FC2ブログ



HOTEL_T_タイトル画_21話から_convert_20171015124527





”きゃー! チョン様よ!”


先輩のスニさんは 久しぶりに見るチョン様の姿に


目がハートに変わっていた


『こんにちは 久しぶりだね~元気にしてた?』


”はい! 元気です”


相変らず 爽やかな笑顔を振りまいて


フロントのみならず 回りの人たちの視線をくぎ付けにする憎らしい人


”チョン様 チャンミンばかりではなく
たまには私たちともお話ししてくださいね”


『ああ 悪かった
私は 不器用なのでね・・・
あまり 皆に気の利いたことも言えなくて 悪いと思ってる』


”ふふふ いいんですよ
こうして 素敵なお姿を見せてくださるだけで
女性社員は 大喜びですから”


『ありがとう 嬉しいよ
じゃあ 今日はスニちゃんに ルームキーを貰おうかな?』


”はい 喜んで”








何が 『気の利いたことは言えなくて』 だよ・・・


十分 言ってるじゃないか?


僕は フロントの隅で 別なお客様の対応をしながら


大きく聞き耳を立てていた


チョン様と スニ先輩の会話に・・・


スニさんは 優しくてとてもいい人なので 


スニさんに嫉妬はしていない


やたらめったら 回りの人の視線を集めるあの ”たらし” の言動に


聞き耳を立てているんだ





僕を あんな風に 好き勝手に抱いてるくせに


よく言えるよ あんな調子のいいこと・・・


天然たらしっていうのは チョン様のためにあるような言葉だと


僕は改めて再確認した





「はい さようでございます
では 何かご不明な点がございましたら 何なりとフロントまで
お申し付けくださいませ」


”ありがとう”


「お気をつけて 行ってらっしゃいませ」


お客様を送り出すと 


フロントには 僕とスニさん キュヒョン 


そして チョン様だけになった


すぐ裏に シウォンさんもウニョクさんもいるけど・・・


”チョン様とチャンミンは よほど話が合うんですね”


キュヒョン 余計なことは言わないでよ・・・頼むから


『ハハハ そうなんだよ
私の話を とても楽しそうに聞いてくれるからね
なかなか 終わらなくて』


”きっと チョン様のお話が面白いんですね”


スニさんも楽しそう


『私も 一応仕事があるのでね
そろそろ と思うんだけど
そういう時に限ってチャンミンが もっともっとって強請るんだよ』


ガーッ!!!


何を言いだすつもりだ?!


『チャンミン 目が大きいだろ?
男なのに 可愛く上目遣いで 私を引き留めるんだよ
もう一度 お願いって・・・』


僕は一気に身体の体温が上昇し


胸が大きく波打った


あのねー!


『あんまり可愛くお強請りするもんだから
ついつい 私も 放っておけなくてね』


”きっとチャンミンは チョン様の色々なことを知っているのね?”


「・・・」


”羨ましいわ”


ちらりと 視線を向けると 


キュヒョンがニヤニヤしてこっちを見ている


キュヒョンの奴め!


キュヒョンの向こうで こっちを自身たっぷりに見ている男


上質なスーツをピタッと着こなす スタイルのいい男


チョン・ユンホ! 覚えてろ!


目が合うと 


にっこりと 笑い


『チャンミン・・・また 後で待ってるよ
今日はもう 仕事は終わったんだ
時間はたっぷりあるから いくらでも大丈夫』


「・・・」


『今日は早番かな?』


「・・・はい」


『じゃあ 仕事が終わったら 部屋に来て』


「・・・」


”いいなぁ チャンミンてば
全女子社員の憧れなのよ? もっと嬉しそうな顔をしてよ”


”そうだよ チャンミン! 
同期の星 全女子社員の平和のために 頑張れ!”


スニさんも キュヒョンも いい気なもんだ


僕は あと1時間もしたら もうあの部屋に行って・・・


それだけで 身体中が更に熱を持った


”あらっ? チャンミン 大丈夫?
顔がなんか 火照ってるわ・・・
それに 耳まで真っ赤っ赤よ?”


「だ・・・大丈夫です」


”医務室へ行った方がいいんじゃない?
お薬もらって 落ち着いてからチョン様のお部屋に行ったら?”


「そうですね・・・」


”せっかく今日は時間がたっぷりあるって おっしゃっていたんだから
行って差し上げてね”


ああ そうやって スニさんまで 僕を生贄に差し出すんだ


そう 僕はまた チョン様のおもちゃにされるために


あの部屋へ 行くんだ





”少し早いけど もう上がっていいぞ?
落ち着いてから行ったほうがいいだろう?”


「シウォンさん・・・」


”せっかく気に入ってくださったんだ
喜ばせて差し上げたらどうだ?”


十分 悦ばせてるよ?と 心の中で言い放ったけれど


僕自身も 身体全体で 悦んでいるのだと 


口に出せない想いを 飲み込んだ





僕は いつまで あの人のおもちゃとして 


抱かれるんだろうか・・・


そのうち 新しく気に入った人ができたら


僕は ポイされるのだろうか・・・


それでも 僕は チョン様の部屋をノックしてしまう


仕事なのか 僕個人の意思なのか 


もう わからなくなっていた









ピンポン!


少しばかりの手の震えを感じながら


僕はまた 魔性の男の元へ行く


ガチャン!


ドアが開き 


手を引かれる


チョン様は 片手で僕を抱き 


片手で ドアチェーンをかけた


そのまま 抱き寄せられ 壁に押し付けられ


『チャンミン・・・』


「チョン様・・・」


ねっとりと絡みつくような濃厚なキスで迎えられる


これからの時間が


更に濃厚なものになると確信した





僕は チョン様の セクシーな唇で魔法をかけられ


さっきまでの怒りは 何処へやら


また トロンと蕩けそうになり


熱い舌を たくさんたくさん迎え入れた





チョン様で 窒息しそうだった





     

いつも 応援ありがとうございます♪

過去のお話にもズラリと拍手が並んでいるのは

お一人の方が読破してくださっているのでしょうか?

どのお話にも 思い入れがあるので嬉しいです㊗️

ありがとうございます😊

ジスさん まんどぅいさん Yamamechinさん

鍵コメ Sさん Mさん Cさん 拍手コメント Hさん

いつもありがとう!

果たして この2人は心で結ばれることはできるのでしょうか?

まだまだ続きますので

2人の行く末を 温かく見守ってくださいね♪

💕 💕 💕 💕 💕

シリコンバンド_convert_20171103150502

8000円お買い上げでランダムに一つとか・・・

一つは欲しいけど もうグッズ買っちゃったしなー

欲しいものはもうないしなーと悩みます

強気ですよね(^_^;)

🎃 🎃 🎃 🎃 🎃

そして 10月にあったSMのハロウインパーティーね

2人で抜け出した疑惑が浮上・・・(//∇//)

SM_ハロウイン2_convert_20171103150548

食事中は 右のテーブルに2人ともいるらしいのですが

私はユノしかわからないんだけど 緑の髪の・・・

ユノの斜め前がチャンミンかな?

SM_ハロウイン1_convert_20171103150531

その後と思われる記念撮影の時には

何処にもいないんですよね・・・2人とも(//∇//)

((((;゚Д゚)))))))



応援してくださる方
ポチお願いします!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2017_11_03


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top