FC2ブログ



201809151144083db.jpeg






「はい こちら 東方エレクトロニクス
お客様サービスセンター シムでございます」


『昨日買ったばかりのが壊れたんだけど?』


「お客様 お話をお伺いいたします」


ちぇっ・・・こっちは怒ってるっつうのに 落ち着いてやがる


『買ってすぐに壊れるなんて 不良品だよな』


「ご不快な思いをされたんですね 大変申し訳ございません」


『謝られても 直らなきゃ意味ねぇんだよ』


「では 貴重なお時間を頂戴して申し訳ありませんが
お客様がお求めになられたお品物と 
そのお品物がどのような状態か お聞きしたいのですが
少しお時間を頂戴してもよろしいでしょうか?」


『急いでくれる? 時間ないんだけど』


「はい では手短にお聞きいたします
お客様がお求めになられたお品物は何でしょうか?」


『おたくの炊飯器だよ』


「炊飯器ですか?」


『そうだよ』


「炊飯器というと あの お米から白いご飯を炊く炊飯器ということでよろしいでしょうか?」


『あのさ 時間ないって言ったの忘れた?
炊飯器って言ったら 飯を炊くもんに決まってるだろうが!
あ まぁおかゆとかいろいろできるみたいだけどさ』


「当社では・・・」


『細かいことはいいから さっさと新しいのを持ってきてよ』


「そう言われましても まず 状態等をお聞かせいただきませんと
詳しいことは お答えできかねるんです
お求めいただいたばかりと言う事でしたら
説明書か保証書はお手元にございますか?」


『あ? めんどくせえな これか?』


「お求めになられたのはいつでいらっしゃいますか?」


『昨日だよ
せっかく俺が初めて飯でも炊いてみようかと思って買ったのにさ』


調子が狂うな・・・


なんだって こんなに落ち着いてんだよ


「お客様 食べるご飯を炊く炊飯器 でしたよね?」


『お前 バカか?
さっきから 炊飯器だて言ってんだろうが』


「ですから 当社では・・・」


『いいから さっさと対応してくれよ』


「では、コンセントは繋いでいらっしゃいますか?」


『はっ? んなもんあるわけねえだろ
炊飯器だぞ
キッチンに置いて 米を研いで水入れても
スイッチが押せないから こうして電話してるんだろ?』


「はぁ・・・」


『はぁって何だよ? 客に対して失礼だろ?』


「あ 大変申し訳ございません つい」


『つい? ホントに失礼な奴だな
炊飯器ってのは コンセントを繋がないと動かないのか?
買ったばかりだから 充電されてると思っただけだ』


「お客様は 炊飯器を使うのが初めてということでいらっしゃいますね」


『そうだよ 悪いかよ』


「いえ そういうつもりでは・・・
炊飯器というものは 一般的には本体から引き出せるコードがあるかと思うのですが・・・
それをコンセントに繋いで 初めて動くものが多いと思います」


なんだよ 


俺の使い方が 間違ってたってことかよ・・・


ちっ 恥ずかしいじゃねえか


『ちょっと待ってろ
今見てみるから』


「はい ふふふ」


ふふふ?


今 アイツ ふふふって笑ったか?


客に対して ふふふ?


あームカつく!


で? これか・・・


ガーっと引っ張り出して 


差し込んでっと


ピッ!





あ・・・





動いた・・・





『動いたよ・・・』


「それは良かったです ふふふ」


また ふふふ?





     

男前が過ぎるチャンミンにやられっぱなしなので

ちょっと息抜き♪

【黒い瞳・・・】 少し待ってください

あれは 書くのに集中力がいるんです

突然ですが 数話の短編でお楽しみくださいね♪

さいたま成功して ユノもチャンミンも少しは安心できたかな?

2人を信じてるファンの方が圧倒的に多いって わかってくれたかな?

少しは 東京の愛の巣で ゆっくりできているといいですね

さいたまの打ち上げ ベッドの中で シたよね?

黙れ!

     

拍手コメント Hさん
お気遣いありがとうございます♪
私は元気ですよ
Hさんからのコメントがないと私も心配になります(笑)
おっしゃる通り
2人とも冒険だからきっと不安もありましたよね
”大丈夫だよ”と心から伝えたいです
Mink





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_09_30


腐界の住人の皆さま

こんにちは Mink です♪



さいたま終わりました

お話 書けなくてごめんなさいね

幸せな時間を過ごさせていただきまして今は軽いロス状態です

ネタバレOKな方は 既に全てご存知ですよね

私のブログに遊びに来てくださる方は 

お話目的の方が殆どと思いますが

申し訳ないのですが 今日もお話はお休みします



記事はたまにしか書きませんが

今日もレポというか感想を・・・

以前の想いを綴った記事に拍手をくださる方もたまにいらっしゃるので

お話以外の記事も読んでくださっているんだなぁと思うと

とても嬉しいです

ありがとうございます♪



今回の ”明日婚” (一応表向きは明日コン) は

一言で言うと

新しい東方神起の幕開け

でしょう

マンネリからの脱却と挑戦でした



私は 定番曲も大好きなので

今までのスタイルじゃ 絶対嫌!とは思ってなかったのですが

違う面も観たいという思いも勿論あったので 嬉しかったです



30代の東方神起ですもの

年齢と共に 変化は必要ですよね♪

ビギアゲのときは 退役後の初ツアーということと

FINE COLLECTION という2人の東方神起の集大成ともいえる

ベスト盤的なアルバムを率いて だったので

大きな変化は危険ともいえるから 

今までのスタイルでしたよね

SMさん 急いでたから
オリジナルアルバムは後回しで
まずは 2年以上のブランクを経て復帰した東方神起が
日本でどこまで通用するのか 確かめる意味もあったんだと思うのです



でも今回は 満を持して(かどうかはわからないけど)

3年9か月ぶりのオリジナルアルバムを引っ提げての

新しいツアーですから

物凄い賭けにはなるけど 

そろそろ新境地の開拓も必要だと考えたのでしょうね

日産に参戦した私は もう少し余韻に浸って

DVDなど発売してから NEW ALBUM での年明けツアーだと思っていたので

ちょっと早いんじゃないかと思ったけれど

結構前から この日程は組まれていたんだと思います

26日のライブで隣りに座った仙台のユノペンさんは

”日産に参戦していないから ライブが待ち遠しかった”とおっしゃっていました



TOMORROW いいですよね

凄く好きになりました

以下 拙い記憶力を頼りに書くと・・・

(注 チャミペン目線です)



① 大好評のチャンミンの腰の突き上げは
初日のインパクトが強すぎて
2日目と3日目は少し大人しく感じました
物凄い勢いで 腰を突くんですけど
初日が一番長かったような・・・
(すみません毎晩チングとこの話でもちきりだったので)
これから参戦の方
Showtime と Jungle ね♪

②衣装チェンジで髪の分け目が変わる
白いブラウスに黒の革パンの時
2日目のサラサラ向かって左寄り分けが素敵でした
3日目は真ん中分け 
どれも素敵

③白いブラウスの襟抜き具合が
3日目は かなりエロくて 首筋とか はぁ~んて見ちゃいました

④二人がSNSでどんどん上げてって言うんです
 夜 Twitterのタイムライン見てるって・・・
 アルバムの中でどの曲が一番いいかとか・・・

 ユノが初日に読めない漢字もあると言ったら
 その晩ツイッターはひらがなだらけだったと・・・
 でも一般的な漢字は読めますと言ってました

⑤3日目 ユノは 3回歌詞を飛ばしたんです
 (I LOVE YOU の最後の見せ場では
 ♪愛を語る~ から もう迷わない~♪のところあたりまで)
 好きなフレーズだったので えっ?どうしたの?となりました
 
 ユノは 終始少し元気がなかったようで 心配になりました
 あるユノペンさんは”歌詞を忘れたんじゃなくて歌えなかったんじゃないか?”って
 ここ数か月の騒動を おそらくユノ自身も知っていて
 色々な思いがこみ上げて来たんじゃないか?というようなことを呟いていました

 だからなのか 最後の挨拶では
 ”僕たちのことを信じてくれてありがとうございます”というようなことを言ったんですね
 ユノ 大丈夫だよ
 私たちは信じてるから!

⑥ビギアゲ みたいな 省略名称を決めたいといい
 結局 ”明日コン”になったんですけど
 チャンミンは 最後まで ”エロコン” ”ヤラシイコン” ”ヤラコン” などと
 言ってました~いいね~チャンミン

⑦タモリさんのモノマネに続いて
 Mステの弘中アナのモノマネも披露したチャンミン
 ”続いては 東方神起でRoad 秋なのに歌っちゃうサクラミチ 2曲続けてどうぞ”
 ウケましたよー!
 チャンミン的には ”2曲続けてどうぞ” がお気に入りみたいでしたが
 私たちは ”秋なのに歌っちゃうサクラミチ” これにツボりましたね
 チャンミンに名前を憶えてもらえる弘中アナ 裏山ですね
 でもチャンミン 弘中アナは卒業しちゃうんだよー

⑧一昨日の記事にも書きましたが
 今回は ムービングステージやフライングは一切なしなので
 本当にメインステージメインです
 真ん中に突き出るサブステも有りますが 遠い席の方は 
 小さい東方神起を双眼鏡で見るしかないです
 しかもさいたまは スクリーンが小さくて 前方にしかないので
 後ろの方のスタンドなど遠いところの人は 少し寂しかったかもしれません

 初日は P席で近くから肉眼でチャンミンの行為を拝みましたが←
 3日目はアリーナの相当後ろでしたので 首が痛くなるくらいに伸ばしまくって
 双眼鏡でガン見してました←
 トロッコは小さいのが1回回るだけなので
 トロッコのときだけは 狂喜乱舞で叫びましたよん
 チャンミン 見てくれました
 しつこくウチワでアピール!!!

⑨2日目は 400レベルという2階スタンドのユノ側前方でした
 ダンサーさんとのフォーメーションなどが 上から見えて興味深かった
 (ステージ真横の見切れ席に近いところでした)
 MIROTIC で 最後超絶カッコいい2人が 後ろに落ちて消えるという演出があるんですけど
 終わりが近づくにつれ スタッフさんたちが
 マットレスを用意したりしているところが見えて
 結構高い位置から 後ろ向きに落ちるって怖いだろうなと思いました
 初日は ヒャッ! ってなりましたよ
 
⑩Trigger では 2人がピストルで撃つような振付けがたくさんなんですが
 何故か撃つところは スクリーンが圧倒的にユノで・・・
 スクリーンは左右分けて 2人を映してほしいなと切に思いました

⑪選曲については アルバムの曲メインですが
 Reboot を敢えて入れてこないとか 
 1曲目のMake a chance を歌わないとか 驚きましたけど
 これが 新しいということかな・・・
 久しぶりに聴いた SWEAT もアレンジされてノリノリで良かったです
 あと Electric Love はプロジェクションマッピングを駆使
 終始 大人な東方神起でした

⑫それから超おススメのVCR これは必見です!
 2人がカッコイイんだわ・・・
 Mr.TOMORROW という "悪者からお金をせしめて必要なところに届ける" という
 タイガーマスク的な設定でした
 2人の宅配便屋さん姿や バーテンダー姿も♪
 (”紫色の誘惑”を思い出しましたー)
 2人が隣り同士の部屋に住んでいる設定で
 ユノが壁をコンコンして ”起きてる?”
 チャンミン ”もう起きてるよ” だったかな?
 ここで私は悶絶でした・・・はぁはぁ
 ヨジャなし! 最高です!

⑬グッズは売り切れもなく 夕方近くはすんなり買えると思いますよ

まだまだ あったような・・・

そしてね 

3日目 私が一番 ギャーッてなったのはですね・・・

あ 心の中で なんですけど

チャンミンが Weep のときだったか(記憶が定かではありません)

ビギが ♪ラララと歌わされているときだったと思うのですが

「もっともっと ちょうだ~い」

って大声で 叫んだんです!

もう ムズムズしました ←

変態目線で すみません・・・

でもね 

3日目は特に チャンミンだけを双眼鏡で見る時間がとても多かったのですが

本当にダンスが激しくて

かなり大きく動いているんです

あれは 心身ともに 本当に命を削るライブなんだな・・・って

勿論ユノもですよ

2人の本気って こういうことなんだなって 感動しました

そして 感謝もしました

ユノとチャンミンに 関係者に そしてチングや家族に・・・

こんな素敵な時間が過ごせたこと

人生の宝物になります✨

これから 参戦の方 本当に楽しみですね

きっと 楽しいと思いますよ😘



拙い記録を読んでいただきありがとうございました



明日は お話に復帰します



☆ ☆ ☆ ☆ ☆
コメ返できずすみません
遅れます



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_09_29

お知らせ

category: お知らせ  

腐界の住人の皆さま

こんにちは Mink です♪



今日は 更新をお休みさせていただきます





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_09_28


この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2018_09_27

いざ!START!

category: 雑談  

腐界の住人の皆さま

こんにちは Mink です♪



お話の更新はやはり無理そうです(>_<)

ごめんなさい🙏

さいたまスーパーアリーナ❣️

愛する2人に逢いに行ってまいります♪

レポもできるかわかりませんが💦

とりあえず何かしらご報告はしますね♪

えっ?

何?

ミーグリ?

外れましたけど 何か? ←

😭😭😭😭😭

いつか当たりたい😍



てことで さいたまにやってきたので

トントラの写真を❣️

2台が並んでいます

午前中だったので じっくり見れました😍

20180926141947ab5.jpeg


街を走るトントラとは違うver.

20180926142227b2b.jpeg


グッズ売り場の2人😍

裸にタスキでもいいのに\(//∇//)\

201809261423273ca.jpeg




それでは

参戦の方も お留守番の方も

一緒に 心は

We are T ❣️



これからも応援よろしくお願いします♪



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ




2018_09_26


第四幕 チャンミン ①_convert_20170806080548





チャンミン side





久しぶりの母さんのご飯はやっぱり美味しくて


”チャンミン 少し痩せたんじゃない?”


「そうかな・・・
ブラウンさんの作るものを全部食べてたら大変なことになりそうだから
もともとそんなに食べないんだって言ってみたんだけど
どうしてもアメリカ人て 食べる量が尋常じゃないんだよね
いくら僕が大食漢でも あれは危ないよ」


”そうなの?”


「母さん見たらビックリするよ」


”じゃあ チャンミンは自分で気をつけて食べ過ぎないようにしているってことね”


「うん まぁ そんなとこ」


ユノヒョンのことを考えていると


食べられないってときも あるんだけど・・・





翌日 夕方からキュヒョンと会う約束をしていた


その前に 僕は ユノヒョンの家の近くに行ってみた


もうすぐ 就職だろうから 大学の近くの部屋は絶対に引き払っているだろうと踏んでいた


きっと 実家に戻っているはず


逢いに行くんじゃない


自分の気持ちを確かめに行くんだ


ユノヒョンを 一目だけでもいい


遠くから見れば


自分の気持ちがハッキリとわかるに違いないと思ったから・・・





僕と別れるきっかけにもなったであろう彼女と


今もまだ 続いているのかな?


どんな人なのか?全く想像すらつかないけれど


好きな人がいると 告げられた時のユノヒョンの表情


僕は 覚えているよ


辛そうだった


本当に 僕に申し訳ないと思ってくれたんだよね


だからさ


彼女と幸せそうにしているところでも見たら


僕は 本当に諦めがつくと思うんだ


ううん


諦めなくちゃいけないんだって 自分に言い聞かせることができると思ってる


だから


ほんの一瞬でもいいんだ


ユノヒョンの今を 


今のユノヒョンを 


ちょっとだけ 覗きたいと思う





そんなことを考えながら


フラフラと ユノヒョンの実家近くをうろうろしていた


一緒にベンチで座って話をした 公園は 


子供たちで 賑わっていた





桜の季節に この公園を通って


ユノヒョンの家に 行ったっけ


そして あの部屋で


僕は 初めて 


ユノヒョンに抱かれたんだ





あの日から2年経つ


そして 別れてからは半年


僕はね ヒョン


今でも


ヒョンの手が 触れたときの痺れるような感覚を


忘れてはいないよ


優しい眼差しも 温かい胸も


僕を呼ぶ 大好きな低い声も・・・





ぼんやりと 歩いていたんだろう・・・


気づけば ユノヒョンの実家のすぐ近くにいた





”あら? もしかして チャンミン君?”


「・・・あ・・・おばさん・・・」


声をかけてきたのは 他でもない


ユノヒョンのお母さんだった


何度か 遊びに行ったときに会ったことがある


”やっぱりそうだわ チャンミン君よね?
暫くぶりね”


「ご無沙汰しています」


”元気だった? ここのところ 全然話を聞かないから
どうしたのかしら?って 思っていたのよ?
ユノとは 連絡取ってないのね?”


「あ はい・・・」


”そりゃあそうよね
同じ年のお友達と居る方が楽しいわよね”


「あ そういうわけじゃ・・・」


僕は 何と答えたらいいのかわからなくて


口ごもってしまった


“今日はどうしたの?
まさか ユンホに会いに?”


「いえ たまたま この先に友達の家があって
通りかかっただけなんです」


咄嗟に嘘をついた


きっと 変に思われているよな・・・


”そうなの・・・
ユンホがいれば 呼ぶんだけど
今ね いないのよ”


「え? そうですか」


何処に 誰と 何をしに行っているのか


知りたくて 聞きたくて 堪らなくなった


僕のそんな気持ちを救うように


おばさんから 話してくれたおかげで


ユノヒョンの今を知ることになったのだけど・・・





”あの子ね 今 旅行中なのよ
もうすぐ就職だって言うのにね
ドンへ君知ってる?”


「はい 知ってます」


”ドンへ君と二人で アメリカに行っているのよ?”


アメリカ・・・?


ああ そうか


おばさんは 僕がアメリカに留学したことを知らないんだ


”残念ね 昨日出発したばかりだから
来週まで 帰って来ないわ”


昨日・・・


僕とは 完全なすれ違い


神様から 会うなと言われているような気がした


”家もそんなに遠くないんだし
就職したら いくら忙しいと言っても少しすれば落ち着くでしょうから
また 遊びに来てね”


「はい ありがとうございます」


それだけ言うのが 精一杯だった・・・





ユノヒョン 


就職 決まったんだね


おめでとう


きっと いいところなんだろうね


イキイキと仕事をするユノヒョンを想像して


僕は 目頭が熱くなった





     

いよいよ 明日から TOMORROW 婚の始まりですね♪

ドキドキします💓

ツアーの本当の初日に参戦するのは 初めてなので

少し 緊張もあります😣

Make a Chance で始まる予感

Showtime は DIRT みたいな前半最大の盛り上がりの

ダンスチューンに組み込まれてきそうな感じ

Electric Love は思い切り大人っぽく

エロく歌ってほしいです\(//∇//)\

This is my love の大合唱で終わり 

アンコールは運命から♪

まぁ 勝手な想像ですが・・・

セトリとか どうなのかな~

ダンサーさんも一部変わっているようだし

エロエロな2人(//∇//)

イチャイチャな2人(//∇//)

超絶カッコイイ2人(//∇//)

沢山見たいです~😍

今日はさいたまスーパーアリーナでリハーサルですね

この記事が公開される頃には

もう グッズ売り場や P席のゲートなどができているんでしょうね♪

明日 写真集をやっと 受け取れます

色々遅すぎだろー💥

     

拍手コメント Hさん
楽しいコメントありがとう~♪
スマプラムービーで見てますよ~
リビングで なかなか見られないので助かります
ありがとうございます
Mink





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_09_25


第四幕 ユノ ①





ユンホ side





楽しいスノボ旅行を終えて


いよいよ 俺は 就職を間近に控えていた


新しい出会いはあったものの ヨニともユンアとも


それ以上の特別な進展はなく


俺は 最後のアルバイトをしたり 趣味の発明をしたりしていた





そんなある日 ドンへから電話があった


どうしても アメリカへ一緒に行ける人がいないというので


付き合ってくれないかというものだった


俺は 気乗りはしなかったけれど


チャンミンのことを 完全に吹っ切るために


アメリカで チャンミンが頑張る姿を一目 遠くから見て


自分の気持ちと向き合おうと思った


『仕方ねえな 行ってやるよ』


"おー! マジか?
それでこそチョン・ユンホだよー"


ドンへのように 能天気に浮かれた気持ちにはなれないけれど


決めた瞬間に ドキドキした





”就職を控えているんだから あまりハメをはずさないようにしなさいよ”


『わかってるよ』


実家を出たのは 少し肌寒い春の朝


桜のつぼみも 咲きたくてもまだ咲けないような朝だった


出発は午後だけど 


国際線は 何時間も早めに行かなくてはならないから面倒くさい


それでも 初めての海外行きに 


ドンへと2人 気持ちのいい緊張感に包まれていた


”仁川空港って デカいな”


『ああ 思ったよりもでかいな スゲーなんかさ
こうインターナショナルって感じ』


俺たちは キョロキョロと 回りを見渡しながら


出発ロビーへと向かうエスカレーターに乗った





長いエスカレーター


半分くらい 上ったとき


隣りを動く 下りエスカレーターに乗っていた男が気になり


何の気なしに 振り返ってみた


チャンミナ・・・?


隣りをすれ違ったときに 懐かしい空気が漂ったような気がして


思わず一人 振り返ったのだ


どんどん下っていく頭が


後ろの大柄の男の影になり よく見えない


錯覚かな


チャンミナがいるわけ ないか・・・





チャンミナによく似た 頭のカタチ


いや アイツは 今 アメリカにいるはず


きっと アイツのことばかり考えていたから


幻が見えたんだ・・・





下を向いて ふっと苦笑いをした


ドンへは 相変らずキョロキョロしているから


俺の様子には 全く気付いてないようで 


内心 ホッとした





向こうでチャンミンに逢えるという保障もないけれど


ドンへが キュヒョンから以前聞き出した大学と学部


住んでいる地域を頼りに 


俺は 一か八かの行動に出てみようと決めていた


後から考えれば


こんな無謀な計画 成功するはずなかったのに・・・





エスカレーターに乗っていたのが 


本物のチャンミンだとも知らず


ロサンゼルス行きの大韓航空機に 乗り込んだ





     

今日は短くてごめんなさい(>_<)

EXPO行ってる方も多いようですね

直筆サインが当たったとか

超絶羨ましいインスタも上がってました😍

私はと言えば

ミーグリ申し込んで当たったらどうしよう?!って

何故かドキドキ💓してます💓

さいたまの前に 美容院に行きたかっのに予約が取れず

パサパサボーボーの頭で参戦することになっちゃった😭

こんな姿をチャンミンの美しい瞳に映してはいけないわ❗️

きっと汚いものを見るような目で見られちゃうわよね

あ〜でもやっぱり当たったらどうしよう😱

勝手にやってろ💥

逢いたいよ〜チャンミン💜

     

拍手コメント Hさん♪
コメントありがとう😊
写真集早く観たいですよね(≧∀≦)
Mink



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_09_24


第四幕 チャンミン ①_convert_20170806080548





チャンミン side





もしかして 僕は 少し大人になった?


それとも たかだか 缶のビールを2本飲んだくらいで


大人になったと思うなんて やっぱりまだ子供なのかな・・・?





ちょっと 気持ちよくなったこと


ハヌルと別れて 気持ちが軽くなったこと


仲間たちと騒ぐのが 楽しかったことで


僕も マークも 調子に乗ってしまった





外国人の友達と対等に話せるようになったことも 


嬉しかったせいか


女の子たちと ダンスのマネごとをして 


ノリで キスをしたり 抱き合ったりしてしまった


その場にいる友人たちにとっては 大したことではないようで


いつものスキンシップみたいなものなんだろうと思った


事実 後腐れもなく


僕は 気が楽だった


相手に何の感情もないと 


身体に触れても何も感じないものなんだな・・・


でも相手が 女のコだと


変に誤解されないように 気をつけないとな・・・








桜の咲く季節を前に


僕は 韓国に一度帰ることになっていたので


ブラウンさんに 挨拶をして 1週間の予定で旅立った





ソウルは 変わっていないかな・・・


小うるさい妹は 少しはダイエットに成功しただろうか


父さんや母さんは 元気かな?


Face Time や Skype では わからない


実際会って見るまでは 心配でもあった





久しぶりの仁川国際空港


少し 緊張する


到着ロビーから エスカレーターで 出発フロアへ下りていく


長いエスカレーターを下る僕


これから出発する人たちは 隣のエスカレーターで 


出発ロビーに 上がっていく


僕も 数か月前は このエスカレーターを上ったんだ


数か月って 早いな・・・


そんなことを思いながら


空港の中を見回した


さすが アジアのハブ空港と言われるだけあって


大きく 進んだ設備だ


このざわめきも 懐かしい


いつも のんびりとした カリフォルニアの空気を吸っていたから


妙に 都会に来た気分だ





バスでソウルに向かう間に


アメリカで購入したスマホを 韓国で使えるように設定を変更する


早速 親友のキュヒョンから 連絡が入っていた


今週末にでも 会おうと・・・


僕も早くキュヒョンに会いたかった





久しぶりに会う家族は ちっとも変わってなくて


僕のアメリカ話や 妹の学校の話で盛り上がり


家族の団欒は あっという間に時間が経った


”ねぇねぇ お兄ちゃんたらさ 
金髪のボンキュッボンの彼女 できた?”


「いたよ」


”えーいたの?”


「でも別れた」


”えーっ? 何でー? てか早くない?別れるの”


「いいだろ 合わなかったんだよ」


”ふーん”


ハヌルの顔を思い浮かべながら 


ボンキュッボンの金髪ではないけれど 僕はウソをついた


何か 意味ありげに 僕の顔を覗き込む妹が憎らしい


「なんだよ?」


”あ~あ~ お兄ちゃんて本当に残念
結構いいセン行ってると思うのになぁ~
ちょっとキモイオタク気質ではあるけれどさ
お兄ちゃんが アメリカ行っちゃったから ユンホさんの話 聞けなくて更に残念”





ユノヒョン・・・





何も知らない妹の 何気ない一言で


胸の奥が ズキンと音を立てる


ユノヒョン 元気にしてるのかな?


もうすぐきっと就職だね・・・





目頭が熱くなる


家族に気づかれないように


そっと トイレに立った





     

ユノとチャンミンは 毎日リハの総仕上げですね

ゲネプロ (本番同様に通しで行うリハーサル)が 

地方のアリーナでも行われていたと知り驚きました

ずっと都内のスタジオや倉庫のような設備のある所でしていると思っていたので・・・

今回は アリーナツアーだから 

箱によって形も違うから 色々試しているのかな?

本番さながらのチェックがとことん行われているのですね

トンの2人も 既にあちこちで美味しいもの食べてるかな?

昨日 赤坂のSMレストランの前を通ったのですが

きっと 長い日本滞在中に何度かはここに来るんだろうなって

しみじみと見てしまいました

いよいよあと3日でツアーが始まりますね

私 さいたま参戦なのですが 

さいたま中は お話更新できないかもしれませんので

その際は お許しを・・・

レポは 少し入れるかもですが 

見たくない方は見なくて済むように

レポの時は 鍵をつけますね

予定は未定なので どうなるかなんとも言えません

レポは さいたま終了後になる可能性もあります

チャンミンの太ももで話題の写真集も届き始めているみたいですね

うちは明日かな~

いつも実家に届けてもらうので 届いたら速攻で取りに行かなくては!

     

拍手コメント Hさん
コメントいつもありがとう~♪
もう楽しみで仕方ありませんよ
きっと 素晴らしいステージを用意してくれてるはずだから
Mink





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_09_23


第四幕 ユノ ①





ユンホ side





”あれ~? もしかして お2人さん 知り合いだった?”


”あは バレちゃった? 私 ユンホさんの大ファンなの”


”そーなの?”


”何で何で? 何処で知り合ったのよー こんなイケメン”


初めて会う俺に 他の女子も興味津々みたいだ





このメンバーでは 全員を知っているのはイェソンだけ


イェソンの仕切りで とりあえず 


荷物を部屋に置いてロビーに集合しようという話になった





俺とイエソン以外の男子2人と 女子2人は イェソンの大学の同級生でサークルも同じだそうだ


そして ヨニと一緒のもう一人の女のコがサークルの後輩だそうだ


ロッジは 全体的に山小屋風


思ったよりも大きくて立派だ


ソウルから2時間足らずで こんなに雪深いスノーリゾートがあったんだって


すっかり忘れていたな





スノーボードができる格好に着替えると


荷物をおいて ロビーで全員と改めて顔を合わせる


そこで 初めて簡単な自己紹介となった


僕たちは卒業を控えた4年生


そして ヨニともう一人が 2年生


”ユンホ このロッジの持ち主が この子のお父さんなんだ”


『へー そうなんだ こんな立派なロッジを持ってるなんて凄いね』


スラリと背の高いヨニに比べると


かなり小柄だが とても聡明そうな 女のコ





”はじめまして チェ・ユンアと言います”


後々 結婚の約束まですることになる


俺と ユンアの 出会いだった





”ユンアのお父さんはね 建築家なの
ココだけじゃないのよ
ソウルのSHINE HOTELも ユンアのお父さんの設計なんですって”


他の女子も 色々説明をしてくれる


”お前たち 何だよ? いつもの集まりよりもずっと饒舌で楽しそうだな”


男子に茶化されると ヨニが言う


”だって ユンホさんとスノボできるなんて!
一緒に旅行に行けるなんて 思ってもみなかったんですってば”


”みんな ユンホさん狙い?”


他の男子にも揶揄されて


ヨニ以外は 静かに笑っていた


”私が最初に見つけたのよ ユンホさん 一緒に滑ってね”


ヨニの かなり積極的な態度に 他の女子が引かなきゃいいけど・・・





”ヨニ 良かったわね
あ そうそう夜は 食事の用意があるって パパからの伝言があったみたい
みんなで 食べましょう”


ユンアという女の子の言葉に


特に男性陣の目の色が変わる


”やったー!”


思いがけない食事のプレゼントに 皆も大喜びだった





全員が スノボ経験者というだけあって


特に 手取り足取り教える必要もなさそうで


逆に 久々に滑る自分の方が心配だった


まずは足慣らしってことで


全員で一本滑ろうということになった





別に合コンてわけでもないし


俺以外は 気心の知れたメンバーだからか


気負うことなく


はじめのリフトは男同士女同士で乗った


一番上手だというドンホが先に滑り


少し先で待っている


皆が ドンホを目指してすべっいく





"ユンホ 久しぶり?"


『ああ ヤバイな
俺が一番下手かも』


"はははは じゃあお手並み拝見だな
無理はするなよ
就職を控えてるんだから"


『そうだな 気をつけるよ』


案の定 最初の一本は


感覚を取り戻すことで終わったけれど


すぐに いつものように滑れるようになった


そんな俺の様子を


14個の目が ジーッと見つめていた


"やっぱりユンホさん カッコいいわ!"


手を叩いて喜ぶヨニ


その横で ニコニコと笑って見ていたユンアも


"ほんと! 決まってますね"


感じのいいコだな・・・


ユンアの第一印象だった





     

アルバム売上 オリコン1位🎉

ユノ❤️チャンミン❤️おめでとう㊗️🎊🍾🎈🎉

アルバムについているOff Shotを

やっと半分ほど観ました

なかなか一人で観る時間が取れないのですが

残りも頑張って観ないと!

盛りだくさんの内容ですね(≧∀≦)

MVも入れると 113分ですか?

映画1本分くらいの長さはありますね!

見応えたっぷりだわ😍

とりあえずチャンミン❤️美しい💕

     

コメ返遅れててごめんなさい🙏

拍手やポチ❣️

いつもありがとうございます😊





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村






テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_09_22


第四幕 チャンミン ①_convert_20170806080548





チャンミン side






ハヌルと別れてからの僕は


取り立てて変わったこともなく


今まで通りに 勉強に打ち込んだ


英語も喋れるようになればなるほど


面白く感じるようになってきた


僕の英会話の上達ぶりには ブラウンさんも舌を巻くほどで


今では TVも ニュースなどは専門用語でなければ


何となくわかるまでになっていた


やはり 習うより慣れろ!だな





ハヌルは 会えば普通に話はするけれど


以前のように ずっと一緒にいることはなく


授業は 離れた場所で聞き


ハヌルも 違う国籍の女のコ数人とランチに行ったりしているようだった


そんなハヌルを遠くで見つめ


早く 僕を忘れて いい人と一緒になれるといいねと


心の中でエールを送った





アメリカは 韓国に比べると


性に対しての考え方が オープンだ


街中でも 男性同士のカップルをよく見かけるし


手を繋いで歩いたり


見つめあっている幸せそうな男性たちもいた


そんな光景を見るにつけ


僕は未だユノヒョンに囚われてる自分を


再認識せざるを得なかった





ある寒い冬の日


僕は ユノヒョンとお揃いの革ジャンを着て


映画を見に行った


前から見たかった恋愛ものだけど


セリフが多いと聞いていて


自分の英語力で 全部理解できるかどうかが疑問で


敢えて 避けていた映画だった


大体は理解できたことで 


僕は 教授が言っていた”アメリカで仕事をすること”について


真剣に考えようと思った


アメリカでの生活は


僕にとって人生の中でもとても有意義な時間になるだろうことは間違いない


そう考えると


ハヌルと別れて良かったのかもしれない


僕は この先も かの愛しい人以外を愛せる自信なんて


全くないのだから・・・





ブラウン夫妻が 娘のところに遊びに行くと言う週末


僕は クラスのマークたちと キャンプにいくことにした


キャンプと言えるほど立派なものではないけれど


キャビンがいくつも点在する大きな公園が 


車で30分足らずのところにあったのだ


女の子も含めると10人くらいだろうか


たまには大勢でワイワイやるのも楽しい


せっかく自由の国にいるのだから


たくさんの友達と触れ合わないと





久しぶりにみんなでたくさんお喋りして


騒いで スッキリした


そして このキャンプで


僕は初めて 缶ビールを飲んだ


どうしてだろう?


韓国で口にした時は


こんな不味い飲み物を美味いと言う大人が


信じられなかったのに


何と 2本も飲んでしまった


アルコールとの相性は


実は悪くないのかもしれないと思った瞬間だった





     

アルバム聴いてますか〜?

This is my love ❤️がお気に入りです♪

オープニングはやはり

1曲目かな?

     

コメントやポチをたくさん

ありがとうございます💕💕💕💕💕





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_09_21


08  « 2018_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top