FC2ブログ



第四幕 チャンミン ①_convert_20170806080548





チャンミン side





少し寒くなってきたからと


ハヌルは チゲを準備してくれていた


同じ韓国人同士という気楽さもあり


食べ物の好みも似ていて


一緒にいて 楽だった





ハッキリとした顔立ちのハヌルは 


世間で言えば 美人の部類に入るのだろう


大学内でも 他国の男子学生から 何度か声をかけられているのを


遠くから 見たことがある





だからと言って


ハヌルがいないとつまらないとか


毎日でも会いたいとか 


そういう感情が 湧いてくることはなく


僕は 女性に興味がないのかと


自分は もしかしたら 性的マイノリティの一人なのかもと思ったりした


自分でもよくわからない


だって 僕は


ユノヒョンしか 好きになったことがないのだから・・・





「美味しかったよ」


”良かった~ 
こっちに来て 誰かにお料理を振る舞うのは 
ルームメイト以外 初めてだったの
その初めてがチャンミンで良かった”


「僕も まさか 彼女に手料理をご馳走になる日がくるなんて
思ってなかったよ・・・」


”え・・・別れて来た彼女は・・・?
お料理とか あ 自宅住まいだったのかな?
それじゃあ 手料理なんて 食べられないわよね
ごめんごめん”


聞いてはいけないことを口走ってしまったというように


彼女は 慌てて 謝った


別に悪くなんてないのに・・・


別れて来たのは 料理なんてしない男だったんだから・・・





食器洗いを一緒にして 


ジュースを一緒に飲む


彼女は まだ お酒を飲んだことはないと言うし


僕も ソウルで父のお酒をほんの少し 口にしたことがあるだけだった


苦いビールの何処がそんなに美味しいんだろうとか


焼酎の良さなんて わかる気がしないなんて 思っている


それに ハヌルも20歳になったばかり


僕は 誕生日の2月まで あと約3か月


今はまだ 19歳だ





ジュースを飲んだ後


小さな二人掛けのソファーに座って


テレビをつけた


二人とも ソワソワして


テレビの内容なんて全く頭に入って来なかったと思う


一瞬触れた手が ビクッとして 


彼女の緊張が 伝わる


こんな時 やはり 僕から彼女にモーションをかけるべきなんだろうな


映画やドラマの中の記憶をもとに


僕は 横に座る彼女の肩を抱いた





ハヌルは 身体を硬くしたけれど


僕の方に身体を倒し 寄りかかってきた


女の子って こんなに小さかったっけ・・・





”チャンミン・・・”


「ん?」


”今日は 来てくれてありがとう”


至近距離での上目遣い


恥ずかしそうな小さな声


僕は そんなハヌルの頬を 空いている手で 優しく抑え


そっと唇を重ねた


”ん・・・”


暫く止まっていた2人の動き


僕は 暫くぶりで 溜まっていたせいか


彼女の吐息と 少し開いた唇に 欲情した


多分 相手が ハヌル以外の女性だったとしても


同じように 突っ走ったと思う





だんだん深くなる 口づけとお互いの身体の熱さ


「いいの?」


”うん・・・”


そこからは あまり覚えていないけれど


いつも以上に 深い口づけを交わし


お互い 服の上から 身体をまさぐり


我慢できなくなると 服を脱がせ合い


僕たちは そのまま 初めて身体を繋げた





僕が 人生で初めて 女性を抱いた瞬間だった


初めての割にはスムーズに行き


僕は 遂に 童貞を卒業した





ハヌルは 涙を見せ 


”ありがとう” と言った





その晩


シャワーで念入りに身体を洗い


ベッドに横たわった僕は


スマホに入っているユノヒョンとの高校時代の制服2ショット写真を眺めては


「ヒョン・・・これでいいのかな・・・?
こうして 僕は ユノヒョンとの想い出から 少しずつ
離れて行くのかな?」


画像の中のユノヒョンに話しかけた


「ヒョンも 好きな人と こうして たまに身体を繋げたりしてるんだね
きっと 僕よりも もっともっと優しく
相手を思って抱いてるんだろうね」





ユノヒョンが 僕じゃない誰かを抱く光景が


脳裏に生々しく現れて


僕は スマホの電源を切り


声を押し殺して 泣いた


ブラウンさんに聞こえないように 


一人 いつまでも 泣いていた


このままでは 目が腫れる


明日もお休みで 本当に良かったと思った





     

第四幕に入ってから 

ジェットコースターのように アクセス数が落ちて

それはそれは 面白いように😂

皆さん わかりやすい😅

そんな中 三幕までの黒い瞳や 

前のお話も読んでくださったり

拍手をくださったりする方がいらして 

本当にありがとうございます♪

励みになります💪

     

拍手コメント Hさん
ありがとう~♪
訂正済みです!
Mink





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_09_16


08  « 2018_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top