FC2ブログ



HOTEL_T_タイトル画_21話から_convert_20171015124527





キュヒョンに沢山の秘密を知られ


弱みを握られた僕


”誰にも言わないから大丈夫 安心してよ
あ でもあの人には言わないとね・・・”


「誰?」


”嫌だなぁ・・・チャンミンに本気で恋してフラれちゃった
あの人だよ”


「シウォンさん・・・?」


”YES! シウォンさん
チャンミンがいなくなってからさ どことなく心ここにあらずって感じで
寂しそうだったんだよね”


「そうなんだ」


シウォンさんに 抱き竦められたことを思い出す・・・


”それに あの人 チョン様 いっけね 社長だった
社長とも昔からの知り合いなんだろ?
チョン様のリゾートの社長の就任の挨拶を見た時さ
何とも言えない複雑な表情してたよ・・・”


「シウォンさん 僕じゃなくても モテるだろうに・・・」


”ユノが パートナーじゃ 誰も敵わないなって言ってた”


「ふふ・・・そう」


”でも 気にするな もうあの人は大丈夫
僕がついてるから!”


「えーっ? まさか? キュ・・・キュヒョンとシウォンさんが?」


目ん玉が飛び出そうなくらいびっくりした


”実は そうなんだ・・・だから
男同士のこと チャンミンに色々教えてもらおうと思って”


「ちょっ 待って 心の準備が・・・」


”何だよ 自分はすっかり チョ・・・社長の虜になってるくせに”


「虜とか言うなよ 僕がユノに夢中みたいじゃないか・・・
まぁ 夢中と言えば 夢中だけど・・・」


僕は もごもごと口ごもった





”チャンミン 可愛いなー
やっぱり 社長の気持ち わかるわ”


「からかうなよな・・・」


”純粋なとこ 大好きだ~”


急に キュヒョンが抱きついてくるから 驚いた





”俺とシウォンさんとか 嘘だよ~”


「はっ?」


”信じた?”


「このーっ!」


僕は 本当に騙されやすいのだろうか・・・?





”ごめん 実はさ
俺 彼女ができたんだ”


「マジ? やったな
って それもまさか嘘じゃないだろうな?」


”ははは ごめんごめん これはホント
ほら見て?”


キュヒョンは 嬉しそうに2人で撮った写真を見せてくれた


え・・・?


これ フロントの・・・


”驚いた?”


「うん・・・」


キュヒョンの彼女って 


フロントの先輩だったんだ・・・





「ふーん 気を取り直して・・・
へへへ 今度はキュヒョンの話を聞こうかな?
教えてくれるよね?
僕の話を散々聞いたんだから」


俄然 強気でやる気になった僕


キュヒョンと彼女の馴れ初めっていうか


どうして つきあうことになったのか? を聞かないことには


コイツを東京に帰すわけにはいかない





「もしかして ビッグニュースってこのこと?」


”当ったり~”


「な~んだ スモールニュースだな」


”なんだと?”


「ウソウソ! キュヒョンに彼女とか信じられなくて」


”なんでだよー このぉ”





僕たちは しばらくじゃれ合った


あの 頭でっかちのキュヒョンに彼女とか 笑っちゃうよ


彼女とキスするのに えらくたくさんの研究をしそうだもん・・・





「で? もう 寝たの?」


耳元で そっと聞いてみただけなのに


盛大に ゆでだこになったキュヒョン・・・





”あのね チャンミン!”


「はい なんでしょう?」


すっかり強気の僕


”物には順序というものがあってだね・・・”


「うん で?」


”だから・・・まずは 手を握って”


「うん 手を握って?」


”抱きしめて・・・”


「うん 抱きしめる それから?」


”それから って・・・”


「まさか・・・まだ・・・」


”違うよっ”


真っ赤になって怒るキュヒョンが可愛い


「した? キス」


”した・・・ってか された”


「されたー?」


”うん”


「そこまで?」


”うん そこまで”





暫くの沈黙が続き


僕たちは 顔を見合わせて 大声でゲラゲラ笑った





「だって キュヒョン・・・あんなに色々調べたり本読んだり
映像観たりしてさ 
解説者みたいだったじゃないかよ」


”えーいいかな?チャンミン君”


「はい」


”現実はね そうそう思い通りにはならないものなんだよ"


「あまり頭でっかちになりすぎると
余計にヤリずらくなるからね
いっそのこと お酒を飲んだ勢いとかで突進しちゃえよ」


"ダメダメ お酒の力なんてかりたら
信用してもらえない"


「そんな面倒なこと言ってないでさ
ガバッと押し倒した方が 意外と上手くいくかもよ?」


"なんだよ 偉そうに"


「先輩のアドバイスは聞くもんだよ」


僕は 色々理由をつけては迷っているキュヒョンが


可愛くて可愛くてたまらなくなった





「キュヒョン 好きならさ
相手も実は待ってると思うよ?
キスしてきたんだろ?
はやく一つになりたがってると思うな〜」


チラチラと顔色を伺いながら話すと


真剣な顔で赤くなってる・・・


「応援するからさ」


キュヒョンの股間を思い切りぎゅーっと握って言った


「せっかくの新品 使わなにゃ損損」





"だよな・・・
なぁ アレって 気持ちいいか?"


おどおどしながら聞いてくるキュヒョン


お前には幸せになってほしいよ





僕はキュヒョンの耳に口を当てて


「サイコー」


一言だけ 囁いた





     

昨日は ''疎開"だの"わかるかなぁ〜"だの

古いネタに反応してくださった方がいて嬉しかったです😊

若い方はご存じないですよね〜😅

そして☝🏼

今日は 『東方神起の海』 4周年記念日なんです♪

ファンになって7年半 Bigeast になって丸7年

そして 2人の関係を疑い出して ○年・・・

腐って妄想話まで書きだして4年かぁ・・・

ひっそりと お祝いをしたいと思います😍

まだまだ お話の需要はありそうですので

これからも 精一杯 書かせていただきますね♪

読んでくださる方がいてナンボなので

少しでも拍手やコメントをいただけると嬉しいです

コメ返は遅れがちですが

いつもありがとうございます❣️

ではまた明日 HOTEL T でお会いしましょう♪



     

拍手にぽち

コメントに拍手コメント

いつもありがとうございます💕



更新待ってるよ♪という方
応援よろしくお願いいたします!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_08_21


07  « 2018_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top