FC2ブログ



第四幕 ユノ ①





ユンホ side





”あの・・・良かったら一緒に写真を撮ってくれませんか?”


大学のキャンパス内


例のミスター何とかってヤツに選ばれてからというもの


うっかり だらしない恰好で歩くこともできない


ドンへ~交代してくれよー と


傍にはいない 旧友を声に出さずに呼んでみる


はっきり言って 超面倒・・・


ぎこちない笑顔をファインダーに向ける


何人目だろう・・・?





正直言って 全く興味がない


同じクラスの奴らは ミスコンとかなんとか言って


足の綺麗なコや 顔の可愛いコを見つけては大騒ぎ


どんな女のコを見ても チャンミナの方が可愛いとか


俺 まだまだ相当な重症だな・・・





ある日 一緒に写真を撮ったあとも 


俺のそばから離れない女のコがいた


少し頬を染めたそのコは 言った


”チョン・ユンホさん・・・ですよね?”


『そうだけど・・・?』


”あ 私 あなたのファンなんです”


『俺の? 何で? 別に芸能人でもないよ
誰か違う人と 勘違いしてない?』


”いえ してないです”


『???』


自信たっぷりに はっきりと言った


”私 イ・ヨニと言います
この間の学園祭のステージ 見てたんです”


『ステージ?』


”ミスター 何とかって・・・”


『ああ あれか 仕方なく出されたんだよ
もう 忘れて?』


”それは できないです 無理です”


またもや はっきりと言う


意外と意志が強そうだ


”あ 授業の前にごめんなさい
手短に言いますね
あのステージを見て どうやら私 あなたに一目惚れしちゃったみたいなんです”


『俺に・・・一目惚れ?』


”はい それから 毎日 あなたのことが
頭から離れなくて・・・
好き・・・みたいなんです”


『えっ・・・』





こんなにストレートな告白って 


潔いくらいに 俺に向かって突進してくる


驚きのあまり そのコの顔を凝視してしまった


”私 真剣です”


『真剣も何も・・・あ・・・俺は・・・』


”勢いで言わないと言えないので 頑張って言いました
そして 勢いついでに聞きたかったこと 聞きます”


『は・・・はい どうぞ・・・』


彼女の勢いに押されて 俺はタジタジだった


”付き合っている彼女は いますか?”


『あ・・・いや・・・別に 今は・・・』


”じゃあ 好きな人は いますか?”





目を見ればわかる 


このコは 本気だ・・・


ならば あまり不躾な態度を取るのも失礼だろうと


俺も本当のことを言った


『彼女も好きな女のコも 今はいないよ』


本当の事だ


少し安堵したように 顔を綻ばせたヨニと名乗るそのコは


さっきまでの 切羽詰まった様子とは 打って変わって


清々しい笑顔だった


”良かった・・・
私と お付き合いしてもらえませんか?
今すぐとは言いません
考えてほしいんです”


『・・・』


”・・・”


しばしの沈黙のあと 俺は言った


『俺は 当分誰とも付き合うつもりはないんだ
気持ちは ありがたいし 君みたいな可愛いコに
そんなこと言われて嬉しいけど・・・』


”なぜ ですか?”


『忘れられない人がいる』


”・・・”


『今は まだ 誰ともそういう気には なれないんだ』





熱気をまとった 生温い風が 2人の間をすり抜けて行く


そのコは 落ち着いた様子で こう言った


”わかりました では 私にも今後可能性があるということですよね?”


『・・・』


”今はまだ・・・無理でも・・・
諦めないで待っています
これ 連絡先です”


『初めて会った男に 自分の連絡先なんて
教えるもんじゃないよ・・・』


俺は そのピンクのカードを突っ返した


”こんなこと 誰にでもしているわけじゃないです
初めてです・・・
自分から連絡先を教えたのは・・・”


『そっか・・・でも 悪いけど今は受け取れないんだ』


少し 泣きそうな顔


頼むよ 泣くのは反則だからな?


女のコには 泣かれたくない・・・


”わかりました・・・今日は 失礼します
また 縁があったらお会いできますよね
私 諦めないです”


にっこりと笑って ぺこりと頭を下げ


ヨニは 去って行った





泣きたいのはこっちだ


いつまでも チャンミンの面影を引きずっている女々しい俺


生物学上の女性という生き物が 


次々に 俺に話しかけてきても


全員が 同じ顔に見えた





離れてもなお 俺は あいつに囚われている


チャンミナ・・・


お前は そろそろ 俺のことを忘れ始めているのだろうか・・・


チャンミナのことを考えながら


今日も 一人暮らしの部屋へ 帰る


チャンミナとの想い出が沢山詰まった部屋


卒論を書き上げたら 


早く引っ越したい


少しでも お前の面影から 離れたかった





     

アルバムの内容が  少しずつ見えてきましたね

♪明日は来るから 

幕張での目撃情報は このMVだったんですね

5人の時のMVと同じで

ビルの屋上での撮影

チャンミンのインスタのpostに書いてあった

"時の流れ"

2人はどんな想いでこの歌を歌ったのでしょうね

早く聴きたいです♪

     

拍手コメント Hさん
スマプラ、AIR?
教えてくださいませ〜
チンプンカンプンですぅ😂
Mink





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_09_11


08  « 2018_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top