FC2ブログ



HOTEL_T_タイトル画_21話から_convert_20171015124527





「キュヒョン 今日飲まない?
お互い早番だろ?」


”珍しいね チャンミンから誘ってくれるなんて”


「久しぶりに 二人で話せるかなあって思って」


”OK! 今はチョン様もいないしね”


「キュヒョン・・・そういうつもりじゃ・・・」


”わかってるって!
じゃあ DROP 行こうか?”


「そうだね ワインも美味しかったし」





やっぱりキュヒョンは気の置けない貴重な友人の一人だ


シウォンさんも休みだし


気が楽だった





”で? 何か話があるんだろ?”


「うん さすがだね」


”わかるよ そのくらい
もしかして チョン様ともっと深い仲になるにはどうしたらいい?
みたいな?”


「あのねー」


”恋愛相談は勘弁してよ 
僕 そんなに経験ないから・・・
ましてや 相手が男なら シウォンさんに聞いた方が早いよ?”


「誰が恋愛相談って言ったんだよ」


”違うの? マジで?
てっきり あのイケメン社長のことだとばかり思ってたよ”


「噂好きな奴はこれだから 困るね・・・
あのさ 僕 手を挙げようと思ってるんだ」


”ん?”


キュヒョンは おどけて万歳をした


「新規オープンのリゾートね」


”へっ?”


万歳をしたまま 


丸い目を ぎょろっと大きく見開いて


”マジ?”


本当に 驚いたみたいだった





「その マジだよ・・・
キュヒョンは 考えてない?」


”全く”


「そうか・・・
僕は 自分の可能性を試してみたくなって
挑戦してみようと 思うんだ」


”・・・”


手を下ろし


グラスに残った赤ワインをごくりと飲み干し


僕に向き直ったキュヒョンが言った


”逃げるの?”


「違うよ・・・」


”チョン様から 逃げるんだろ?”


「だから違うって」


”じゃあ何なんだよ
まだ就職して 間もないんだよ 俺たちは
やっと 希望のフロントに配属が決まって
これからって時じゃないの?
今 こんな中途半端な状態で 北海道へ行きたいなんて
チョン様のことが 関係しているとしか思えないよ”


確かに


キュヒョンの言う通りかもしれない


あのエロ魔神は 今頃どこで何をしているんだか・・・





”この際 はっきり聞くけどさ
あのイケメン社長と どうなってるの?
付き合ってるんだろ?”


「・・・いや・・・」


”でも あるんだろ?
そう・・・その・・・そういう関係・・・”


少し赤くなって口ごもるキュヒョンの戸惑いが 伝わる


「キュヒョンだから 言うね
あるよ・・・」


”・・・”


「何度も 何度もね・・・」


”・・・”


「呼ばれるたびに・・・」


”もう いいよ・・・”


「でも 僕は あの人のことを何も知らないんだ」


”何だよ それ・・・”


「自分のことは何も話さないし
何か こう 聞いてはいけないような雰囲気なんだ」





僕は ベッドの上でのチョン様を思い出した


イク瞬間に 切なそうに僕を見つめ 顔を歪めるチョン様を・・・





”好き なんだろ・・・?”


下を向いて 苦笑いをする僕の肩に


キュヒョンが 手を置いた


「わからない・・・
でも 多分 好きなんだろうな と思う・・・」


”チョン様は? あの人は チャンミンの事を何て?”


「うん・・・
あまり 話をしないから・・・」


”じゃあ 何してるんだよ?
あんなに長時間一緒にいてさ”


そこまで言って キュヒョンが ハッと気づいたように


顔を赤らめた





ごめん キュヒョン


本当に 話なんて あまりしてなくて


ずっとずっと 裸で抱き合ってるんだ


その時間は


2人の間に 言葉はいらないんだ・・・


まさか そんなこと はっきりキュヒョンに言えるわけもなく


僕は 押し黙った





”わかりましたよ チャンミン君
自分でも認めたくないけど 好きになってるんじゃないかって
思ってるんだよな?
でも 相手は男だし 得体が知れないし
こんなことしていていいのか? みたいな気持ち?”


「・・・まぁ そんなとこ
女みたいだよね 僕・・・」


”恋愛に悩める女のコの相談受けてる気分”


「キュヒョン 十分恋愛相談に乗れると思うよ?
経験 少ない割にはね」 


”コノヤロー!”


「ハハハ」


僕の首を羽交い絞めにして ふざけるキュヒョン


ああ やっぱり キュヒョンはいいな


こんな友達 なかなかいないよな・・・





北海道に行くということは


キュヒョンとも離れるということ・・・


僕は それがとても寂しく感じた





”もし 決まったらさ・・・
チョン様に 何て言うつもり?”


「そのまま 本当のことを言うよ」


”俺 ちょっと納得できない”


キュヒョンが 珍しく少し怒ったような顔をした


"俺の大切な親友をこんなに悩ませてさ"


まさか チョン様に 何か言ったりしないよね?





今頃 どこかで 僕の知らない誰かと


裸でいるのかもしれないと思うと


キュヒョンに 乗り込んでもらうのも悪くないのかも・・・なんて


しょうもないことを考えてしまう 


女々しい自分が 嫌になった





     

鍵コメ Mさん
相変らず 好感度ゼロ?ですよね~(^_^;)
この先 どうなるかな?

ジスさん
日経エンタ 良かったですよね?
2人ってば本当にファン思いで 大好きです😘

まんどぅいさん
毎日17時に仕事を抜けてトイレ?
小説みたい?嬉しいよ~
そんなに楽しみにしてくれて~😍

Yamamechinさん
お2人のお嬢様は理解があって素敵💕
お話書いてたんですか?
是非最後に答え合わせの結果を教えてくださいね♪

拍手コメント Mさん
はじめまして♪
どっぷりハマってくださってるとのこと㊗️
嬉しいです😍
まだまだ色々なお話書いてみたいので
これからもよろしくお付き合いくださいね♪

拍手コメント Hさん
私も一昨日は日本シリーズ最後まで見てましたよ~👍
高校生の頃 野球大好きだったので
今でもルールとか家族の中の誰よりも詳しいので
息子に聞かれて説明しながら見てました😘
セトリ気になりますね(≧∇≦)

💕 💕 💕 💕 💕

皆さま
優しいお言葉をかけてくださりありがとうございます😊
家の片付けも家族のこともいい加減にしているから
そろそろツケが〜😱
お話を書く時間が一番の癒しなんですが
無理せずポチポチやっていきますね♪



応援してくださる方
ポチお願いします!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2017_11_06


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top