FC2ブログ



ユノ初恋①_convert_20180421233746





少し かさついた唇・・・


これが チャンミンの唇なのか・・・





大人しく 動かずに


目を閉じているチャンミンが 


この行為をどう思っているのかは 正直わからないけれど


少なくとも 今は 嫌ではないはずだ・・・





『チャンミン・・・ご・・・ごめん』


「・・・?」


ずっとこうしていたい気持ちを抑えて


そっと目を開けた


目の前には 不安げに俺を見る可愛いマンネ


ああ そんな顔を見せるから


堪らなくなるというのに・・・





薄々ではあるけれど


自分の中に潜む邪悪な思いに


気づきつつある自分が怖くなって


唇を離した・・・


『冗談だなんて 言ったくせに・・・
俺 サイテーだな・・・』


「そんなこと・・・ない・・・」


『悪かった・・・』


「ヒョン・・・サイテーなんかじゃ ないから」


『いや 俺はサイテーだ・・・』


「僕は大丈夫」


『驚いたろ?』


「・・・ん 少し・・・
でも 僕 嫌じゃなかった」


『・・・』


「ヒョンなら・・・
ユノヒョンなら・・・
いいと思ったから・・・」


マジか?!


どういうことだ?





日々の活動に精一杯で


今は恋愛どころではない生活


チャンミンを そんな対象として見たことなんてなかった


いや


見てはいけないと思っていた


チャンミンに限らず


今は恋愛にうつつを抜かしてる場合ではないと


リーダーである自分を戒めていたんだ





でも


今夜の この甘さは何なんだろう


明らかに チャンミンもいつもと違っている


時が止まればいいのに・・・





調子に乗ったら最後


乗りっぱなしになることを恐れ


チャンミンから身体を離し


ベッドに腰掛け 背を向けた


かける言葉も見つからなければ


顔を見ることも憚られた


今 見たら


また同じことをしてしまいそうだ


身体の中心が 少しばかり熱を持っているのは


やはり 俺の潜在意識の中に


チャンミンがいるからに違いない





シャワーでも浴びて


熱を収めようかと 立ち上がりかけたその時





「ヒョン!」





チャンミンが 俺の腰に手を回し


背中に顔をつけてきた





激しく波打つ心臓に


静まれ!静まれ!と 頭の中で声をかける俺の耳に


「ヒョン また 練習して・・・いい?」


『・・・』


「ううん 練習・・・させて?」


悪魔の囁きが 聞こえた





     

最近ツボったこの写真

20180421123113f6f.jpg


チャンミン💜怖いってば😂



拍手やポチ!コメントに拍手コメント!

ありがとうございます😊



応援してくださる方
ポチお願いします!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_04_23


03  « 2018_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top