンスのケミは ファンサも考えてかなり大袈裟に感じる時もありますけれど

それは仕事ですから!

楽しませてあげよう精神に感謝しかないです😭

お互いのことを好きで

信頼関係がなかったら あそこまでできないと思うから・・・



♪ホミンよ~ 今夜も あり~が~とう~ ←



なんかまだ 色々と苦しくて

この情報の波に乗り切れていないです

こんなに毎日毎日新しい話題があると

逆に一歩引いてしまう自分もいます

静かに応援!はさせてもらえそうにないなぁ(^_^;)



チャンミンのMV撮影地の海辺 夕陽がとても美しくて

日本に繋がる ”東方神起の海”で

チャンミンを包みたくなった・・・

そんなティーザーでした

海を眺めて チャンミンは何を想ったのかな?





💕 💕 💕 💕 💕

昨日は Tourism Expo Japan !

行かれた方も多かったみたいですね

ゲストも来たりで盛り上がったようで♪



今日も 朝の更新にさせていただきました

明日は 新しいお話を載せようと思いますが

Timeless がもうすぐ終わってしまうので

読んでなかったアルバムのストーリーを読んだり

スクショしたりとかなり時間を取られていますので

お話も毎日は無理かもしれないです(>_<)

ご承知おきください

【黒い瞳・・・】はもう少し待ってね^_−☆



いつも 私の呟きを読んでくださって

ありがとうございます😘

コメントや拍手もありがとう〜🎉



応援してくださる方
ポチお願いします!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2017_09_24

意外な結果

category: 雑談  

腐界の住人の皆さま

おはようございます Mink です♪



昨日は 更新できずにごめんなさい

夜 いつものようにウダウダと雑談を書き綴っていたら

日付が変わっちゃいましたぁ~

なので 朝公開にしました



皆さま チケットは取れましたでしょうか?

コメントでも数人の方から ”取れた” ”ダメだった” と

聞いています

私は 東京ドームに参戦できることになりホッとしています

プレミアムシートも当たりました

本当に数人のチングの中で 分けてもらったり譲渡したりで

おかげ様で 落ち着きました



Twitterで見つけたこちらの画像を待ち受けにして祈ってました

画像を有り難く拝借!

ロック画面は ユノ💛

ひいいいっ! カッコいい~

待ち受けユノ①_convert_20170922231533

ホーム画面はチャンミン💛

待ち受けチャンミン①



ご希望のところが当たらなかった方もまだ

”諦めないで!” by 真矢みき

ヤフチケもTILL2のシリアルも これから発表ですし

それに・・・

今回は なんと チケットが結構ダブっているのですね

心の底から 意外でした!



東方神起の約2年半ぶりの

ライブツアーなのに?




正直 東京ドーム全滅も覚悟していたんです

でも いざ 蓋を開けてみたら

当たってた!

しかも P席当たった日と同じ日に 違うIDでエントリーした一般席が当選してたという残念な事実!

ま おかけ様で チングと交換して別な日も行くことができるようになったのですが・・・

チングは 同じIDで 東京ドーム2日間も当ててた!

かと思えば 東京ドーム全滅で 福岡だけ当たったチングも・・・

一昨日夜までいろいろやり取りをして 気づいたけれど

思ったよりもダブついているように思いました

特に札幌!

SMAPでさえも 満席にするのは難しかったと言われる札幌ドーム

初日なら 埋まるだろうと目論んで

ツアーの初日に持って来たのかな?なんて思っていたけれど

今のところ 余っているように感じます

嵐は札幌ドーム3Daysだそうで・・・凄いわ!

チングは 札幌12日(日)が追加で出るんじゃないか?なんて言っていたけれど

チケット捌けるのか?! 大丈夫か?!

東京ドームも思ったよりも当選率が高かったことに
 
驚きと少しの不安が顔を覗かせました・・・



昨日も Twitterで チケット譲って!交換して! をたくさん見かけました

正規のビギ先行のチケットを 定価で譲り合うのは全く問題ないとのことですので

どうしても! っていう方は まだまだ手に入るチャンスあると思います

Twitterでのやり取りが心配な方は

変なサイトに手を出さずに ヤフチケなどの発表を待った方がいいかもしれませんね



今回のツアーは 発表からツアー初日までの期間が 今までよりもかなり短いです

ヤフチケとTILL2シリアルの発表の後は 

他のチケットサイトの一般販売で終わりじゃないかな?と思っています

よっぽど余っていれば話は別ですが・・・

チケットは 公演約2週間前に発送ですから

少なくとも 10月25日頃には発送が始まるとして

その準備期間もありますよね

そう考えると どんなに遅くても10月半ばまでには

全ての販売が終わっていないといけないことになります

兵役前最後のツアー WITH のときは

発表が8月下旬のa-nationで ツアーが2月6日スタートでしたから

つまり軽く5か月はあったわけで・・・

それが 今回の Begin Again

2か月と21日・・・つまり3か月もないんです

TREE も TIME も チケット争奪戦が最長で4か月あったと記憶していますから

今回は 超スピード決定で忙しいですよね



これは 私Minkの勝手な想像ですけれど

東方神起の兵役中のSMEの業績があまりに下がったために

日本ツアーを当初の予定よりも前倒しにして

日程を組んだように思えて仕方ないのです 

アルバムだって 新たなレコーディングは 3曲だけですもんね・・・

2人に逢えるのは嬉しいけれど

あまり やっつけ仕事はしないでねとお願いしたくなっちゃいます



私の予想は こうでした

9月~10月に 【Rise as God】 や今までの曲を引っ提げてのソウル婚があって

その間に ちょこちょこと日本活動! 

アルバム制作とか・・・雑誌ね ちょこっとテレビも♪

で 10月下旬に シングル発売で11月初めにファンクラブイベント💛

ビギみんなで ”お帰りなさい” を言いたかった

ファンイベで 12月のアルバム発売と翌年のツアーの発表!

なんて 超勝手に想像していましたー

私は 芸能関係の知り合いもいませんし

関係サイトも他の方の情報ブログも殆ど読んでいません

だから 本当に勝手に考えてただけですが・・・



でも カキやんをはじめ おなじみのバンドメンバーさんたちのインスタなどをみると

最初から決まってたのかしら?とも思います

だって皆さんの予定を合わせるのは至難の業ですものね!

ダンサーさんも いつものメンバーだといいな♪

SONNYさん Achiさん 50さんはいてほしいな・・・

少しでも早く 東方神起が元通りの活動を始められるように

決まっていたのかもしれないですね

会場を抑えることはもちろん 衣装やグッズの手配などを考えると

そう簡単には いかないですからね



前回のような 初日詐欺はないでしょうけれど

オーラスの追加はあるかもだし

まだまだ 落ち着かない日々は続きそう!

皆さま 熱く応援していきましょうね~

でも願わくば 太く短く!よりは 

無理をせず細く長く!応援をしていきたいです



2年の間にちっとも痩せなかったけど

鼻息も荒く 気持ちを高揚させて

2人に逢いに行くわ💛

遠慮しておきます~

えっ?!

そんなこと 言わないで~

そして さっきのユノのカッコいい写真

こんな言葉もいいかな?なんて思いました!

俺に逢いたいだろ?_convert_20170922231620

”来いよ!”

”来るよな?”

なんて言われたら嬉しいかしら?

なんて 仕事中に考えていた Mink でした



28日にまたやるんですね?

バカップル💛

楽しみ~♪



     

アルバムの特典も発表されたというのに

考える余裕がない!

どうしましょう?!

拍手コメント Hさん
チケットよかったですね~♪



応援してくださる方
ポチお願いします!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2017_09_23


腐界の住人の皆さま

こんにちは Mink です♪



今日は ライブツアーのファンクラブチケット先行の当落発表ですね

12時発表なので

きっと皆さま お話どころではないでしょうから

今日は早めに記事を上げさせていただきます

午後5時過ぎにココを覗いてくださる読者様が殆どだと思いますので

その頃には もう結果が出ているのですね

はぁ ドキドキしてしまいます!

毎日毎日心臓に悪いくらい驚くことばかりなのに

これ以上 動悸が激しくなったら生きていられないじゃないの!

V20_convert_20170921005249.jpg

ギャーッ!



私は悟りましたよ・・・

後でゆっくり見ようとか 考えようとか できないんだって・・・

どんどん襲ってくるホミンの襲撃に立ち向かうだけで精いっぱい!

うっかり 確認しそこなった情報は あっと言う間に流されていってしまうんですね



だってねー

昨日の vlive とやら・・・

あれは 一体なんだったんでしょうか?

ブロマンスのケミを見せるっていうのは

イチャイチャ現場を公開してくれるっていうことだったんですかね・・・

楽しそうで何よりです
V3_convert_20170921005822.jpg

V7_convert_20170921005859.jpg

V6_convert_20170921005839.jpg

V1_convert_20170921005742.jpg

まぁこのくらいなら良しとしましょうか

でも

えっ?
V7_convert_20170921005859.jpg

へっ?
V_convert_20170921005345.jpg

あー!
V8_convert_20170921005713.jpg

アウト!

完全にアウト!

ええかげんにせぇ!


普通にしゃべっていたかと思えば
V11_convert_20170921010013.jpg

V12_convert_20170921010027.jpg

見つめあっちゃって💛
V15_convert_20170921010148.jpg

お手手にぎにぎしちゃって💛
V13_convert_20170921010041.jpg

ユノの太ももに手を置いちゃって💛
V14_convert_20170921010057.jpg

チャンミンも本当は 少し恥ずかしいでしょうけれど

ヒョンが ブロケミを見せる!とか言っちゃったものだから

頑張って 愛を隠しもせず

私たちに見せつけている(見せてくれている)のよね

左手には ちゃんとブレスレットも光っていたもの・・・

V4_convert_20170921005956.jpg

それにしても まぁ よくここまでくっつけるものだと

尊敬の域に達しています!

色々なエピソードも 聞けたようで 嬉しいですね~

チャンミン シウォンからよく電話かかってくるんだ~とか

ユノの携帯は チャンミンをウリチャンミニ(俺のチャンミン的な感じとか)って登録してるんだ~とか

ユノは 最近コーヒー(アメリカン?)が飲めるようになったのね~とか

チャンミンのお母様はお茶目で現金だわ~とか

お互いのソロ曲のMV撮影現場に 行ってたんだ~とか



このお写真見たときに ”ははぁ!”と唸りましたよ!

V17_convert_20170921010133.jpg

チャンミンの撮影に 一緒にいたんだ~って・・・

きっと 海辺でじゃれ合ってたんだわ!

夕暮れの浜辺を お散歩しながら 時折手なんか繋いじゃったりして

仕事だけど ”デートみたいだな” なんて言いながらね~

この写真だって もしかしたらユノが撮ったのかもしれませんよ?

V18.jpg

V19.jpg

ユノの撮影は 大変んだったんですね?

V10_convert_20170921005627.jpg

メイクもばっちりでね!
V9_convert_20170921005655.jpg

こんなにカッコいいのに・・・

V22_convert_20170921012903.jpg

2人でワチャワチャしているときは こんなネコ髭スマイルになっちゃうんだから~
V3_convert_20170921005822.jpg

ユノも少し幼い感じになって

やっぱり 2人でいられることが本当に嬉しいんだな!って実感しました

そりゃあ 生ライブだから 多少はテンション上げてサービス精神も多めに出したと思いますけれど

人前でこんなにラブラブぶりをアピッてくれて

もう感謝というほかありません!

この公開恋愛が 続くと思っていいのですね

事務所も遂にこの路線を OK したのですね



ああ

私 

生きてて良かった・・・



それでは また♪


     


応援してくださる方
ポチお願いします!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2017_09_21


腐界の住人の皆さま

こんにちは Mink です♪



これは何ですか?





なんかね…色々苦しくて

休む日がいちにちもない‼️というか

24時間体制で アンテナ張ってないと

あっという間に情報難民だわ😱



vlivepとやらもあるし

見られる方は楽しんでくださいませm(_ _)m



そう言えば 先日こんなの見つけました😍

こんな会社あるんですね(≧∇≦)

ゴージャスなベルトっぽかった


こちらはだいぶ前から写真撮ってた薬局

近くなら行っちゃうな〜


他にもあるんだけど写真が見つけられなくて(>_<)

お話 もう少し待ってくださいね😘



     

拍手コメント Hさん
C-C-B わかってくださって嬉しいです(≧∇≦)
昨日書き忘れた〜

拍手コメント Tさん
いつもありがとう( ´ ▽ ` )ノ
ホミホミ😍



応援してくださる方
ポチお願いします!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2017_09_20


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top