FC2ブログ



第四幕 ユノ ①





ユンホ side





『チャンミンて あのチャンミン?』


”そうよ あのチャンミン君じゃなくて どのチャンミン君がいるの?”


『あ・・・いや その しばらく連絡取ってなかったからさ
ちょっと驚いてさ・・・
元気そうだった?』


”ええ 変わってなかったわよ
でも 弾けるような元気さは 感じられなかったわね”


『・・・』


”この近くに お友達がいるそうよ”


『そう』


タイミングが悪い・・・


俺が お前を探しにアメリカに行ったと言うのに


チャンミンは ソウルに帰って来てたなんて・・・





『今度 見かけたら 今どうしているのか聞いておいてよ』


”あら?自分で聞けばいいのに”


『いや 何かと迷惑だろ?』


”そうかしら? じゃあ今度は根ほり葉ほり聞いちゃおうかしら?”


『やめとけ』


”あら?ダメ~? チャンミン君 急に遊びに来なくなったからね
とても心配していたのよ
もしかして 大げんかでもした?”


『シテねぇよ 年頃だしさ
何となく だよ・・・』


あんなに可愛がっていた後輩に 全く会わなくなってしまったことに


母さんも   何か聞いてはいけないような感じをいだいているようだった





アメリカから帰ったあと


俺は 入社準備のスーツや靴などを揃え


いよいよ入社式まで数日となったところで


ドンへに呼び出され


またもや わけのわからない 就職前祝とやらにつき合わされた


何度も行ったことのある居酒屋


ドンへのお気に入りだ


”お互いさー もうおっさんってことよ
少しでもさ 青春の香りのする仲間と 遊びたいと思ってさ
だから 今夜は飲もうぜ
潰れるなら 今日が最後だよ
あと数日で 社会人とやらになっちゃうんだから・・・”


珍しく ドンへが寂しそうだ


『何かあったか?』


”あんのは てめーだろ ユノ”


『はぁっ? 俺? 何もないけど?』


”もう 言わせんなよ
俺たち まだ大学生なわけよ あと数日はさ
若いんだから はつらつとして もっと生き生きとしててもいいんじゃないの?”


『してるじゃないか』


焼酎がまわってきたのか?


ドンへが少し 目をトロンとさせて饒舌になってきた


お前の言いたいことは わかってるつもりだよ・・・


案の定


”この際だから はっきり言う!
チャンミンとよりを戻せ”


『唐突だな』


”唐突なんかじゃない
ずっと言ってるだろ?
太陽みたいにキラキラしていたユノがさ 
いないんだよ・・・
何処を探しても いないんだよ・・・”


『・・・』


焼酎の瓶を バタンとテーブルに置いて 


肘をついて俺を見る


目が座ってる・・・





”カッコつけてんじゃねぇよ あっ?
本気でチャンミンと別れる覚悟もないクセに
忘れるつもりもないクセに!
あいつのためだとぉ?
どこまで 独りよがりなんだよ!”


『なんだと?』


”結局 ユノのしてることは 
あの純粋なチャンミンを 傷つけてるだけじゃないか
ふざけんじゃねー”


『ドンへ! 言っていいことと悪いことがある』


”いいことも悪いことも言ってねぇよ
俺は 本当のことを言っただけだ
別れた男が忘れられなくて 
うじうじめそめそしてる 女々しい男だよ お前は!”


『・・・』


何も 言い返せなかった


ドンへの言う通りだ


俺は 女々しい


日に日に女々しくなっている





チャンミナ・・・


俺たちの出した結論は 間違っていたのか?


ドンへに責められても 俺は 何一つ言い訳もできず


ただただ 


チャンミナのいない 将来を どう生きていこうか


考えるだけで 精一杯だった





もう アメリカに戻ったよな・・・


毎日 何を考えている?


俺のことは もう 忘れたか?


いくらスクロールしても


出てくることのない 名前を探して


スマホを弄る俺を


ドンへが じーっと見つめて言った


”お前は バカだ”


『・・・バカ かもしれないな』


”救いようのないバカだよ”


『そうだな・・・』


”俺は 諦めないけどな 
お前が いつか後悔する日が来るんじゃないかと
今から 怖くて堪らないんだよ”


『悪いな・・・心配ばっかかけて・・・』





その晩 俺たちは あまり喋らずに


ちびちびと 飲み続け


俗にいう ベロンベロンな状態で 帰宅した


風呂にも入らず


ベッドに横になった俺の


瞼に浮かんだのは


「お酒って美味しいの?」 って不思議そうに聞いてきた


ジュースを飲むチャンミンだった





     

腐界(海)の住人の皆さま

こんにちは Mink です♪

なかなかお話が更新できずに申し訳ありません

しばらくこんな感じかもしれません😔

頭の中の妄想ワールドは常に熱いんですが(≧∀≦)

さてさて

日産スタジアム公演のBlu-ray を昨日受け取りました❣️

夜 家族が寝た後にDisk2だけ観ました😍

最高としかいいようがないです💖

事前アナウンス通りWOWOWとも編集が違って

凄くいいです♪

まだご覧になってない方もいらっしゃいますよね

ネタバレはしませんね

(最近ツイやインスタのネタバレが激しくて困ります
もう少しなんとかならないかな?と思います😣)

まだ購入してないという方がもしいらしたら

これは買い❣️だと思いますよ

ユノとチャンミンの努力や汗の結晶がしっかりと映像で残るし

なによりも 2人とビギの日産にかける思いに胸が熱くてなりました

。・゜・(ノД`)・゜・。

書きたいことが沢山ある〜

色々と新情報も上がって

私たち 幸せですね💖

週末には 短編(1〜2話)をアップします😆

また遊びに来ていただけたら嬉しいです♪



     

拍手👏ランキングボタンのポチ👆
コメント📝に拍手コメント📝
いつもありがとうございます😊

更新なくてもコメントくださって嬉しい😆
大歓迎です😍
全部読ませていただいてま〜す♪





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 東方神起    ジャンル : アイドル・芸能
2018_12_20


11  « 2018_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Mink

Author:Mink
2011年チャンミンに一目惚れ❤
好きが止まらない❤
愛が止まらない❤
ユノとチャンミンの東方神起が
毎日の生きる糧❤
進化し続ける2人の海に溺れています❤

このブログは私の小さな楽しみ。
日記のように少しずつ
東方神起のことを残しておきたいと
思って作ったものです♪

が・・・
腐ってしまったため
妄想空想想像のお話を
UPしてしまいました!

情報ブログでは
ございません!

また 画像は
お借りしているものが
殆どです!
ありがとうございます!

カテゴリ

ランキング♪

ひっそりと参加中!

こちらのランキングも

ひっそりと参加中♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR




page
top