FC2ブログ



HOTEL_T_タイトル画_21話から_convert_20171015124527





チョン様・・・


スーツを着て立っている姿も 


誰にも負けないくらいカッコ良いけれど


身に纏う布の1枚さえもない


産まれたままの姿のチョン様がまた


言葉では言い表せないくらいカッコよくて


僕は 抱かれる幸せに酔いしれた


できることならば


このまま


朝まで いや ずっと ベッドの上で過ごしたい


だって


ベッドの上で 肌を合わせている時だけは


チョン様は 僕だけのものだから・・・





『はっ・・・チャンミン 痛くないか?』


「んっ・・・チョン様・・・いい・・・あっ・・・あっ・・・」


『動くよっ』


「あっあっあっあっああん・・・んんっあっ・・・」


時間をかけて ゆっくりと入ってきたチョン様は 


もう待てないとばかりに 腰をグラインドさせ


うねるように 僕を突き上げた


僕は だんだんと押し寄せる快感の波が


次第に大きくなるのを 身体の芯で感じながら


薄れゆく意識の中で 夢を見た





こうして 愛する人と繋がれる幸せを


僕は一瞬でも手にすることができている


こんなに 一体感を味わえる相手は


そうそういるもんじゃない


チョン様だって きっとそう・・・


僕とチョン様は 多分


見えないところで繋がっているのではないか?


そんな夢・・・


これから先 もしかしたら


ベッドの上以外でも


身も心も繋がれるのではないかという夢


これは 僕の思い込み?


錯覚?


自惚れ?


そんな夢を見ている間にも


現実の波は どんどん大きくなり


僕は 大海原に投げ出されたような


激しい揺れと苦しさに


自分が今 何をしているのかさえわからなくなった


ただ必死にシーツを掴む





『泣くな チャンミン 泣くな』


誰・・・?


僕の名前を呼ぶのは誰?


良く知っている・・・


僕は この声を よく知っている・・・


ぼやける視界の先に


ああ チョン様がいる


僕の名を呼ぶ 大好きな声は


チョン様だね・・・





『苦しいか・・・?』


「はっ・・・ううん だいじょ・・・ぶ
よくわからないけど だいじょ・・・ふ」


『じゃあ泣くな・・・』


「泣いてなんか・・・ない」





何度も 泣くなと言われた


泣いてるつもりもないのに


チョン様がぼやけるのは やっぱり泣いてるのかな・・・






「ああっ・・・!」


『はっ・・・』


いきなり強くなるうねりに


僕は耐えきれず 大きな声を上げた


「イキそう!」


『俺もっ』


「はぁっ・・・」


止まらない刺激に 必死にくらいつく


『チャンミン! ユノって言って』


「なに・・・? あっ・・・」


『ユノ だよ・・・
チョン様じゃなくて はっ・・・
俺のこと ユノって呼んで』


何を言ってるのか・・・


この後に及んでもう僕は何も考えられないというのに・・・


「ユ・・・ノ・・・」


『そうだ ユノだ
俺の名前を ユノと呼んでくれっ』


「ユノッ・・・ユノ・・・」


昇りつめる寸前


僕は 大きく揺れながら


言われた名前を叫んだように思う


何度も 何度も・・・





「ユノーッ! あああっ!」


『チャンミン!』


僕たちは 多分


同時に 果てた・・・





💕 💕 💕 💕 💕

コメント 拍手コメントありがとうございます😊

拍手もポチも♪ 嬉しいです😆



更新待ってるよ♪な方
応援よろしくお願いいたします!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村





テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_01_09


HOTEL_T_タイトル画_21話から_convert_20171015124527





~ Yunho side ~





なかなか 入らなかった


途中まで 挿れてみたものの


その先まで 進めそうになかった


『くっ・・・んんっ・・・はぁ・・・』


「あっ・・・あ・・・ん・・・」


キツイ・・・


久しぶりだからなのか


いつも以上に キツイ


なかなか 入りそうもない・・・





『チャンミン・・・キツ過ぎ・・・』


「そんな・・・」


『はぁ・・・どうしよ・・・これ どうしてくれる?』


今にも破裂しそうに張りつめた自分の昂ぶりを


チャンミンの顔の前に突き出す


少し潤んだ瞳で ソレをじーっと見つめるチャンミン


「どうしてくれるって言われても・・・
僕は チョン様を待っているのに・・・」


『俺だって 早くチャンミンの中に入りたい
ただ それだけなのにな・・・』


「たっ・・・足りないですか?」


『何が?』


「だから・・・その・・・ほぐ・・・しが・・・」


恥ずかしそうに言うチャンミンに萌える


『急ぎ過ぎたかな?』


「もう少し 時間をかけないと 僕のは破れちゃいます
あ・・・チョン様がいけないのではなくて・・・」


『ん?』


「あんっ!」


喋っている間さえも もうもどかしくて堪らない


指を挿れて ほぐしにかかる


急に挿れられた指に 驚きの声を上げながらも


腰を浮かすチャンミンが 愛しい


早く早く この昂ぶりを根元まで ぎっちりと埋め込んで


チャンミンを感じたいのに・・・


「んん・・・ふぅ・・・はぁん・・・あ・・・」


可愛らしい声を出しながら 目を閉じるチャンミンの後ろを


指を使って 更に広がるように丁寧にほぐし始める


「はっ・・・あん・・・ん・・・チョン様・・・
そこは・・・あっ あっ いきなり ダメです・・・あっ」


チャンミンの感じるところなど 目を瞑っていてもわかるというのに


ちょっと指で 突いてやっただけで


盛大に仰け反る 感じやすい君・・・


『これだけで イクなよ?
まだ 入らない・・・』


「チョン様のが 大きすぎるから・・・」


『何? チャンミンがそうさせるんだから仕方ないだろ?』


わかっているなら 早く俺が入れるように広げろ!と言いたくなる





指を増やし 縦横無尽に中を動き回ると


チャンミンの声や漏れる吐息が 一際色を帯びて


俺を更に 誘いに来るから 堪ったもんじゃない





『いい加減 大丈夫だろ・・・』


「ん・・・んふ・・・」


すっかりトロンと呆けた瞳


さっきよりは だいぶ柔らかくなっただろう





俺は


自分のモノをチャンミンの秘孔にそっとあてがい


太ももの後ろを持ってグッと 広げながら持ち上げた


いい感じで ヒクついている


少し 円を描くように その入口を擦ると


「はぁ・・・ん・・・あぁ・・・チョン様ぁ・・・来てぇ」





ベッドの上での甘い口調を チャンミンは自分でわかっているのだろうか


ゆっくりと抜き差ししながら 少しずつ少しずつ


大切なチャンミンが 痛くないように


我慢に我慢を重ねて


優しく 侵入を試みて行った





待った甲斐があり


無事に 繋がった時の安堵感と言ったら


今までで 一番だったかもしれない・・・


何と言っても 俺が 何度も抱きたいと思った唯一の相手なのだから・・・





そんなこんなで クタクタになりながらも


繋がれた嬉しさと安堵感に


暫く 動かずに 俺を感じて目の淵を赤く染めるチャンミンを眺めていた





☆ ☆ ☆ ☆ ☆





腐界の住人の皆さま

今年初めてのお話更新でございます♪

札幌で繋がったままの年越しでしたよね

繋がるまでの感じはこんなだったというお話です

溢れかえるホミンBL小説の数々に

このお部屋が忘れられてしまうのではないかという不安にさいなまれ

ヒヤヒヤしておりました

毎日 というわけにはいきませんが

だいぶ 日常が落ち着いてきましたので

ポツポツと更新かけていきます

どうぞ よろしくお願いいたします💛





更新待ってるよ♪な方
応援よろしくお願いいたします!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_01_07


腐界の住人の皆さま

こんにちは Mink です♪







なんて素敵な2人なんでしょう💕

✨ ✨ ✨ ✨ ✨

今年も精一杯応援するじぇ〜( ^_^)/~~~

なで肩じゃないチャンミンが新鮮だわ😍

住人の皆さまは お正月はいかがお過ごしでしたか?

私は全く自由がなく

12月の忙しさを引きずり

母の病院や父のお世話に双方の実家

なんかずーっとお料理してたような😞

プリンターのトラブルに家族の用事

息つく間もなく 仕事に来ています(>_<)

チングは旦那様のみ不在で

ずっと腐小説読みまくっていたとか・・・

一番の贅沢かもしれませんね😍

読みてぇ〜😭

書きてぇ〜😭

一人になりてぇ〜😭

心の声😫



ユノとチャンミンは2日には事務所に顔を出していましたね

ご家族との時間は少しは持てたかな?

私は仕事始めでしたが

ユノとチャンミンにも早く"姫始め" を😍と

頭の中をショッキングピンクに染めて

お雑煮食べていたんですが

考えてみたら 二人は

北海道で繋がったままだった (//∇//)



早く続きを書きたいのですが

しばらくは 飛び飛びのんびり更新になります

楽しみにお待ちいただけたら嬉しいです😊

では また〜😊



応援してくださる方
ポチっとお願いします!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_01_04


腐界の住人の皆さま

あけましておめでとうございます♪

Mink です♪


2018カレンダー①_convert_20180102165818


今年もどうぞよろしくおねがいいたします

お話はいましばらくおまちくださいね♪



応援してくださる方
ポチっとお願いします!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_01_02


12  « 2018_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top